天竺鼠ソロライブ 『交通手段バイクの人限定ライヴ』@baseよしもと!

    20091123105427

    秋のオールスター感謝祭@スペシャがちゃんと録画出来てるか心配ビート。
    そんなワタクシ、仕事が明けたら一目散。チケットは既に手に入れてないし、おめかしさせる彼女もブンブン言わせるバイクも持ってないでごわす!


    なのに行ってきました、天竺鼠ソロライブ『交通手段バイクの人限定ライヴ』。


    タイトルがタイトルなので事務所に問い合わせが殺到したそうでごわす。
    そして舞台両脇には銀シャリのロゴが描かれたパネルがございましたでごわす。
    そんな感じで、以下『交通手段バイクの人限定ライヴ』のお品書きでごわすよ!

    OPVTR/漫才・腹の立つ居酒屋の店員/ブリッジVTR/コント・職務質問/VTR・輝飛くんを笑かそう!①/コント・夕食/VTR・輝飛くんを笑かそう!②/コント・泥棒と警官/VTR・川原の深層心理をカウンセラーに見て貰いました/コント・ダンサー/VTR・パパパワーはどれくらい強い?/コント・生放送クイズ番組/エンディング

    久し振りに飲んだオロナミンCが美味しゅうございました……。
    詳しいレポはこの続きにあるでごわすよ。

    まずはOPVTR! あっち向いてホイをしてる瀬下&川原……なんだけど。ジッとカメラ目線のままだったり遠い空に向かって指を差す川原さん。しかしアングルを引いて行くと……ん? 2人がジャンケンをしてる場所ってせっしゃんの頭の上!?

    そして照明が付くと、舞台両脇には何故か銀シャリのロゴマークが;

    瀬下「言いたい事が2~3ありますけど、お客さんにも迷惑掛けたと思うんですけど、タイトルに『交通手段バイクの人限定ライヴ』。やめて下さいよ」
    川原「あ、そうですか。ありがとうございます」
    瀬下「ありがとうございますちゃいますよ。よぉ平気でおれるなぁ。これ(壁に貼ったロゴ)も銀シャリのロゴですよ。何なんですか?」
    川原「スイマセン。銀シャリさんのロゴを使った事は謝ります。でも耳タブを触った事は謝りません!」

    ↑こんなトークから始まった最初の漫才・腹の立つ居酒屋の店員では、「どんな店員やったか教えて?」と言われるも、家を出る所から再現を始める川原さん。
    どの靴にするか悩んだり、猫に餌をやったり、「(猫が)ご飯食べるん見るん好きやわー……」と和み始めたり、どれが靴か解らなくなったり、信号待ちをしたり、「月綺麗……」と呟いてみたり。

    ブリッジVTRでは、2人で「ブリッジVTR!」と連呼しながら、元気よく走ったり、急に川原さんが悲しげな声で「ブリッジVTR……」と言って落ち込んじゃったり、せっしゃんが「ブリッジVTR……」と言いながら励ましたり、それで元気を取り戻した川原さんはルームランナーを持って来て走り始めたり、川原さんがフレームアウトしたと思いきや……ドラムを叩き始める! 
    それに合わせて「ブリッジVTR!」と言い続けるせっしゃん。ドラムを叩き終え、もう終わりか……思いきやスティックでカウントを初め、また「ブリッジVTR!」の繰り返し! エンドレス!

    革ジャン+パッチ+リュック+サングラスの怪しい格好で自転車を押して歩く男(川原)を呼び止める警官(瀬下)のコント・職務質問
    「あのー、ちょっと聞きたい事があるんですが」と声を掛けると、「あの、今料理してるんでー」と答える男。
    名乗った名前と免許証に書かれた名前、外せないと言いながら簡単に外れるサングラス、5年間付き合ってると宣言しておきながら実は2ヶ月しか付き合ってない彼女ctc……ちょいちょいいらん嘘を付く。
    警官が強行で男の自転車が盗難車でないか、登録番号を無線で確認すると……

    瀬下「1の、4の……」
    川原「444! 全部4でお願いします!!」

    帰宅した夫(川原)を甲斐甲斐しく世話する妻(瀬下)のコント・夕食では、唐突に「今夜抱くからな」と嫁に宣言し、先に風呂にするかご飯にするかで延々と悩み、やっとご飯に決めたかと思えば数口食べてはちゃぶ台を引っ繰り返す。「スマンスマン、メチャクチャ旨かってんけどなー」と夫。愛想を尽かした妻が取った行動と、それに対し夫は……。

    盗みを終えたばかりの泥棒(瀬下)の元へ警官(川原)が歩いて来る。「むっちゃ見てる……どうしよ……」と呟く泥棒を捕まえる事もなく去って行く警官(川原)のコント・泥棒と警官

    コント・ダンサーでは、「明日のライブの成功はバックダンサーがしっかり踊れるかどうかで決まる」と言う振り付け師(川原)だが、一向にちゃんと踊れないバックダンサー(瀬下)。彼は正直に告白する、「教えて貰う度にダンスが違うから」と……。
    それでも振り付け師は必死に特訓する。明日のライブの結果は……? そして最後に振り付け師は語り始める、「皆さんは奇跡を信じますか? 僕は信じません」と……。

    パパになった瀬下が得た力・パパパワーの強さを検証するVTR・パパパワーはどれくらい強い?
    パパパワーの持ち主・瀬下は色んな物と勝負する。おでん、分厚い雑誌、学天測の四条、ミニ四駆のモーター、またしても四条、最終的には四条+犬。
    ミニ四駆のモーターの速さに負け、5勝1敗と言う結果に。取り敢えず四条さん、弱すぎ!!

    司会者(川原)、解答者・ダイエーホークス3軍選手の瀬下と相撲取り(おにく)でのコント・生放送クイズ番組
    これはもう川原さんのお得意となった“台本ナシ! 川原の言う通りにしろ!”なコント!
    自分で問題の読み上げをしてるのに、「VTRで問題を見てみましょう」とVTRに切り替えるも映ってるの自分! 正解も言ってるのに、またしてもVTRで答えを確認! そしてサービス問題と称された2問目は1問目と内容が一緒!
    そしてそして……一瞬だけ友情出演をしてたソーセージ山名さん! せっしゃん&おにくが噴き出しておりやした。笑


    もう今回のとっておきは、『VTR・輝飛くんを笑かそう!』と、『VTR・川原の深層心理をカウンセラーに見て貰いました』!!


    『VTR・輝飛くんを笑かそう!』は、川原さんがせっしゃんの愛する息子・輝飛くんを笑わせられたら1万円ゲット、出来なければせっしゃんが1万円ゲット、ってな企画。
    こちらは詳しくレポレポ!

    【VTR・輝飛くんを笑かそう!①】

    瀬下「(輝飛くんを抱っこしながら)難しいですよ」
    川原「(輝飛くんに目線を合わせて)人間はね、いつか死ぬんだよ」
    瀬下「今言う事ちゃう(笑)!」

    ナスビ君のフリップ漫談をやってみるも……全く笑わない輝飛くん;

    川原「もっかいやらせて!」
    瀬下「もっかい?」
    川原「もっかい。なって、なって!!」
    輝飛「!!!」
    瀬下「今見えんかったやろけど、(輝飛くんが瀬下さんの肩を)手ェギュッてしたで(笑)」

    【VTR・輝飛くんを笑かそう!②】


    タマネギ君「さっきのナスビ君は輝飛くんが笑ってくれなかったので自殺しました」

    タマネギ君、色々やる。が、輝飛くん笑わず。ので、瀬下さんが1万円ゲット~!

    瀬下「やったー! やったーね(輝飛くんを促す)」
    輝飛「やったぁ~!(手を上げてやったーのポーズ)」
    川原「何がおもろいねん!!!!」
    輝飛「!!!(表情が固まる・笑)」
    瀬下「ドン引きしてるって(笑)」

    川原さん、タマネギの被り物をしたまま土下座する。

    川原「スイマセン!」
    瀬下「よしよししたり?」

    しかし若干怯えてる輝飛くん、タマネギの頭部分・先っちょをチョンッと触る事しか出来ず。笑
    そして瀬下さんのズボンに掴まりながらジーッと先っちょを見てる。笑

    川原「何やー!?」
    輝飛「パパァ~~~!(大泣)」
    瀬下「泣いてもた(笑)」

    泣いて壁際に逃げる輝飛くんを追い掛けて一緒に泣く川原さん。

    輝飛「パパァ~!!」
    川原「おぉぉ……眠たいなぁ? 眠たいよー! 眠たーーーい!!」
    瀬下「眠たくて泣いてるんちゃうねん(笑)!」
    (輝飛くん、パパに抱っこされて泣き止む)
    瀬下「ほら、(川原に)チューしたり、チュー?」
    輝飛「……(必死にしがみつく)」
    瀬下「チュー」
    輝飛くん、意を決して……チュ~v
    瀬下「ハハッ、チューはするんや(笑)」

    何とも複雑な、でもちょっと嬉しそうな表情をする川原さんでございました……。


    そしてお次は、『VTR・川原の深層心理をカウンセラーに見て貰いました』!
    カウンセラーに川原さんの描いた絵を見えてカウンセリングして貰うと……

    ・AとBとCオッサン→未熟な部分と成熟した部分を持っている
    ・象と思いきや敷賃礼金を渡すの図→過去に得られなかった愛情、もしくは母親の愛情を求めている
    ・CHAGE越しにASKAを触る→上から押さえ付けられる事にストレスを感じている
    ・MEBUNRYO!→激しい性格と秀でた瞬発力を持っている
    ・4コマ漫画・バルン!→穏やかな部分と攻撃な部分がある、コミュニケーションにおいて本来の自分を発揮出来ない、理解して貰いたいと言う願望がある

    スタッフさんが問う。
    「以上を踏まえて、川原克己を一言で表すとどうですか?」

    カウンセラー「……いやー……解らないですねぇ……」


    結果:川原の深層心理はわからない


    そして最後にエンディングの様子を!

    瀬下「エンディングでーす。どうでしたか? 沢山の方に楽しんで貰えたと思います」
    川原「自分で言いなや」
    瀬下「俺も楽しかったからお客さんも楽しめた思うてるんです。あ、スペシャルゲストのおにくを呼びましょ。(おにくの3人が出て来る)」
    川原「今日は何の日でしょ?」
    瀬下「何の日?」」
    川原「何の日に近いでしょう?」
    瀬下「クリスマス?」
    川原「瀬下の誕生日に近い。おめでとー」
    と言うなり、BGMがハッピーバースデーに!
    瀬下「いや、俺7月29日」
    川原「いや、近いからな」
    瀬下「他にもいるやろ本当に近い奴が。あ、川原!」
    急に舞台袖に消えた川原さん。残された瀬下&おにくで喋る事に。
    瀬下「アイツどっかに行ってもうた……(嬉しそうなおにくを見て)こんなんで嬉しいの?」
    成瀬「兄さんの誕生日やからめでたいです」
    瀬下「そうなん?」
    すると川原さんが戻って来るも……手ぶら;
    川原「いや~、つかれた」
    瀬下「何しに行ってん!? ケーキとか出てこんの?」
    川原「いや、気分が悪くなってちょっと……」
    瀬下「どのタイミングで気分悪くなってるねん、ホンマに……」
    川原「(瀬下の言葉を遮り)ありがとうございましたー!」


    とまぁ、こんな具合で。


    1年数ヶ月振りに見れた単独やったけど、全体の感想は「色んな意味を込めての“相変わらず”」でした。それに安心したような、目新しさがなくて拍子抜けをしたような。そう言う意味を込めての、「相変わらず」なんよね。でも漂う雰囲気はムチャクチャやさしくなったなぁ~。
    今回はただただ「見れて嬉しい」ってのに尽きる気がします。嬉しいと言えば、ブリッジVTRがずーっと引き継がれてる事がめっちゃ嬉しかったなぁ。
    でもやっぱりテレビで見るよりも、こうやって舞台で見るのが1番好きなんやなぁとしみじみ。

    Comment

    Leave a Reply


    管理者にだけ表示を許可する