スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    怒髪天 オトナマイト・ダンディー・ツアー 2010 “NEO ダンディズム”公開リハーサル『DOHATSUTEN’S IS THIS IT?』@大阪アメリカ村BIGCAT!

    10.04.21 dohatsuten@bigcat?

    10.04.21 dohatsuten@bigcat?

    (写真・上) やっちゃんが公開リハに当選したので誘って貰っちゃった! ありがと♪
    現地で同じく当選したちいちゃんとも合流~! この3人でライブ、久々で嬉しい!

    (写真・下) DANDY!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
    17日の日比谷に参戦して来てやっちゃんからの「ちょっと早い誕生日プレゼント」。
    欲しかったヤツだからむーっさむさむさむーっさ嬉しいのだ! ありがとなのだ! 
    兄ィと坂さんのフォトセッションがかわゆー!

    ってな感じでドンドドン!


    オトナマイト・ダンディー・ツアー 2010“NEO ダンディズム”公開リハーサル『DOHATSUTEN'S IS THIS IT?』@大阪アメリカ村BIGCAT!


    ピンポンパンポーン♪

    本日は怒髪天、オトナマイト・ダンディー・ツアー 2010 “NEO ダンディズム”公開リハーサル『DOHATSUTEN'S IS THIS IT?』にお越し下さいまして誠にありがとうございます。
    開演に先立ちまして、皆様に本日の趣旨をご説明致します。
    この公開リハーサルとは、普段見る事の出来ないリハーサルの現場を持て余す事なく体感して頂く、言わば“オトナの社会科見学(音楽業界編)”でございます。皆様にはそれらを分かり易く見て頂く為にメンバーによるコント形式でお送りしたいと思います。
    尚、お客様はいない体で進行致しますのでご了承下さいませ。


    ↑こんなアナウンスが流れて何事じゃい! コント形式って何じゃいな!?
    と思っていると照明が落ちて再度アナウンスが。何々? サウンドチェック???
    「よろしくお願いしま~す」とステージに現れた坂さんがPAさんの指示に従いサウンドチェック。続いてシミさん、王子もサウンドチェック。そしてタオルを頭に巻いた兄ィが登場。

    増子「昨日呑みすぎたので声高めにお願いしまーす。ハァ! ※%¢♯! ポゥ!!」
    PA「OKでーす。お願いしまーす」
    増子「お願いします」

    (メンバーが揃う)

    増子「(シミ・坂・王子を見て)何やろか? じゃ、酒を半分だけで」
    (酒爆を演奏。兄ィがほぼ突っ立った状態で唄ってる! レア!)
    増子「(手を上げて音を止める)」
    坂詰「キックの音、もうちょっとお願いします」
    増子「友康の音、もうちょっと上げてくんない?」

    と、こんな感じでドンドドンとリハが行われ行きます! おぉっ、これはオモロイ!!
    リハなので演奏はちょいと落ち着いた感じで、それにお客さんは静かに拍手。リハとリハの間には暗転し、各リハーサルの名称と説明がアナウンスされます。
    ちなみに暗転した瞬間、ステージにいるメンバー&スタッフの栗ちゃんが一時停止されたかの様にピタッと止まる絶妙さよ!
    そして以下、公開リハーサルは続くのであるよ!

    ――――――――――――――――――――――――――――――――――――

    ◆モニターチェック 

    増子「(準備をしながら)あ、今日何人くらい入るの?(栗ちゃんに聞く)2000人!? ここに2000人も入り切らんだろ?」 
    増子「何やろうか?」
    栗秋「ノーミュージック」
    増子「じゃあ、ノーミュージックで!」
    (「♪痛風じゃない坂さんなんて 痛風じゃない 事に越した事ないー」の替え歌!)
    増子「(坂さんに向かって)俺の音どうだった?」
    坂詰「ちょっとうるさいかな?」
    増子「それいつも通りじゃん(笑)。俺の音いらねぇのかよ(笑)」

    ----

    ◆立ち位置チェック ※立ち位置チェック…ステージの持ち場から離れると、落下などの危険性有りの為に行われる。らしい。

    左からシミ→坂→兄ィ→王子の順にスタンバイ。
    そして照明が点くと同時に『ドンマイ・ビート』が流れ踊り出すメンバー!
    (イントロ)
    ライブで兄ィがやるアレ。人差し指を立ててダンシングダンシング!
    (以下、サビまで)
    PVよろしく正拳突き(笑顔で)→腰に手を当て軽く屈伸→手を繋いでシミさんからウェーーーーブ!→次は王子からウェーーーーブ!→そして兄ィを先頭にEXILEのアレ→照明が消えるまで回り続ける4人→増子「ここの踊りもっとこうした方が……」

    ----

    ◆モニターチェック・その2 ※モニターチェック・その2…客席からとステージからの音の差をチェック&フットモニターの耐久性も確認。らしい。

    増子「意外と疲れるなアレ」 ※アレ…EXILEのアレ。
    清水「さっきのヤツもっとこう……(兄ィと手を繋いでウェーブする)こっちの方がやりやすかった」
    増子「(ウェーブしながら)これの方が(互いの指を絡ませた方)やりやすいって言ったのに<気持ち悪いからヤダ>って言ったじゃん」
    増子「あれ? 坂さん、鼻どうしたの? 赤くなってるよ?」
    坂詰「あ、蚊に刺されました(笑)」
    増子「何やろうか?」
    栗秋「労働で」
    増子「じゃあ労働で!」
    (以下、『労働CALLING』を演奏しながらの各々の様子)
    増子「モニターのチェックもね、しないと(フットモニターに乗り上げる。竿部隊も乗り上げる)」
    清水「(乗り上げてノビ~)」
    増子「何なら坂さんも立っちゃおうか?」
    坂詰「(立つw)」
    増子「(客席上手にあるモニターを指差し、栗ちゃんに<あれに乗っても良いの?>的な事を確認してる)」
    栗秋「(指をペケポン)」
    (演奏終わる)
    増子「あれ(客席上手にあるモニター)に乗っても大丈夫なの?」
    栗秋「だいじょーーーーぶです!」(←どっちやねんw)
    増子「じゃあ全員で乗っちゃおうか(笑)!」
    (暗転)
    アナウンス「普段はこの流れを30分から40分をかけて行います」
    (明転)
    全員「じゃあお疲れ様でしたー!」

    ここでリハが終了。するともう1人スタッフさんが出て来て、「皆さん大丈夫ですかー?」と確認。「ん? 何の事?」と思ってると……

    スタッフ「それでは客入れスタートしまーす!」

    で、客入れBGMが! あっ、成る程なぁ~! そして暗転、SEが流れ……ライブスタート! って着替え早っ!!

    ――――――――――――――――――――――――――――――――――――

    増子「(櫛を投げて)はい、こんばんはー! ん? 何かデジャヴ?」
    客席「(笑)」
    増子「いやぁ~、俺等もさっき到着してね。今日はリハ無しで(笑)! まぁ、リハーサルだけで終わる訳にはいきませんからね、(手をパタパタさせながら)まずはこれから!」

    バン・ババン♪とセットリストは↓こちらでババン♪

    -------------------------------------

    2010.04.21 怒髪天@大阪BIG CAT
    オトナマイト・ダンディー・ツアー 2010 "NEO ダンディズム"公開リハーサル『DOHATSUTEN'S IS THIS IT?』

    -セットリスト-
    オトナノススメ/ヤケっぱち数え唄/オレとオマエ/(MC)/アフター5ジャングル/(MC)/ド真ん中節


    --------------------------------------

    増子「(セットの看板を見ながら)どっかで見たような(笑)。あの、<ポゥッ!>の人の。ちょっとした訴訟とか起こりそうだけど、でもこれは俺達が考えましたからね! どこにでもありふれた文章でしょうこれ(笑)」
    増子「公開リハーサルは俺達も初めてだから緊張した。リハが上手くいけばいく程、本番で間違うんだよ。最後の最後で坂さんが違う曲を始めたりしてね(笑)。<坂さんのリハが足りなかった!>ってね(笑)」

    増子「今日5曲しかないのに……(<えー!>と声が上がる)……まだこの後もやるから。大丈夫! 5曲しかないのにこれセットリストに入れちゃマズイだろと(笑)、大変だよ、と(笑)。でもやっぱりやりたいね。みんなのド真ん中に届くと良いです」

    こうやって始まった『ド真ん中節』、本当に良かった。
    真っ暗な中、ステージだけが赤くて、壁には兄ィのシルエットと突き上げた拳。真っ直ぐ、真っ直ぐド真ん中にいる怒髪天、格好良かったな。
    多分、怒髪天を好きな人が思うのって、「この人達について行けば間違いない」やと思う。臭くて恥ずかしくて、格好悪い事がどうしてこんなにも格好良いんだろうって。


    で。


    「以上でライブは終了ですが、今から記者会見を行います」と言う説明に「?」となる会場。
    なんと! ここからは写真&動画撮影OK! 記者会見なのでフラッシュをたいてそれっぽくして下さい、撮った写真はブログやmixiにアップして下さい、との事!
    そして整理番号くじ引きで選ばれた10組のお客さんが、記者としてメンバーに質問しちゃいます! おおぅ!

    ――――――――――――――――――――――――――――――――――――

    10.04.21 dohatsuten@bigcat?

    10.04.21 dohatsuten@bigcat?

    ↑アップしてみました。こんな日に限っていつも持ち歩いてるデジカメを家に置いてきたべ……。

    スタッフ「それではカメラを向けて……」
    増子「じゃあ、モニターに4人乗ったポーズを……(モニターに乗る)……後、あれだよね、マスコミ取材でよくやってるさ、<こっち目線下さい!>っての良いよね(笑)。じゃあ、あっちから、あっちから(上手を指差し)、ハイ!」

    で、キメポ~ズ! そして質問タイムへ。

    ----

    Q.チャームポイントは?

    清水「酒呑みなところ」
    坂詰「そうですねー、言うなれば、この深く刻まれたシワ」
    増子「少年の心を忘れないとこ」
    上原子「シャツの胸元かなぁ。常に肌けてると言うか(笑)」
    増子・清水「胸元なー(笑)!」
    上原子「(笑)丸首のヤツが駄目なの」

    ----

    Q.ライブ中の増子さんの拳の中には何が入っているですか?

    増子「拳には心、魂が入ってる。魂だね。それをみんなに(と、拳を広げて客席に向ける)。……オラのっっっ!(←かめはめ波の構えw) おっとこれは配信したら本当にヤバい(笑)」」

    ----

    Q.印象に残っている大阪のライブは?

    清水「十三にあるFANDANGOの楽屋で鍋を始めたバンドがいて、一緒に鍋食べてそのまま寝て、開演5分前に起こされて訳解んないまま出て行って、訳解んないまま終わった(笑)」
    増子「俺もシミも楽屋のコタツで寝てて、プルルッて電話で呼び出されて<出番です!>って言われて<えー!?>って」
    坂詰「私もFANDANGOですかねー(笑)」
    増子「やっぱりFANDANGOなんだけど、坂さんFANDANGOの厨房に入って皿洗い始めちゃって。服を着ないまま全裸で皿洗いしてて、泡つけて出て来たからね(笑)」
    増子「俺はこないだのクアトロだけど、人生で初めて丸々歌詞飛んだ。最後にやった『美学』なんだけど。柵に登って歩いてんのは覚えてんだけど、もう頭ん中こんなん(ムチャクチャ)になってるからさ。でも映像見てビックリしたね! ちゃんと唄えてるんだよ! もう後にも先にもそれ1回だけ」
    上原子「何年か前に阪神が優勝した時にライブがあって」
    増子「あー(笑)!!!!」
    上原子「<外凄い事になってるから出たら駄目だよ!>って言われてたのに外に出たらホント凄くて!」
    清水「俺、1番にいなくなって飛び込む橋(道頓堀)に1番最初に行った(笑)。 飛び込もうとしたけど出来なかった。止められちゃって(笑)」

    ----

    Q.最近ファンになったんですけど、「怒髪天でこれは聴とけ!」って言う曲は?

    増子「今聴いて欲しいのは『ド真ん中節』。最新のこれを聴いて欲しい」
    清水「再デビューして最初に出したアルバムで、『如月ニーチェ』って言うアルバム。全部好きだから聴いて欲しい」
    上原子「俺は『WEED』」
    増子「(上原子を見て)WEEDなぁ!」
    上原子「『WEED』ってCDの2番目に入ってる『つきあかり』って曲が良いと思います」
    坂詰「ミスターは……」
    増子「誰がミスターだよ?」
    坂詰「(何やら物真似をする)」
    増子「面白くないよ」
    坂詰「今を生きると言う感じで『オトナノススメ』なんてどうでしょうか?」

    ----

    Q.眠くて堪らない時に眠気覚ましになる良い方法はないですか?

    坂詰「それならやっぱり『オトナノススメ』ですね」
    増子「坂さん、何言ってんの? 眠気覚ましになる方法聞いてんだよ?」
    坂詰「あ、眠気覚ましになる怒髪天の曲を聞かれてるのだと勘違いしてまして。眠い時は僕の場合寝ちゃうんですよ」
    増子「寝た方が良いよ!」
    質問者「今年受験生なんですよ」
    増子「あっ、受験生かー」
    清水「寝た方が良いって統計があるから寝た方が良いよ」
    増子「そうだよ。俺なんか9時間も寝ちゃうよ?」

    ----

    ここでタイムアウト! 記者会見終了~!
    まだ質問出来ていない子達がいたので、「まだ出来てないよ!」「それじゃ全員<いっせーのーで!>で質問しちゃって!」と言う兄ィが「らしい」っちゅーかやさしさっちゅーか、ファンを大事にしてくれてるなって感じやした。
    怒髪天を取り巻く規模、どんどん大きくなっていくし、正直「うーん……」ってなっちゃう時もあるんだけど……でもこの兄ィを見て、「大丈夫だ!」って思えちゃったな。うん、うん! ありがとう!

    そして締めの挨拶へ。

    清水「えーっと、またツアーで色んな所に顔を出しますんでその時は遊びに来て下さい。またそこで一緒に遊びましょう。今日はありがとうございましたー!」
    上原子「今日はちょっとシュールな1日だったんですけど(笑)、ホントにありがとうございました。あのー、本当のツアーで今日やらなかった曲とかいっぱいやりますんで、『オトナマイト・ダンディー』を聴いて予習をしてきて頂いて、またワンマンで会いましょう。それでは、ありがとうございました」
    増子「今日は本当にありがとう! もうホントね、俺思ったんだけど、大阪でしか……あの、このね、大体県民性としてね、笑いの解る街じゃないと出来ない企画だと言う事でやったんだけどね。多分、後にも先にもやる人いないと思……」
    客席「またやってー!」
    増子「またね、って馬鹿(笑)! 出来るか(笑)! 今日はね、本当にありがとう! 大阪は凄い、お客さんいっぱい来てくれて、盛り上がるようになって、俺等ホンットに嬉しいんで大阪は1番長く来てるから、東京の以外ではね。東京はまぁ、住んでるからしゃあないんだけど(笑)。これからもガンガンガンガン来てね、ツアーも待っててね。今日は本当にありがとう! (拍手が起きる) 今日は1本締めで締めるか! 今日はありがとう! 次会う時まで、しっかり生きて、首長くして待ってろよ。……最後1本締め! ありがとう!!」

    ――――――――――――――――――――――――――――――――――――

    この公開リハね、やってくれた事にありがとう、来れた事にありがとう、大阪を選んでくれてありがとう、やのに、兄ィが1番「ありがとう!」って言うてくれてるんよな。
    多分、会場にいるみんなが「ありがとう!」と言っても兄ィ1人の「ありがとう!」に敵う「ありがとう」はない気がする。誰よりも1番最初に「ありがとう」と言って、1番最初に泣いてる兄ィ、大好きです。
    次に見るのは5月11日、神戸スタークラブ! またな! すぐ会おう! ニヤニヤしながら待ってるぜィ♪

    Comment

    • 2010/05/10 (Mon) 16:11
      エリー #RJRSaA9Q - URL
      わ~すれぇーぬ~♪

      >ちいちゃん☆

      褒めてくれてありがと! 嬉しい♪
      ちいちゃんこそ待っててくれて、一緒に見てくれてありがとうやで~☆
      ちいちゃんにとって初の怒髪天ワンマンやったけど、変なワンマンやったよなぁw
      「お金払ってでも」ってw でもああ言った企画系のライブはまたやって欲しいよね。
      それか真鍋コヤマ兄ィのトークライブしてくれたら絶対に行くわ~!

    • 2010/05/07 (Fri) 16:15
      いわち #r8BUclqQ - URL
      相変わらず

      すごい記憶力やね!!
      わけてほしいわ!!!!!
      一緒に見てくれて、ありがとう☆
      面白い時間、楽しい時間を共有できて、嬉しかった!
      また、やってほしいねぇ。
      お金払ってでも参加したいわ(笑)

    Leave a Reply


    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。