スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    SCOOBIE DO 『Funk-a-lismo! vol.6』@京都磔磔!

    20101030scbd@takutaku1

    「夏を終わらせるな京都磔磔!」

    から始まりましたぜ、台風も逸れてくれましたぜ! SCOOBIE DO meets 『Funk-a-lismo! vol.6』@京都磔磔!

    「京都に住んでる人は磔磔を誇りに思ってイイと思う。殿堂だからね。有名な海外のアーティストたちがここでライブをやったワケで、プロレスで言うところ、アントニオ猪木さんの戦ったステージでやるようなモンですよ。まぁ、お客さんも戦ってるワケですけど(笑)」かーらーの、壁に貼られた数々のソウルマンの看板を読みげて始まったFUNK講座!
    看板の中には、ジョー君の好きなあのお方の名前もあるということで……

    コヤマ「他にもナガイケの好きな……あれ? 誰だっけ? 誰だった?」
    ナガイケ「ウィルコ・ジョンソン(ニヤニヤ)」

    ってなやりとり中、リーダーがちょろっとだけShe Does It Right/Dr. Feelgoodを弾いてくれ、ワタクシヒジョーにテンションが上がりました。わーい!

    さて、MCはと言いますと!


    コヤマ「Hey,Everybody! 楽しんでますか磔磔! (客席、「ホゥホゥ!」と騒ぎ続ける)おっ、イイねぇ! (まだ騒ぎ続ける客席に向かって)うん、ありがとう、もういいから、もういい(笑)。あの、今日はツアーの一環であって、何も特別な日ではありませんからね(笑)? でも京都といえば磔磔っつってもいいくらい俺たちには特別な場所で。(モビーを指差し)オカモトタクタクでーす(笑)。(立ち上がって会釈のモビー&ギターでチャンチャン♪をするリーダー&ずっこけるコヤマ) 磔磔が他のライブハウスと何が違うかって、春でも秋でも冬でも、どの季節にやっても最高の夏みたいに暑いんだよ! じゃあ、夏にやるとどうなるかと言うと、天国が見えます(笑)。三途の川なんかも見えちゃったりしてね、ワーワーワーって(笑)。そんな夏と恋をテーマにしたアルバム『何度も恋をする』から、2010年の夏の猛暑みたいなワクワクさせるナンバーを!」

    コヤマ「(ステージ後方のSCOOBIE DOの看板を見ながら)この看板をつくって貰ってから、6回、2Daysも入れて6回やってんだけど、これ、誰でもつくって貰えるワケじゃないですよ? いくら人気があるからってBAWDIESもまだつくって貰ってません(笑)! メガネ屋のCMに出てるとか関係ない! (拗ねた顔で)俺だってランチパックとコラボしたかったよっ。(リーダー、さり気なく<えにし>を弾いてあげる)それは今回スピッツさんにお任せすることになったけど、(50音順で)スピ、スクを抜かしていったから、また戻って来てオファーされねぇかなと期待しています(笑)。BAWDIESに負けねぇ!(リーダー爆笑) あまりBAWDIESをいじりしすぎても訴えられそうなので、この辺で止めにしておきます(笑)」

    コヤマ「ここでもやりますが、まだ『何度も恋をする』を買ってない人! ……いました2人! (客席を指差し)そこ、いつものキミね(笑)、うん。そして最前にも1人! ガンガンに踊ってたけど買ってない(笑)? あ、OTODAMATシャツを着て。あの、OTODAMATシャツを着ている方は大抵、社会不適合者です(笑)。(最前の子に向かって)社会不適合者か? そうか、流石お目が高いっ。お目が高いって言われても何が?って話だけど(笑)。買ってないけど最前。イイんだよ? SCOOBIE DOのライブではよくある現象だから。スクービー川柳にも<CDを 買ってないが 前にいる>とありますからね。<CDを 買ってないのが 1番踊ってる>とか。(指を折りながら)CDを買ってない、買ってない癖に踊ってる、あと、1番前にいるのに怒髪天Tシャツ(笑)。この三つ巴、よくあります(笑)。同じ組合だと思われてるのかな? まぁ、同じ組合のようなものですけど。それと、あとはフラカンも。他にはビークルタオルを振り回しているヤツとか……(最前の女の子2人を見て)あ、早速2名捕獲しましたー(笑)」

    コヤマ「今日は京都MUSEで椿屋四重奏がやってるらしいけど、(モビーを指差し)こっちは白木屋四重奏でーす(笑)! つまり全員酔っ払いです! (リーダー、笑点のテーマを弾く)それ笑点じゃん、白木屋と全然関係ないじゃない(笑)。でも面白かったよリーダー(笑)」

    コヤマ「皆さん音楽は好きですか?(客席「イェー!」) ロックンロールは好きですか?(客席「イェー!」) SCOOBIE DOは好きですか!?(客席「イェー!!」) 良かった、段々声が小さくならねぇで(笑)。音楽はずっとずっと好きでいた方がイイと思うんだよ。何でかっつったら、音楽はいつだって絶好調で、世の中の景気不景気左右されねぇ。普通に生活をしてたらままならねぇこととか、くだらねぇこととか沢山あるけど、でもいつだってロックンロールは絶好調で鳴ってるんだよ。音楽業界は景気悪いって言われてたりするじゃない? でも、それは誰かが勝手にそう言ってるだけで、京都だったらみやこ音楽祭やボロフェスタ、あと、くるり主催の……なんだっけ?(ナガイケに確認する) くるりの京都の」
    ナガイケ「(苦笑しながら)京都音博」
    コヤマ「おんぱく? 京都音博?(何度も頷くナガイケ) なんで俺ナガイケに聞いてんだ(笑)? その京都音博や、10-FEETさん主催の京都大作戦。どこが不景気だよ、絶好調だよ。そう思わねぇ? さっきやったブルースも、ブルースは元々は憂鬱や悲しい気持ちを唄ったもんだけどさ、じゃあそれを聞いて俺たちを哀れんでくれって言ってんじゃなくて、確かに憂鬱な気持ちを解ってくれって曲もあるけど、それよりも圧倒的に<憂鬱なことも悲しい気持ちもあるけどさ、でも俺たちは音楽でこんなことが出来るんだぜ? こんなに楽しいことやれんだぜ? アンタはどうなんだ?>ってことを言ってんだよ。迫害されたりしても武力じゃなくて、<俺たちこんなに楽しいんだぜ>って音楽を鳴らしたんだよ。だから、くだらねぇ気持ちになった時でもいい、或いは楽しい気持ちで満たされた時でもいい、そんな時はいつだってここに来て俺たちと一緒にロックンロールをしてくれねぇか! 俺たちと、ロックンロールしちゃいませんか! (客席の声を聞いて)ずっとずっと音楽好きでいてくれ。ずっとずっと音楽を、ロックンロールを好きでいて下さい」

    かーらーの、9か月振りの京都磔磔でもギターでしか語ろうとしないリーダーのお言葉は、

    「昨年赤ちゃんが出来たばかりのリア・ディゾンさんが離婚をされるそうです。リア・ディゾンさんの愛は変わってしまいましたが、リーダーの磔磔への愛は変わることはありません。一生愛を貫き通します。しかも来る度に何か出来ちゃってます。だからBLUESをGROOVEに、GROOVEをTRUTHに変えて、ロックンロールで、ロックンロールで、ロックンロールで、人間辞めちまいませんかってリーダー言ってるけど、どうですか!?」

    であり、本日は「先にシャワー浴びて来いよ」は出なかったものの、リーダーと背中合わせでハープを吹くコヤマ&コヤマにグッと肩を寄せベースを弾くジョー君が見れやしたぜ~!
    それに、んのわあ。と照れつつ萌えつつ、セットリスト他諸々は続きに掲載であるよ!

    _______________________________

    2010.10.30 SCOOBIE DO@京都磔磔
    『Funk-a-lismo! vol.6』

    -セットリスト-
    太陽と女の子/PLUS ONE MORE/Get Up/真夜中のダンスホール/(MC)/恋をした男子/ロールオーバー14歳/恋のウィルス/(MC)/~FUNK講座~/COM'ON SUNSET BACK/秘密の果実/Beautiful Days/アフィルグ/(小休止)/ガールフレンド/(MC)/イキガイ/(MC)/トラウマティック・ガール/TIGHTEN UP/Back On/バンドワゴン・ア・ゴーゴー
    -アンコール①-
    MIGHTY SWING/夕焼けのメロディー
    -アンコール②-
    What's Goin' On

    -FUNK講座セットリスト- 
    Funky Miracle/The Meters、Give It Up or Turnit a Loose/James Brown、Messin' With The Kid/Junior Wells

    _______________________________

    FUNK講座、ホンマに楽しかった! そっからのCOM'ON SUNSET BACKには思わず声を上げちゃって! 
    「ダンスグルーヴで踊らせてからの<ガールフレンド>、リーダーの考えた曲順は正解だったよ」とコヤマが親指を立てると、「そうでしょ」と言わんばかりのリーダーなのでした。
    そんなリーダー、「ファンクに重要なのはベース&ドラム。つまりはベースとドラムさえあれば踊れちゃうワケ」と解説するコヤマに物悲しいフレーズで自分の存在をアピールし、「うん、リーダーのギターは最高と思うけどね」と言って貰っておりましたよ。

    コヤマが2回目のアンコールで、一歩も動かずに叫び続けたファンに「どうした、帰る場所がないってか? なら俺たちが一生面倒見てやるよ!」と言ってね。
    そして最後、楽屋に続く階段の上で、「オマエらとは必ず会う! またライブをする!」と約束したのが印象的でしたなぁ。いつもやったら、「約束はしねぇけど、アンタらにまた会いてぇからさ」って言うからね。
    ちなみに「約束はしねぇけど……」のフレーズは、「約束はしないけど また今度会いたいね ありがとう 夢のような あたたかいこの夜を / 約束は要らないさぁ また きっと会えるから」という清志郎兄さんの歌詞からきてるんやろな、と思うワタクシです。

    20101030scbd@takutaku2

    やっちゃん、ちいちゃん、ありがとう磔磔、また来るよ。

    Comment

    • 2010/11/08 (Mon) 23:35
      エリー #RJRSaA9Q - URL

      >>ちいちゃん☆

      ちいちゃんお返事お待たせ!
      ネックレス、門田にお披露目してきたんや!笑 
      その日の門田、どや顔してるようで実は「お嬢さん、素敵なネックレスですね」とちいちゃんに語り掛けてたハズやで。笑

      ほいであれはホンマにええ声やった! 今度叫ぶ時は「もっとレア曲やれ!」と念をこめて叫んでw ウチ、太陽はまぼろしor悪い夢が聞きたい~。

      MCなぁ、ライブ中は、髪の毛おもろい跳ね方しとるでーとか、シュウちゃん首大丈夫?とか、E尻ありがたやーとか思いながら踊ってるけど、終わったら不思議と覚えてる。笑

    • 2010/11/03 (Wed) 10:24
      いわち #r8BUclqQ - URL

      いやいや、こちらこそプレゼントありがとう☆
      次の日もつけていって、いつも通りの門田前から見てきたよ!!

      カモンサンセット~で、私の声が前まで届いてて良かった。
      これからも、好きな曲には激しく反応していきたいと思いますw

      しかし、MCすごいな。
      本人より言ったこと覚えてそう(笑)

    Leave a Reply


    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。