スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    それはとても素敵な写真展だったのよThe Birthdayさん。

    20101211@Fabulous-thebirthday

    YUKI SHIMBO PHOTOEXHIBITION
    『ROLLIN' BABY IT'S ALRIGHT』
    - The Birthday STAR BLOWS TOUR -
    at Fabulous


    12月11日土曜日、しとしとと雨の降る中。
    The Birthdayの写真展を見に、京都の古本屋Fabulousに行って来ました。
    白を基調とした店内の至る所に、カメラマン新保さんの写真が貼られていました。
    入って直ぐ目に飛び込んでくるチバや、キュウちゃんたちに「やっと会えた!」って。
    嬉しくて、ちょっと呼吸を整えて、笑顔の写真につられて笑ったり。
    下の方に貼られた写真を見ようとしゃがむと、こっちを向いてハープを吹くチバと目が合いました。

    凄く良かった。
    ライブに行ったみたいやった。
    The Birthdayのことが大好きな人がいっぱいで嬉しかった。
    チバの絨毯はふかふかやった。
    詩集と画集の間に飾られたチバとイマイさんの写真が素敵やった。
    Fabulousと新保さん宛てにThe Birthdayから届いてたお花がポインセチアやった。
    ハレルヤの歌詞から選んだんやろな。

    「なぁ奇跡ってやつをもう一回信じてみよう 真夏に咲いたポインセチアみたいに ハレルヤ」

    凄く綺麗やった。


    8月6日のROCK IN JAPANの写真は笑顔の写真でした。
    おどけた顔をするハルキ君、カメラに向かって目いっぱい笑うイマイさん。
    ハルキ君も缶ビールを手に、4人で乾杯してた。
    今のところこれが最後のライブだけど、全然悲しい写真じゃなかった。
    多分これが最後に撮ったんやろなって写真は、誇らしげに笑う私服姿の4人がいました。
    ライブではなく、ステージ裏の写真だけで構成されてて。
    きっと新保さん、「4人はこうだったよ」と写真で教えてくれたのでしょう。

    今年のお誕生日ケーキの写真、プレートに書かれた名前たち。
    「ハルキくん」「チバユウスケ」「アキノブ」「キューちゃん」
    何故か背負ったリュックの上にボストンバックを乗せて歩くチバ。
    タンバリンを叩くハルキ君の写真は2枚。
    1枚は格好良く叩く姿、もう1枚はチバの隣で腕をいっぱい伸ばして叩く子供みたいな表情。
    タバコを吸う姿は一丁前でも、笑う表情は男の子。
    ライブハウスの裏から出てきて、カメラに気付いて笑うキュウちゃん。
    キュウちゃんいっぱいダイブしてた。産湯ダイブまみれ。
    お客さんは笑顔で一生懸命キュウちゃんに腕伸ばしてた。

    部屋の中央に置かれたショーケースの中には、チバのスケッチブック。
    詩集に載ってた実際の絵が日替わりで見れるそうです。
    この日は、ハットをかぶった男性の絵。
    一見乱雑なようで、でも線からはみ出ず塗られた青色に驚いた。几帳面。

    窓際に置かれた小さな机の上には、メッセージノートとゲストブック。
    ゲストブックにはCDの歌詞カードよろしく誕生日を書く欄が。
    メッセージノートにはハルキ君の愛猫・トンカツちゃんを描いてる子も。
    そっくりな4人のイラストと、「The Birthday不足のファンたちにありがとう」みたいなメッセージもあって思わず笑っちゃったり。

    チバの絨毯は、展示されてるのかと思ってたら無造作に床に敷かれてた。
    奥にある写真を見る為には、どうしてもそこに立たなきゃいけなくて。
    恐る恐る乗ってみたら、ふかふか! 意外と小さい!
    ganja(というバーの店主)の鉄人さんがこの日来てて、「何やったら絨毯に頬ずりして、ドSのチバ君に踏まれてるの体感する趣味があるならどうぞ」と言うてくれはったので、「それはしないけどクンクンしたい」と言ったらFabulousの店長さんに苦笑されたんでやめときました。
    代わりに捲ってみたり、この辺に立ってるんだなぁと何度もなでなで。
    そっとしゃがんで指で触れては、ちっちゃく感動する女の子の姿も。
    マイクスタンドを置くところ、目印のテープがしっかり貼られてた。

    赤い本棚の右側にはチバの詩集、左隣にはイマイさんの画集。
    その詩集と画集の間に飾られてたのが、椅子に座ってイマイさんを見上げてるチバと、ビールを手に笑ってチバを見てるイマイさんの写真。
    今にも会話が聞こえてきそうなその写真が、1番のお気に入りでした。

    東京と京都で開かれたこの写真展。
    次にどこかで開かれる予定もないし、写真集になることもありません。
    入り口には、大好きなバンドの写真を沢山の人に見せたいと思ったこと、自分が思っていても相手の同意がないと出来ないことが多いこの世の中で、思うだけでなく想いを伝え、撮りたいと思った写真を撮り写真展を開けたことに対する、新保さんからの喜びと感謝の気持ちが書かれていました。
    「愛でぬりつぶせ」ならぬ、「写真でぬりつぶせ」だそうです。


    イマイさんが脱退した時は、1人ぽつんと座ってるような寂しさでした。
    「解散しないよねと聞いたらチバ君は何も言わず笑ってた」と教えて貰ったことがありました。
    7月の初めのことです。それが酷く寂しい笑いに思えて。
    音楽と人に、<希望と痛みは裏表でつながってる The Birthday、長い旅の終わりに感じたこと>と題された記事がありました。
    そこには「チバユウスケはThe Birthdayをずっと続けていくんだろう。もう何も失くしたくはないんだろう。当たり前かもしれないけど、そんなことをふと思っていた」と書かれていました。
    それは今年のツアーで自分も思っていたことで、だからとても嬉しかったんだけど。
    同時にそれは、「そうであって欲しい」という願いでしかないんだな、とも思いました。


    でもそうやって、沢山の願いの元に存在しているバンドって素晴らしいんだな。


    写真展は沢山の愛でぬりつぶされてました。
    それが嬉しくて堪らなかった。
    待ってる人が沢山いる。
    早く、The Birthdayのライブを見たい。

    Comment

    • 2010/12/30 (Thu) 17:39
      エリー #RJRSaA9Q - URL
      バスデへの愛でぬりつぶせ。

      >>tokageさん☆

      お返事お待たせしてすみません。
      そうなんです、「The Birthdayに会いたい」に尽きるんです!
      正直な話、今回出たDVDよりもバスデのことを感じられる写真展でした。
      やっと会えたと思ったのに、でも「会いたい」と思うような……って、どんなんやねんて話ですが(笑)、そんな写真展やったんですよ~!

      ウチもバスデのチバ、バスデのキュウちゃんに会いたいとです。
      イマイはんのことがあった時、1番怖かったのは、「The Birthdayがなくなっちゃうかも」でした。
      今のチバが好きなのは、「The Birthdayのチバ」やから好きなんでしょうね。

      写真展で九州押しをしたのは、ホンマにtokageさんに見て欲しいって思ったからとです。
      何て言ったら良いのかなぁ、tokageさんとは多分「バスデが好き」の感覚が一緒やから、私だけじゃなくてtokageさんにも見て欲しいって。
      それに九州やったらムラサキご夫婦も見れる!ってのもあったと思います。
      何かこうやって書くと照れますが、そんな風に思ったとよ。(笑)

    • 2010/12/16 (Thu) 23:01
      tokage #mQop/nM. - URL
      The Birthdayに会いたい

      学生時代を過ごした街にバスデのツアー…と思いをはせました。
      この記事を読んで、ここに書こうとしていることはいくら言葉を重ねてもつたなく感じ、
      ただ「The Birthdayに会いたい」に尽きます。
      The One Nightsでのチバはただのチバだと思いましたが、
      MEXICO EAGLE MUSTARDを歌ったのだとストンと頭に入った時、
      やっぱりチバはThe Birthdayのチバなのだと心臓が熱くなりました。
      フラカンのミスタークハラはレアだと興奮しましたが、
      それは一生懸命「サポートする」キュウちゃんで、
      やっぱりキュウちゃんはThe Birthdayのキュウちゃんであると頭の隅っこが少し冷めていました。
      (…とこの流れですがハルキとは絡めず;)
      どこで会ってもバスデを通して見てしまう。
      バスデを欲しているのですね。

      またまた別記事レスですが、
      エリーさんが写真展で九州押ししてくださったのが嬉しかったとです。
      エリーさんがバスデの場所で私を想ってくださったのが嬉しかったとですよ。

    Leave a Reply


    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。