スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    愛情・友情・悪ノリを信条に今年もライブに馳せ参じたいのよSCOOBIE DOさん。

    20100904slippersguitar@otodama

    今週は2回もビースクさんを見て参りました。
    今年になって初めてのビースクさんのライブでございました。

    ちなみに画像のCDは、各々のツッコミにスリッパでツッコミを重ね続ける“Wツッコミ”スタイルの漫才コンビ、スリッパーズ・ギターのアルバム『スリッパを履くつもりじゃなかった』。
    コヤマ田シュウ吾さん曰く、セカンドアルバムだとか。
    するってぇと、お次のアルバムタイトルは『スリッパトーク』なのでしょうなぁ。

    間違いじゃないぜ、間違いじゃないぜー!

    と言う訳で、レポを書く前に久々にビースクさんのお話をしたいなぁ、と思ったワタクシ。
    どうぞお付き合い頂ければ、これ幸いでございます。



    『2006年にレコード会社から独立し、丸5年。
    業績も緩やかな、本当に緩やかな曲線を描き、右肩上がりとなり、
    昨年末から落ちてるものを社員一同拾わずに済む様になりました(一同礼)。
    2010年の活動、業績を振り返り、今年の活動と展望についてのご報告をと思います 
    ――チャンプレコード社長 マツキタイジロウ 株主総会の挨拶より』

    ↑んわー、リーダー凄いなぁ~、流石リーダーだなぁ~。
    鼻の穴が全開だったり、コーラスしてる顔が面白くて曲の感動を台無しにしちゃったり、腕を上げれば豪快な脇汗をお披露目してくれるリーダーだけど、やっぱりリーダーって凄いなぁ~、略して「やっぱリーダー」だなぁ~。

    そんな感じの株主総会が1月にUST配信されてましてね、見ていた方も多いんじゃないのかと思うのですがね。
    その中で昨年度の出来事を「○○事件」として振り返ってたビースクさんですが、プラスワンモーの皆様にもビースクさんにまつわる数々の事件があったと思われます。

    雨が降ったり止んだり繰り返す季節が終わったら何が何でも恋したい気持ちギラギラになっていました、ときめいたらそこに行った結果、遠征費がどエライことになっていました。
    恋のウィルスに感染しました。
    マツキさんに恋をしました。
    マツキさんの前では不自然な動きの子供の私でした。
    むしろマツキさんは私のことが好きに違いない、等々。

    そして私自身にも数々の事件がありました。

    PV集を出して欲しいな、今年もライジングとOTODAMAに出て欲しいな、と思ったらその通りになりました。
    4月の広島、LSLでマイクに向かって「ハッピーバースディ・シュウコヤマ!」と叫びました。
    <バンドワゴン・ア・ゴーゴー>のPVに映りました。
    本人の許可を得て、尻を触らせて頂きました。
    8年振りにリーダー前で見た結果、鼻の穴トラウマを克服しました。
    「ライジングに恋をした男子」ポスターをリーダーがとても喜んでくれました。
    スリッパーズ・ギターのアルバムジャケットがジョー君にウケました。

    そして念願のコヤマの尻、顔面キャッチ。

    初めて「E尻だ」と思ったあの日、バナナホールでのライブから7年と数ヶ月。
    夢は言葉にし、願い続ければ必ず叶います。
    しかし夢が叶うことは嬉しくもあり、同時に寂しく思うものだと知りました。尻なだけに。


    でも自分にとって1番の事件は、ライジングで聴いた<イキガイ>なのよなぁ。


    あの歌詞の中に、自分がライジングに来るまでの全てがあったと言うかね。
    ホント、色々あったんです。
    思うこと、辛いこと、泣きたいこと、漠然とした不安。
    いつからか、ライジングさえあれば生きていける、と心から言えない自分になっていました。
    そんな自分に、

    何よりも 好きなものがもしあるなら 
    それだけで 生きていられるのは ホントさ

    誰よりも 好きなものがずっとあるから
    それだけで 生きていられるのは 満たされているのは
    何もいらないのは ホントさ

    と言う歌詞は、「間違ってないよ、そのままでいいんだよ」と言ってくれてるようで。
    でも同時に、心のどこかで「本当にそれでいいの?」とやさしく問われているような気がして、ほんの少し胸の奥が締め付けられる。
    スクービーと言うかリーダーの言葉はそうやって、そっと、でも確かな力を持って背を押し、前へ踏み出すことを促してくれる。
    コヤマはライジングが好きであることを何度もMCで伝えていた。
    大好きなライジングのボヘミアンステージで、大好きなスクービーにそう言って貰えたことが堪らなく嬉しかった。「自分はなんて幸せ者なんだろう」と涙が止まらなかった。

    だから、

    「あのステージは、今まで見てきた7回のライジングの中で1番最高のステージでした」

    ということをOTODAMAの物販にいたコヤマに伝えたかったんだけど。
    長机の上を四つん這いで移動するコヤマを見た瞬間、


       。 。
     / /  ポーン!
    ( Д ){むっちゃE尻ーーーーーー!!!!



    となり、結果、尻を触り、尻の写真を撮らせて貰うだけで終わってしまった2010年の夏。


    唇がしおからいぜ……!(手の平に残る尻の感触を思い出しながら)


    そんなワタクシですが、ライヴ盤CDのクレジットに、「Ikigai @RISING SUN ROCK FES. '10.8.14」の文字を見つけた瞬間、嬉しくて声をあげてしまったのはホントさ。

    と言う訳で。

    リーダーが以前、「バンドの3つの条件があって、愛情・友情・悪ノリ。これがあればやってける」と言っておりましたが、ファンであるワタクシも、愛情・友情・悪ノリを信条に今年もスクービーのライブに馳せ参じたい次第であります。
    どうぞ皆様、よろしくお付き合い下さいませませ。

    Comment

    • 2011/04/05 (Tue) 18:13
      エリー #RJRSaA9Q - URL

      >祝笑さん☆

      私もコメント嬉しいです♪

      ビースクさんへの愛情はいっぱいあるんですが、それを真っ直ぐ伝えるには何だか恥ずかしすぎまして。
      他のバンドさんにはストレートに書けるんだけど、ビースクさんに関してはいつもいつも誤魔化しちゃうんです。(苦笑)
      でも、「素敵です!」って言ってくれてありがとうございます☆

      おぉっ、リーダーのサインゲット! おめでとうございます!
      メンバーもスタッフさんも物販でも親切に対応してくれはるんで、またそこで好きになっちゃいますよね。
      またライブに行ったり、3人のサインゲット出来たら教えて下さいな☆

      最後になりましたが、お名前の読み方ありがとうございました。
      祝笑と書いて「しゅくしょう」さんですね、可愛いお名前☆ ちゃんと覚えましたよ~♪

      のんびり更新ですが、これからもよろしくして下さいね☆

    • 2011/03/29 (Tue) 20:12
      祝笑 #- - URL

      先日はお返事有難うございました!
      すごく嬉しいです。

      地震の影響ありませんでした。ご心配頂き、感謝です。

      エリーさんから、SCOOBIE DOへの愛情をすごく感じました!!
      素敵です!

      メンバーの方ともお話できてうらやましい!
      長野でのお初のライブではリーダーサンにサインを頂くことで精一杯でした。

      エリーさんのライブレポからSCOOBIE DOの素敵さがすごく伝わって参ります。

      これからも楽しみにしてます!

      名前は‘しゅくしょう’と読みます(笑)

    Leave a Reply


    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。