ライジングサンのど真ん中 その16。



     
    最後の最後まで、雨が降ったり止んだりのライジングでございます。
    そして、私を最後の最後まで悩ませたタイムテーブルの被り!
     
     
    SCOOBIE DO@サンステージ
     
    セットリスト:
    ラブストーリーは突然に(リハ)
    トラウマ、ディスコ、プラスワンモー、ワッツ、ゲットアップ、ミラクルズ、未定、ダンスホール、かんぺきな、爆音、マイティ、夕焼け、LSL
     
    スクービー、沢山のお客さんが集まりました。
    コヤマが「1番後ろってどこ?」と、PAブースの奥の更に奥までお客さんがいて、「そこが最前列のつもりでやるからな」と。
    ライブ前に、サンステージ脇の大きなモニターに「SCOOBIE DO」って出たのがね、とてもテンション上がったな。
     
     
    そして!
    スクービーの少しあとにレッドスターフィールドでスタートしたのが、TGWF!
    夕焼けのメロディーを背中で聞きながら、レッドまで走って……
     
    THE GOLDEN WET FINGERS@レッドスターフィールド
     
    セットリスト(途中から):
    砂の時間、CHICKS、ワイルドワン(イマイボーカル)、トリオ、しまっとけ、キルアフター
    ーアンコールー
    テディ・ボーイ、それが答えだ
     
    チバ「……丑三つ時。(客席を指差し)
    そこに何かいる(笑)」
     
    3時間前には「The Birthdayのチバ」だったチバが、「TGWFのチバ」としてステージに立ってるのが何か不思議な感じでした。
    どっちも同じチバなのにね。
    ぐるりとアイラインを入れて女優帽を被れば、どこか艶っぽくて、そして自由気ままなチバになっちゃうのです。
    キルアフターの前にピストルに見立てた指を客席に向けて、ふっと笑ったかと思えば小さな声で「パーン」と言ったチバが印象的だったな。
    あと、テディ・ボーイでは、手にしたマラカスをポンッと客席に放り投げたり。
     
    自由きままで、だけど人懐っこくて。
    そして、生まれて初めてライブに行った時のような、「ライブってこんなに楽しいんだ!」って気持ちを思い出させてくれるTGWF。
    チバと一緒にいるイマイさんや、たっちゃんの楽しそうな姿を見れるのも、また嬉しいのよ。
    次はまたどこで見れるかな?
     
     
     

    Comment

    Leave a Reply


    管理者にだけ表示を許可する