スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    アラバキのど真ん中 その10。



     
    アラバキ2日目、この日最初のお目当てはアラハバキステージのhotspring!
    真夏のようなこのクソ暑~い日に、黒のレザーライダースに黒のスリムパンツ!
    暑苦しいけど、そんなのが似合う奴らなのであーる!
     
    イノクチ「おはよう。アラバキ、グッドモーニング。hotspringです。遠くまでよぉ来よったな!」
     
    イノクチ「俺を会場で見かけても逃げて下さい。痴漢に遭います」
    川越「アラバキ! 去年に続いて2度目の出演です。痴漢に遭いますよ。アラバキ! イェーッ! もっと声出せるやろ! イェーッ!」
    客席「イェーッ!」
     
    イノクチ「昨日こっちに着いて。とても楽しみにしてたアラバキだけど、来ないで直ぐ寝ました。高い金払って遠くまで来たんやからな! その分最後まで楽しんで行けよ! 九州のロックンロール??」
     
    hotspringを知ったのは、去年のアラバキの事を取り上げた雑誌で。
    ルースターズやベンジー、チバとのセッションステージに1人だけ、20代半ばくらいのとても若い子がいて。
     
     
    「誰この子?」
     
     
    と、印象に残ったのが最初。
    その子がイノクチ君やったのです。
     
    もうねぇ、「好きな音楽、私と一緒やったんやろなぁ!」と思わせる子達で!
    ボーカルとギターがええのよ! 
    音がお互い好き好きって言ってるのが伝わってくるー! ふふふー!
    そして、後ろから見守ってるドラムの彼の表情がまた良いんだこれがー!
     
    ステージのセンターにね、3mくらいの花道があって。
    そこに飛び出したイノクチ君、その後ろを追って来たギターの三浦君。
    いきなりイノクチ君が前を向いたまま下がってくるもんだからぶつかっちゃった訳やけど、
    その時にイノクチが振り返って驚いた顔した後に、小さく、ふふっ、と笑ったの。
    何かね、その顔が印象的だった!
     
    いいなー! hotspring、いいなーーーー!!!!
     
     

    Comment

    Leave a Reply


    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。