ARABAKIのど真ん中 その10。






    もうお昼回っちゃいましたが、おはようございます、2日目、アラバキ!
    朝6時から動き回ってたのと暑さのせいか、ちょいとお疲れ気味。日陰でまったり過ごしております。

    本日の最初に見たアーティストは、シアターブルックとKEMURI!

    シアターの1曲目の〈ありったけの愛で〉では途中ラヴィンニューを挟んでから、タイジが「みんなみんなわかってる 今日のアラバキが天候に恵まれていることを 俺たちの普段の行いと理想が光っているのさ 目覚めているのさ♪」と唄い、とても素敵な始まりになったのですよ。
    ケムリではふみおさんがね、「過去はそのままでも、未来は明るいです」って言ってて。
    今の私には2人の言葉が、今日の太陽の様に眩しかったのです。

    そうそう、話は変わるのですが。
    朝6時台発のお風呂ツアーバスに予約していたのですが、1,510円(運賃、入浴料、タオル代)を支払ったのに、なんと入浴施設が大混雑で、帰路のバス発車時刻までにお風呂に入れないという結果に。
    そしたら帰りのバスへ向かう途中、
    アラバキの会場でもある川崎町の町長さんがやって来て一人一人に声を掛けお詫びを言い、バスの出発前にもお詫びと改善の約束と「来年もアラバキを宜しくお願い致します」と頭を下げたのでした。
    町長さんと少しお話をしたのですが、「実際に自分で見てみないと何が起こっているのか解らないから」と仰っていました。
    クレームをつけたい気持ちが、逆に頑張って下さいという気持ちになりました。
    素晴らしい人だなぁと思えた出来事でした。

    そーんな感じで、画像はピーズのカラーゲ(揚げたて熱々で美味しかった!)の袋!
    50枚集めるにはなかなか厳しいぞこれ!(笑)

    あ、そうだ! 今日1番最初に見たの、怒髪天のリハだ!
    ビールオアダイとヘベレケレレヨーをフルコーラスでやってくれやしたよ~♪

    増子「髪も(セットしてないから)サラサラで。リハと言ってもどれくらいの力でやっていいのか解んないんだよな(笑)」

    兄ィらしい言葉でした。(笑)





    Comment

    Leave a Reply


    管理者にだけ表示を許可する