【1月15日の日記】強くなったり、焦燥を抱えたり。




    更新はライジング振りです。
    とてもお久し振りです。

    やっとちょっと、
    ホッとできる時間を作れるようになりました。

    去年はなかなか、色々。

    心身ともにバランスを崩し、
    6月の頭から8月末まで休職をしていました。
    復帰が確定したのとほぼ同時に、
    父親が大病を患っている事が判明。
    12月半ばには弟が緊急入院。
    こちらは直ぐに退院できましたが、
    末には親友の病気が再発、入院。

    テレビや新聞で見聞きするような事が、
    本当に自分や家族、友達の身に起こるんだなぁと。
    目に見える日常の些細な変化が怖いと思う時期もありました。
    当たり前が当たり前でなくなることがとても怖かった。

    休職中は、まぁ、
    最初の方は体調がよろしくなかったから。
    思い出すだけで嫌なんだけど、
    悪いことばかりではなくて。
    1番大きかったのは、人を信じられるようになったこと。
    この年になって、やっとできるようになりました。
    何が嫌いって、人を信用できない自分が1番嫌いで。

    腹が立ったこと、
    悲しかったこと、
    嬉しかったこと、
    今日こんなことがあったんだよ、
    今はこんな感じだよ、
    これをやってみたいんだよ、
    こんな風に思っているんだよ。

    臆することなく、伝えられるようになりました。
    自分だけじゃないんだよ、と思えるようになりました。

    それと、父のこと。

    何となく、いつからか、
    こうなるんじゃないかと言うと不安がずっとあって。
    それが現実となると、
    悲しくて、やりきれなくて。

    だからか、なのか、
    自分が生きて、これから成していくこと全てが、
    父の功績になるんだなぁと思いました。
    生まれて初めて、貰った命を次へ繋げたいと思いました。


    まぁ、色々だ。


    色々だけど、強くなれた気もします。
    同時に弱くもなりました。
    強くありたいと思います。




    雨上がりの夜は綺麗と思う。

    そう思った翌日には、カサカサとした焦燥を連れて帰る夜もあります。

    今日はこの辺で。



    Comment

    Leave a Reply


    管理者にだけ表示を許可する