スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【RSRのど真ん中(RSR'16)。】ライジングサンのど真ん中 その3。












    あっという間に日が暮れました、ライジング!
    見たアーティストは、PUFFY、bird、八代亜紀!
    PUFFYが『誰かが』やってくれて嬉しかった!
    思わず口ずさみながらボヘミアンまで歩いて、
    birdはまったりとビールを飲みながら気持ち良く楽しみました。

    からの、八代亜紀さん!!!

    もう、本当に凄かった! 演歌じゃないよ、ロック!!!
    真っ赤なスパンコールのドレスを着て、とてもチャーミング。笑うと少女の様に可愛いの。
    バックバンドも凄くてね、特にギタリストの方がドンピシャで!
    「あのギタリスト、めちゃくちゃカッコいい! 音もプレイスタイルも好み! 何て名前の方だろう!?」とよくよく見てみたら、一彦兄ちゃんでした!
    そら、私の好みだわ!!!(笑)
    改めて藤井一彦に惚れ直したのでした。

    あ、驚いたのがね、八代亜紀さん、
    ボウディーズの〈Give You What You Want〉をカバーしたの!
    もしたしたら、本家よりも格好良かったかも!
    なのにMCでは、これまた可愛くてさ。

    「ティッシュちょうだい。ティッシュ。あら、こんなに沢山。ありがとう(と、顔の汗をポンポン)」
    「日本よろしく! 日本ゴー!(オーディエンスから歓声が沸き起こる)これなら日本安心だね」

    オーディエンスの雨雨ふれふれの大合唱と、謎の振り付けには笑っちゃったな。

    そして、今日ここに集まった人が聴きたかったあの曲は、

    「冷たい酒が飲みたいね。でも、温めもいいね。温めの燗もいいね」

    から始まったのでした。
    一彦兄ちゃんのギターソロカッコ良かったよーーー!!!

    そうだ、今年のライジングね、小さな子供の姿が目立つの。まだ幼稚園にも行ってない様な小さな子供達。
    でも、子供と侮るなかれ、八代亜紀が始まるなり、お父さんに肩車をされながら手拍子&横ノリを始め、誰よりもカッコ良くグルーヴを刻んでいましたよ。
    ウォーターステーションではキュウソ&ベビメタファンの小さな女の子と喋ったのだけれど、
    缶バッジトレードコーナーでまた話し掛けてくれたりね。
    ベビメタのバッジが出たと、とても嬉しそうに見せてくれました。

    子供って天使。
    無限の力を小さな体に秘めている。
    日本の未来は明るい!


    Comment

    Leave a Reply


    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。