です。

    仕事中に、『暗闇でサングラス』って曲をふと思い出してたら、イシバシポエムでサングラス。

    ウチの中のサングラスは、11分20秒もある曲の癖に歌詞がたった一行「暗闇でサングラス」だけの曲、『暗闇でサングラス』。
    サングラスからニャンギラスを連想する人は、おニャン子世代。
    そりゃ、国生小百合の『バレンタインキッス』をリクエストして、相方に「古いっ!」って言われるだけあるわな~。「ピュアピュア♪」が気になるわな~。

    そんな感じで、『悪巧み ~Merry Christmas Mr. Lawrence』を聴きながら片手にアイスクリームで帰宅し、届いてたビープレの表紙を見て、「ん~、もしかして~?」と思い。
    表紙を捲って、「ん~、もしかして~???」と思い。
    4ページ目を見て、「ん~、やっぱり~」と思った次第で。

    ↓なのでこっからは、おぃちゃんのここ1年かそこらくらい前からのお話。


    2004.02.21

    弟が「ざわやっさん観に行こうや!」と言い出したので、第4回 OSAKA BUBBLE FESTiVAL 「冬将軍2004」@なんばHatchへ。

    そこで、彼等は突然出て来た。

    acid androidのライブ後、セット転換中に一服をしに行って戻って来ると、ステージでは黒ずくめスーツの2人が漫才をしていた。

    「…誰っ!?」

    Kenちゃんが去年のM-1を見て面白かったので、吉本に電話をして今回のライブに呼んだそうな。
    彼等の名前は解らんが、オチでちょっぴし噴き出した事と、「寄り添う様に立つ人等やなぁ…」と思った事はハッキリと覚えてる。


    2005.07.08

    AreちゃんにM-1グランプリツアーに連れて行って貰う。
    初めて行くNGKにテンションが上がり、NGK内にキャメルマイルドとソーダフロートが売っている事にもテンションが上がる。
    更に、センターマイクがステージからニョイ~ンと出て来た事に、「何やアレ!?すげぇ!!!」と、ものっそいテンションが上がる。
    唯一テンションが下がった事と言えば、偶然にも着ていた上着がAreちゃんとお揃いやった事やろう。

    前日まで休みを返上してぶっ続けで仕事に行ってたウチは、笑いが持つ凄さに大感動。
    ダウンタウンの松っちゃんが言ってた「NGKにいる何か」に取り憑かれる。

    で、この日のお目当ては笑い飯。
    なのに、「えらいストレートな漫才する人等やなぁ…」と1番地味と感じた麒麟の姿と、哲夫さんの股間が目に焼き付いて離れなくなる。


    2005.07.14(?)

    たまたま見ていた番組で、麒麟がプールの取材。
    「おぉっ、この前見た人や」と思いながら見る。
    ウォータースライダーで滑って行くタムを上から眺めながら、「汚物が流れて行く…」と呟いた川島の姿が気に入る。

    ↑この日を境に、自分の中で麒麟がドーンッ。


    2005.07.25

    『ネタ・ザ・バーゲン』のファッションショーネタにへこむ。


    2005.07.30

    外出中に、「今から(わくわく宝島)で麒麟が漫才するで~」とメールが来て、本気で電気屋のテレビを探しに行く。


    2005.08.??

    麒麟表紙のマンスリーよしもとを2冊買ってみる。深い意味はない。
    この辺りから『ぷぷっぴ10』が日々の生き甲斐になり、夜遊びもせずに真っ直ぐ帰宅する。


    2005.08.17

    弟からファミ通の麒麟掲載ページを貰う。
    小学生の頃毎週ファミ通を読んでたので、ファルコンみの吉の存在をうっすら記憶してる事に気付く。


    2005.08.19

    RSR'05に参戦。北海道に行く。
    キンブラ終了後のグリーンオアシス内で、タムにそっくりなぬいぐるみ発見。小さな幸せ。

    タムキリン。


    2005.08.25

    パーマ。


    2005.08.??

    弟に「なんばHatchで出て来たのが麒麟やで」と教えられ、実は1年以上前に生で彼等を見ていた事が判明。
    ちなみに、その時のネタはシーチキン。
    後の1Hトークライブで、タムがこの時の川島の様子を、
    「普段は暗い癖に、あいつ音楽とかに憧れあったんやろうなぁ。終わってから、『今夜は熱くなろうぜっ!』って。おまえが熱くなってどうするねん?」
    と言っていた。

    ちなみにタムは、L'Arc-en-Cielを“ラルクアンドシエル”と思っていた。


    2005.08.28

    Areちゃんが職場に来て、麒麟がアワードで優勝した事を教えてくれる。
    アワードが何か解らないが、テンションが上がる。


    2005.08.31

    タイムズメリケン@メリケンパークに麒麟が来るので見に行く。
    が、座った位置が悪く、目の前に置かれてるカメラと脚立に川島が見事に被る。
    お陰で、タムがカメラにツッコんでいる様に見えた。
    むしろ、低い声で喋るカメラ。

    この日のネタは、
    だるまさんが転んだ→風の強い日→早口言葉→ビューティフルレインボー→ニホンタムラ→DJ

    ネタよりも気になったのが、麒麟のネタにウケてシャッターボタンを押せなくなってるカメラマンさん。

    麒麟の後に登場したビッキーズは、ネタ開始2秒後に船の汽笛で声を掻き消される。
    大木こだま・ひびき師匠はネタ中にマイクが壊れ、「30年漫才やってて、マイクを交換したの初めてや」と発言。
    ちなみに司会者が、「写真撮影OKです」と言うので写メを撮ろうとしたが、携帯のカメラの性能が悪く、タムがスティックパンの様に写った事を追記しておく。


    2005.09.05

    キリリン!@徳島公演のチケットを買う為に、眉山プロダクションへ電話。
    電話対応してくれたおばあちゃんらしき人に、「台風来るから、私銀行行かなアカンのよ~」と言われる。

    …どうしろと???


    2005.09.21

    キリリン!@徳島。
    開場の2時間くらい前に着いてしまい、1人で会場近くの公園で時間を潰す。
    カロリーメイトを食べてたら白鳥が寄って来たので、カロリーメイトを半分あげる。
    更に蟻が寄って来たので、カロリーメイトのカスをあげる。
    大自然と戯れる。

    寂しい白鳥。

    座った席が、1列目とステージの間に扇形に用意された特別席(パイプ椅子)。
    最前席やったけど一番端の席だった為、座ると右足がステージに当たって、約2時間変な座り方になる。

    出囃子で使われたロットングラフティーの『更正』を聴いて、ロットンのアルバムをまだ買っていない事に気付く。ありがとう、麒麟。
    ROSSOとEGO-WRAPPIN'の曲も使われていて、別の所でテンションが上がる。


    2005.09.22

    田村・西川のペラペラうすっぺらを見に行く。
    初base。
    十字路で石橋さんが手売りをしていたが、気付かず通り過ぎ掛ける。
    beseの階段で、舞台では白い人と擦れ違う。
    「んっ?石田さん???」と思い振り返ると、白くない石田さんはニヤッと笑って去って言った。
    終演後、本坊発見。デカさに驚く。
    驚いて固まっていると、本坊がウチと同じポーズを取ってくれた。


    2005.10.22

    大阪短期芸大の学祭。
    出演者は麒麟の他に、とろ、イシバシハザマ。
    出演待ちの間に虹が出る。まさに、「俺は見~た~ ビューティフルレインボー」。
    実際、ネタでもビューティフルレインボーをやった麒麟。

    ちなみに、この学祭でも硲ちゃんはおかしな磁場を発揮していた。


    2005.10.26

    ガンガンライブ。
    さり気なく、イシバシハザマ初MCのガンガンやったりもする。
    この日限定で、どのコンビもコンビ名を変えて登場。
    麒麟は、コンビ名を“戦争”に。

    川島「飛び交う弾丸、降り掛かる火の粉、逃げ惑う人々、私達が犯してはいけない過ち。そう、それが!…戦争です」

    トークコーナーで椅子から引っ繰り返ったタムに大爆笑し、言葉に出来ぬ幸福感とオゾン層に包み込まれながら、なんばを後にする。


    2005.12.02

    同じくガンガンライブ。
    ネタはファッションショー。
    噛みまくる川島に、「川島、疲れてるんか?」と川島を抱き締め様とするタム。
    川島、必死でそれに抵抗。
    川島「ワキガ!」
    田村「ワキガとか気にしないっ」
    川島「体臭がっ!」
    田村「体臭構へんっ」
    と、タムを押し返す川島。
    田村「俺の肩で落ち着けっ!!!」
    と、自分の左肩を叩くタム、ってなやり取りに大爆笑したり。

    -----------------------------------

    これ以降の彼等のライブはレポにまとめてるけど、上に書いた事以外にも沢山彼等から笑わせて貰って。
    この1年、振り替えりゃ彼等の記憶でいっぱいで。
    正直、お笑いが嫌いになってたウチをお笑い好きに戻したのが麒麟やったりで。
    彼等を好きにならなければ、今大好きな人達を知る事はなくて。

    インタビューに書かれている椅子取りゲームって、05年12月21日のガンガンライブのゲームコーナーの事なのね。
    ホンマ、この日のライブがコーナーが楽しくて。
    タムが最後に、「めっちゃおもろかったわ、みんな(今日の出演者)に金払うわっ」って言ったくらいのライブやったのね。
    川島が「メッチャ面白くて、伝説として残ってます」って言ってたから、改めて自分が書いたレポを読んで、その時の事を思い出してましたわ。
    本っ当に楽しかった!

    7月13日のガンガンライブのレポをアップしたばかりやけど、このレポ、「麒麟の2人がいるゲームコーナーってやっぱ好きやわ~」なんて思いながら書いたのね。
    それで直ぐやからね。


    やっぱ、“卒業”は寂しいって思って。


    いっつも新しいbaseのスケジュールを見ては、麒麟の文字を探していたからね。

    まだ9月30日が来てないから、何ら変わる事もないんやけどね。
    でも、ちょっぴし寂しいかな?って思うんですわ。


    会おうと思えば何処にだって会いに行けるし、それを知ってはいるけど。


    そんな感じで、思った事をつらつらと。

    Comment

    Leave a Reply


    管理者にだけ表示を許可する