スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    イシバシハザマ単独ライブ 『さんかいめのパーマ』。(前編)

    06年08月03日(木) 18:00/19:00
    吉本若手ばかりの単独夏祭り会場日にちバラバラだけど18DAYS
    イシバシハザマ単独ライブ
    『さんかいめのパーマ』

    (敬称略)

    看板。 本日の予定は…。 イシバシハザマ単独ライブ!

    ※かなり長くなったので、前編と後編に分けます。
    ※大いにネタバレしてます!
    「それでも良い!」「オチまで見たい!」と言う方のみ、↓下にある“続きを読む”からどうぞ!


    18時20分過ぎに整列の為にシアターブラッツに行くと…おぉっ、めっちゃ人いっぱい!!!
    お客さんは殆どが女性。『にかいめのパーマ』と違って、お姉様方達が多いなぁ…。
    ちなみにシアターブラッツは、「看板がなけりゃ解らんよ…」な所でした。隣には99ショップ。

    入り口の階段を降りると、すぐ物販スペース。
    ホンマね、ブラッツはめっちゃ小さな作りのハコ!
    客席は、舞台のすぐ前に座布団(?)が3列分。
    その後ろからが椅子席。
    6人掛けの長椅子が通路を挟んで2脚×10列かな?
    4列目と10列目が関係者席やったんやけど…ホンマにここ、150人も入るの?って感じです。
    毎度ながら後ろの方、関係者席2つ手前に着席。
    …小さいハコの割りには、ステージが見えにくい様な気が;

    開演前にロビーをうろちょろ。
    物販で買い物をしてると何かいい匂いがする…と思ってたら、キングコングの西野さんから大きなお花が届いてました。
    当日券目当てのお客さんも見掛けたけど、当日券はなしとの事。
    で、喫煙コーナーで一服してると…ん?何か椅子に置いてある。

    台本。

    ↑見てみたら、何とコントの台本!!!ちょっと、スタッフさ~ん;;;見てもうたやないか;
    (↑「イー選手権」の最後のページでした;)

    -----------------------------------

    ★オープニング:

    19時04分に、「ピンポンパンポーン♪」とチャイムが流れる。

    「本日はイシバシハザマの単独ライブ、さんかいめのパーマにおこし下さいまして、まことにありがとうございます。いつもお世話になってる美容師さんに感謝の意を込めて、『美容師のココロオドル』を唄います」
    と、女性のアナウンスが流れて、客席からは歓声が!
    今回のテーマ曲は、nobody knows+の『ココロオドル』の替え歌!

    ↓聞き取りにくかったけど、こんな感じの事を唄ってました。


    「洗面台に頭 入らない♪」

    「美容室に SAY YO!」

    「春にいた新人 夏にはいなくなってる♪実家に帰ったん だろうか♪」


    …え~思いっ切り唄えてないです、2人とも; (←特に石橋さん)
    他にも、「吉祥寺の美容院」とか「会話が滑る」とか聞こえた様な?

    硲ちゃんが「帰る~♪」とか唄っている途中でフェードアウトして、テーマ曲終了。

    アナウンス「それでは、さんかいめのパーマ、スタートです」

    -----------------------------------

    ★オープニングコント:

    真っ暗な舞台にスポットライトが点くと、そこには石橋さんが。
    “16小節のラブソング”のコーナー曲『過ぎ去りし永遠の日々』が流れ、石橋さんが手にした手紙を読み始める。
    えー石橋さん、若干手が震えています。


    ↓手紙の内容はこんな感じ。


    「硲くんへ。


    君とコンビを組んで、もう5年になります。

    この4月に東京へ出て来る事となり、その事で2人、随分と悩みましたね。

    住む場所や家賃や仕事の事。

    意見がぶつかり合った事もあったけど、今こうして、東京で初の単独ライブが出来る事を本当に幸せに思います。

    そうそう、今日の単独のオープニングのコントは、君がずっと前から温めていたピン芸人
    (←強調)としてのネタをやりたいと言ってたね。


    いいと思う。


    だっておめぇ、おもしれぇもんっ。
    (←めっちゃ感情が籠もってます)


    仕事の合間に一生懸命考えて練りに練ったピンネタ、面白くない訳ないじゃないかっ。


    君が一生懸命練習している姿を見て、僕はお笑いの素晴らしさを学んだ気がした。


    あれは凄いパターンだと思う。まさか、誰もあんなパターンは思いもよらないと思う。

    絶対におまえならウケる!
    (←今度は力みすぎて、手が震えてます)

    見せてやれっ!面白すぎる最上級の、最上級クオリティのピンネタを!!!


    シアターブラッツより愛を込めて。


    相方の石橋尊久」



    石橋「それでは、硲くんの爆笑ピンネタで~す!」

    石橋さんに呼ばれて、硲ちゃんが登場!!!

    が、その姿は全身黒タイツ+顔の部分がくり抜かれたデッカいタコ焼きの被り物;

    硲「外はカリカリッ♪中はカリカリッ♪…って、やりにくいわっ!!!」

    舞台が暗転して、オープニングVTRへ!


    ◆初めは「うんうんうん」と聞いてたんだけど、段々遠回しにネタのハードルを上げていくのが面白くて!
    石橋さんらしい手紙じゃないかな~と。
    確かに愛は込もってます。
    なのでまぁ、この2人がピン芸人として活動する事はないわな;

    -----------------------------------

    ★オープニングVTR:

    石橋さんと硲ちゃん、観光バスに乗って浅草に向かう!
    バスの中で楽しそうな硲ちゃん。

    そして、バスガイドさんに先導されて、雷門へ。
    仲見世通りを楽しそうに歩いていく2人。

    硲ちゃんがお饅頭にかぶりついた所で、硲ちゃんの顔アップ+名前。
    同じく、隣に立つ石橋さんもお饅頭にかぶりついた所で、顔がアップ+名前が出る。

    境内で煙を浴びてから、本堂へ。

    本堂への階段をジグザグに走って登る硲ちゃんと、その後ろをのんびりと登る石橋さん。

    お賽銭箱の前で、財布から抜き出した1000円札をカメラに見せる硲ちゃん。
    その表情は、「1000円やでっ、1000円!俺は1000円入れるで?」と言わんばかり。
    が、横から石橋さんがお札を奪い取って、お賽銭箱の中へw
    慌てた硲ちゃんが石橋さんを止めようとするも、既に石橋さんの手には何もなし。
    お賽銭箱の中を覗く硲ちゃんと、嬉しそうな顔をした石橋さん。
    硲ちゃん、お財布の中身を確認して落ち込むw

    石橋さん、売り物の刀で硲ちゃんを斬る。
    硲ちゃん、刀を脇に持って居合い抜きの構え。

    仲見世で買ったハチマキを巻いてる硲ちゃん。石橋さんは白いTシャツを着用。
    2人とも「見て見て~」とハチマキとTシャツをアピール。

    で、その格好のまま水上バスへ。

    水上バスの中、窓ガラス越しに外を眺める2人。
    にこにこ顔の石橋さんに対して、硲ちゃんはちょっぴり不安気な表情?

    そして、甲板でタイタニックごっこ。(←客席、大爆笑!)
    映画『タイタニック』のあのシーンを、ジャック→石橋さん、ローズ→硲ちゃんで再現。
    暫く成り切っていた2人だが、石橋さんが我に返り、硲ちゃんの頭をペシッと叩いた所でVTR終わり。


    ◆トークライブで言ってた“浅草デート”は、これの事やったのね~!
    嬉しそうに煙を浴びる硲ちゃんを見て、「アホを治して貰いや…」と思ったり。
    本堂への階段を登る2人の後ろ姿が、何か良かったなぁ。硲ちゃんのはしゃぎっぷりと、石橋さんののーんびりな空気が対照的でええ感じです。

    タイタニックごっこは…うん、いいと思う。

    -----------------------------------

    ★コント:「隣人」

    机に向かう硲ちゃん。頭には“合格”と書かれたハチマキ。
    硲「今年合格せんと6浪やぁ~…6浪ってw親からの仕送りも限度があるし、頑張ろうっ!」
    と、勉強しようとするも、隣から部屋から咳込む声が聞こえてくる。
    「まぁ、壁が薄いしな」と言いながら勉強を続ける硲ちゃん。
    が、隣の部屋からの咳は一向に止まる事なく続き、勉強に集中出来なくなる。

    暫くして咳が止まる。

    すると今度は、隣の部屋のドアが開く音がする。
    カチャリ。
    隣人「おー、オマエ来タカ~」
    カチャリ。
    隣人「おー、オマエ、来タカ~」
    カチャリ。
    隣人「おー、オマエも来タカァ~」
    カチャリ。
    隣人「おー、オマエ等も来タカァ~。入レ入レ」
    客人「お邪魔シマス」
    客人「お邪魔シマス」
    客人「お邪魔シマス」
    客人「お邪魔シマス」
    客人「お邪魔シマス」
    客人「お邪魔シマス」
    客人「お邪魔シマス」
    客人「お邪魔シマス」
    客人「お邪魔シマス」
    客人「お邪魔シマス」
    客人達「ザワザワザワザワザワザワザワザワザワザワザワザワ…」
    硲「何人入って来るねんっ!?ここ4畳半やぞっ!?」


    隣人、大勢のお客さんと騒ぎ始める。
    隣人、どうやらお客さんの1人・タロウ(?)の相談に乗って上げてる模様。

    隣の部屋の騒がしさは、居酒屋の如く。

    硲ちゃん、ついに耐えられなくなり抗議へ!
    「すいませ~ん、静かにして貰えませんか~?」と、硲ちゃんがドア越しに言うと…
    硲「うわっ!俺ん家の隣、ラモスやった!!!」
    出て来た隣人(石橋)は何と、ラモス・瑠偉!(←ユニフォームを着用してます)
    驚きつつも、「一緒に写真を撮って下さい!」と写真撮影をお願いする硲ちゃん。
    携帯でパシャリ。
    ラモス「オマエ、北澤カ?」
    硲「北澤じゃないですけどっ」
    「ゴンもタケダ(←ナカタやったかな?)もイルヨ、寄って行ケ」と硲ちゃんを誘うラモス。
    なのに、部屋に入ろうする硲ちゃんを妨害。
    硲「何で行く手塞ぐんですかっ?」
    ラモス「ハッハッ、ツイ現役の時の癖ガ」
    ところが、ラモス・瑠偉と思ってた隣人は、アレキサンダー・ラモスと言う名前の全くの別人;


    ラモス、部屋に帰って行く。

    暫くすると、また騒がしくなる。
    どう考えても、部屋でサッカーを始めているラモス達;

    硲ちゃんがまた抗議に。

    すると、ラモスがサッカーボールを手にして、硲ちゃんに突っ込んで来る!
    硲「サッカーしてたやろっ!?」
    ラモス「ウウン、いろはかるたシテタ」
    硲「嘘やろっ!?」
    硲ちゃん、ラモスを突き飛ばす!大袈裟に引っ繰り返るラモス。
    ラモス「レッドカード出してヨッ!」
    居もしない審判に向かって言うラモスw
    で、何やかんや言い合う2人。
    硲ちゃん、またラモスを突き飛ばす!やっぱり大袈裟に引っ繰り返るラモス。
    ラモス、右足を押さえて痛がりながら…
    ラモス「バンテリン持って来テ!」
    硲「CM出てたけど!筋肉痛に効くヤツやっ!」
    すると、ラモスがいきなり硲ちゃんに頭突きをかます!
    硲「なんでジタンしたんっ!?」
    ラモス「酷い事言ったカラ。母の酷い事言ったカラ」
    どうやら、母親の名前が“キンニクツウ”やったらしい;


    で、この後にだったかな?

    ラモス「ブラジルあるある!」
    硲ちゃんに“ブラジルあるある”をやらせようとするも、何も思い付かない硲ちゃん。
    ラモス、1人でブラジルあるあるをする事に。

    ラモス「ハイッ!授業中に校庭にワニが入って来テ、テンションが上ガル!」
    硲「犬ならあるけど…」
    隣の部屋からの声「オ~、あるあるぅ」

    ラモス「ハイッ!家に帰って来ルト、ズボンの折り曲げた所にコーヒー豆が入ッテル!」
    硲「石ころならあるけど…」
    隣の部屋からの声「オ~、あるあるぅ」

    ラモス「ハイッ!親戚のおばちゃんは、大抵小指をピラニアに咬まれて小指がナイ!」
    隣の部屋からの声「エ~、ないないぃ」
    ラモス「アマゾン川流域だけカ…」
    硲「地域性とか解らんし!」


    硲ちゃんに怒られ、部屋に帰ったラモス。
    ラモス「怒られたヨ…」
    客人「気にするなヨ」
    ラモス「気にするなって言ッタッテ…」
    ラモスと客人、喋っている内に喧嘩を始める。
    段々と大きくなっていく殴り合いの音;
    硲「やり過ぎやって!」


    やっと静かになったかと思うと、音楽を聞き始めたラモス達。
    大音量でイントロを聴いては次の曲へ、またイントロを流しては次の曲へと忙しない。
    硲「お気に入りの曲、何番やったか解らんのか!?」

    暫くして、ラモスの唄声が聴こえてくる。
    ラモス「オーアーイアー アハン アハン ………アハン♪」
    硲「溜めとかいらんねんっ!アハン アハン アハンって、テンポ良く行けや!」
    ラモス「テッテテーテテテッテッテッテ テッテテッテー♪この頃はやりの 女の子ぉ おしりの小さな 女の子ぉ♪こっちを向いてよ…アハン♪」
    硲「何やねんっ!?」
    ラモス「いっい湯だっな アハン♪」
    硲「アハハンや!そこはっ!」

    謎の曲が流れ出す。
    曲「ウナノー♪」
    硲「耳に残るねんっ!」


    やっと曲が決まったらしい。
    が、どんどん大きくなっていく音量!
    キレた硲ちゃん、注意をしに行く。
    玄関から顔だけを出すラモス。
    硲「カーニバルしてたやろ!?」
    と、ラモスを引っ張り出そうとする硲ちゃん。
    ラモス、一回奥に引っ込んで部屋から出て来ると…カーニバル衣装を着ている!!!
    肌も露わなセクシーな衣装に、背中には羽を背負ってます。

    …えー想像が出来ない方は、こちらの画像を見て下さい。
    で、グリーンとシルバーを基調とした衣装に、大きな羽根飾りを背負った石橋さんを思い浮かべて下さい…。


    「ウナノー♪」と踊ってみるも、物凄くぎこちない動きのラモス;
    硲「羽が落ちるっ!」
    やんや喚く硲ちゃんに、「オマエ寂しいんダロ?」とラモス。
    「中にゴンもタケダもいるカラ、一緒に写真を撮ロウ」と、部屋に入れてあげる事に。
    硲「写真を撮ったらええねんなっ?」
    が、ラモスの部屋の中にいた誰かに驚く硲ちゃん。
    硲「……………えっ…マジっすか……………?」
    パシャリ、とシャッター音。

    舞台が暗転。

    スクリーンに映し出された写真は…カーニバル衣装のラモスと、武田修宏さん(!)の2ショット!


    ◆最初に石橋さんが出て来た時、「出オチ!?」と思いまして。
    しかも、流れが以前新ネタでやった“林シェフが3流中華料理店にやって来た”と一緒で、「う~ん…」となった訳ですが。
    でも、最初以外は全く別物のネタで安心。
    「いろはかるた」がツボやったなぁ…。

    客席からシャッターの嵐(とまではいかんけど;)が起きたカーニバル衣装な石橋さん。解ってはいたけど…物凄いビジュアル;

    そして、机に座ってラモス達の騒音に耐える硲ちゃんが、ものっそい内股になっててめっちゃ気になった…。

    -----------------------------------

    ★ブリッジVTR:「シェフ石橋がゆく」 ~その①~

    コックさん姿の石橋さん。

    寄せられた疑問をシェフ石橋が徹底検証するこのコーナー。
    早速届いたハガキを読む事に。(←確か、トングでハガキを持っていた)
    シェフ石橋「“ハエトリソウはハエ以外の食事を食べないのでしょうか?”…目黒区の石橋尊久さんからの頂戴致しましたぁ」
    どうやら、石橋尊久とシェフ石橋は別人と言う設定の様です;


    シェフ石橋、疑問を検証する為に、貴重な(←シェフ石橋談)ハエトリソウを持っていると言う大田区に住む人物のお宅を訪ねる。

    ドーンドーンドーンッ!と嫌がらせの如く豪快にドアをノックするシェフ石橋。
    …で、大田区在住と言えばこの人でしょう。ハエトリソウを所有する人物は硲陽平!

    突然の来訪者に驚く硲ちゃん。「ちょちょちょっ、えっ、何で?何してんの???」と。
    「事前に連絡しといて!」と言う硲ちゃんの格好は、タンクトップにショートパンツ。完全にリラックス家着状態。
    髪の毛に至っては、モヒカン部分が何か丸まってる。(←髪をくくってたのかな?)

    そんな硲ちゃんにお構いなく、強引に部屋に上がり込むシェフ石橋。
    状況が読めない硲ちゃんに、「お便りが届いてるんです」とハガキを見せる。
    硲「(ハガキを見て)おまえやんっ!おまえが書いたんやん!」
    シェフ石橋「いやいや、石橋さんから届いたんです」
    で、何や言うてくる硲ちゃんをニヤニヤ見てるシェフ石橋。
    ニヤニヤしながら、硲ちゃんの乳首をピンポイント攻撃!ノッ、ノスタルジー!!!
    硲「乳首、挟まれたしっ!」
    挟み方が何気にやらしいよ、シェフ石橋…。
    石橋「今から僕の作った物を食べさせてみたいと思います」
    硲「俺にっ?」(←これ、めっちゃ笑った!)
    石橋「いや…ハエトリソウに…」


    玄関脇のチェストに置かれたハエトリソウに目を向けるシェフ石橋。
    画面にはアップになったハエトリソウと、ハエトリソウの解説が映し出される。
    解説の最後の行には、「硲の宝物である」とか書かれてました。

    ハエトリソウをローテーブルの上に移す。

    まず、チーズフォンデュを食べさせてみる事に。
    シェフ石橋「食材買って来た」
    硲「高級食材いらんからっ!」
    と、食材を持参し、フライパンを手にするシェフ石橋を必死で止める硲ちゃんw
    硲ちゃんの必死の努力も虚しく、次の場面ではチーズフォンデュ完成。う~ん、むっちゃ美味しそう!

    熱々のチーズフォンデュをハエトリソウに近付けるシェフ石橋。(←むっちゃ楽しそうな顔)
    硲「あ~もぉっ、熱とかっ」
    硲ちゃん、熱でハエトリソウが駄目にならないかと心配。
    ハエトリソウの前に置かれた両手が、「やめてくれ~」と言わんばかりに固まっているw


    ハエトリソウはチーズフォンデュを食べない事が判明。
    硲「帰ってくれ!」


    ◆おぉっ!ウチの大好きな“嫌がらせをする石橋さん”を堪能出来るVTR!
    しかも、ハエトリソウが宝物って…硲ちゃん、あんたは何なん???(←実家が植木屋やから、植物が好きなの???)
    そして、その宝物に目を付けた石橋さん。とっても素敵。
    硲宅の台所を使い慣れてるシェフ石橋が気になったよ。

    ちなみに、ハエトリソウはハエも食べるしチーズも食べます。豆知識です。

    -----------------------------------

    ★コント:「イー選手権」

    イー選手権解説者の石橋さん。
    スーツ姿で、どっかりと解説者席に着席。(←石橋さんの座り方は男らしくて素敵だっ!)
    ちなみに、石橋さんは元・イー選手で(確か)チャンピオン。

    石橋「競技人口も増えてきたこのイー。硲選手の様ないいイー選手も出て来ました」
    …と長ったらしい前置きが続き、硲選手が入場!
    石橋「おぉっと、硲選手、早速チャックが上がりません!」
    全身白い競技用タイツに身を包んだ硲選手、上に羽織ったジャージのファスナーが引っ掛かってちゃんと上まで上がらない;
    頑張ってみるもファスナーは上がり切らず、硲選手、「イーッ!」と叫びながらジャージを脱いで放り投げる!


    …要するに、日常生活でもどかしくて苛々して「イーッ!」ってなる事を、どれだけ上手に表現するかと言う競技な訳です;
    (※イーの例:喫茶店のテーブルの足がガタガタして、思わず「イーッ!」ってなる。~解説者・石橋~)


    舞台に向かって左奥に解説者席、左手前にゴミ箱(イーボックス)。
    後ろに用意された長机には、

    サランラップ
    TVのリモコン
    トランプ
    茶碗に盛られたご飯とお箸
    ノートパソコン
    ペットボトルのお茶

    等が置かれています。


    石橋「硲選手、安物のサランラップを手に取った!」
    新しいサランラップの箱を開ける硲選手。
    が、静電気(←解説者・石橋談)でラップが剥がれない!
    なかなか剥がれないラップに「イーッ!」となって、ラップをイーボックスに放り入れる硲選手。
    (※使用済みの道具は、イーボックスに入れるのがルールです)
    見事なイーを決めた硲選手、体操選手の決めのポーズw
    そして、落ちているサランラップの箱を後ろ足でチョイッと蹴りながら、次の道具を取りに行く。


    TVのリモコンを手にした硲選手。
    が、電池切れの為、TVがつかない!
    リモコンを叩いてから再度チャレンジするも、やっぱりTVはつかなくて、「イーッ!」となる!
    リモコンの電池を交換する事にした硲選手。
    電池を取り出そうとするも…
    石橋「ここで入った情報によりますと、硲選手は朝、爪切りをしてきたばかり!」
    と言う訳で、なかなか電池が取り出せない;
    「イーッ!」となった硲選手、リモコンを床に叩き付けて電池を取り出す事に成功!
    石橋「これもいいイーだっ!」

    解説者・石橋さんの足の間にコロコロ転がって行く電池。
    硲選手、床にベチャ~と腹這いになりながら、石橋さんの足の下に潜り込んで電池を回収!
    (↑この腹這いになってる硲ちゃんが、もうっもうっもうっ!)

    用意された新しい電池を手にする硲選手。
    が、今度は電池を包装しているナイロンが剥がせない;
    「イーッ!」となりながら、ナイロンを剥がそうとする硲選手。
    石橋「ナイロンがなかなか剥がせない…あっ、歯でいきました、硲選手。以外とあっさり破れましたね」
    硲選手、歯でナイロンを破る。

    さて、電池も交換完了!
    硲選手、リモコンをTVに向ける!
    石橋「おぉっと、TVがつかない。電池のプラスとマイナスを逆に入れたぁ~!」
    硲選手、悔しさに悶える。
    硲選手「イィィィイーーーッッッ!!!」
    石橋「イー決まったぁあっ!」
    リモコンもイーボックスへ。

    硲選手、何を思ったのか解説者席に右足を乗せて、左手を真っ直ぐ上に伸ばす!(←イーアピール???)
    石橋「今、イーッ!ってきました」
    解説者・石橋さん、硲選手の行動にイラッときた模様。


    石橋「硲選手、プラスチックのトランプを手に取りました」
    トランプをきる硲選手。でも、バラバラッと床に落としちゃう。
    なかなかトランプが拾えない硲選手!
    石橋「床はフローリングだ!FTT!」
    (※FTT=フローリングで トランプが 取りにくい)
    爪が短いし、そりゃ拾えんわな;


    硲選手、イーのストレスがピークに。
    両手で“T”の文字を作って、タイムのジェスチャー。
    石橋「おぉっと!ここでイー解放ゾーンを使うかぁ!?…イーはかなりストレスが溜まる為、溜まったイーを各自で持ち寄ったお気に入りのグッズで解放します。尚、かなり刺激の強い映像の為、インターネットのみの放送となりますっ!!!」
    硲選手、白いフェイスタオルでイーを解放。

    解放の仕方は…

    ①両手でタオルを引っ張る。
    ②タオルを引っ張りながら、グルグルっと右手首に巻き付ける。
    ③巻き付けたタオルを解く。
    ④タオルの端を口に突っ込んでいく。
    ⑤突っ込んだ所で、タオルを噛む!

    硲選手「ウゥィィイイイッ!!!!!」
    石橋「全く訳が解らないっ!」
    (↑石橋さんのコメントに、素で笑っちゃった硲ちゃんw)
    更にタオル噛んだまま、噛んでいない方のタオルの端を左手でグルグルと回す!
    …何じゃ、この行動;色んな意味で刺激が強い;;;


    イー解放終了。


    硲選手、ご飯茶碗と箸を手に取る。
    ご飯を一口食べるも、何やら様子がおかしい。
    石橋「ご飯粒が喉なのか鼻の奥なのか、何処にあるのか解らない!」
    ご飯粒が引っ掛かった硲選手、「コッ!コッ!」とご飯粒を吐き出そうとするも、「コッ!はマイナスの対象」と解説が。

    「イーッ!」が出来ない硲選手に、カウントが入る!
    カウント「1、2、3………9、10!」
    硲選手、10カウントを取られてマイナスポイント~!
    悔しい硲選手、解説者・石橋さんの横に立ち、箸と茶碗を持ったまま腰を落として…
    硲「イィィィイーーーッッッ!!!」
    石橋「いいイーですが、このイーは(ポイントの)対象にはなりませんっ」
    硲選手、茶碗と箸をイーボックスへ。(←放り投げず、イーボックスの中にそっと茶碗と箸を置いた良い子な硲選手)


    ここで、硲コールが沸き起こる!
    応援者「ハザマ!」
    応援者「は、ざま~」
    応援者「はざまっ」
    全く声の揃ってない硲コール;手拍子もバラバラ;;;
    そんな硲コールに「イーッ!」となる硲選手。


    石橋「硲選手、ノートパソコンを開きました」
    硲選手「9時20分…9時30分…9時40分…9時50分9時57分っ……あ゛ーーーっっっ!!!」
    しょこたんブログの更新の多さに、イーのストレスがピークに;

    イー解放ゾーンで、枕を手にする硲選手。
    立ったまま枕をギュッと抱き締め、その枕に顔を埋めながら…
    硲選手「しょこたんのアホー!しょこたんのアホー!」
    (↑あんたがアホー!可愛すぎるんじゃっアホー!)
    硲選手「あー!あーあーっ!」


    再度、ブログの更新状況を確認する硲選手!
    が、やっぱり「イーッ!」となる。
    その拍子に、ノートパソコンの横にあったペットボトルのお茶を溢しちゃう。
    石橋「硲選手、キーボードに水を溢しました!」
    慌てて近くに置いてあったティッシュで、キーボードを拭く硲選手だが…
    石橋「ボタンに当たって、何か解らない画面が沢山出てきた!」
    硲選手、パニックに;
    そして、イーストレスがピークに達してダウン!!!


    床に仰向けに引っ繰り返り、苦しむ硲選手。床をバンバン叩きながら何やら喚いてます。
    そこへ、救護隊が担架を持ってやって来る。
    石橋「担架が何やら小さい!」
    硲選手「担架小さい…担架小さい…!」
    硲選手、担架の小ささにまたストレス。
    しかも要領の悪い救護隊。互いに担架を反対方向に引っ張ったりで、なかなか硲選手を受け入れ出来ない;
    石橋「硲選手、自ら担架に乗った!」
    硲選手、引っ繰り返ったまま、担架までズリズリと移動して行く。

    救護隊が担架を持ち上げる。
    …が、ボッキリと壊れる担架;

    床に落っこちた硲選手、もう極限状態。

    硲選手「イィィィイィイイイッッッッッ!!!!!」

    硲選手、イーストレスに悶えてブリッジ;そして本当にダウン;;;


    ◆よぉこんなネタ思い付いたなっ!と。設定やら何やら…ねぇ?
    硲ちゃんの色んな表情や行動が見れたので、硲ちゃんファンには堪らないコントかも?
    石橋さんの足の下に転がって行った電池を拾いに行った時の硲ちゃんの勢い、アドリブやったんやろうけど、これには笑ったわっ!

    硲ちゃんがやるから面白いけど、石橋さんがやったら狂気的なコントになるかもなぁ~…なんて。

    ……尻…尻が気になってしゃあない…。

    -----------------------------------

    ★ブリッジVTR:「シェフ石橋がゆく」 ~その②~

    シェフ石橋が、次にハエトリソウに食べさす物は…!?

    シェフ石橋「僕の得意な料理を書いてみました」
    と、“イシバシレシピ”を見せるシェフ石橋。
    イシバシレシピには、ペペロンチーノ、カルボナーラを筆頭に、50以上(←多分)の料理名が書かれています。
    …9割がスパゲティーでしたが…。(←リゾットとかも書いてた)
    シェフ石橋「何?カルボナーラが食べたい???」(←ハエトリソウに聞いてます)
    硲「食べへんやろうっ!?」

    シェフ石橋、カルボナーラを作る事に!

    手慣れた手付きで、カルボナーラを作るシェフ石橋。
    それを横から嫌そうにと言うか、何をしでかすのかと心配そうに見てる硲ちゃん。
    シェフ石橋「コツがあるんですよ。カルボナーラは80℃!80℃以上になると、卵が固まるんです」
    そう言うシェフ石橋の目付きは、ホンマに料理人!
    いつもの優しそうな目も良いけど、この目も素敵!ドキドキします。
    シェフ石橋「固まってきた。固まってきましたよ」

    …が!

    シェフ石橋「あっ、固まった」
    シェフ石橋、失敗する;
    しかも、失敗したカルボナーラをトングで掴んで床にベシャッ!と投げ付ける。(←むっちゃ笑顔)
    硲「さっき拭いたばっかやのにっ!」
    ここで、テロップが。

    「さっきもチーズフォンデュで同じ事をされました」

    …哀れな硲ちゃん…。


    床に落ちたカルボナーラを見て困ってる硲ちゃん。
    そして、シェフ石橋は………抱えた両膝に顔を埋めて落ち込んでいます;;;
    シェフ石橋「卵、固まった…」
    硲「なぐさめなアカンのっ!?」

    シェフ石橋、床に俯せに寝転ぶ。
    シェフ石橋「もぅアカン。プライドが。あー卵が固まった…」
    完ッ璧に落ち込んでいます。
    シェフ石橋「励ましてくれやぁ…。『シェフ、元気を出してっ』みたいなん言うくれやぁ…」
    硲ちゃん、落ち込んだシェフ石橋の様子に困った顔をしつつも…
    硲「…石橋くん、スパゲティー屋で働いてたやんか。オーディションに受からんくて落ち込んでいた時に、めっちゃ美味しいカルボナーラ作ってくれたやん。…やから、料理の才能あると思うで」
    シェフ石橋「マジで…?…やろか!?」
    シェフ石橋、ガバッと顔を上げる!それはもう、めっちゃ嬉しそうな顔で!

    立ち直ったシェフ石橋、勢い良く立ち上がりフライパンを手に取る!
    で、硲ちゃんに向かってフライパンを返す;
    あからさまに床にカルボナーラを溢す事を前提とした行動です。
    そして、床に飛び散るカルボナーラ…。


    ◆シェフ石橋に振り回されっぱなしの硲ちゃん。腹が痛いっ!大満足っ!
    落ち込むシェフ石橋がまたねぇ…豪快な落ち込みっぷり。
    膝を抱える、俯せに寝ころぶ。そんな落ち込み方が似合う30歳。

    後ねぇ、シェフを励ます硲ちゃんが、ホンマに真剣と言うか…。
    こう言うのを冗談で流せない硲ちゃん。
    愛情たっぷりのカルボナーラ、こんな経緯があったのね、と。

    -----------------------------------

    ★コント:「Mステ」

    チャラチャラチャ~♪と、みんな知ってる松本孝弘さんのあのギターの音。
    スクリーンには、ホンマのミュージックステーションのオープニング映像。
    勿論、タモさんも喋る。堂アナも喋る。
    堂真理子「今話題のあのユニットと、東京ドームからの中継が繋がっています」

    (ここで、会場暗転)

    照明が点くと、よく解らん衣装に身を包んだミュージシャンなイシバシハザマ。

    硲ちゃん:インドチック(?)な生地のノースリベスト+ハーフパンツ。
    石橋さん:白のトレンチコートに、よく解らんインナーとパンツ。キリン柄の靴。
    2人ともお揃いのぶっといゴールドのネックレスをしてます。

    ちなみにユニット名は、“カミナリ”。


    東京ドームからの生中継に、テンションの高い硲ちゃん。
    タモさんと中継してるってやり取りのコントです。


    硲「こちら東京ドームで~す。ファンの方々が、4000人(←6000人やったかな?)もいま~す!」
    石橋「こちら、東京ドームの…」
    硲「もう言うたっ!」


    「相方、面白いんですよ~」と硲ちゃん。
    硲「こいつ、ラクダの物真似が出来るようになったんですよ~」
    と、石橋さんにラクダの物真似をさせる硲ちゃん。

    …石橋さんのラクダの物真似は…えーっと…コメントしがたい;

    ラクダの物真似を終えると…
    ファンの声「かーわーいーい~v」
    ファンの声「かーわーいーい~v」

    石橋「鳩の物真似をやりまーす!」
    石橋「クークーポッポー クークーポッポー」
    めっちゃ盛り上がるファンの子達;


    硲「実は今日、こいつの誕生日なんですよ!」
    照れる石橋さん。
    硲「ケーキ、カモン!サプラーイズ!」
    硲ちゃんが、バースデーケーキを乗せた台を運んで来る!
    喜ぶ石橋さんだが…


    チャラチャラチャ~ チャラチャラチャ~♪


    硲「えっ?CMに行っちゃった!?巻き掛かってるんっすか?」
    ええ場面で番組がCMに入っちゃう;
    「1回ハケよう!」と急いでケーキを隠す硲ちゃんに、「俺のテンション、どうしたら?」と石橋さん;


    チャラチャラチャ~ チャラチャラチャ~♪


    CMが明ける。

    硲「タモリさんっ!実は今日、こいつの誕生日なんですよ!」
    硲ちゃん、さっきと同じ事をやり直す。
    「サプラーイズ!」と用意されたケーキを見る石橋さん、リアクションに困ってます。「お、おぉ…」と、薄~い反応です。
    ちなみに用意されたバースデーケーキは、サプライズの割にはものっそい小さい。

    ケーキを一口食べる石橋さん。
    石橋「旨い」
    硲「プレゼント考えたんだけど、唄う事にしたんだ」
    硲ちゃんが、石橋さんの為に『ハッピーバースデー』を唄う!

    硲「ハッピーバースデートゥーユー♪」(←マイクの持ち方が、むっちゃキザっぽい!)
    石橋「うん、旨い」
    硲「ハッピーバースデートゥーユー♪」
    石橋「これ、何処の店の?」
    唄う硲ちゃんの前を、ガラガラガラ~とケーキの乗った台を押して、スタッフに聞きに行く石橋さん。
    石橋「あっ、そうなん?」(←スタッフと喋っている)
    硲「ハッピーバースデーディア相方~♪」
    石橋さん、熱唱する硲ちゃんに目もくれず、ガラガラガラ~と台を元の位置に。
    硲「ハッピーバースデートゥーユー…ゥゥゥウウウウウ~~~~~♪」
    黙々とケーキを食べ続ける石橋さん。
    石橋「旨い」
    硲「上手かった?」
    硲ちゃん、「うまい」のはあなたの唄じゃなくて、ケーキです;
    この後にやったかな?「おめでとう、17歳っ!」と石橋さんに言う硲ちゃん。(←石橋さんは照れてます)


    いきなりしんみりとした雰囲気の2人。
    硲「(カミナリは)元々200人もメンバーがいたのに、今はこの2人だけです…」
    硲ちゃん曰く、「200人でカラオケに行ったが、用意された部屋は少人数用。それにも関わらず、『入ったれ~!』と200人で部屋に入った」と。
    硲「酸欠で198人は死んでしまい、生き残ったのは僕達2人だけです…」
    石橋「何であんな事したんだろうね…」
    硲「若かったんだろうね…」
    石橋「でも、週刊誌も上手い事書くよなぁ。『カミナリに雷が落ちる!』って。『サンダー悲惨だー』w」
    硲「198人の命だぞっ!?」
    石橋「想像付かねぇよっ。正直言って、40人くらい名前も知らない奴いたし…」
    「出版社に乗り込んでやる!」と裁判を起こしたが、弁護士がおじいさんだったので負けたらしい;


    硲「タモリさん!ひょっとして後ろにいるの、倖田來未さんじゃないですか!?」
    硲「あっ、やっぱり。こいつ、倖田來未さんの凄いファンなんですよ~!」
    硲「倖田さんも、相方みたいなのがタイプ?相思相愛じゃねぇかよ~!」
    ファンの声「えぇーっ!?」
    石橋「そんな事ねぇよ!…俺はみんなの俺だもんっ!」
    ファンの声「キャーv」
    「ほらほら、モニターを見てみろ!」と、石橋さんの肩を叩く硲ちゃん。
    石橋さんは恥ずかしいのか、さっきから後ろ髪を指でくりくり弄くってます。
    石橋「別に、エロカッコイイとか思ってねぇもん…」
    硲「エロカッコイイとかは良くて、見てみろって!あっ、ほら!(倖田來未さんが)アップになっちゃったよ!」
    手を振ってくれた(らしい)倖田來未さんに手を振り返す硲ちゃん。
    …で、何度も硲ちゃんに促されて、モニターを見た石橋さん。倖田來未さんのエロカッコ良さに、目が釘付け!
    そして、効果音と共に股間がえらい事にw

    石橋さんのえらい事になってる股間に気付いた硲ちゃん。
    「っ!?」となりながらも、タモリさん達がそれに気付いてない事を確認してから、慌てて石橋さんの前に立つw
    石橋「被ってるんだよ!」
    と、硲ちゃんを押し退ける石橋さん。その拍子に、股間が硲ちゃんのお腹をドーンッw
    硲「お腹に当たったしっ」
    デレデレと倖田來未さんを見てる石橋さん。
    硲「下げろよっ!」(←小声)
    と、股間を掴んで元に戻そうとする硲ちゃんw(←大爆笑!)
    石橋「何だよっ?」
    硲「勃起してるじゃねぇかっ!!!」


    チャラチャラチャ~ チャラチャラチャ~♪


    硲「!?」

    硲ちゃん、アイドルまじきの発言をした瞬間、中継はCMにw


    ◆おー…下ネタ!?ちょっとビックリ。

    何て言いますか、「イー選手権」と言い、この「Mステ」と言い、ホンマにその現場を“コント”としてではなく、“客席”もしくは“TV前”から見てる様な気分にしてくれるイシバシハザマ!
    物真似の所なんて、「このアイドル寒いわぁ…;」とか思うんやけど、悲しい過去の事件を聞いた後には同情しちゃったりで…。おぉっ、カミナリにハマってしまってる???

    ちなみに、話題がなくなったり白けた雰囲気になると、後ろを向いてからクルッと振り返る2人。
    勿論、振り向いたその顔はキメた顔。
    そんなカミナリに、ファンから黄色い声。

    あー後、硲ちゃんね、別にこんなアイドルがおってもおかしくはないなぁ、と。普通に似合ってました。
    多分意識せずにやったんやろうけど、前髪を掻き上げる仕草が格好良かったり。

    バースデーソングのシーンの、石橋さんのマイペースっぷりが好きだっ。

    -----------------------------------

    ★ブリッジVTR:「イシバシハザマ硲 柔道黒帯への道」

    二ヶ月前。
    単独ライブのブリッジVTRを作成する為に、スタッフさんと打ち合わせをする硲ちゃん。

    (※カメラアングルは机に座る硲ちゃんと、スタッフさんの後ろ姿)

    「好きな様に作ってくれて良いんです」と言うスタッフさん。
    硲「ちなみに石橋は、もう決まってるんですか?」
    スタッフ「はい、石橋さんは料理を…」
    硲「あーなるほど。あいつ、料理好きやもんな」
    ここで、硲ちゃんにテロップが。

    「この後、料理で部屋をめちゃくちゃにされる事になる」(←「シェフ石橋がゆく」の事です)

    硲ちゃんは柔道をしていて、後1勝すれば茶帯から黒帯になれる。
    その大事な昇段試合が7月16日にあるので、黒帯を取るまでの自分をドキュメンタリータッチで撮りたいと。
    スタッフ「タイトルは?」
    硲「“硲、柔道で黒帯への道”」
    スタッフ「…柔道“で”?」
    硲「柔道で…“で”はいるか?いらんか。…“で”はいらんなぁ」

    …ちなみにこの会話のやり取り中、硲ちゃんは物ッ凄く真面目な顔で喋ってます…。


    ◆真面目に言ってるのになぁ…何でこんなに面白いんやろうか…。

    -----------------------------------

    …後半に続きます!

    Comment

    Leave a Reply


    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。