スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2006 in EZO。 ~2日目~

    06年08月19日(土) 13:00~
    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2006 in EZO。

    (敬称略)

    ウチはこの日の為に生きている。
    浜辺シゲキに恋をする。
    なのに大失態をかます。


    ◆08:00~

    携帯のアラーム「♪~♪♪♪~」
    『Shangri-La』のイントロがホテルの室内に響く。
    もうちょっと寝たい…。


    ◆08:15~

    携帯のアラーム「ビビンバいやピピンバ♪ビビンバいやピピンバ♪」
    鬱陶しくて完全に目が覚める。

    風呂に入って荷造りして、チェックアウト。


    ◆11:00~

    20060822053429.jpg

    ↑さて、2日目!
    今日は雨は降ってないけど、空一面に雲がかかった曇り空。
    昨日と同じ場所に基地を作り、朝兼昼ご飯を食べにサウンドレストランエリアまで行く。
    あっ、その前に朝刊貰わないと。

    20060822061002.jpg

    ↑EARTH TENT前にて配布してる読売新聞さんが作った“YOMIURISING EXPRESS”。去年も配布してました。
    記事には初日のライブの事やインタビュー、飲食ブースの割引クーポン券がついてます。

    20060822053524.jpg

    ↑読売新聞のブース前。
    今日は雨が降ってないので、プーさんも大喜び。

    朝兼昼ご飯は鮭鍋に決定~。具沢山で旨い。
    コレ、家に帰ったら作ってみよう。

    お腹いっぱいだな~と歩いてたら、屋台前を歩く胸キュンわんこを発見っっっ!!!
    エリー「写真撮っても良い???」
    おっちゃん「写真撮ったらビール一杯(買って)ね」
    オッケー!!!

    20060822053438.jpg

    ↑お姉さん「○○君、写真だよ~。あっち向いてあげて」
    わんこ「ん???」

    20060822053449.jpg

    ↑わんこ「ビールはいかがでちゅか?」
    エリー「ビール下さ~い!!!」

    わんこ可愛かったなぁ、ビール旨いなぁ…と思いながら、基地まで帰る。
    あっ、遠くに見えるのはBLACK HOLE。

    20060822053458.jpg

    ↑遠くから見ると富士山っぽいBLACK HOLE。
    ここでは、ダンスありーのDJありーの、何か色々やってます。
    去年はリリー・フランキーさん(←大好きっ!)と、何故か猫ひろしが来ていた。
    …富士山と言えば、あの話を思い出すなぁ…。

    20060822053507.jpg

    ↑やってみた。
    16日の『俺に喋らせろ!』より。

    20060822053714.jpg

    ↑カラオケブース。
    誰でも無料で参加出来ます。
    去年はベロベロに酔っ払った増子の兄ぃが、ここで熱唱してたとか。

    唄ってるお兄さん「あっふれ出したんだっ!」
    唄ってるお兄さん&観客「“愛という憎悪”!!!」
    唄ってるお兄さん「yeah!スモーキン・ビリー!!!」

    えー現場では、朝から『スモーキン・ビリー』で盛り上がっております。


    ★SUN STAGE 13:00-14:00 「MONGOL800」

    モンパチの誰か「2日目~!頑張ってますかぁ~!?」
    エリー「もう駄目です。ビールが…酔いが…うぇ…」
    モンパチ「あーなーたぁ~にぃ あいたくてぇ~あいたくてぇえ~♪」
    エリー「zzzZZZZZ…」
    モンパチを子守歌に寝る。

    …うぇ~…でも、起きなきゃ…真心ブラザーズ見に行かなきゃ…。

    ゴミ分別回収所にて、呑み残したビールを処分する。
    ごめんなさい、ビールの神様…麦芽…田村裕…。

    20060822060322.jpg

    ↑レジャーサイト脇にあるやぐら。

    20060822060333.jpg

    ↑そのすぐ横には、掲示板。自由に書けるのよ。

    20060822060408.jpg

    ↑登ってみた。
    ステージではモンパチ中。なかなか良い眺め!

    20060822060423.jpg

    ↑やぐらの上はスタッフオンリー。
    そこから見える景色はどんなの???

    20060822060452.jpg

    ↑あっ、祭太郎いない…。

    RED STAR FIELDに到着。
    その前にアイスクリームが食べたいので、ハンサム食堂と言う名の屋台に並ぶ。
    行列が~長い~ハンサム~長い~ハンサム長い~。

    桜井「真心ブラザーズ!」
    エリー「アイス、まだ???」

    並んでる間に真心ブラザーズが始まる。


    ★RED STAR FIELD 13:30-14:30 「真心ブラザーズ」

    ♪~♪♪♪~♪~♪♪♪~♪~♪♪♪

    えーっ!?いきなりっすかぁー!!??良いんですかぁー!!!???
    と、行列に並んだままイントロのコーラスに合わせて手拍子をするワシ。


    「拝啓、ジョン・レノン あながこの世から去ってずいぶん経ちますが~♪」


    そんな感じで、1曲目から『拝啓、ジョン・レノン 』!
    後ろに並んでるお姉さんが、「堪らねぇ~っ」と言いながら踊ってる。ホンマ、その通りだっ。

    そしてそして、上を見たら…

    20060822060659.jpg

    ↑あ、青空が出てるーーーーーーーーーっっっっっ!!!!!!!
    会場全体が曇り空な中、『拝啓、ジョン・レノン 』が響くこのRED STAR FIELDの上空だけに青空が!
    何か凄いぞっ!
    えーどなたか、青空の須藤さんもしくは岡さんを見掛ける事があったら、この感動を伝えて下さい。
    (↑青空の出囃子は『拝啓、ジョン・レノン 』)

    アイス片手に真心ブラザーズ。

    20060822060630.jpg

    ↑みんな楽しそうで幸せ。

    『空にまいあがれ』を唄うと、どんどん広がっていく青空。

    桜井「来る途中のタクシーのラジオで、高校野球の定番曲ランキングをやってて、山本リンダを押さえてこの曲が入っていたんだ。DJの軽快なトークの後ろに流れてたんだよ。それを聴いて、この曲をやろうと決めた」
    と、『どか~ん』へ!
    楽しいと言うか、幸せすぎる!!!

    『Dear,Summer Friend』も良かったなぁ…。
    ホンマ、ここにいれた事が嬉しくて幸せになる様な時間だった。
    本日1発目から、ベストアクト決定。


    ◆14:30~

    さて、次の民生まで気になってたアレに…。

    20060822061526.jpg

    ↑RED STAR FIELD近くにある足湯!

    20060822061551.jpg

    ↑うは~っ!気持ち良い!!!
    …あっ、ペディキュア剥がれてる…。

    20060822061624.jpg

    ↑後ろで干涸らびてるカルガモ。
    カルガモ「…水……欲しいカモ…」
    もう1匹カルガモが居たが、ミイラと化していた。
    哀しいすぎるその姿は、カメラに収められない…。

    20060822061639.jpg

    ↑スタッフさん「号外~」
    と、苫小牧高校決勝進出の号外が目の前で配られている。

    20060822061049.jpg

    20060822061112.jpg

    ↑座り込んで、歩いて行く人達の足を見るのが好きです。
    この世の人じゃない人が紛れ込んでそうな気がするから。

    20060822061544.jpg

    ↑雲は何処へ行った???

    20060822061732.jpg

    ↑お兄さん「鳥、干涸らびてる」
    と、心優しいお兄さんが足湯にカルガモを浮かべてあげる。
    お兄さん「うん、良い感じ」
    カルガモ「ありがとうカモっ」

    通り過ぎていく人々が足湯に浸かってる人々に羨望の眼差し。
    どんどん増えていく足湯人口。
    ミイラと化していたカルガモさんも足湯に浮かべてあげよう。

    20060822061806.jpg

    ↑最終的にはカルガモ2匹、そして笹舟まで浮かび、チビッ子までやってくる。
    足湯に落ちちゃった虫を助けてあげるお兄さんとかね。
    癒しの空間と化した足湯。
    知らない人同士やのに、この瞬間はみんなで同じ時間を共有。
    無言やけど、みんな気持ちは一緒やったと思う。
    柔らかい時間。
    ウチの横にいたお姉さんが、ニコニコとそれを眺めていたのが印象的。

    そして、足湯に浸かったまま奥田民生を見る。
    贅沢でしょ?


    ★RED STAR FIELD 15:10-16:10 「奥田民生(w/斉藤有太・小原礼・湊雅史)」

    確かツェッペリンの曲から『快楽ギター』、『イージュー★ライダー』に繋いでた様な?
    そよぐ風とお日様下での『イージュー★ライダー』が気持ち良い。
    民生「どうだ、このドラマチックな展開」
    参りました。

    20060822061708.jpg

    ↑歩く人々。
    民生を見て、思わず拳が。

    20060822061149.jpg

    ↑すぐ近くに見えるリストバンドチェックゲート。
    スタッフさん「手を挙げて~民生が見たい~!」

    雨降りでも気にしなかったり、適当なタイトルでギターを弾いてみたり。
    届いてる?
    届いてるぜ、民生。


    ◆16:10~

    1時間以上も足湯に浸かってたので、足がしわしわ。
    でも、濡れた素足に風がひんやりと気持ち良いな。
    何て言うか、このRED STAR FIELD周辺の雰囲気が好きなんだよ。
    「ライジングの何処が好き?」と聞かれたら、夕日とこのRED STAR FIELDの感じを挙げる。

    20060822061814.jpg

    ↑見上げた空。

    20060822061838.jpg

    ↑EARTH TENT近くにあったデッカいアンプ。
    大きさはプレハブ小屋くらいかな?
    この上を住所にしてみようか???


    ★SUN STAGE 16:00-17:00 「米米CLUB」

    あっ、米米CLUBやってる。
    レジャーシートでのんびりボーッとしながら見る。
    …おー、ジェームスさんがチャリンコ(旗付き)に乗って登場して来たぞっ。
    楽しい米米CLUB。
    だけど、そろそろお時間が…と移動。


    ★GREEN OASIS 17:00-17:50 「浜辺シゲキ&jam students」

    「あの人が好きだって言うなら、そりゃ素敵に決まってる!」と思い、UA姉さんではなく、こちらを見る事に決めてたのである。

    そして浜辺さんのギターの最初の1音を聴いた瞬間、「幸せの音だっ!」。
    ヤバイヤバイ、幸せの音だっ声だっ唄だっ!!!
    どうしようっ?
    僕はもう一目惚れ。

    セトリ:空中ブランコ、空をとぶ、Fake Flower、ハンドクラップ、 ローラ、Sing a song、チェーンスモーク、ローズマリー、She's a Queen、カモン (順不同・他にも演ったような…)

    ギターもメンバーも良いけど、声が声が…駄目だぁ~幸せっ!!!
    何だろう?どう表現したら良いんだろう???
    甘ったるいっちゃあ甘ったるい。
    けどけどけど、響く様な青く澄み切った大きな空の様な…。

    そして、メンバー紹介。
    浜辺「ライジングサンと言えばこの人!」
    クハラ「皆勤賞です。フェスは天気が良ければ、9割方成功です」(←他にも何か言ってたけど、忘れた;)
    後、紹介時にみんな楽器を掻き鳴らしてたけど、キュウちゃんのドラムの叩き方に笑っちゃった。

    浜辺「ここからはもっと激しい曲(←って言ってたかな?)をやります」
    浜辺「みんな、もっと前に来て下さい」
    と、呼び掛ける浜辺さん。
    浜辺「『カモン』!!!」
    鈴木「『カモン』違うっw」
    浜辺さん、思いっ切り曲順を間違えるw
    これにはみんなで大笑い。
    1曲やって、正真正銘の『カモン』!!!
    浜辺さん、足下のスピーカーに登るも後ろによろめく。
    そして、ラストは『ハンドクラップ』。
    勿論、全員でハンドクラップ!

    浜辺「浜辺シゲキ&jam studentsでした!」
    みんな笑顔の中、宙を飛ぶキュウちゃんのスティック!
    キュウちゃんのスティックが飛んで来る時って、どうしてあんなに「おぉ~っ!」と打ち上げ花火を見上げる様な気分になるのでしょうか。

    むちゃくちゃ幸せな気持ちでGREEN OASISを後にするワシ。
    お嬢さん方が興奮気味に、「そう言う所が、また萌え~!だよねっv」と話している。
    そうか、浜辺シゲキは“萌え”なのか。
    そして幸せな気持ちのまま泥にはまり、靴が抜け掛ける。

    あっ、浜辺さんのあのニコニコ顔に、こっちもつられちゃうんだよなぁ~。


    ◆17:50~

    ふらふらする。
    ベンジーは…どうしようかな。
    ん~…。
    と思いながら、ふらふら会場を彷徨う。
    …取り合えず、モツ味噌煮込みでも食べるか。

    そして、またレジャーサイトへ戻るウチ。
    …うわー、レザーのライダースを着たロックな兄ちゃんがいるなぁ…。


    …んっ!!!???


    コウジ君っ!!!!!?????


    そんな感じでコウジ君と擦れ違う。
    コウジ君、背が高すぎて見上げないと顔が見えないよっ!

    20060822061850.jpg

    ↑マーキュリーロードから見えた夕日。

    20060822062035.jpg

    ↑あっ、やぐらの上に祭太郎が。


    ★SUN STAGE 19:00-20:00 「吉井和哉」

    こちらもレジャーシートから。
    会場の空気を一変に変えていく声だなぁ。

    20060901015300.jpg

    ↑振り向いたら、夜への境目が見えた。
    本当はもっともっともっと綺麗なんだよ。

    空の色も空気も変えていくロビンの声。


    ★GREEN OASIS 19:40-20:30 「THE NEATBEATS」

    空はすっかり夜の色。
    喫煙所で煙草を一服。
    あっ、ゴキゲンな3コード・ロックンロールが聞こえて来た!
    GREEN OASISまで走って行くワシ。
    ウチの前にも横にも、ゴキゲンなロックンロールに向かって走るロックンロールなお兄さん達。
    お兄さん「ぅわっ!!!」
    前を走っていたお兄さんが泥にはまる。
    ありがとう、お陰でウチは難を逃れれたよ。


    NEATBEATSがぁ~ ライジングにやぁって来た~♪
    YAH! YAH! YAH! YAH! YAH!
    YAH! YAH! YAH! YAH! YAH!


    Mr.PAN「俺もクロマニヨンズが見たいっ!だから、早目に終わらせようと思う!」
    おっ、そりゃ助かるわ~!
    実はNEATBEATSの終了時間とクロマニヨンズの開始時間が被っているのだ。
    Mr.PAN氏曰く、お客さんがクロマニヨンズが気になって、後ろを向き始めるんじゃないかと。
    そして、後ろの方にいる人達に、「おまえ等来るの遅いねんっ!」と言うMr.PAN氏。
    「このライジングにはロックをしてる奴等は沢山いるけど、ロックンロールをしてるのは俺等だけ」的な発言もあったり。

    Mr.PAN「お腹空いたなぁ?みんな、何食べたい~???」
    お客さん達「√♯§⊿¥%£!!!」
    Mr.PAN「何言うてるんか解らんっ!聖徳太子やないねんw気ぃ効かせて『ハンバーグ!』って言えやっw」
    「ウェルダン、ジューシー♪」と、よろしく頼むぜっ『HAMBURG TWIST』!

    Mr.PAN「早く終わるかどうかは、おまえ等にかかっているねんで?」
    お馴染みの発声?コーラス?お歌の練習をしてから、『黒いジャンパー』でラスト!!!
    ホンマにクロマニヨンズが始まる前に、ライブを終えたNEATBEATSなのである。


    ◆20:25~(?)

    イェーイ!とゴキゲンなロックンローラーになったワシ。
    ゴキゲンな気分でSUN STAGEに向かって走ろうとしたら…
    見知らぬお姉さん「そこ、危ない!」
    ん???
    おぉっ!!!???
    豪快に泥にはまるワシ。
    今回のライジング3度目の泥はまり。
    昨日から泥地帯になってるんやから、砂入れておけや~っスタッフさんっ!!!!!!!
    あぁ、ジワジワと泥水が靴の中に染み込んでくる…。

    ややテンション下がり気味にSUN STAGEまで歩く。
    横にいたお兄さん「…ヒロト…」
    お兄さんはそう呟き、2、3歩程フラフラと歩いたかと思うと、急にSUN STAGEに向かって走り始めたのであった。
    そうやんな、ヒロト見たいよな。
    遠くからざわめきが聞こえた様な気がする。
    「もう始まった!?」と近くを歩くお姉さんが連れに言っている。

    すると…


    「クロマニヨン、クロマニヨン、クロマニヨン、クロマニヨン!」

    「人間、人間、人間、人間!」


    め、めっちゃ解り易ぅーーーーーーーーっっっっっっっ!!!!!!!

    一斉にSUN STAGEに向かって走り始める人々!
    「走らないで下さい~!!!」と注意を呼び掛ける警備員のおっちゃん。
    ゴメン、おっちゃん!それは無理ッ!!!
    体が勝手に動くねんもんっ!
    やって、人間やねんもんっ!

    クロマニヨン!Go!クロマニヨン!Go!と、唄い拳を上げながらSUN STAGEまで辿り着く。


    ★SUN STAGE 20:30-21:00 「ザ・クロマニヨンズ」

    ヒロト!ヒロトだっ!!!
    今年も会えたねっ!
    マーシーも一緒だっ!
    そして、大好きな勝さんもいるっ!
    勝さん、今日はちょっとカッコ付け?

    どの曲も知らない。
    初めて聞く曲。
    なのに、会場全体が唄い踊り拳を突き上げる。
    「ヒロトの事が嫌いな人って、この世に存在するんかな?」と思った。

    ↓ちょいうろ覚えMC。
    ヒロト「あ、あ、あ、あ、あ、ありがとう。こんな初めてのバンドをみんな見に来てくれて。最前列のみんな、ありがとう。それからその辺ちょっと(人が)少なくて、その後ろからまた沢山いて…そこのみんなも、ありがとう」

    「ありがとう」って言いたいのは、こっちの方だよ、ヒロト。
    「ありがとう」って言葉は、言われた方こそが「ありがとう」なのである。

    そして、上記のMCの後に…
    ヒロト「あっ、何か変な虫が」
    足下に虫を見つけたヒロト。
    ヒロト「踏んじゃうといけないから(←と、虫を捕まえる)…ポロン」
    と、虫をステージ前方に逃がしてあげる。
    そんなヒロトに、思わず頬が緩む。
    「らしい」と言うか、「ヒロトだなぁ~」って。
    近くからは、「ヒロト可愛い~っ」って声が。
    そうやんね、ヒロトは“格好良い”ってよりも、“可愛い”のよね。

    ヒロト「数少ない曲から、最後2曲演ります」
    で、この直後にやった曲の間奏中にマーシーがヒロトの所まで来て、頭をなでなで~っ!ってしてあげる。
    頭をマーシーの方に傾けて、「えへへっ」って顔をして笑うヒロト!
    子供みたいな笑顔に、思わずこっちまで笑っちゃう。
    「やっぱり、ヒロトだなぁ~」って思う。
    大好き。
    楽しそうに笑うマーシーはステージ脇に降りて、ピックをポイッ。

    あっと言う間の30分。
    ステージ前方まで来て、ガチャガチャとベルトを外してるヒロト。
    おっ、今日も脱ぐの?
    ヒロトのヒロト???
    って思ってたら、ステージから消える瞬間にパンツをズルリw
    ステージ両脇のモニターに映し出されたお尻に、みんな大笑いw


    ◆21:00~

    ヒロト達が去って行った後も、あちこちから聞こえるヒロトを呼ぶ声と手拍子。
    それは暫く続くも、セット撤収の為にスタッフが出て来て、小さくなる。
    そして…

    20060822062100.jpg

    ↑花火がドーーーーーンッ!
    今年も上がったよ~っ!!!

    20060822062126.jpg

    20060822062150.jpg

    20060822062227.jpg

    20060822062252.jpg

    20060822062316.jpg

    20060822062411.jpg

    ↑どんだけ上がるねんっ!?ってくらい上がる花火、花火、花火、花火!
    最後に大きな大きな大輪が夜空に咲き、会場から拍手が沸き起こる。
    ライジングと言えばヒロト!
    ヒロトと言えば花火!
    ヒロトは花火を連れて来るのよ。
    この花火が終わると、ライジングの2日目が一区切りする感じがする。


    ◆21:20~(?)

    20060823032228.jpg

    ↑僕等を照らし出す灯台。
    みんな何を見てるの?

    やぐら近くの傾斜で寝っ転がる。
    土と草の上に寝転ぶのは久しぶり。
    近くを歩く男の子が女の子に囲まれながら、さっきのヒロトの虫ポロンの時の事を話している。
    男の子も女の子も、あの時のヒロトにノックアウトされちゃったのかな?

    そして、21時半からTWIN TAILが始まるんやけど…何処でやるかはシークレット。
    タイムテーブルにも、「会場内の何処かに出現!」と書かれているのみ。
    何か情報が入って来ないかな~?と近くを歩く人達の会話に耳を傾けるも、情報は得られず。
    結局、何処に出現したの???

    20060823032242.jpg

    ↑祭の妖精 祭太郎。
    確かここで夜のラジオ体操をした気がする。
    疲れた体にはかなり応えるラジオ体操なのであった。
    腰が…痛たたたっ。
    参加したら、シールをくれた。わーいっ。
    そして、写真撮影をお願いするのであった。

    祭太郎。

    それは男気溢れる妖精なのである。

    小腹が空いたので、サウンドレストランへ。
    鶏肉が食べたいので、焼き鳥を購入。
    どっかに座りたいなぁと空いてるテーブルを探すも、何処も人でいっぱい。
    …あの端っこにあるテーブルに相席させて貰おうかな…。
    と近付くも、やっぱりやめて足湯の近くに置かれてある木の枝の上に腰を掛ける。
    そして何となくテーブルを振り返って、「テーブルに座らなくて良かったーーーーっ!!!」と思ったのである。


    …やって、そのテーブルに座ってたの、キュウちゃんとその御一行やったんやもん…;


    あ゛ーヤベェヤベェ…;;;
    キュウちゃんの横に座ってる男性が途中で席を立ち、その時にがっつり目が合ってんけど………アベにそっくりな顔してたけど、まさかなぁ…;

    そして、腹ごなしのお散歩へ。


    ★EARTH TENT 22:30-23:20 「MO'SOME TONEBENDER」

    ロッキンルゥラァ~♪
    ちょこっと踊るも、何か「???」となり、後にする。
    モーサムって、ピンッと来る時とそうでない時がある。
    何故じゃ?
    疲れてるのかな、ウチ???


    ◆22:45~(?)

    あっ、いっつもじゃがバターを食べ忘れてるんよなぁ~。
    と思い出し、今年こそはじゃがバターを食べる事に。
    じゃがバター、小振りなじゃが芋が2ヶ入りで300円。
    エリー「じゃが、バタ、下さい」
    何故か噛む。
    そんでお兄さんに手渡されたじゃがバターの入った皿。

    …イヌ、スー、パク、チー、ハム、ニダ………ハッ、6つも入ってる!

    …返しに行くか。

    何て事はせず、こんなに沢山どないせい言うねん…と、皿をもったまま佇む。
    今度はテーブルに着く。
    がっつり食べる。
    2個でダウン。
    前に座ってるおばちゃんがカレーを食べてる。
    うっぷ。

    …えー、それでも完食致しました。

    しんど…。

    レジャーサイトまで戻る。
    うっぷ。

    ちょっと仮眠せな体持たんなぁ…(←じゃがバター疲れ)と思い、ごそごそ横になるも、直ぐにSUN STAGEから「次のアクトが始まるよ」の音楽が。
    あ゛ー。


    ★SUN STAGE 23:10-00:10 「EGO-WRAPPIN'」

    1曲目は『BIG NOISE FROM WINNETKA~黒アリのマーチングバンド』。
    CDの帯に書いてあった“真夏の夜のナイトフード”ってか?
    おぉー…それにしても、SUN STAGEにエゴって変な感じだ。
    そして、『カサヴェテス』へ。
    遠くに見える良恵ちゃんの可愛い事よっ!
    バックバンドの男達に囲まれた小さな良恵ちゃんはホンマに可愛い!
    3曲目…最新アルバムの曲なのかな?知らん曲。
    エゴは音さえ聴ければ十分なので、横になる。
    寝っ転がって生音EGO-WRAPPIN'。
    いや、EZO-WRAPPIN'。
    おぉっ、むっちゃ贅沢じゃねぇ???
    と思ってたら…


    ん?
    んん???


    ステージの照明が落ちている。


    寝てもうてたぁーーーーーーーっっっっっっっ!!!!!?????


    まさかまさかの大失態。
    EGO-WRAPPIN'で大爆睡。
    目が覚めた時には、既に終了。
    …曲、何やったの?
    「チェッチェリー♪」で「ゲッツ!」をしたかったな…やったんかな…どうなんかな…。
    誰か教えて…。


    ◆00:30~

    レジャーシートの上で自己嫌悪。
    石狩の大地で膝を抱える。

    続く

    Comment

    Leave a Reply


    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。