麒麟ソロライブ『麒麟デシタ』。(前編)

    06年09月30日(土) 18:00/18:30
    麒麟ソロライブ
    『麒麟デシタ』

    (敬称略)



    ↑入場時に配布されたチラシ。


    ~チラシの内容(原文まま)~

    本日は、『麒麟デシタ』にご来場頂き、ありがとうございます。

    今日のイベントでは、、、、

    お客さんだけにコソッと教える丸秘なお楽しみを2つ用意しました!

    その①!

    『フロントストーリー光岡 即脱落ドッキリ』

    その②!

    『麒麟田村 あなただけ写りませんドッキリ』


    ※その①「光岡ドッキリ」では、
    「たった1人だけ脱落し、舞台上から退場する」というゲームにて、
    Tシャツの早着替えをするのですが…
    光岡のTシャツのみ、腕と首が縫われていて、腕や首が通せない状態になっています!
    その時、光岡さんがどんな表情をするのかをお楽しみ下さい!!

    ※その②「田村ドッキリ」では、
    イベント途中で、「舞台上での記念撮影」をするのですが
    エンディングで、その写真を見る時、、、田村のみ映っていない写真が投影されます!
    なぜなら、、、田村以外全員で集まり、予め写真撮影は済ませちゃったからで~す!
    (本人は、このドッキリも光岡がかかるものだと思っています)
    田村がどんな表情をするのか、どんなリアクションを取るのか、、、ご期待下さいませ。。。


    -----------------------------------

    ※長さの関係で、前編と後編に分けます。
    ※舞台の右半分しか見えなかった&立ってるのでいっぱいいっぱいで、曖昧な部分もあります。ご了承を…。


    チケットはないけどbaseへ。
    16時の時点で、baseの階段は当日券待ちの人でいっぱい!
    ライブ参加組の澪音ちゃんとお茶して、18時前に再度baseへ。
    ライブが終わるまで外にいようと思ったけど、駄目元で当日券の列に並ぶ事に。
    この時点で、列はbase横のゲーセン前まで並んでる。
    18時15分を過ぎた辺りから、列が動き始める。
    ロビーまで列が進んだ所で、受付のお姉さんから「舞台は見えません」と言う声が。
    それでも進む列。
    受付では「チケットを買う前に、1度中を確認して下さい」と説明し、チケットを買うかどうかを決めさせている。

    なのに。

    何故かウチだけは、速攻で「2500円です」と言われた。
    …いや、舞台見えなくても買うけどさ、チケット…。

    ちなみに受付の後ろに背の高いお兄さんがいたんですけど…。
    あの…その目元と言い、立ち方と言い、後ろ姿と言い、歩き方と言い…えーっと、タムちゃんのお兄さんデスヨネ???
    後、ゴーKからお花が届いてました。

    んで、中に入れば、もう人人人人人人!!!!!
    ホンマに舞台見えませんっ!
    が、ありがたい事に、階段にいた人が1段詰めてくれて、何とか階段の上に立つ事が出来ました。
    落ちない様に手すりを掴んでいるウチの様は、組体操の5人扇の2番目に立っている人状態ですよ…。

    そして、18時40分を回った頃に会場BGM(←多分スムルース)が大きくなり、客席の照明が落ちる!

    -----------------------------------

    オープニングトーク:

    ガンガンライブのMCの時の様に、普段着で出て来るタムと川島。
    川島「これだけお客さんに入って貰って」
    田村「お客さんおって良かったなぁ。これで空席とかあったらな」
    当日券待ちに長時間並んでいたお客さんがいたと言う事で…
    川島「いつから並んでました?(午後)6時?あっ、そんなもんですかw」
    川島「えっ、昨日の(午後)6時?丸一っ!?」
    田村「マルイチ商店やっ」
    川島「でも、これも一重にタムちゃんのお陰ですよ」
    田村「いやいや、明ちゃんのお陰ですよ」
    川島「裕のお陰です」

    新大阪へ向かうタクシーに乗った時の話に。
    川島「(1万円しかないので)両替頼んだら、1000円7枚、500円玉2枚、残り100円20枚出されたんですよ。財布パンパンやっ。で、新大阪着いて『2800円です』言うから、少しでも軽くしよう思うて500円2枚と100円18枚出したら、『チェッ…』って。おまえの金やっ!」

    営業先での話に。
    川島「ここでの仕事の前に、昼、狭山の方で仕事して来ましてね」
    子供がタムにプレゼントを持って来たと。
    川島「俺には見向きもせんと、田村の方にまっしぐらやで?タムまっしぐら。ペティグリー・タムやでw」
    で、子供が持って来たプレゼントは…
    川島「ドングリですよw」
    田村「ドングリ3粒」(←大爆笑w)
    川島「拾った時に、田村に渡そ思うたんやろなぁ。『これあげたら田村さん喜ぶやろうなぁ…え~いっ、3つ行っとけ!!!』w」

    で、舞台脇にある神獣・麒麟が描かれたセットを見て…
    田村「川島君に似てる」
    川島「似てるかもなぁ」
    田村「寝起きの川島、あんな感じやで?」
    田村「麒麟って中国の空想の動物やねんけど、何か物事を始める時に現れると縁起のええ動物やと言われてるんですよ」
    川島「おまえの麒麟のエピソードええわw」
    キリンビバレッジの除幕式に出た時の話へ。
    川島「金色の麒麟のモニュメントがあって、取材陣が沢山おって。モニュメントに赤い布が掛けられてて、『1、2、3』。で、布を取ったら金色のスーツを着た俺等でした~みたいな。(取材陣が)…シーンッ!!!ですよっ」
    田村「ちょっとした俺等のミニコントみたいやってんな」

    田村「気軽に楽しんでいって下さ~い」
    で、麒麟デシタスタート!!!

    -----------------------------------

    コーナー間:

    客席両脇にあるモニターに、CGアニメが映し出される。
    今回のライブ進行を担当するDJジラフ(←勿論、キリン)が、陽気にライブ内容を説明。
    今回のライブは、“麒麟がbaseでやっておきたい事”の1~5位を行っていくと。
    第5位は「年表トーク」!
    DJジラフが「チェッキリ~ン!」と、コーナーへ繋ぐ!

    -----------------------------------

    麒麟がbaseでやっておきたい事
    第5位:「年表トーク」


    舞台右端に座るタム&川島。
    そして舞台左側には、ジャンクション、ソラシド、天津、ダイアン、功太君が座ってる!
    客席からは大きな歓声が!
    舞台中央には、麒麟のオーディション時代からの年表が用意される。


    ・99年「田村、コンパでブチ切れ」

    川島「おまえ、この年はコンパだけかw」
    タムにコンパに誘われた向。
    向「(当時田村が)『川島ブサイクや』って言うんですよ。まさか7年後にはこうなってるとは」
    が、向は川島に「田村のコンパ、ブチ壊しにしよう!」と誘われ、先に2人で店に入っていた。
    向「田村さんも気付いて、睨んできよるんです。睨まれて、『目がちっさ!』って2回目に睨まれて気付きました」
    川島「2人ともツードッグスを呑んでただけや。『ツーキャットやツーキャット』って、勘違いして。動物違いやw」
    コンパの話は続き…
    川島「本坊、輪に入られへんねん。隅の方でこうして(スカした感じで座ってて)。で、何を思ったのか、『膝が外れた!』って」
    「膝いきなり外れるか!?」と言われる中、「ホンマに外れるねんって」と本坊。
    本坊「俺こう歩いてて…(←と膝から崩れる本坊w)」
    その日のコンパの相手がナースやったので、あわよくば看て貰おうとしていたらしい;
    川島「本坊コンビニでバイトしてる時に、いつも決まった時間に来る女の子が可愛いって」
    その女の子とお近付きになりたいと思った本坊。
    本坊「眼鏡掛けてん。『目が悪くなったんですか?』言われるかなって。」
    それでも何も言われなかったから、今度は包帯を巻いてみた本坊。
    本坊「『怪我をされたんですか?痛々しいですね』って話し掛けられるかなって思ってん。次に松葉杖付いてみたんやけど、オーナーが『今日はもう帰り』って」
    女の子に心配される前に、オーナーに心配された本坊;


    ・??年「田村チケットを売り捌きすぎる」

    田村「(年表を見ながら)“田村チケットを売り、捌きすぎる”」
    川島「“売り捌きすぎる”や。捌いてどうするねんw」
    売れる前の手売り時代の話に。
    ??「見てたんですけど、売り方が女の子に『チケットを買うか俺に番号を教えるか、どっちか選べ』って!」
    田村「実際500人入ったんですよ。ノルマがあって、10人から超えた分は自分に入って来るねんけど、みんな『1500円上がったわ』言うてる中、俺3万上がってん。その日の打ち上げ、殆ど俺が出したわ」
    原田「また買った子が田村に親近感持ってるから、ウケるウケる!『それで笑うか!?』みたいな事でも!」
    川島「で、終わった後はそれぞれ別々の(他の芸人のファンになっている)w」


    ・??年「川島、バイトを始める」

    本坊「川島が『匿ってくれ!』って」
    川島「大阪に引っ越して来る事になったから、バイトせなアカンわってなって。喫茶店のバイトの面接に行ったんやけど…」
    本坊「『面接行ったんちゃうん?』って行ったら、『受かった』って」
    川島に、何故匿うのかと理由を聞いた本坊。
    川島「最後に『時給幾らがいい?』って聞かれて。それは向こうが決める事ちゃうかって思ってたら、『千円でええか?』『二千円か?』って。交通費も『電車で行きます』って言うたら、『自転車買ったる』って。おかしいな思うてたら…」
    田村「ソッチの気がある人やったらしいんですよ」
    本坊「(川島が)『ヤバいっ!』言うて。携帯も電源切って一週間泊めたんやけど、2人とも謎の熱出てんよな?トンプク買って来て、1週間看病したわ」

    USJでのバイト話に。
    USJプレオープン時に、一緒に清掃のバイトをしてた水口と川島。
    水口「バックドラフトあるでしょ?そこの掃除をしてて、川島は中で、僕は外のプレートの上を掃除してたんです。そしたら、ビリリリリィー!って音が聞こえてきて、まぁ試運転しよるからなぁ~思うてたら、川島の後ろでドラム缶がボーンッ!!!って!」
    川島、試運転の炎に巻き込まれる;
    水口「川島、ホンマのバックドラフトみたいに(掃除機を抱えてた)」
    川島「(掃除機を)焦がしたらアカン思うてw」
    田村「自分の心配しろやっ!」
    話は続き…
    川島「夜の11時から朝8時までバイトやねんで?めっちゃしんどいのに、こいつ(水口が)『話聞いて下さい』って笑いの相談してきよるねん。『1時間くらいならええよ』って家に行ったら、段々熱くなって2時間も3時間も喋りよるねんw」
    この後にやったかな?川島と本坊がよく遊んでた頃の話に。
    水口「あの頃ずっと一緒におったでな?川島の家に行ったら、鍵ガチャガチャってしたら開いてて、中入ったら布団に人(←本坊の事です)が寝てるねん。そう言う関係か思うてたわ」
    川島「それがきっかけで2人(水口と本坊が)喋る様になってんな」
    ソラシドのコンビ結成は、川島のお陰!
    他にも、バイト明けに2人でこっそりターミネーターのアトラクションに乗った時の話もしていました。


    ・??年「川島、絡まれる」

    呑みに行った帰りに、ヤンキーに絡まれた川島とその他。
    功太「吉本さんが道路の真ん中歩いてて、向こうからガラの悪そうな奴等が歩いて来よるんです。『何真ん中歩いてるねん』って吉本さんに言って。ヤバイッ!って思ったから1番後輩の僕が間に入って、『酔っ払ってるのでここは許して下さい』って」
    「何睨んでるねん?」とヤンキーに言われ後ろを見ると、川島と大悟が無表情とも睨んでるとも思える顔をしていたと。
    功太「(ヤンキーが)棒みたいなのを取り出してきて、『めっちゃヤバイ!』って思ってたら、和田さんが…」
    和田さん、弱い癖に普段使わない表情筋を使い睨んでいた;
    川島「笑い飯の西田さんもおって、髪をこうw」
    にっしゃん、背中から棒を取り出すかの如く、自分の髪の毛を掴んでいたと。


    ・05年「川島、馬面事件」

    ラジオで川島の事を馬面呼ばわりしたので、ファンの子から手紙が届いた。
    手紙の内容は、「川島明様を何度も馬面と言いましたね。~略~今後川島明様を馬面と言う人には、私達の全ての力を持って消させて頂きます」的な物。
    川島「おまえ(手紙を送った子)が1番“馬面”って言うてるやんw」


    ↓他には、こんなお話も…。


    ・本坊が昔住んでた家は霊が出る。

    川島「こいつん家行ったら、お札貼ってるねん。3枚あって、能面みたいなんもあって。何か三角形の陣みたいなん作ってて」
    本坊の家に来た人は、全員金縛り等にあうと;
    田村「今まで2回金縛りにおうたけど、2回ともおまえの家でや」
    川島「こいつ次行ったら、お札をインテリアみたいにしてるねんw能面にもこんなん(煙草を咥え)させたりw」
    水口「『おばけ出る!』言うから、『そんなんおらんやろ?』って。そしたらこいつ、『黒人の霊が出る!』って」
    本坊「ホンマに出てんて。綺麗な黒人の霊が」
    水口「黒人言うても、『ウーピー・ゴールドバーグみたいな霊や!』言うねんで?」
    本坊「ホンマに綺麗な黒人の女の人の生首。うわ~何やねんこれ~思うてたら、洗濯の紐あって」
    田村「洗濯紐な。家の中で干す」
    本坊「洗濯紐にTシャツ干してて、そのTシャツの首の所に霊がおるから…」
    霊がTシャツを着てる様に見えたと;
    本坊「トイレ外にあって、すぐ戻るからドア開けっ放しやん?なのに、出ようと思ったら鍵掛かってるねん。(霊が)1人になりたいんか?どんだけ自分の時間欲しいねん???」


    ・本坊の家のポスター。

    水口「天井に、“ネタ浮かべ!”って貼ってるねんで。他にも、こいつネタ合わせに遅刻してくるから」
    川島「それはアカンな」
    水口「行ってベッドの上見たら、“起きれる!”って書いた紙貼ってるねん」


    ・西澤さん、タムに助けられる。

    タムが友達(←ヤンキーらしい)と喋っている間、仲間のヤンキーに「殴りたいわぁ」と絡まれた西澤さん。
    が、タムは「ごめんごめん!これ見て、これこれ!」とタムダンスで危機を逃れ、西澤を助けた。


    ・川島から貰ったギャグ。

    鏡の前で手をブラブラさせながら、「ギャグが思い付かないかなぁ」と考えていた下林さん。
    そこへ川島がやって来て…
    川島「『下ちゃんワイパー』って。そしたら、(下林が)『“下ちゃんワイパー”………川島!これだぁっ!!!』w」


    ・向は川島に夢中。

    木村「銭湯に行ったら向の奴、ずっと川島さんの裸を見てるんですよ。まさかな?思うてずっと見てたんですけど、向が頭洗い始めたんですよ。シャンプー目に滲みるのに、それでも川島さんを見ようとしてるんです!」
    向が必死で否定するも、「気色悪い!「生々しい!」と声が上がり…
    川島「おまえの最初の萌えは俺かw?」
    田村「しばくぞっ!?」(←向に言ってます)
    ↓その他のエピソード。
    道行く人を見ては、「あの人、川島さんに似てる!」と言ってた向。
    先輩芸人に頭を叩かれてる川島を見て、「川島さんですよ!?」と先輩に注意した向。
    川島のいない所で、「川島さんは天才です!」と熱弁してる向。
    …向…怖いって…;


    ・意外(?)と抜けてる川島。

    本坊「川島、粗相多いで?バイク乗るねんけど、缶コーヒー持ったままヘルメットをこう(頭に被って)…」
    川島、そのままバシャッとコーヒーを被る;
    原田「川島ファンの女性の夢を壊すかもしれんけど…」
    下林「言うたれ言うたれ!」
    原田「風俗の話をしてて、『兄さん、この店安いですよ!』『この時間で1万円って安くないですか!?』って、テンション上がってピョンピョン跳んでたら、俺の足の爪(踏んで)割りよってん」


    ・川島&本坊は最凶コンビ。

    川島、本坊、向でダーツをしてたら、「向、的を持て!」と向に的を持たせた。そのままダーツを投げた川島と本坊。
    本坊に至っては、ホンマに向に刺す勢いで投げてきた。
    水口「こいつ等、ホンマ(やる事が)解らんで?『引っ越しするぞ~!』『引っ越しや~!』って荷物纏めよるから、『何処に引っ越しするん?』って言ったら、『あっ、決めてなかった!』って!」


    ・功太、タムの実家に行く。

    タムが住民票を取りに帰ると言うので、車を出してあげた功太君。
    タムの実家は、ここホンマに人住んでるん?的な所にあるらしく…
    功太「駐車場みたいな所に車止めたら、『家踏んでるーっ!』って怒られたんですよ。切り株をくり抜いた様な家ですよ。シルバニアファミリーみたいな」
    川島「ウサギさん一家が出て来そうなw」
    田村「出て来ぉへん。アライグマファミリーくらいや」


    ・格好良いタム。

    タムに「自転車の後ろに乗れ」と言われた功太君。
    功太「僕の住んでる所、逆方面やから(タムの家から)3、40分掛かるんですよ?『いや、いいです』って僕が言ったら、なのに田村さん、笑顔で『ちょっとした運動や』って言うんです。キスしたくなりました!」
    功太の告白(?)に照れるタムw


    ・木村さん木村さん。

    田村「一緒の家に住んどった頃、木村が“田村”の発音で『木村さん木村さん!』って。“木村”はおまえじゃっ!」


    ・タム、説教をする①。

    「女にモテる方法が解った!」と後輩を集め正座をさせるタム。
    タムの口から出たのは…「“マメさ”や!」。(←当たり前です!)


    ・タム、説教をする②。

    バーで呑んでる時に、「寝んでええ方法を見つけた!」と後輩に話し始めたタム。
    が、喋っている途中で本人が寝る;


    ・お化けがいる?

    ノンスタ石田、ジャンクション原田、タムと3人で喋っていた時に、「お化け出る所は落ち着く」と言う話題が出た。
    すると原田さんが、「うわ~やってもうた…!俺、実家めっちゃ落ち着くねん」と;


    ・タム、エスカレーターに巻き込まれる。

    なんばパークスオープン時に取材に行った麒麟とその他baseメンバー。
    川島「こいつめっちゃはしゃいで、非常口の…」
    と、ジャンプをする川島。
    タムはテンション上がって、非常口の蛍光灯を消し回ってたそうな;
    川島「最後に集合写真撮る事になってんけど、こいつ何を思ったのか椅子に座るみたいにエスカレータに腰掛けよるねんwカメラマンが『危ないです!』言いよって」
    座ったのが昇りエスカレーターだったので、そのまま昇って行ったタム;
    川島「1番上でズボンにつけてたチェーンが噛んでもうて、(タムが)『あ゛あ゛ああぁぁぁぁああ~っ!!!』w」
    田村「そのまま吸い込まれる思うてんw」
    川島「(エスカレーターが)1周して、ペラペラになw」


    …とまぁ、こんな感じで、まんまガンガンライブのトークコーナーでした。
    もう次から次へと出てくる話に笑いまくり!
    baseメンバーってホンマに仲良いなぁ~と。
    キャッキャ言ってるこの雰囲気が好きだわ~。

    -----------------------------------

    ブリッジVTR:過去単独から傑作VTR集「麒麟どす」

    過去単独「麒麟どす」のVTR、『舞妓でGO!』。
    舞妓姿のタム&川島が、色々な事にチャレンジして行くと言う企画。
    一服、ビリヤード、卓球、ナンパ等にチャレンジする2人。
    卓球でタムにスマッシュを決められ、ラケットを投げ付けマジギレする川島。
    自販機の下に落ちている10円を見つけ、「きつね(=10円の事)」と言うタム。
    幼稚園の門の外から、「どっちが可愛い?」と園児に聞くと、タムの方が可愛いと。
    しまいには園児達から「おなべ!おーなーべー!」とおなべコールが始まり、「先生、すみませんねぇ」と去って行く2人。
    (↑川島が「おなべやなくてオカマや」言うても、聞く耳を持たない園児達…)

    -----------------------------------

    麒麟がbaseでやっておきたい事
    第4位:「大喜利のトリで大爆笑を取りたい~田村~」


    司会者:津田
    回答者:西澤、向、功太、ネゴ、田村


    今までトリで爆笑を取った事がないタムの為に、みんなでお膳立て。
    トリに近付くにつれ、段々面白くなる大喜利を!

    最初は、向→功太→ネゴ→西澤→田村の順番でやってみたのだが…
    西澤→「愛犬が奥二重」
    自分の前にいる西澤さんが面白すぎるので、順番を並び替えさせる田村;
    1番面白くなかったネゴちゃんを自分の前に持って来る。


    ・お題「キャッツアイが盗まない宝石の名前」

    西澤→「大工の釘」
    田村→「御堂筋の信号」

    田村「(信号は)大阪の宝やっ」
    と言い訳するタム;


    ・お題「ヤンキーが言いそうな“らりるれろ”作文」

    西澤→「ラリってないぜ」
    向→「理屈はいらねぇ」
    功太→「ルール無用」(←上手い流れに、「おぉ~!」と歓声が!)
    ネゴ→「  」(←失念;)
    田村→「肋骨取り出すぞ」

    更に「オカンが言いそうな“はひふえほ”作文」では、「ほ」で始めなきゃいけないのに「アンタ彫り深いな」と答えちゃうタム…。
    結局、タムに大喜利のトリは無理でした;
    ちゅか、西澤さん面白すぎやから~っ!

    -----------------------------------

    麒麟がbaseでやっておきたい事
    第3位:「川島トークコーナー 」


    司会:川島
    出演:フロントストーリー、ジャンクション、スマイル、木村、本坊


    「イェ~イッ」とよく解らないテンションで登場して来る川島。
    「秋の良さ」についてみんなでトーク!
    …が、実際はお題に沿ってトーク&全員でツッコミを入れて行くと言う…何かよく解らんノリのコーナー;


    ・お題「知らんがな」

    川島「秋の味覚や紅葉についてトークしま~す。ちなみに、僕はこれが終わったら髪を切りに行きま~す」
    全員「知らんがなっ!!!」
    よしたか「秋刀魚の苦い所食べれる様になったんですよぉ」
    全員「知らんがなっ!!!」
    よしかた「ここ(うなじ)を髭と呼ぼ!」
    全員「知らんがなっ!!!」

    トーク中に突然、川島が「終わりー!終了ーっ!」と言い舞台暗転。
    そして、去って行く川島…。

    ↑…こんなノリでトークが進んで行きます…。


    ・お題「語尾が変」

    何事もなかった様に、また「イェ~イッ」と舞台に登場して来る川島。
    川島「秋の紅葉トーク!このコーナーはですね、秋の味覚や紅葉について皆さんに意見をぶつけ合って貰おうと言うコーナーでござんす」
    …えー、あんまこのお題に関しては記憶がございません…。


    ・お題「誰が○○やねん!」

    またまた、「イェ~イッ」と登場してくる川島。
    川島「秋の紅葉トーク!参加してくれるのは、EXILEの皆様で~すw」
    全員「誰がEXILEやねんっ!!!」

    川島「参加してくれたのは、雪印乳業の皆様でした~w」
    で、コーナー終了。
    確か木村さんだけが「知らんがな!」と言って貰えず、「ホンマやなぁ~」と言われてた。
    それにしても何じゃ、このグダグダ感漂うノリは;

    -----------------------------------

    麒麟がbaseでやっておきたい事
    番外編 第9位:「ソラシド水口と相撲を取りたい~田村~」


    照明が点くと、舞台で相撲をしてるタムと水口!本気ですっ!
    体格差ありすぎやのに、タムと互角にやり合う水口!
    知ってはいたけど、ホンマにこの人強すぎやろ!?
    結果は水口の勝ち!

    -----------------------------------

    麒麟がbaseでやっておきたい事
    番外編 第8位:「新喜劇のベタなウケ方をしたい~川島~」


    舞台には新喜劇の食堂のセット。

    店員役:木村
    お客さん役:向と…ネゴちゃん???


    カラカラカラ~と戸が開く音と共に、
    川島「おくれました~すみません~。マニファクチュア~!」
    コテコテな川島の第一声に、ずっこける3人!

    舞台にある物いる者を使って、川島が次々とボケていく!

    お盆を持って向達の所まで行き…
    川島「ご注文はどうしましょう~?」

    向の眼鏡とコップを持って…
    川島「やしきたかじんに似てへん?」
    (↑コップを鼻に見立ててます)

    更にテーブルの上で、両手に持ったコップを動かし回しながら…
    川島「アメリカの手品みたいw」


    容赦ないボケの連発に、豪快にずっこけまくる天津&ネゴちゃん。
    木村さんが椅子の脚を曲げようとしてたり。
    もうねぇ、川島がひたすら楽しそうで楽しそうでっ!

    -----------------------------------

    …後半へ続きます!

    Comment

    Leave a Reply


    管理者にだけ表示を許可する