麒麟ソロライブ『麒麟デシタ』。(後編)

    06年09月30日(土) 18:00/18:30
    麒麟ソロライブ
    『麒麟デシタ』

    (敬称略)

    ↓下にあるレポの続きです。

    ※舞台の右半分しか見えなかった&立ってるのでいっぱいいっぱいで、曖昧な部分もあります。ご了承を…。


    麒麟がbaseでやっておきたい事
    番外編 第7位:「MC10人、回答者2人の大喜利」


    MC:フロントストーリー、ジャンクション、ソラシド、スマイル、ネゴシックス、中山功太

    回答者は麒麟の2人。
    だがMCが10人もいるので、ものっそいやかましいっ!
    それぞれが一斉に「さぁ~始まりましたっ!」や「○○ですねぇ~」って言ってるんやもん!
    でも、こう言うのはものっそいツボ!
    見た目もやってる事もおかしすぎるっ!!!


    ・お題「この運動会面白くない。どんな運動会?」

    麒麟の2人が考えてる間も、一斉に好き勝手喋ってるMC達。

    田村→「紅組白組のみんなが仲良し」
    川島→「タマ入れ」(←猫のタマが玉入れの籠に入ってる絵。可愛い!)
    確か本坊が川島の回答に、「可愛い~!」ってな感じのリアクションをしてました。

    川島→「多摩入れ」
    清水「入るか!デカすぎるわw」
    田村→「屋上からスナイパーが狙ってる」(←屋上にスナイパーがいる絵)


    何故かよしたか君と光岡さんがコンビ組んでたり、功太君が前へ前へと出て来たり…ホンマ面白かった!
    何処を見ろっちゅーねん!?誰を見ろっちゅーねん!?ってな感じで。
    ちなみに清水さんがお題を読み上げる時だけ、みんなシーンッと静まってるのよ。流石、名司会!(←しかも、ちょい決め顔w)
    確かお題は3問くらいあったかな?

    本坊だけがねぇ、タムと川島の間でMCをせずにキャッキャッと楽しんでて。
    タムの「シクラメンが咲いた」って回答に、両手で口元を覆って笑いを堪えてる本坊が可愛いーっ!!!
    後、お題が見えなかった川島の為に、本坊が見えやすくしてあげてました!

    -----------------------------------

    麒麟がbaseでやっておきたい事
    番外編 第6位:「舞台で記念撮影」


    出演者全員で記念撮影。
    川島「あっ、目を閉じてもうたwもう1回w」
    等と、みんなで楽しそうに撮影。

    -----------------------------------

    麒麟がbaseでやっておきたい事
    第2位:「全力でゲームコーナーをしたい」


    司会:清水(←レフェリー姿!似合う!!!)
    出演:麒麟、光岡、ジャンクション、ソラシド、天津、スマイル、ネゴシックス、中山功太


    田村チームと川島チームに分かれてゲーム対決!

    スタッフさんから全員に、チームカラーTシャツ&ハーフパンツが入った巾着袋がランダムに手渡される。
    手渡された巾着袋で遊び始めるメンバー。
    本坊に至っては、「お弁当やぁ~!」と喜んでるw
    そんなメンバー達に、「みんなそれぞれ遊ばない!」と注意する清水さん。
    そして…
    清水「僕を抜いて13人。この内1人だけが退場となります」
    着替えるのが1番遅かった人がゲームに参加出来ないと言うルール!

    早着替えスタート!
    本来ならとっても目の保養になるんやろうけど、ウチの位置からはっきりと見えたのは、向のパンツ1丁姿。おぉ~ぅ;

    1番最初に着替えが終わったのは水口!
    そして、ここでドッキリ!
    光岡さんのTシャツの袖と襟が縫われている!
    光岡「ぇえ!?ええぇぇぇえ???」
    川島「もう1回着てみ?」
    光岡さん、舞台中央でもう1回Tシャツを着ようとするも、やっぱり着れないw
    清水「光岡退場~!」

    と、言う訳で…

    田村チーム(青):田村、下林、本坊、木村、向、功太
    川島チーム(赤):川島、原田、水口、瀬戸、よしたか、ネゴシックス
    光岡→退場


    に決定~。


    ★1ゲーム目:「丸鬼」

    本坊が考えたゲームで対決!

    ルール:
    チームから1人、攻撃役を決める。
    対するチームは全員で外向きに円陣を組み、1人だけ帽子を被る。
    攻撃役が30秒以内に帽子を取れれば、攻撃役のチームの勝ち。
    帽子を取られず30秒守り切れれば、守ったチームの勝ち。
    円陣が崩れたら、その場で負け。
    円陣を組むのは何人でもOK。
    先攻後攻に分かれて3戦行う。

    が、清水さんがルール説明をしてると…
    本坊「もぉ知ってるって」
    清水「そりゃ、おまえが作ったから知ってるやろw」


    ・1回戦!

    先攻は田村チーム!
    川島に帽子を手渡された西澤だが…
    清水「西澤、そうやるとホンマにブサイクやな。髪型で誤魔化してるんやなぁ」
    しかも頭が大きすぎて、帽子がパッツンパッツン;

    ゲームスタート!
    …うわ~…物凄い円心力…;;;(←勝敗解らず;)

    後攻は川島チーム!
    タムが「リーダー決めよ!」と、司令塔を決め指示出しさせようと言う作戦に!
    本坊「俺(リーダー)やる!」
    が、「本坊にリーダーは無理やろ;」となり、功太をリーダーに!

    ゲームスタート!

    テンパる功太、
    功太「えっえっ?…右っ!」
    右に回った瞬間、攻撃役のよしたか君に帽子を取られる;
    よしたか「アホや~w何もせんでも、こっちに来たw」
    功太、責任感に苛まれて、舞台袖へ消えて行く;


    ・2回戦!

    またもや帽子を被るのは西澤さん!
    川島が、「円陣の人数を減らして、機動力を上げよう」と言う作戦に出ようとすると…
    本坊「そんなルールあり?」
    清水「『あり?』って、ルール作ったんおまえやろw?」
    勝敗は解らずです;

    後攻、攻撃役は川島!
    功太「僕にやらせて下さい」
    と、さっきの責任を取って帽子を被る役を買って出る功太。
    そして、「司令塔を円の中心に置こう」と言う作戦に出る田村チーム。
    田村(?)「背の高い奴いこ。肩車でもええ。上から様子見よ」
    水口「こいつ1人で肩車くらいの高さあるわ」
    と、本坊を指差す水口。
    司令塔、本坊に決定!
    が、何を思ったのか、タムを川島の方に押して行く本坊w
    田村「恥ずかしいっ!止めて!」

    ゲームスタート!

    「右!…左!」と指示出しするも、最終的には女の子の様に「キャーv」と言うポーズで見てるだけの本坊;
    そして、崩れる円陣!
    円陣が崩れたのにも関わらず、功太を追い掛ける川島。
    川島、何故か向の眼鏡を掛けてる;
    そして、川島を必死に追い掛ける向;;;
    …あんた等、マンガかっ!
    そして川島が面白がって、向の眼鏡を放り投げる!
    敵味方関係なく、向の眼鏡を投げ合うメンバー。
    最後に功太が客席にポイッw


    ・3回戦!

    攻撃役は向!
    何と何とっ!意外と早く走れる向に、客席から「おぉ~!」と言う声が。
    が、その向よりも早く回転する川島チームw高速回転中!
    向、3~4周した所で転倒!
    回転したまま、向をゲシゲシ蹴って行く川島チームの面々w

    …で、結局どっちが勝ったのだろうか…解らん;


    ★2ゲーム目:「ミニチャンバラ」

    ルール:4vs4で対戦。
    紙風船付きヘッドギアを被り、両膝をTシャツの中に入れる。
    手にした棒で相手の紙風船を割り、割られずにいた人が多いチームの勝ち。

    えー、要するによしたか君の「肘じーっ!」のポーズでチャンバラをする訳です。
    勿論、よしたか君は「肘じーっ!」をやってくれましたよ。

    で、このゲームに至っては殆ど見えずでして;
    何とか見えたのは、全員に袋叩きにされる木村さん。
    (↑特に川島&本坊の最凶タッグにボコられまくりw)
    更に、ゲームに参加していない木村さんが何故か相手チームの後ろに立って、手で紙風船を割りまくり、
    清水「何でそんな事するの!?」
    木村「これが俺がルールブック(※注1)やっ!!!」
    ってなやり取りがありました。
    ※注1…木村さんは、baseで1番「ルールブック」と言う言葉が上手に言える男です。(過去ガンガンライブより)


    ★3ゲーム目:「椅子取りゲーム」

    おぉっ、あの伝説の椅子取り(※注2)ゲームだっ!!!
    これ、また見たかったのよ~っ!
    ※注2…ビープレvol.85の4ページ目&05年12月21日のガンガンライブ参照。

    ルール:全員で椅子取りゲーム。
    椅子に座れなかった人はお題に挑戦し、ウケたらゲームに復帰出来る。


    確かこのゲームを始める前に、
    タムが「イェーイw」と川島にダブル親指をかまし、川島に噛み付かれそうになってました。
    清水「もぉっ、周りがどうしてええのか解らない喧嘩をしないっ!」
    ホンマ、最近の2人の喧嘩はどうにも出来んくらいの勢いです…。


    ゲームスタート!

    のっけから自分の前の人の腰を掴み、マッハで走り始める川島!
    みんなもそれに習って、走る走るっ!!!

    で、笛が鳴ると…全員座っている;
    清水さんが「椅子に座ってない人~!?」と、各自に椅子を持たせて座っていない人を確認。


    ↓もう物凄い勢いやったので、細かく書けません!なので、以下箇条書き。


    ・空気椅子をして誤魔化す者数名。

    ・何故か人の膝の上に座っている者有り。

    ・座れていない人を確認する清水。
    すると片手に椅子を持って立つ水口。
    何故か水口と一緒に並んでる川島。
    そして、水口と川島の腰を掴んでぶら下がっている瀬戸。

    ・椅子を持って舞台袖へ逃げるタム。

    ・椅子に座れたよしたか(赤チーム)に、座れなかった功太(青チーム)が自分のTシャツを着せる。
    よしたか「やってもうたぁ~っ!!!」(←と言いながら、しっかりと功太のTシャツを着込む)
    清水「自分で着てるやんw」

    ・前回の椅子取りゲームで場を盛り上げた原田、最初に脱落。
    ものっっそい退屈そうに傍観。

    ・何故か光岡さんが乱入。


    ↓以下、お題と回答。


    ・お題「格好言い英語」

    川島「パナソニック!」
    →合格!

    下林(?)「サクセスッ!!!」
    →合格!

    格好良くハンドルをきるジェスチャーをしながら…
    田村「…ドライヴィングテクニック!」
    →合格!

    手で前髪を上げて、額を全開にしながら…
    本坊「ノット ギルティ」
    →不合格;
    が、客席の端にいた外国人のお客さんにはウケたらしく…
    清水「あそこにおる外国人には好評やでw」
    本坊「イェーイ!」
    と、その外国人にダブル親指を向ける本坊w


    ・お題「面白い3文字」

    よしたか「さこつ!」
    →合格!


    ・お題「アホの子が言いそうな言葉」

    向「げんしりょく…はつでんしょぉ~?」
    →合格!

    タムもこのお題に挑戦!
    川島「こいつが“アホの子”やで?何を言うても正解やw」
    そんな、タムが言った回答は…
    田村「飯喰いに行く奴?」
    →不合格;;;


    ・お題「哀しい4文字」

    ヘッドフォンを聴きながら…
    川島「…シャズナ…?」
    →多分、合格。


    ・お題「しょうもない川柳」

    西澤「車まで 車で行くよ しんどいし」
    →合格!!!


    ・お題「『うらめしや~』の言い方で4文字」

    よしたか「うわっ!そばめしやっ!!!」
    ウケにウケて、「合格!」となるも…
    田村「(お題を)見て!LOOK、LOOK!!!」
    もう1度、よしたか君がチャレンジ!
    よしたか「うわっ!そばめしやっ!!!」
    結局、同じ事を言うよしたか君;
    お題からはズレてるものの合格!


    最終的にはよしたかvs向で椅子取りをし、よしたか君の勝ち!
    清水「このゲーム、川島チームの勝利~!」
    本坊「やったーっ!!!」
    何故かちゃっかり川島チームに紛れ込んで喜ぶ本坊;

    それにしても、西澤さんのお題の回答が全部面白すぎたわっ!
    もぉウケるウケる!!!
    あっ、このコーナー通して川島チームの勝ちでした。
    ホンマ、川島はゲームコーナーに強いわ~。

    -----------------------------------

    ブリッジVTR:過去単独から傑作VTR集「麒麟だど」

    打ち合わせ室で喋るタムと川島。
    「オリンピックに出たい」と言う川島。
    「競技人口が少ない競技を探してやってみよう!」となり、カバディをしてみる事に!

    えー余談ですが、エリーさんはこの競技が好きです。
    内Pでやってましたが、かなり笑けます。


    ↓以下、VTRの内容。

    田村「どんなルールやったっけ?」
    川島「腰に紐とか巻いて、それを取ったら勝ちちゃうかったっけ?」
    田村「陣地の取り合いやったみたいな気がするんやったけど?」
    川島「その土地独特の物でな。日本やったら、日本人形とか…おにぎり」
    田村「『カバディ!』って言って来られたら、どうするんやったっけ?」
    川島「『ネガティブ!』って返すんちゃうかったっけ?ネガティブネガティブネガティブ!!!」
    田村「ポジティブポジティブポジティブ!!!」
    川島「おぉ~w」
    田村「カバディって、そもそもどう言う意味なん?」
    川島「“認めます”。“私はあなたを認めていますよ~”って」

    「何となくルール解ったな。やってみよう!」と2人。
    日本代表チームと対戦する事に!!!


    …腰に紐を巻き、日本人形を手にしたタムと川島…思いっ切りルールを勘違い…。


    ・コートに日本人形を置く川島。
    →審判「人形を置かない」

    ・ゆらゆら揺れる麒麟。
    →審判「揺れない」

    ・おにぎりを置く。
    →審判「おにぎりを置かない」

    ・川島「ネガティブネガティブネガティブ!」
    審判「カバディ」
    川島「カバディってどう言う意味ですかっ?」
    審判「“やるぞっ!”」

    他にも、川島をおんぶして突撃して行くタムとか…。
    そんな2人に、冷静に審判する審判さんがむっちゃ面白かった~!
    で、結局負ける麒麟。
    試合が終わって…
    川島「オリンピックよりも大事なモンあるやろ!?」
    と、捨て台詞;

    -----------------------------------

    麒麟がbaseでやっておきたい事
    第1位:「漫才」


    もうねっ、DJジラフが「第1位、漫才~!」って言った瞬間、大歓声が起きたのよ!
    1位が何かは解ってはいたけど、やっぱり嬉しくて!!!
    もう、「うわ~うわ~っ!!!」となってしまったわ!


    麒麟:田村の可愛さをアピール

    冒頭に舞台裏での事を話す麒麟。
    川島「おまえ○○○(←ここ聞き取れず)何やねん?」
    田村「いや、もうやるの最後やねんなぁって」

    川島「金ない、学力ない、色気ない…」
    田村「何もないやん!ええとこ1つもないんかいっ!?」
    川島「可愛いやろっ!!!
    川島「おまえ、可愛いやんけっ!!!」

    と、「田村の可愛さをで女性の母性本能を擽ろう!」と言う内容に!


    新ネタ~っ!!!
    オチがちょっと唐突過ぎましたが、また色々練り込まれていくのかな?
    またテレビや舞台で見れるだろうから、その時が楽しみっ!
    やっぱり麒麟は漫才!
    胸がスッとする感じでした。

    -----------------------------------

    エンディングトーク:

    舞台に本日の出演者全員集合。
    「さっき撮った写真を見てみよう!」となり、スクリーンに写真が映し出されるが…
    (↑ウチの位置からは見えませんでした;)
    田村「俺、消えてるっ!!!」
    田村「光岡が映らんのちゃうの!?」
    写真を見て、わーわー騒ぎ始めるタム!
    川島「知らんの、おまえだけみたいやで?」
    と、客席を見る川島。
    田村「おまえら、俺をハメたなぁあっ!!!」
    客席から、「やーいw」と声が上がる!
    タム、見事にドッキリされちゃいましたw

    そして清水さんと原田さんが、大きな花束をタムと川島に手渡す。
    原田・清水「川島、泣いてる~!」
    川島、泣く振りをして…
    川島「おまえ等…バッキャローっ!!!」

    ここちょっと見えなかったのですが、何やら暴れてるらしいメンバー。「アスパラガスやっ!」と声が聞こえる…。
    で、何故か花束から落ちた葉っぱを握らされてる向。
    川島「向、卒業かw」
    木村「向が卒業したら、俺どないすればええんですかっ!?」
    吉高「木村さんは引退ですぅ~w」

    田村「今後も頑張ります。ありがとうございました」
    大きな拍手に包まれる中、幕が閉じる。
    それでも、ずーっと止まない拍手…。

    まだまだ此処に居たいと言う気持ちはあるけど、何せ立っている場所が階段。
    出て行く人の邪魔になるので、早々に出る事に…。


    が、暫くして大きな歓声が!


    慌てて中に戻ると、また幕が開いている!!!

    川島と…タムのお兄ちゃんが出て来てた様です;(←タム兄は見えなかったよ…;)
    後からタムも登場。

    川島「何でみんなまだおるのw?」
    田村「みんな、早よ帰りたいやろ?」
    田村「さっき俺喋ったから、次、川島が締めて」
    川島「何か泣けみたいな…思うてる?まぁ、泣くのは仲間内だけで」
    川島「…baseは1番やり易い劇場でしたけど、甘えてもいられないので。僕等がもっと大きくなる為に、外に出る事にしました。卒業したからと言って、東京に行く訳じゃありません。色々外で経験をして、大きくなれたらなぁと思います。…なーんともないよ~w」
    いつもの低い声じゃなくて、ちょっと震えてる様に聞こえた川島の声。
    でも、最後にはやっぱり笑わせてくれて。

    田村・川島「ありがとうございます。麒麟でした~」

    そして、本当に本当の終演。
    閉じて行くbaseの幕。
    タムがずっと手を振ってました。


    麒麟デシタ、21時50分頃終演。

    -----------------------------------

    終わった後はね、哀しいって気持ちはなかったの。
    笑ってみんなでバイバーイみたいな。
    ありがとうね~って。
    しんみりした空気なんて全くなくて。
    笑って笑って、“泣く”って事なんて全然頭になかったの。
    うん、ホンマにいっぱいいっぱい笑った!
    哀しそうな顔してる人、誰もいなかった。
    みんな、「良かったね」って笑ってた。

    後、「東京に行く訳じゃありません」って川島が言った時に、3月27日のガンガンライブのエンディングの時の事を少し思い出しました。
    「あぁ、それぞれ色んな道の選び方があるんやなぁ…」って。

    一先ず、お疲れ様。かな?
    う~ん…でもやっぱり、「タムちゃん、川島、ありがとうっ!」かな。
    ホンマにホンマに、ありがとう!
    大好きっ!!!
    ホンマにね、あなた達がいなければ、これだけもう1度お笑いを好きになる事はなかった。
    あなた達をきっかけに沢山の大好きな人達が出来て、baseって言う楽しい“秘密基地”みたいな場所を知る事が出来たよ。
    帰りになんば駅に向かう途中、ちょっと気持ちが込み上げて来て。
    それが胸の辺りで止まっちゃって。
    泣きたいけど泣けない、みたいな感じになっちゃったけど。

    でも、やっぱりありがとう。
    これからもよろしくでっ!

    -----------------------------------

    オマケ:

    「帰りたくねぇ~」とbaseの外にいたんですよ。
    base周辺には沢山の人が残ってて。
    baseの階段前で記念撮影をしてる人もいたり。
    そしたら、裏手から出て来た本日のメンバー達!!!
    その姿っちゅーか軍団に、「おぉ~っ!」と圧巻されましたわ。
    んで、一気にそっちへ流れて行く人達っ!!!
    最後尾にいた川島は囲まれまくり!
    「おぉ~、川島やぁ~!」と思いながら、ウチはその向こうのNGK前で手売りをしてる本坊の所へチケットを買いに行きましたよ。(←本坊>川島)
    そして振り向けば、base周辺からは人気がなくなっておりました…。

    いや~…凄いねっ!!!

    Comment

    Leave a Reply


    管理者にだけ表示を許可する