スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    RADIO CAROLINE 『HEAVY GLITTER TOUR』。

    2006年11月11日(土) 18:45/19:30
    『HEAVY GLITTER TOUR』@大阪 十三FANDANGO

    (敬称略)

    リベンジ、エゾロック!
    セピアのラブロマンス。

    ------------------------------------

    レディキャロさんはねぇ、エゾ以来っすよ。
    エゾのレディキャロ、『RIOT』しか記憶にねぇよ…眠かったもんよ。
    そんな感じで、エゾのリベンジじゃぁ~っ!!!
    気合い満々、The BirthdayのTシャツ+祭太郎タオルで参戦。(←レディキャロ度皆無)

    駐車場で整列。
    あっ、スタッフさんがクリーニングされたストライプシャツとジャケット持ってる…。

    入場。
    ドリンクカウンター奥で呑む。
    隣に座った綺麗なお姉さんが、RSR'05のパスケースを持ってたのでナンパ。エゾ談義をする。
    お姉さん「…その格好でここまで来たんですか?」
    いや、流石に。

    19時半を過ぎた辺りでお姉さんに別れを告げて、フロアへ。

    ------------------------------------

    階段から、楠部さん→PATCH→コウジ君の順で登場してくるレディキャロさん御一行。
    コウジ君は煙草を吸いながら降りてくる!
    階段途中の天井の出っ張りに手を掛けて、ひょいっと格好良く体を仰け反らせながら!!!デカイと不便ねっ!

    前方へ流れて行く人の波に飲み込まれてみる。
    楽しすぎて、ハイネケン片手に「アヒャヒャヒャヒャ!」と笑いが止まらない。
    フロア中央まで流されてみる。
    「この位置、見えるか?」と思ってたら…


    視 界 に レ ッ サ ー パ ン ダ が 現 れ た !


    サングラスを掛けて煙草を燻らすレッサーパンダコウジ君。
    PATCHは今日もモミアゲ万歳。
    そして、ハットから出たチョロ毛の先がクルンとカールしてる。サリーちゃんみたいだ。
    ちゅかこの位置、楠部さんが見えねぇっ!!!

    コウジ君がベースの試し弾き。
    これだけで湧き上がるオーディエンス!
    楠部さんもドラムを叩き始め、ちょっとセッションぽくなってねぇ…もうこれだけで格好ええって!!!

    ------------------------------------

    ★記憶曖昧1stとシングルを持ってない人が書くセットリスト。

    01.PUMPKIN JOE
    02.IN AND OUT
    03.BLACKY BLACK
    04.RAVER
    05.MY SWEET LITTLE


    初っぱなの『PUMPKIN JOE』から、フロアまでやって来るPATCH。
    PATCHお触りタイム。
    『MY SWEET LITTLE』の「I LOVE YOU」の後のコーラス部分で、「みんな、手…手、挙げてくれる?」と言わんばかりの表情で、人差し指を立ててる。
    『BLACKY BLACK』では、“ノックを3回”するのを忘れないPATCH。

    MC:
    PATCH「Hey、All right!やっぱ大阪最高だぜっ、おい。(ギターを掻き鳴らす)楽しく行こうぜ、明日もあるからよ」

    ここでジャケットを脱ぐ楠部さん。
    コウジ君、何時の間にサングラス外したんやろか?

    あちこちから湧く、「コウジく~んv」「コウジく~んv」の声。
    コウジ君、モテモテ。
    野郎「カッコイイッ!」
    この「カッコイイッ!」の言い方が格好良くなくて、笑いが起こる。
    PATCHもちょっと笑ってたw

    ちゅか、もうビール呑み干しちゃったよ…おかわり欲しいな…。

    ------------------------------------

    06.HEAVY
    07.JUDGEMENT
    08.???
    09.LAZY
    10.BIG TEARS


    ちょおちょおちょおって!!!
    『HEAVY』→『JUDGEMENT』ってーーーっっっ!!!
    『HEAVY』の余韻から180℃引っ繰り返って、いきなりPOP過ぎますってーっ!!!
    でも、これ楽しかったわ。やってくれるぜぇ~。
    吸い込めPOP もっと吸い込めって♪

    『LAZY』、PATCHに唄われる女の子はいつも羨ましい。

    ------------------------------------

    チューニング中、静かにしてるオーディエンス。

    PATCH「良い子にせず、喋ってていいんだぜ?」

    11.DADA
    12.RIOT
    13.TOMATO
    14.GO MAD GO JET
    15.WILD STOMP


    『BIG TEARS』では、ドラムに合わせて挙がる拳拳拳!(←勿論、人差し指立てで)

    PATCH「ロックをやりてぇかぁ!?やりてぇかぁ!!??」
    で、『RIOT』へ!わーいっ!!!
    エゾを思い出す!あーやっぱ無条件で楽しいっ。
    RIOT NOW!RIOT NOW!!!
    もっと前へ突っ込めば良かったなぁ。

    『GO MAD GO JET』では、ちゃんとジェット機飛びましたよ。
    何か何処かへ連れて行かれた感覚。
    音だけで暴れるオーディエンス。
    ベースの音で何回か意識飛ばす。

    もうこの辺りでのPATCHのオーディエンス煽りが、最高に楽しい。

    ------------------------------------

    「やれるかぁ!?やれるかぁ!?」と、こめかみをトントンするPATCH。
    PATCH「激しく踊る事が出来ますかぁ!?出来ますかぁっ!!??」
    出来るから、もっと踊れるスペースをくれっ!!!

    16.BORING ROXY TIME
    17.MUSIC IS OVER
    18.TWISTIN'HEAD
    19.???
    20.DISCO MEXICO


    『BORING ROXY TIME』!
    PATCHが待ってる“いつもの場所”は天国?
    こちらでもベースとドラムの音で意識飛ばしかける。
    あ゛ーこのままぶっ倒れて、床の上を転げ回りてぇ~。

    『TWISTIN'HEAD』の歌詞、格好良いけど可愛いと思うの、ウチだけか?

    本編ラストは、『DISCO MEXICO』!
    「あっ、これで本編ラストだな」と解って、ちょっと寂しい。
    でも、体は反応。踊る踊るRIOT!

    ------------------------------------

    捌けて行く御一行。
    近くにいた兄ちゃんが、「天国に連れて行かんかぁ!こらぁっ!!!」とPATCHに向かって叫んでる。

    止まない煽りの手拍子。

    暫くして…階段の上から、スタッフ2人掛かりで慎重に運ばれて来るコウジ君の彼女・ウッドベース!!!
    もうね、この時ね、フロアにいるオーディエンスがざわついた。
    喜びの声を上げて。
    ステージに置かれたウッドベースに、今度は前方から声が上がる。
    何か、オーディエンスの気持ちが1つに纏まってる様な感覚に包まれる。
    まだ音も出してないのに。

    ------------------------------------

    シャツを脱いで降りてくる楠部さん。
    階段上で1度ハットを脱ぎ、髪を纏めてから降りてくるPATCH。
    コウジ君は、相変わらずしなやかに降りてくる。

    PATCH「しつこいけど、大阪最高だぜ。そんなウチの大阪代表が唄うぜ」

    EN-1
    01.STRAWBERRY TOWN
    02.???


    コウジ君がウッドベースを手にした瞬間、後ろから押し寄せる人人人。
    振り向いたら背の高いお兄さんが食い入る様に、それでも口元は興奮と笑いを浮かべながら、真っ直ぐ前を見ていた。
    「綺麗な顔してるな」と思った。
    うん、やっぱ見たいよな、見たいよね。
    格好良いもんな、うん。

    「ロンサムガール…」と言う唄い始めに、「バンバンバーン♪」と、あのエレジーを唄いそうになるウチを許しておくれ…。

    PATCH「Are You Ready?」
    アンコール2曲目、タイトル解らん!スマン!
    でも、この曲好きだ!
    PATCHがフロアにいる人にマイクを向けて、交互に「COME ON!」「COME ON!」「COME ON!」「COME ON!」と煽る煽る煽る!!!

    2曲やり終えて、また捌けて行く。
    まだまだやってくれ!

    ------------------------------------

    煙草を吸いながら降りて来る楠部さんとコウジ君。
    楠部さん、ドラム横に立って煙草を吸い続ける。

    EN-2
    01.TIME
    02.GOOD TIMES ROLL


    TIME続きの2曲。ニクイ。
    ギターの音が気持ち良いさ。
    もう暴れてあんま記憶無し!
    正直言えば、後もう1曲欲しかった!
    でも、このセットリストの後に続く曲が思い付かん!
    ので、これでOKか!

    笑いながら、左手にいるお兄さんにピックをポイするコウジ君。
    PATCH、階段の途中でフロアにバイバーイと手を振る。

    21時20分に終了!
    あっと言う間の約2時間。

    ------------------------------------

    MEETS&GREETに参加出来る人、良いなぁ~と思いながら出る。
    スタッフさんが「風邪を引かない様に帰ってね~」と見送ってくれた。
    ありがとっ!


    ↓その他覚え書き。

    ・ひたすら指差しまくるPATCH。
    ・ギターを弾かず暴れるPATCH。
    ・ギターを高く掲げるPATCH。
    ・ギターをお客さんに触らせるPATCH。
    ・1曲終わる度に、「サンキュー」と言う楠部さん。
    ・指差しまくるPATCH、誰かを見付けたらしく、笑顔で「おまえー!」ってな感じでその誰かさんに指差してた。
    ・本編ラスト1曲前で、フロアにマイクスタンドを降ろして(?)唄うPATCH。もうこの後、「COME ON GIRL!」やら煽りまくって楽し過ぎ。
    ・どの曲か忘れたが、マイクに入らないくらいの小さな声で何かを唄ってたPATCH。
    ・PATCH「明日も来いよ」
    ・イチロウ氏はいなかったが、ちわきまゆみさんはいた。


    音はベースばっか聴いてたが、見ていたのはPATCH。
    レディキャロはねぇ、今ウチの中で1番大好きな音を出してくれるんだわなー。ベース!ドラム!堪らん!!!
    客層は女性の方が多いのよね。野郎ももっと来い。
    ホンマにねぇ、ただ単純に格好良い。無駄がねぇー。
    楠部さんボーカル曲はどれも好きだー。
    感想、あんまない。
    ただただ格好良いんやもんなー、それだけやもんなー。
    ちゅか、ウチ、PATCH大好きっ子やったっけ???

    Comment

    Leave a Reply


    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。