スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    The Birthday『Rollers Romantics Tour 07』。

    2007月01月17日(水) 18:30/19:30
    The Birthday@Zepp Osaka
    “Rollers Romantics Tour '07”

    (敬称略)

    足下にピック。
    大阪府警に迷惑を掛けずにね。

    ------------------------------------

    ベビーカステラの屋台に心奪われつつ、数年振りのZepp Osaka。
    今回もwith LOVE.氏とご一緒致しましたよ。
    会場上にあるお店では、エンドレスリピートな『Rollers Romantics』のCD。

    柵の上に2人座って開場待ち。
    ライブ中に死ぬ事について語り合う。
    「ライブ中に死ねたら本望やとか言う人おるけど、人に埋もれて死ぬのは嫌やなぁ」
    「飛んで来たピックがコン!って何かしらのツボに当たってとかは?」
    「ここ(額)に命中?」
    「ドラムスティックが、ドーン!って」
    どれも嫌な死に方だ。

    さて。
    夢番地先行でありがたくAの100番台が取れたのですが。
    最前に行こうと思えば行けたけど、ここは謙虚にハルキ側2列目を確保!
    ビールを呑みつつ煙草を吸いつつ、開演待つ事1時間。
    諸注意のアナウンスが終わると何故か沸き起こる歓声。
    客入れSEの『Born To Lose』にご機嫌になってたら、照明が落ちる!
    そして前方へ流れていく人人人!!!

    ------------------------------------

    ★1st&2ndシングルを持っていない人が書くセットリスト。

    01.シャチ
    02.NIGHT LINE
    03.???
    04.JOIN
    05.白い蛇と灯台 -後編-
    06.???
    07.???
    08.45CLUB
    09.KIKI The Pixy
    10.春雷
    11.???
    12.???
    13.LOCK ON
    14.LAZY SUBMARINE
    15.焦燥のバラッド
    16.MEXICO EAGLE MUSTARD
    17.Nude Rider
    18.King Motor Haus
    19.sheryl

    Encore-1
    01.stupid
    02.BABY HONEY BEE
    (Midnight Bankrobbers)
    03.オリーヴ

    Encore-2
    01.ハレルヤ


    こうやって見ると、かなりの曲数でございますなぁ…。

    ------------------------------------

    例の「バースデ~バースデ~♪」のSEが流れると、ステージに後方に「The Birthday」のロゴが書かれたデッカイプレートが降りてくる。
    そして何とまぁ、ロゴにオレンジの電飾が点くやないの!
    うっすらと赤いライトに下から照らされて…まるでお誕生日会ですよっ。これ、めっちゃ素敵!
    そんな中、足早に入ってくるメンバーのシルエット!


    ★本日のお召し物。

    チバ:赤のベロアジャケット+黒のタンクトップ+デニムパンツ+白ベルト+ウォレットチェーン+ロザリオのネックレス。
    イマイさん:いつもの。
    ハルキ:白地の柄シャツ。(←中に黒Tシャツ?)
    キュウちゃん:黒のTシャツ。

    お洒落なチバ。
    髪が伸びてサラサラキューティクルなチバ。
    フト氏にも負けないくらいのサスーンクオリティ。
    …ちゅか、チバに顎髭以外の髭が…口髭が…どないなん、あれ?

    ------------------------------------

    01.シャチ
    02.NIGHT LINE
    03.???
    04.JOIN


    チバ「Good evening」
    流石に「Hello」とは言わなくなったチバ。

    そして、『シャチ』のギターが流れ出した瞬間、どうしようもないくらいの高揚感!
    尻尾を振りたくなるよ、あんたには。
    「C'MON! C'MON! C'MON!」で突き上がる拳拳拳!
    続く『NIGHT LINE』からは、ちょっと落ち着き気味なオーディエンス。

    ------------------------------------

    05.白い蛇と灯台 -後編-
    06.???
    07.???
    08.45CLUB


    チバ「All Right!」
    クハラ「明けましておめでとうございます、The Birthdayです」
    で、『白い蛇と灯台 -後編-』へ。
    若干、アレンジが変わっていた様な気もする。

    ------------------------------------

    09.KIKI The Pixy
    10.春雷
    11.???
    12.???


    チバ「KIKI The Pixy」
    発音は「キキ・ザ・ピクシィ~」でございました。
    ん~、もうこの曲はイントロの部分から好きだわっ。
    ボーカル無しバージョンでもええくらい。暗い部屋の中にちっちゃな明かりだけで聴いていたい。
    (↑そう思う人、多いんちゃう?)
    「小さな声でつぶやいた」の後に客席にピックを投げるチバ。
    ライブでは「ララララララララララ♪」の時にコーラスが無いのね;

    『春雷』、途中立ったまま寝てました。倒れ掛けて目が覚めました。
    この辺りから、会場右手の壁にデッカく映ったキュウちゃんのシルエット見てましたわ。
    ステージを見ずに、ずーっとシルエットだけ見てました。あまりにも綺麗やったから。

    ------------------------------------

    13.LOCK ON
    14.LAZY SUBMARINE
    15.焦燥のバラッド
    16.MEXICO EAGLE MUSTARD
    17.Nude Rider
    18.King Motor Haus
    19.sheryl


    客席「チバー!チバー!!!」
    客席「チバぁーっ!!!」
    あちこちからチバを呼ぶ声が。
    するとチバ、マイクに向かって…
    チバ「……サンキュー」
    と、照れ笑い!
    この笑い方と「サンキュー」に、更にオーディエンスが沸く!(←ワシとwith LOVE.氏は大爆笑)
    客席「チバー!格好良いっ!!!」
    客席「チバー!」
    客席「イマイさぁ~ん!」
    客席「ハルキー!!!」
    客席「キュウちゃん何処~!?キュウちゃん何処~!?」(←おいっw)
    客席「アベーっ!!!」


    …誰だっ、「アベ」と叫んだ奴っ!!!???


    何やらイマイさんと喋ってるチバ。
    イマイさんが、「えっ?俺???」ってな感じで自分に指差してました。
    そして、ギターの音が静かに鳴り響き…『LOCK ON』へ!
    もう『LOCK ON』→『LAZY SUBMARINE』の時の照明が綺麗で!
    紫と水色の照明の中に立つチバの格好ええ事格好ええ事!!!
    『LAZY SUBMARINE』の「バイバイまたね」で、軽く手を上げるチバ。

    『焦燥のバラッド』から、「待ってました!」と言わんばかりに暴れ出すオーディエンス!
    ハルキも暴れ(?)出す!
    曲の頭部分でベースを立てながら弾く姿が堪らんっ!

    続く『MEXICO EAGLE MUSTARD』→『Nude Rider』ではダイバーさんも出る出る!!!
    ラッタッタッタタラッタ♪
    あっ、イマイさんが「Why Don't you slip away 大阪 babies?」って言ってはりました。
    この時の表情がねぇ…お茶目さん。

    『King Motor Haus』の「hu~huhuhuhu~」の後に…
    チバ「……大阪府警に迷惑を掛けずにね」
    すんませんすんません!この言い方がねぇ!言い方がねぇっ!!!


    …可愛かった…。


    「掛けずにね」の「ね」がね、可愛かった…。
    もう~~~…この言い方にやられたわっ!!!

    本編ラスト、『sheryl』。
    これに続く様に、インスト曲があったのですが…これ、好きだなぁ…。

    ------------------------------------

    捌けて行くメンバー。
    チバはピックをポイッ。
    …で、ウチの周りにおる人がしきりに下を見回してるなぁと思い、下を見たら。
    ウチの足下に何か白い物体が。
    「ん?ん?ん?」と思ってたら、一斉にウチの足下にしゃがみ込む人々。
    釣られる様にウチもしゃがみ込んでその物体に触ったら。


    …チバのピックだった…!!!


    が、物凄い勢いで前にいるお嬢さんに手を掴まれ何やよう解らん状態。
    あれ?ウチ今ピック掴んでるよなぁ???
    暫し、ウチとお嬢さんで争奪戦。
    どうしたもんかと顔を上げたら、照明だけのステージとアンコールを待ち望む人達。

    …何で『sheryl』で幸せになった気持ちの後に、こんな事してるんやろう?
    何か、醜い。

    急に冷静になっちゃって。
    誰か助けてー!!!
    なのに手を離せずで。
    うわー、嫌だなぁ嫌だなぁ。

    って思ってたら、「ジャンケンしませんか!?」と言われ、お嬢さんとジャンケン。
    ありがてぇ~と思いつつ、あっさり負けるワシ。
    ピックをお嬢さんへ。

    with LOVE.氏に心配されつつも、「ピック握れた?」と聞かれ、「うん」と答える。
    with LOVE.氏「握手っ!」
    エリー「ほいっ!」
    で、握手を交わす2人。

    しかしまぁ、この争奪戦中自分の身に何が起きていたのか…。
    鼻の頭は痛いわ上唇も痛いわ、オマケに親指が内出血してた;
    人間が持つ欲望、醜いぜー。
    晒け出す欲望なんか、「シャチの狩りみたいな 純粋な欲望」だけで十分だわ。
    チバよ、教えてくれてありがとう。
    そしてお嬢さん、ピック、大事にしてね。

    ------------------------------------

    また電飾ロゴがステージに降りてくる。
    良いなぁこのセット…と思ってたら、煙草を吸いながら出て来るチバ!
    ハルキはツアーTシャツにお色直し。
    キュウちゃんは脱いでた。

    ------------------------------------

    Encore-1
    01.stupid
    02.BABY HONEY BEE
    03.オリーヴ


    アンコールに『stupid』って、ちょいビックリ。
    確か、「一体ここはどこなんだ? 大阪のど真ん中なのか?」って歌詞を替えていた様な?

    『BABY HONEY BEE』はテンポ早目にアレンジ!これが楽しいんだわっ!
    んで、『BABY HONEY BEE』が終わって、ベースを置いて捌けて行こうとするハルキ。
    チバがギターを掻き鳴らして、「まだあるぞー」ってな感じでハルキにアピール!
    もう1曲ある事を忘れてたハルキ、恥ずかしそうにベースを抱え直すw
    そんなハルキに笑ってるチバ。

    ------------------------------------

    アンコールが終わって、また捌けて行く。
    キュウちゃんはタオル(←Tシャツやったかな?)を客席へポイッ。

    ------------------------------------

    Encore-2
    01.ハレルヤ


    また煙草を吸いながら出て来るチバ。
    キュウちゃんは、上半身裸+ツアーグッズのキャップ。

    『ハレルヤ』。
    もうね、ホンマに好きです。
    「『ハレルヤ』聴きたいな」って思ってて。
    何やろうなぁ、少し泣きたくなる様な。
    ここにいる事を祝福されるかの様な。
    博愛って言ったら何か違うけど。
    別に何も考えなくて良いよ、単純に単純にそのままでって。

    んー…言葉に出来ないなぁ…。


    チバ「サンキュー、またね」
    と、またピックを投げるチバ。
    イマイさんは何か愉快な動き。
    ハルキは感謝の意を伝えるかの様に、手を合わせている。
    キュウちゃんはスティックをドーンッ!
    今日も飛ぶ、キュウちゃんスティック。
    バイバーイと手を振るキュウちゃんにバイバーイ!

    22時前に終演。

    ------------------------------------

    終演後、ステージ前では電飾ロゴの撮影会状態。
    記念とばかりに写メする人々。

    そして、やっぱりグッズ欲しいなぁ…と物販へ。
    2個セットのピンズを2人で分け分けしました。
    列に並んでる途中、冗談で「チバの匂いついてるかも!」と右手を匂ってみた。(←変態ですみませんねぇ…)


    …一瞬だけ、フワッと男物の香水と煙草の匂いがした…。


    様な気がする。(←ウチ、右手で煙草を吸わない)

    ライブ自体はねぇ…んー…「最高!」ってな訳でなく。
    前半、ちょっと物足りなかったな。
    しかしねぇ、ハルキ、やっぱ若いわっ!
    立ち位置、チバと近くなったねぇ。
    今後、彼がJUDEの時の紘志君みたいに起爆剤になったらなぁ。
    ちょっと気になる存在ですわ。

    後ね、久々の大バコやったので、ずーっと「照明凄ぇなぁ」と見てました。
    これがかなり凝ってまして、壁に当たると模様が出来て綺麗だったんだわ!
    他にも照明が切り替わる度に、壁にチバとキュウちゃんとシルエットが交互に浮かんで綺麗やったのよ!!!
    ライブ後、ずっと「照明良かったねぇ」と言い合うウチ等。

    でもね、今日のライブの1番は、チバのピックが一時でもウチの手の中にあった事!
    結局手には入らなかったけど、でももうこんだけで十分!
    あっ、これもある意味『ハレルヤ』だ。


    幸せ。


    ハレルヤ ハレルヤ ハレルヤ ハレルヤ。

    今回もご一緒してくれてありがとう~!

    Comment

    Leave a Reply


    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。