イシバシハザマライブ『音楽のパーマ』。(前編)

    2007年02月15日(木) 18:30/19:00
    よしもと若手ばかりのライブ祭会場日にちバラバラだけど16DAYSプラスワン
    イシバシハザマライブ
    『音楽のパーマ』

    (敬称略)

    20070215-1.jpg


    ※長さの関係で前編と後編に分けます。
    ※大いにネタバレしてます! しかしオチは伏せております! ご了承の上お読み下さいませ…。


    ------------------------------------

    今回も某パーマニストさんとご一緒のライブ。
    新宿は嬉しくなるくらいのめーっちゃええ天気!
    何て彼等に相応しい単独日和なんでしょう!
    …と思っていたのですが、流石に18時を過ぎれば風が冷たい~;

    開場が始まればモリエールの階段を走り駆け上がる人々!
    そして踊り場に置かれた西野さんからのお花!

    20070215-33.jpg

    ↑非常にコメントしがたい。

    今回は1列目のパイプ席と舞台の間に、簡易席(?)が作られていました。
    もうこの席ね、舞台との距離が人1人通れるかどうかと言うくらいの幅でして……完璧に特等席やんっ!!!
    チケットの売れ行きが悪い悪いと言われてましたが、後ろを振り向けば満席!!!
    今回は男性の姿も多いです!

    毎度イシハザ単独は気持ちが落ち着かないので喫煙コーナーで一服。ロビーでは沢山の芸人さんが世間話をしていました。

    19時を回っても慌ただしい会場内。
    スタッフさんが走り回り、客席上では仲間の芸人さんが舞台を見下ろしている。自販機前には西野さんがいる。
    ウチは緊張の余り石橋さんの如くえずく。

    ------------------------------------

    オープニング:

    19時を5分以上過ぎた所で客電が落ち、「ピンポンパンポーン♪」とチャイムが流れる。

    「本日はイシバシハザマ単独ライブ『音楽のパーマ』にお越し頂き、誠にありがとうございます。『音楽のパーマ』開演に先立ちまして、石橋尊久演出監修による『ケンカをやめて』を披露致します。尚、作家は止めたのですが本人がどうしてもやると譲らなかったので、苦情は石橋尊久本人に直接言って下さい」

    客席からは歓声と笑いが起き、照明が点くと硲ちゃんが歩いて来る!

    (人と擦れ違い様に肩がぶつかる硲)

    硲「あっ、すみません」
    硲「……あっ!? 何なんですか!?」
    硲「何!? パーマ失敗してるとか、そんなんどーでもええですよっ!!! あぁっ!? やるんか!?」

    すると舞台上手から、紅白の垂れ幕に身を隠した人がやって来る!
    「1、2! 1、2、3!」とアゲアゲなあの曲が流れた瞬間、垂れ幕から姿を現したのは、上半身裸+デニムショートパンツ+サングラスなDJオズマ…ではなく石橋さん;
    「まーまーままま♪」と今夜も裸で踊ります!

    硲「えっえっ!? 何!?」
    驚く硲ちゃんを無視してマンキンで踊る石橋さん!
    硲ちゃんに「今年32でしょぉ!?」と言われ、踊りながらも人差し指を立てて「シーッ!」のポーズw
    硲「もぉー最悪やぁーーーっ!!!」

    「以上、『ケンカをやめて』でした」と舞台が暗転して、オープニングVTRへ!



    ------------------------------------

    オープニングVTR:

    校章のアップ。
    アングルを下ろすと、校舎から飛び出して来る石橋さんと硲ちゃん!
    服装は勿論、単独チラシの小学生姿で!
    学校を飛び出し坂道を駆け下り、横断歩道では仲良くスキップスキップw

    そんな2人が目指すのは、レコードショップCisco!
    レコードを漁り、DJよろしく試聴し、お店を飛び出して行く!
    階段でリコーダーを吹く硲ちゃん。段差に片膝を立てて、生意気な小学生っぷりな事! ここで“硲陽平"と名前が出る!
    アングルをずらすと、小学生らしくなく苦労に満ちたお顔でリコーダーを吹いている石橋さん! ここで同じく、“石橋尊久"と名前が!

    ストリートミュージシャンが演奏をしている。
    アングルをずらすと、その横でストリートリコーダーをしている2人!
    そのパフォーマンスっぷりと言ったらw

    今度は楽器屋に入り、ギターを物色、試し弾きをする2人。
    またまた店内を飛び出し、カラオケボックスで熱唱する石橋さん!
    その横でタンバリンを打ち鳴らすノリノリな硲ちゃんw

    歩道橋の階段を駆け上がる2人。
    先頭を行く硲ちゃんがつまずいた所で、石橋さんが通り過ぎ様にちょっかいを掛ける!
    怒った硲ちゃんに追い掛けられ、逃げる石橋さん!
    そのままアングルはお空に移り、『音楽のパーマ』とタイトルが出て来る!


    ◆やーんちゃな小学生なイシバシハザマ!
    石橋さん、頑張って走ったね!
    坂道を駆け下りる2人の後ろ姿がお気に入りです。
    よくよく考えたら7歳差の2人は、小学生をやってた時期は被ってない訳ですよねぇ…しみじみ。

    ------------------------------------

    漫才:「オリジナル出囃子が欲しい!」

    (※タイトル表記がなかった為、仮タイトルです)

    ネクタイを結びながら出てくる硲ちゃん。
    硲「やぁやぁやぁ! どーもー! やめとくわコレ!」
    と、結ぶのが間に合わなかったネクタイを舞台袖へポイッw

    お召し物は、日曜日のパパみたいなボーダーセーターの石橋さん。
    硲ちゃんは白シャツ+黒のショートパンツ! すね毛がきになる~;

    硲「何なん、さっきのあれ? DJ オズマ」
    石橋「石マや」
    硲「オズマみたいに言うなっ!」
    硲「出囃子がね、欲しいんですよっ! 他の芸人さんは人の曲使って出てくるでしょ? 僕は自作自演が出来るから」
    石橋「自作自演ってw」
    硲「あっ!」
    石橋「ほら、もうまた……w」
    硲「作詞作曲! 作詞作曲が出来るから」
    石橋「……おまえに出来る事は子供作る事と、ラーメン作る事くらいや」
    硲「えっ!」
    と、心臓を押さえるも……
    石橋「逆、逆!」
    硲「あっ、こっちか!」
    心臓の位置を逆に押さえていた硲ちゃん;
    石橋「……w 心臓の位置は、ひだ」
    硲「り! ヒント出しすぎやろっw」



    ◆硲ちゃん、のっけからドエラい天然ミラクルっぷりw
    硲ちゃんの提案した曲が昭和のストリップみたいやったので、代わりに石橋さんが作ってあげる……ってな漫才でした。
    パンダがこっちを見ていたら嬉しい…。

    ------------------------------------

    ブリッジVTR:「葉加瀬橋 太郎」

    情熱大陸の曲が流れる中、画面にはアップの石橋さん。
    タキシード姿で目を閉じ、一心不乱にバイオリンを奏でている。
    「まぁ素敵……!」と思いきや、手にはおろし金と大根w
    道端でバイオリンの奏でるかの如く大根をすり下ろす葉加瀬橋 太郎の足下には、お皿に乗った焼き秋刀魚w
    飛び散る大根おろし、すり下ろす葉加瀬橋 太郎……。


    ◆もうっっっ大好きですっっっっっ!!!!!

    ------------------------------------

    コント:「歯医者」

    硲「すいませーん! すいませーん!」
    と左頬を押さえながら、歯科医院に入って来るジャージ姿の硲ちゃん。
    硲「すいませーんっ!」
    歯医者「はい」
    と、お箸と丼を持って現れる歯医者(石橋)。お口をモグモグさせております。
    「午前中治療して貰った硲陽平ですけど」とお昼時にやって来た硲ちゃん。詰め物が取れてしまったと言うのだが……
    硲「これ、ハイチュウですよね?」
    歯医者「ハイチュウっちゃハイチュウね」
    硲「ですよねっ!? 麻酔切れたら、『痛っ! 甘っ!』ってなってビックリしたんですよ!!!」
    治療を渋る歯医者に「完璧に医療ミスですよね!?」と言って、治療して貰う硲ちゃん。

    何かに付けて鬱陶しい歯医者。
    「嫁が……」「大きな声出すから嫁が震えてる」「嫁が裸で……」「ワイフが……」と、何故か嫁にこだわる。
    歯医者「(椅子を指差し)どっちに座ります?」
    硲「どっちでも良いですよ!」
    歯医者「どっちでも良いっちゃ良いけど、そう言うのが1番困るっちゃ困る」

    治療器具台から消毒用のピンセットと脱脂綿を取る歯医者。
    ところが硲ちゃんを放って、ピンセットに挟んだ脱脂綿を「こうでもない……」と形が気になり弄りまくっている;
    しまいには野球ボールサイズの脱脂綿を取り、硲ちゃんの口に入れようとする;;;
    硲「ちょっとっ!」
    石橋「あれっ!? 硲さん小さくなりました!?」
    硲「それ(脱脂綿)がデカすぎなんですよ!」
    また治療器具を選ぶ歯医者。
    硲「それ、ジャガイモの皮剥くヤツ!」
    硲「それスパゲティーの……っ!」
    スパゲティートングで口を挟まれる硲ちゃん;
    硲「もう何なんですかっ!? これもパーマあてるならちゃんとあててーっ!!!」
    と、歯医者のパーマの一房だけストレートな部分を引っ張る;;;

    何故か「~っちゃ、○○」と「ちゃ」を付けながら喋ったり、診察が苛付くくらいトロくさかったり、今は休診中と言い訳したりする歯医者。
    そんな歯医者にキレる硲ちゃん。
    硲「こう見えても空手やってましたからね」
    と、ファイティングポーズ!
    歯医者「私もムエタイ(と構えを取る)……っちゃ水泳!」
    硲「どっちっ!?」

    ケンカすらままならない歯医者。
    殴ると見せ掛けて硲ちゃんに顔を近付けるだけやったり、殴り掛かってきた硲ちゃんを1本背負い! 
    ……と思いきや、投げなかったり;
    ひたすら嫁にこだわり、まともな治療をしない歯医者。
    その訳は……
    歯医者「嫁が院長っちゃ院長で、私は助手っちゃ助手なんですよ

     

    ◆あぁぁっぁあぁああっっっ鬱陶しいーーーーーっっっっっ!!!!!
    もう歯医者が鬱陶しいっっっ!!!
    ちゅか石橋さん、去年の夏から爪楊枝よりもトングがお気に入りなのね。
    そして、パーマonパーマヅラはある意味出オチです。
    お口モグモグのリアルさも必見!
    某パーマニスト曰く、「あれ、ローズのヅラですよね?」との事。
    「痛っ! 甘っ!」がお気に入り。
    パーマな歯医者がパーマの様な形の脱脂綿の毛並みを気にしてるのもお気に入り。

    ------------------------------------

    ブリッジVTR:「葉加瀬橋 太郎」

    また情熱大陸の曲。
    そして秋刀魚に大根をすり下ろしている葉加瀬橋 太郎。
    しかし、秋刀魚が乗っているのはバイクのシート部分w
    お構いなしに大根をすり下ろし、シートの上はビチョビチョ。

    ハイーッ!
    もうここでお解りですよね?
    このバイクの持ち主は硲ちゃんw
    そんな硲ちゃんのリアクションを隠し撮りカメラでどうぞ~!
    ちなみに文中の斜体はテロップでございます。


    バイクに乗りに来た硲ちゃん、シートの上の物体にビビる。
    恐る恐る秋刀魚の尻尾をつまむも、落としてビクッとする。

    「自分が落とした秋刀魚にビックリする硲」


    大根おろしを嫌そ~~~うにチラシで拭く硲ちゃん。
    ちなみに秋刀魚は地べたに捨てず、シートの後ろ部分に除けております。(←何か律儀)
    ザッザッとシートを拭くも服の袖に大根おろしが付いちゃう。
    硲ちゃん、袖を見る。そのままパクリw

    「服の袖に付いた大根おろしを食べる硲」


    綺麗になったシートを開け、ヘルメットを取り出そうとする。
    が、手を滑らしシートが閉まる。

    「シートに鍵がかかってモタモタする硲」


    モタモタしながらもヘルメットを被った硲ちゃん。
    秋刀魚を見る。
    手に持ったチラシを見る。
    秋刀魚の尻尾をつまむ。
    手に持ったチラシの上に乗せる。
    そのまま秋刀魚をチラシで包む。
    シートを開ける。
    包んだ秋刀魚を入れる。
    シートを閉める。
    バイクに跨る。
    そのままブーンと去って行く。

    「秋刀魚を持ち帰る硲」


    VTR終了……。


    ◆いやっ、もう解ってたけどね! 「あれ硲のバイクや!」って!
    想像通りのリアクションの硲ちゃんに客席大爆笑!!!
    秋刀魚を持ち帰ったのは捨てて行くのがしのびないからなのか、それとも晩ご飯にする為なのか……。
    ホンマにその後が知りたい。

    ------------------------------------

    石橋ピンネタ:「キャプテン波止場」

    カーペンターズが流れる夕日の中、登場して来るキャプテン波止場(石橋)。
    その姿は黒のTシャツに首にはオレンジのストール、右肩にはカモメが乗っている。手にはサックスと波止場にある白いヤツ。
    なのですが、緊張してはったのでしょうか? 登場時に波止場の白いヤツを落として慌てて拾ってましたw

    波止場の白いヤツを舞台に置き、それに左足を乗せるキャプテン波止場。
    要するに波止場が似合うイー男のポーズです。

    キャプテン波止場「7つの海を股に掛けるキャプテン波止場です。今日は女の子には恥ずかしくて聞けないチェリーボーイ達の質問に、このキャプテン波止場が答えていこうと言う訳だ」

    質問に答えていくも、
    ・もし答えが間違っているなら汽笛が鳴り、サックスで残念な旋律を吹く。
    ・正解してたら素敵な旋律を吹く。
    ↑ちなみにこの説明、めっちゃ噛み噛みでした; 何度も同じ言葉を噛んじゃって、強引に言い通すキャプテン波止場;;;


    舞台袖に、お題と正解が書かれたフリップが置かれる。


    キャプテン波止場「それでは早速お便りが届いているから読んでみよう」(←ポケットから手紙を出す)
    キャプテン波止場「横浜市の波止場ネーム・ゼットンさんからです。“キャプテン波止場さん、こんにちは" こんにちはっ!」
    キャプテン波止場「“彼女にマジョカ マジョルカのラッシュエキスパンダーを買って欲しいと頼まれたのですが、どんな物なのか解りません。キャプテン波止場さん、教えて下さい" ……えっ? マジョカ マジョルカでしょ???」

    マジョカ マジョルカです、石橋さん……;

    キャプテン波止場「ラッシュエキスパンダー? ラッシュ……パンダーでしょ???」

    悩みに悩むキャプテン波止場。
    そんな波止場が出した答えは……!!!

    キャプテン波止場「魔女っ子メグちゃんの道具!」(←だったかな?)


    汽笛がボォーーー……。


    不正解のキャプテン波止場、サックスでカーペンターズを吹く。


    こんな感じで、“おじさんには解らない最近の女の子の必需品"に答えていくコーナーです;
    ↓以下、質問とその解答。


    ・シャネル カンボンラインって何ですか?
    キャプテン波止場「カンボンライン……ラインでしょ……○○ライン」(←失念;)
    →汽笛がボォーで不正解。

    ・コンシーラーって何ですか?
    キャプテン波止場「えっ、あれでしょ? これ言っていいんですかねぇ……性病の一種でしょ?」
    →汽笛がボォーで不正解。むしろ客席ドン引き。

    ・サマンサタバサ。
    キャプテン波止場「あっ、これは知ってますよ! バッグのブランドでしょ!」
    →正解!
    と言う訳で、華やかな照明の中で『もろびとこぞりて』を吹くキャプテン波止場!
    正解したのがよっぽど嬉しかったのか、ブランドについて語るも……
    キャプテン波止場「CMとか広告でサマンサとタバサが……」
    汽笛がボォーで不正解; サマンサタバサは人ではないよ;;;


    カーペンターズの曲を演奏しながら、舞台暗転……。


     

    ◆「石橋さんは波止場が似合うわっ!」と前から思ってたので、これは嬉しかったですわ~。
    しかもサックス! 吹奏楽部でサックスやってたと言ってたけど、まさかそれが見れるとはっ!!!
    内容云々より、キャプテン波止場に恋をしましたよ……。
    でもなぁ、マジョカ マジョルカはアカンよ……名前が言えてない辺りがさ……。
    手紙を持つ手が震えていたのはご愛敬と言う事で。

    実を言うとサックスを吹く石橋さんにうっとりしすぎて、何を言ってたのかあまり覚えてなかったりします;

    ------------------------------------

    ブリッジVTR:「葉加瀬橋 太郎」

    カメラアングルは新宿駅南口の階段下。
    そこへ歩いてくる硲ちゃん。
    何も知らず通り去る硲ちゃんを、後ろから奇襲するたいぞうさんと作家さん!
    硲「えっ、何!? 説明してーっ!!!」
    楕円形の白いボードを地べたに敷き、そこへ硲ちゃんを倒す。
    暴れる硲ちゃんを取り押さえるたいぞうさん。
    足には魚の鱗が描かれたビニール袋を履かされる。


    白いボード=お皿。
    硲ちゃん=秋刀魚。


    っちゅー事で情熱大陸の曲が流れ、葉加瀬橋 太郎が現れる!
    あの笑顔で大根をすり下ろす葉加瀬橋 太郎!!!
    むしろ顔面に大根おろしが降り注ぎますw
    散々大根をすり下ろし、走り去って行く葉加瀬橋 太郎とその一味。

    1人残され、グッタリな硲ちゃん。
    「臭っ!」と顔に掛かった大根おろしを拭いてから……
    硲「……説明してー」


    場面は変わり、また情熱大陸の曲。
    アップの葉加瀬橋 太郎。
    ビルの上で今日も軽やかに、しかし力強く彼は大根をすり下ろすのである……。


    ◆大満足っ!!!
    いや~もうなぁ、この手の石橋さんは大好きですよ。
    期待を裏切らない硲ちゃんのリアクションも大好きですよ。
    最後走り去って行く葉加瀬橋 太郎とその一味の後ろ姿、完璧に背中が笑ってましたね。
    しかしまぁ……バイオリンと見せ掛けて大根おろしって! よぉ考えたなぁ!!!

    ------------------------------------

    ショートコント:「イマジン道場」

    もうっっっ!!!
    スクリーンに『イマジン道場』って出た瞬間、嬉しくて嬉しくて!
    初めて生で見れる!!!

    舞台には2本のマイク、そこへやって来るイシバシハザマ。
    お揃いのストライプジャケット、2人とも黒のプリントTシャツ。
    このストライプジャケット、生で見るのは去年の3月以来!


    ネタ:
    チャゲの谷のアスカ
    DEATH 京都
    スポンサーザエさん
    バーバーババァ
    岩盤浴
    酒の関



    “岩盤浴"では、若干客席ポカーン;
    無言で客席を見る石橋さんと硲ちゃんの「あっ;」っていう表情と言ったらw
    これには思わずお客さんも笑ってしまう!
    “酒の関"では石橋さんの顔真っ赤!

    これで終わりと思いきや……

    硲「ここで名前だけが面白かった没ネタを紹介したいと思います!」


    没ネタ集:
    東横イン姉妹
    最期のおつかい


    石橋「女の子にはちょっと伝わりにくいかなぁ~?」

    ジョジョの宅急便
    ジョジョ苑


     

    ◆もうね、スクリーンに『イマジン道場』って出た瞬間、思わず隣にいた澪音ちゃんを見ちゃった。
    そしたら澪音ちゃんもこっち見てた。
    始まる前も終わった後も、ただただ「嬉しいっ!!!」としか言えなかったです。
    嬉しさと笑いが混じった時の興奮って凄いのよ!
    “岩盤浴"は今後見れるかどうか;(←でも好き!)
    もうこの“イマジン道場"が今回の1番やったかもしれないです。
    この“イシバシハザマらしさ"と言ったら!

    ------------------------------------

    ブリッジVTR:「打ち合わせ風景」

    作家さん2人と石橋さん、硲ちゃんでの打ち合わせ風景。
    ブリッジVTRをどうしようかと悩んでる所で、硲ちゃんが「歌でお客さんを感動させたい」と言い出す。
    石橋「歌でw?」
    硲「俺、家で作詞作曲してるからさ」
    石橋「感動させてどうするん? 笑わせんとw」
    誰にも賛同して貰えなかった硲ちゃん。しかも笑われ、被ってた帽子で顔を隠して椅子にデロ~ンと伸びる。(←拗ねたw)
    石橋「……w やったらええよ」

    ------------------------------------

    硲ピンネタ:「弾き語り」

    と言う事で、ブリッジVTRからそのまま弾き語りへ。

    硲「俺は嫌だって言ったんだけど、スタッフがどうしてもやれって」
    まるでアーティストの様に喋る硲ちゃん。
    硲「タイトルは石橋君が考えてくれたんだ。『小さな幸せ』」
    お客さん「普通ー」
    硲「普通? 普通じゃないよっ」
    とブームマイクを自分の向けるも、マイクがガクンッとなる;(←流石!)
    硲「ハプニングw こう言うハプニングもあるよ」
    お客さん「普通ーw」
    硲「普通じゃないよ。3度目はないからね」
    硲「それでは唄います。『小さな幸せ』」


    ……えー、すみません、歌詞をすっぽり忘れました; 
    なので、ラスト部分をどうぞ!


    硲「失敗した料理も変な笑い方も そんな小さな事すら大切な思い出だったのさ♪」
    硲「もう叶わない夢~…………彼女は死んだ~♪」

    予想通りのラストに客席爆笑w



    ◆ろくでもない夜でお馴染みの「死んだー!」です。
    しかもハッキリと、「死んだ」と唄っています。
    もう見に来てる芸人さんが笑ってる笑ってる!
    唄ってる時に舞台袖にあるカーテンがやたら動いてたんですけど、多分石橋さんが大爆笑してたんだと思われます。

    ------------------------------------

    ブリッジVTR:「硲、DJに挑戦」

    スタッフさんとブリッジVTRの打ち合わせをする硲ちゃん。

    (※カメラアングルは机に座る硲ちゃんと、スタッフさんの後ろ姿)

    硲「石橋は何するか決まってるんですか?」
    スタッフ「葉加瀬太郎をするって言ってましたけど……」
    硲「あぁー……」
    スタッフ「…………」
    硲「DJをやってみたいと思うんですけど」
    スタッフ「…………」
    硲「……DJ」
    スタッフ「……DJ」
    硲「…………」
    スタッフ「…………」
    硲「小さい頃からヒップホップとかレゲエを聴いていたんで」
    スタッフ「…………」
    硲「……レゲエ」
    スタッフ「……レゲエ」
    硲「…………」
    スタッフ「…………」


    ◆ものっそい反応の薄~いスタッフさん。
    それをジッと見つめる硲ちゃんが、もうっ面白可愛いーーーっっっ!!!!!
    ジッと見つめてるんだけど、あのウニッと上がった口角が時々不安げに震えてるのよっ!?
    もう、「どう? どう???」ってな感じで口角が震えてるのよ!!??
    いやぁ~、硲ちゃんのリアクションを知り尽くした人だからこそ撮れるVTRです。

    ------------------------------------

    ……後半へ続く!

    Comment

    Leave a Reply


    管理者にだけ表示を許可する