天竺鼠1Hソロライブ 『カウントダウンライブ イン 京橋』。(前編)

    2007年03月24日(土) 18:00/18:30
    天竺鼠1Hソロライブ
    『カウントダウンライブ イン 京橋』

    (敬称略)

    CIMG2405.jpg 


    ※長さの関係で前編と後編に分けます。
    ※ブリッジVTRの位置が曖昧でございます。
    ※ネタバレ有り! ご了承の上お読み下さいませ……。

    ------------------------------------

    今日雨が降るのは。
    きっと自分の上だけに雨が降る、そんな“よかにせどん”の所為だ。
    ※よかにせどん=ハンサムさん(鹿児島弁)
    開演前に偶然お会いしたお久し振りなお姉さん、和歌山と奈良からやって来たお嬢さんとお茶をする。
    例え雨だろうが、なんばは今日も人が一杯なのだ。
    灰色の景色は、あの廃盤になったCDのジャケットを思い出す。

    ------------------------------------

    さて今回も大勢の人が集まりますよ、単独ライブ!
    客席はあっと言う間に埋まり、早々に立ち見の誘導。
    そして舞台セット……

    左側は前回と同じ。
    右側は「バルン!」と言うタイトルの4コマ漫画。(←ものっそい小さい)
    あぁ、今日も楽しいなぁ。

    隣りに座るお嬢さんがこう漏らす。
    「サライブのCM3種類あるんですけど、さっきからこればっか」

    ------------------------------------

    オープニング:

    ブザーが鳴り、照明が落ちる。
    すると、「ボボンボンボン♪」とガンガンライブのコーナーBGM『Wake Me Up Before You Go Go』が流れ……

    (照明が点く)

    瀬下「駄目ーっ! 川原、罰ゲーム~!!!」

    あぁ、今回もまともに始まらないっ;

    瀬下「罰ゲームはこの“ゴムパッチン”でね、口で噛んでゴムを引っ張って貰いまーす」
    川原「ゲームなんかしてないやん」
    瀬下「していないとかじゃなくて」
    川原「腹立つわー。(開演前に)サライブのヤツどんだけ流すねん」
    これには客席からも拍手w

    瀬下「これを引っ張って貰って……川原っ、何処まで引っ張るねん! 見えんくなってもうたやんっ!!!」
    川原さん、ゴムを咥えたまま上手袖へ消えて行くw
    「何処まで行くねん?」と袖を見てる瀬下さん。
    すると……
    瀬下「1周回ってるやんっ、どんだけ長いん!?」
    川原さん、下手から登場!!!

    いよいよゴムパッチン!
    瀬下さんが手を放す!!!

    …。
    ……。
    ………。

    瀬下「何処かで引っ掛かってるんちゃう?」
    川原「……来た来た来た来たっ、弱い!」

    パッチンする所か、ダラ~ンとなっちゃうゴム;

    もう1度チャレンジ!
    瀬下「どんだけ引っ張るねんっ」
    先程と同じくゴムを咥えたまま~ 略 ~下手から登場!

    瀬下「行きますよ~……速っ!!!」

    瀬下さんが手を放した瞬間、物凄い勢いでパッチンしてきたゴムに引っ繰り返る川原さんw

    ------------------------------------

    オープニングVTR:

    ドーンッと天王寺動物園の看板。
    園内をまるで早送りの様にカメラで撮影。

    ピタッとカメラが止まると、そこには黒のライダースを着たオットコ前な瀬下さん!
    ここで“瀬下豊”と名前が出る。
    瀬下さん、グルグルグルグル綿菓子を作る!
    手に付いた綿菓子を食べ(←セクシーショット!)、綿菓子をパク付きながら歩き出す。

    また園内が映し出される。

    またピタッとカメラが止まると、そこにはカバ。
    カバ、カバ、カバ。
    「川原さんは?」と思いきや、カバなのに“川原克己”と出る。
    飼育員さんに歯磨きをして貰うカバ。
    段々カバが川原さんに見えてくる。

    そこからアングルを引くと、柵に背中を凭れてる瀬下さん。(←ちょっと舌を出してはります)
    瀬下さんの肩越しには歯磨き中のカバ。
    そこへ“カウントダウンライブ イン 京橋”と出る。

    ……川原さん、最後まで映らず!

    ------------------------------------

    漫才:「普通の漫才」

    出囃子の『フリーダム』が流れ、スーツ姿の瀬下さんといつもと同じ格好の川原さん登場!
    すいません、もうスクリーンに「普通の漫才」って出ただけで笑いが止まらないのですが;

    瀬下「うわっ、こんなに沢山入って貰ってありがとうございます。そこは通路に座って貰って。小さなハコですみませんねぇ」
    川原「ちなみに今日は誰を見に来たんですか?」
    瀬下「俺等を見に来てるんやっ、ソロや!」(←とツッコむ)
    川原「おお、今変な空気になった」
    瀬下「ちょっと僕等の自己紹介をしますね。2人とも鹿児島出身で、大阪に出て来て10年になるんかな? 訛りとかもそんなにないんやけど、相方は時々訛ったりね」
    川原「ちょっと」
    瀬下「ん?」
    川原「口から死んだ小動物の死体のケツの穴の中の匂いがする」
    瀬下「どんなんか嗅いだ事ないわっ!」
    川原「男前やからどうしてええか……」

    とまぁ、川原さん曰く「普通の漫才」らしいが……
    「好きな子が出来た」と川原さん、瀬下さんをダブルデートに誘う。

    ジーパンに履き替える→デート→遊園地→ジェットコースター→シミュレーション→ジェットコースター→車から→車は借りる→「遊園地が見えるー!」→「どんだけテンション上がるねん!」→「音楽かけよ」→「さぁ着いた」→ジェットコースター→乗り物とその隙間の間でテンションが上がる→「凄かったなぁ!?」→「眠い」→息抜き→ではなく耳抜き→絡まれる→ジャンプしろ→小銭出せ。

    最終的には鹿児島弁漫才に!


    単独ライブやのに「鹿児島出身」と説明するので、「ん?」となってたのですが……あぁ、成る程~!
    久々に聞いた鹿児島弁に、薩摩の血が半分流れるウチは和みましたよ。
    ジェットコースターに乗る前と乗った後の川原さんの反応ですが。
    過去に全く同じ反応を取った事があります。

    ------------------------------------

    コント:「始業式」

    ハゲ頭校長先生(瀬下)。
    校長「今日は皆さんに新しい先生を紹介します。山本先生、どうぞ」

    山本先生(川原)、ロングのチリチリボサボサパーマにサングラス。
    出て来て一礼、前を向いて一礼。
    横を向いて一礼、前を向いて一礼。
    マイクに一礼、校長に至近距離で一礼。

    山本「今日から新しく先生になる山本と言います。新しいと言っても、もう48歳なんですけどね、ハハッ。そう言う意味では新しくはありません」
    山本「この学校では主に国語を担当します。英語……国際社会国際社会と英語が重視され、今では小さな頃から英語を教えたり……」
    非常に話が長い山本先生に、校長が耳打ちをする。
    山本「……あっ、英語を担当します」
    どないやねん;

    山本「さっきから女子がザワザワしているけど、先生に彼女がいるかどうか気になってるのかな。ハッキリ言います、彼女はいます! 2年3ヶ月付き合っていて、その中で別れたりもしつつの2年3ヶ月でしたけどね、彼女はいます。まぁ彼女はいても先生も男ですから、女の子を見てニヤニヤはします」

    山本「廊下で会ったら声を掛けて下さいね。『サングラス取ってー』何て言うね、声を掛けてくるかもしれないですけど。……サングラスは外します! ね、外すタイプです」

    山本「よく『先生、ギターを弾いてー』何て言うね、言われるんですけどね。……ギターは弾けません! 見た感じで言われるんでしょうけどね、ギターは持ってません!」

    山本「授業中にね、携帯を触るとかね、あーそう言うのは没収します。没収しても後から返してくれる先生もいたりね。……でも先生は返しません! 校長先生も返さない方ですよね? ね、返しません! 携帯は没収したら返しません、その携帯を見てニヤニヤします!」

    山本「授業中にドンッと向かって来てくれたらね、河川敷に行くプラ、プランも考えています」

    山本「では歌を唄います。『思い出と君達』」
    山本「ファ ソラシ ファ ソラシ♪ 放課後という名のロスタイム~♪ ファ ソラシ ファ ソラソ♪ マドンナのあの子とソラソラソ~♪ 窓際の男の子ソドードー♪ ファ ソラシ ファ ソラソ♪ 買うか迷ったソファー♪」

    ・髪は切って来た。
    ・今、キチ○イみたいになってましたけど。
    ・携帯番号は090-8282-7575。
    ・彼女はいません! ……彼女はいます!


    「買うか迷ったソファー♪」で瀬下さんが堪え切れず、思いっきし噴き出してはりましたw
    ホンマ川原さんの1人喋りでずーっと進んで行くんですけど、何でしょうねぇ……この喋り方!
    独特の間の後の、引っ繰り返されるあの感じ!!!

    ------------------------------------

    コント:「何か変な空気になっちゃった」

    サッカーボールで遊ぶ少年(瀬下)。
    そこへ、90年代初期チックな男(川原)がやって来る。
    ちなみに川原さんは茶髪っぽいショートヘアのヅラで、肩からずらすようにジャンパーを羽織ってます。
     
    男「……フゥー……ピュイ♪(←口笛)」

    「ボールをこっちへ蹴ってみな」とジェスチャー、少年がボールを蹴る。

    男、転倒。

    今度は少年とボールで攻防戦。
    が、あっさり少年に抜かれる。

    ボールを持ってじーっと男を見る少年。

    何か変な空気になっちゃった。

    ------------------------------------

    ブリッジVTR:「ブリッジVTR」

    シャツ+ネクタイの川原さんと、ライダースを着た瀬下さん。

    川原「ブリッジVTR~」
    瀬下「ブリッジVTR~」
    川原「ブリッジVTR~」
    瀬下「ブリッジVTR~」
    川原「せーのっ」
    川原・瀬下「ブリッジVTR~」

    場所は変わり花壇。
    花壇の中からヒョコッと現れる川原さん、頭に乗ってたお花がポロリと落ちる。
    川原「ブリッジVTR~」
    瀬下「ブリッジVTR~」
    川原「ブリッジVTR~」
    瀬下「ブリッジVTR~」
    川原「せーのっ」
    川原・瀬下「ブリッジVTR~」

    屋上でフェンスに凭れて黄昏れ中の川原さん。
    川原「ブリッジ・ブイティーアール」
    瀬下「ブリッジ・ブイティーアール」
    川原「ブリッジVTR~」
    瀬下「ブリッジVTR~」
    川原「せーのっ」
    瀬下「ブリッジVT……」
    川原「ブリッジ・ブイティーアール」
    瀬下「アール……」

    エレベーターの中の天竺鼠。
    川原「ブリッジVTR~」
    瀬下「ブリッジVTR~」
    川原「ブリッ……(←頬を膨らます)VTR~」
    瀬下「ブリッ……(←頬を膨らます)VTR~」
    川原「せーのっ」
    川原「ブリッ……(←頬を膨らます)VTR~」
    瀬下「ブリッ……(←頬を膨らます)……」(←エレベーターが閉まる;)

    スロープの向こう側から走って来る天竺鼠。
    立ち止まり、息切れしてる川原さん。
    川原「ブリッジVT……ゴホゴホッ!」(←咽せたw)
    瀬下「ブリッジVT……ゴホゴホッ!」(←心配そうに見てる)
    川原「ヴゲーッホ!」
    瀬下「ヴゲーッホ!」
    川原「せーのっ」
    瀬下「ブリッジ……」
    川原「ゲホゲホゲホッ」
    瀬下「ゲホゲホゲホッ」

    エスカレーターで登ってくる天竺鼠。
    川原「ブリッジVTR~
    瀬下「ブリッジVTR~
    川原「ブリッジVTR~
    瀬下「ブリッジVTR~
    川原「ブリッジVTR~」(←カメラ目線)
    瀬下「ブリッジVTR~」(←カメラ目線)
    川原「せーのっ」
    川原「ブリッジVTR~」(←真っ直ぐ前を見てる)
    瀬下「ブリッジV……TR~」(←慌てて前を向く)

    階段を駆け下りてくる天竺鼠。
    ドドドドドドドドドドドドッ……川原さん転けるw
    瀬下「おいっ、大丈夫か!?」(←川原の背中を支える)
    川原「おお……馬鹿野郎ぉ~……!」(←泣き声w)
    瀬下「馬鹿野郎ぉ~……!」
    (※以下、全て泣き声)
    川原「おおぉ、ブリッジVTR~……!」
    瀬下「ブリッジVTR~……!」
    川原「せーのっ」
    川原「ブリッジVTR~……!」
    瀬下「ブリッジVTR~……!」

    壁の前に並んで立ってる天竺鼠。
    瀬下さんがカメラに顔を近付ける。
    瀬下「ブリッジVTR~」
    画面から消える瀬下さん。
    続いて、川原さんがカメラに顔を近付ける。


    ……川原さん、ギンッ!と目を開く!!!

    ------------------------------------

    コント:「スピリチュアルカウンセラー マッチョマン」

    瀬下「1ヶ月予約で待ってたけど、今日やっと占って貰えるわ~」

    TVでも大人気の占い師(川原)の元へやって来た瀬下さん。
    ちなみにこの占い師、ハットにサングラスに着流し姿で、まぁ素敵な事。

    占い師「あなたのお名前は……瀬下豊さんですね」
    瀬下「えっ!? 何で解るんですか!?」
    占い師「予約に名前が書いてあったから」
    瀬下「あっ、そうですよね……」
    占い師「何かーガッカリさせてしまったみたいだな、期待を裏切ってしまったと言うか」
    瀬下「いや、そんな事ないですよ」

    瀬下さんに「先生」と呼ばれ、「距離を感じる」と占い師。
    そんな占い師は、自分の事を「マッチョマン」と呼んでくれと頼む。
    ちなみに瀬下さんは、「ガリガリホネホネマン」と呼ばれる事に;

    良い事が全くない瀬下さん。
    瀬下「小さい頃に両親が亡くなって……」
    占い師「あぁ、射殺されたと」
    瀬下「いや、2人とも病気で亡くなったんですけど……」
    占い師「亡くなった方は全て“射殺された”と解釈しています」
    瀬下さんの今までの生い立ちを、勝手に解釈していくマッチョマン。
    ・70歳以上の方→マウンテンゴリラ
    ・出産した→恥骨が折れた
    ・離婚した→殴り殺した
    etc……

    ↑上記の通りに行くと、瀬下さんは……
    「両親を射殺されマウンテンゴリラに育てられそばかすで恥骨の折れた奥さんを殴り殺しマンモスを追い掛け回している」
    ドエラい人生です。

    そんな孤独(?)な瀬下さんにマッチョマンはこう諭す。
    あなたは1人ではない。
    今日からあなたは家族同然だと。
    もしまた会う事があれば、「マッチョマン!」と家族の様に呼んでくれと……。


    一週間後。


    自転車で走って来るマッチョマン。
    瀬下「あっ、マッチョマン! マッチョマ~ン、マッチョマ~ン!!!」


    ……結局、右手袋は見つからなかったのね、マッチョマン;

    ------------------------------------

    ブリッジVTR:「もしも天竺鼠が、グルメリポーターをしたら…」

    天竺鼠、焼き肉屋へグルメリポート!
    川原さんは何故かナスビの被り物をしています。

    ジュージューと美味しそうに焼けていく焼き肉!
    瀬下「いや~見て下さい、美味そうな肉。大将、これは何処の……あ、鹿児島!」
    店長さんと会話する瀬下さんの横で、黙々と大盛りの白飯を喰らう川原さん。
    瀬下「見て下さい、この艶っ」
    川原「美味い」(←まだ白飯を食べてる)
    瀬下「タレも何か秘伝が……あ、ニンニクを使ってる」
    ビールを飲む川原さん、白飯を食べる川原さん、肉だけを取る川原さん。
    しまいには、野菜を摘んでは放り投げ放り投げ。
    焦げた野菜を瀬下さんの皿に入れる。
    瀬下「じゃあ、次は野菜も……これも美味い! あ、無農薬のを。ニンジンも甘い」
    網の上を荒らしまくる川原さん。
    喋る瀬下さんに思いっ切り被っているw
    瀬下「キムチも食べてみましょう。これは? 鶴橋の!」
    川原「うまっ」(←まだ白飯)
    瀬下「さっきはカルビでしたので、次はこれを……」

    しっかりリポーターを続ける瀬下さん。
    野菜をより分ける川原さん。
    肉だけを取る川原さん。
    野菜を全部瀬下さん側に寄せる川原さん。
    皿の肉を全部網に乗せる川原さん。

    スタッフ「はい、OKでーす」


    リポート終了……。


    瀬下「何なん、おまえ?」
    川原「美味い」
    瀬下「しっかりせぇよっ!」
    川原「おまえも何かキャラ付けした方がええって。喋っててもよく解らんし」
    不機嫌そうな瀬下さん。
    川原「ほら野菜も、食え、食え」

    ------------------------------------

    コント:「ショッピング」

    ジーパンを畳んでいるショップ店員の瀬下さん。

    瀬下「いらっしゃいませー」
    客「ヴー……」
    瀬下「……獣や……」

    来店客、獣(川原)。

    獣、赤のTシャツを手に取る。
    獣、もう1着赤のTシャツを手に取る。
    瀬下「同じ柄で迷ってるやん」

    瀬下「何かお探しですか?」
    獣「ヴゥーィ……!」
    獣、警戒する。
    獣、Tシャツを畳む。
    獣、グルグルに畳む。
    瀬下「几帳面なんかさっぱり解らん」

    獣、青のTシャツを手に取る。
    瀬下「あっ、それは今年流行の青の……」
    獣「ヴゥーィ……!」
    瀬下「何なん……」
    獣、青のTシャツを手放さない。
    瀬下「ちゃんと流行のが気になるんや」
    瀬下「良かったら鏡で合わせて下さい……」
    獣「ヴゥーィ! ヴー……」
    獣、鏡の前へ移動。
    瀬下「ちゃんと鏡で合わせるやん」

    そんな感じでひたすら獣、ただ獣。
    お会計を済まし、袋を貰い、袋を合わせ、店を去る獣。


    何だかんだ店員も獣とコミュニケーションが取れてたり、獣も最後には心を開いていたりで。
    何だか獣が可愛らしく見えてきたのはウチだけでしょうか?

    ------------------------------------

    ブリッジVTR:「真剣白羽取りをやってみよう!」

    公園にて撮影。
    カメラ撮影者は川原さん本人!

    川原「おまえ集中力がないから」
    瀬下「集中力ないかぁ?」
    川原「目隠しして」
    と、ヘルメットと目隠しを装着する瀬下さん。
    川原「スベってる感じのスタッフさん、お願いします」

    そんな感じで!
    大仏の被り物をしたスタッフさんが振る竹刀を、目隠しした状態で白羽取りしよう!

    瀬下「痛っ!!! これ難しい!」
    と頑張る瀬下さんを余所に、川原さんは公園探索を開始w
    竹刀が振り下ろされる音と、瀬下さんが「痛っ!!!」等と叫ぶ声が遠くから聞こえてきます。

    動物型のスプリング遊具を映す。
    川原「おぉ、懐かしい。これに乗って……おぉっ、おぉw」
    (カメラアングル、地面と空が上下にユラユラ)
    川原「おぉっ、地面と空の、コラボレーション」
    川原「あぁ! これは地面と空のコラボレーションを楽しむ乗り物か。おぉ、楽しいっ」

    ブランコを映す。
    川原「ブランコ……青い方に乗ろう」
    (カメラアングル、地面と空が上下にユラユラ)
    川原「おぉっw これも地面と空のコラボレーションを楽しむもんやな。おぉっ、おぉ」
    (ブランコから降りる)
    川原「基本公園にある物は、地面と空のコラボレーションを目的としてるんかな」

    鉄棒を映す。
    川原「これをこうやって……」
    テロップ「なんと川原、カメラを持ったまま逆上がりに成功!!

    屋根に止まっている鳩を映す。
    川原「おぉ、鳩が沢山」
    川原「あぁ、横になってるのかな。鳩にとっては横になってるのと同じ状態なんやな、横になってるのと」
    瀬下「出来たぁーっ!!!」

    カメラアングル、瀬下さんの方へ。
    瀬下「取れた!」
    川原「おぉー」
    瀬下「痛かったわぁ……(ヘルメットを取る)……うわっ、ヒビ入ってる。手も痛いわー、これ」
    「良い絵も取れた事でね」と総評する川原さん、何だけども。
    カメラに映ってるのは瀬下さんではなく、佇む大仏スタッフさん;

    ------------------------------------

    ……後編に続く!

    Comment

    Leave a Reply


    管理者にだけ表示を許可する