スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ザ・クロマニヨンズ 『春のウラウラ祭り』。

    2007年04月23日(月) 18:30/19:00
    ザ・クロマニヨンズ@大阪市岸和田浪切ホール
    『春のウラウラ祭り』

    (敬称略)

    何回紹介したか解らないマーシー!
    唄と楽しいお喋りは甲本ヒロト君。
    今夜は山田じゃない。


    ※セットリストを書いています! ご了承を……。

    ------------------------------------

    今月はキタイ花んをお休みしてウラウラ祭り。
    初めての南海線に揺られてガタリゴトリ。
    ご一緒するは勿論、可愛いAreちゃんと。
    電車の中から見えた夕焼け雲がクジラの形。
    電車もひっぱってくれよ。
    そして駅から出て、豪快に浪切ホールとは反対方向に歩いて行くのであった。

    ------------------------------------

    さて、浪切ホール!
    3階席3列目!!!
    何か空席目立つな……と思ってたけど、時間が経つにつれどんどん人が入って来る!
    スタッフさんがサウンドチェック。
    「ギュワァァァ~ン♪」と鳴るギターに、会場が大きな拍手に包まれる!
    何じゃ、この勢いは!?
    19時を回れば3階席後方は総立ちで手拍子と雄叫び!
    それが会場中を包み込んで反響して共鳴して、もうどうしようもないくらい大音量!!!
    何じゃ、これ!? 楽しすぎるぞっ!!??
    湧き上がる高揚感にAreちゃんと笑い合ってたら……


    またジーパンのチャック※注開いてたーーーっっっ!!!


    ※注.『スキャンダラス★ナイト』のレポ参照。

    ------------------------------------

    恒例の兄さん登場。

    MC「人間の皆さん、こんばんは。 ~略~ 今日は約束の地・岸和田浪切ホールにクロマニヨンズがやって来ました! だんじり祭りにはまだ早いですが、我らがクロマニヨンズの春のウラウラ祭りを楽しんで下さい!」
    MC「ロックンロール!!!」
    客席「うぉぉおおおおおっっっ!!!」

    ロックンロール!
    うぉおおおお!!!
    が続き、今日も手ブラ、ノーブラノーパンで始まるぞっ!
    雄叫びがクロマニヨンズSEなのか本当の雄叫びか解らねぇっっっ!!!

    ------------------------------------

    ★セットリスト:

    01.クロマニヨン・ストンプ
    02.キラービー
    03.まーまーま
    04.グレート
    05.連結器よ永遠に
    06.やわらかい
    07.夢のロッケンロール・ドリーム

    08.草原の輝き
    09.渋滞
    (新曲)
    09.くじらなわ
    10.くま
    11.ワハハ
    (新曲)
    12.紙飛行機(新曲)
    13.エレキギター
    14.土星にやさしく
    15.歩くチブ
    16.あさくらさんしょ
    17.タリホー


    encore
    01.零戦
    (新曲)
    02.チンパンマン(新曲)
    03.弾丸ロック
    04.BATMAN


    ------------------------------------

    大股でグワシッグワシッとやって来るヒロト!
    マイクスタンドからマイクをもぎ取り、スタンドをスタッフへ放り渡す!!!
    そして吼えるっ!!!
    うわーっ、3階席からのクロマニヨンズ、もう両手の平に乗せれそうな大きさ!
    小せぇよ、小せぇよ?
    でも、両手に乗せて顔を近付けた瞬間、ビックリするくらいデカい音を出しよるんだわっ!

    と言う訳で……

    勝治のドラムが今日も大地を揺らすぞっ、クロマニヨン・ストーーーンプ!!!

    01.クロマニヨン・ストンプ
    02.キラービー
    03.まーまーま
    04.グレート
    05.連結器よ永遠に
    06.やわらかい


    もうどうしたんだ!?
    今日のヒロト、むっちゃ吼えるぞっ暴れてるぞっ!!!
    『キラービー』の「ブーンブーンブブーン♪」では垂直ジャンプでブーンブーンブブーン!
    「おまえのピンチをいつでも」とマーシーを指差す!!!
    吐き出す様に一緒に唄ってしまうよ、ウソツキみんな 大人になっちまう!

    さて、密かなお楽しみ。
    あそっこ~ぉぉお~♪ と『連結器よ永遠に』!
    本日のヒロト君、やっぱりマイクを股間にあててシコシコ。
    「おいでおいで」と怪しく手を蠢かしてから、マイクを舐め回す!
    もうこれには至る所から声が上がるよっ!?
    マイクを扱いて気持ち良さそうに首を仰け反らしてたと思えば……

    あらまっ!
     
    バックからピストンをしてますねぇ~、自分にも挿れようとしてますねぇ~。
    と言う訳で、ヒロトのパフォーマンスにどんだけ声が上がるねんっ!?
    もう笑うしかないわーっ、最高やーーーっっっ!!!

    『やわらかい』ではヒロトの「イェーッ! マーシー!!!」はなかったけど、ステージ前方まで出て来るマーシー!
    もうこの時のマーシーは、ただただ格好良いとしか!
    弾き終えた後はピックを客席に手渡ししてたかな?

    ------------------------------------

    ヒロト「みんな集まってくれてありがとう!」
    ヒロト「えーっと……。えーっと、最初に言っておきますが、これでもう半分は終わっています」
    ヒロト「最初に言っておきますが、我々は全曲やります。全曲どころか未発表の曲までやっちゃいます! その上で言っておきますが、最初に言った様にもう半分は終わっています!」

    盛り上がる客席を見渡して……

    ヒロト「春のウラウラ祭り……岸和田と言えば祭り……岸和田らしさが出とるなぁ。……ハッ、岸和田だんじりっぽくしようとしたな!?」
    ヒロト「こうやってると、みんなを見てると思うでしょ? 見てないよ。見たくもないし……覚えられないし……覚えたくもない」
    ヒロト「友達になんかなりたくないんだよ。どんな人とナリか素性も解らない人とは、友達になんてなれない。だって怖いじゃん、危ないよ。こっちがうかつに気を許しちゃったら、オレオレ詐欺に遭うかもしれない!」
    ヒロト「(ステージ前を差して)金網を置いておこうか? 等身大の!」
    ヒロト「俺は一体感なんて信じてねぇからなっ!」

    なんて言いつつも、その言い方はちょっと意地悪で、でも恥ずかしさ混じりの嬉しそうな声でして。
    照れ隠し、かな?
    ん? ちょっと違うかも???
    でもその言葉にハッとしつつも、言い方が言い方だから、ね?

    ヒロト「だけど、俺達が全力でやる事でみんなが楽しんでくれるなら、それでいい」


    ヒロト「何でこんなにゆっくり喋ってるかって? 次がスローナンバー、スローナンバーと言ってもそれ程スローじゃないけど。ちゃんと音楽してるし。踊ったりは出来ないかもしれないけど、唄いたい時には一緒に唄って、踊ってもいいし、(胸を叩きながら)ここで踊って下さい」

    ------------------------------------

    07.夢のロッケンロール・ドリーム

    あれだけブッ放した6曲の後のスローナンバー。
    やっぱりマーシーのギターが良くてさ。
    でもいつの間にかヒロトの唄う歌詞を追い掛けていて。
    最後の

    神様がつくったものは
    いつか壊れてしまうものばっかり

    って部分を口ずさんでいた。
    それに気付いて、「あっ」て思って。
    そう思っている間に、またマーシーのギターだけが鳴っていて。
    曲が終わるまで、ただただずーっと見てました。
    Areちゃんが「涙出て来た」って前を見たまま言ってて。
    気持ちね、一緒だったと思うよ。

    なのにヒロト、曲が終わったら可愛らしくお辞儀w
    例えるなら、“ふわふわのドレスの裾を持ったお姫様”みたいなお辞儀を2回してました~。
    もぉ~可愛いなぁ~。

    ------------------------------------

    ドラム台に行ったり来たり、のヒロト。
    スタッフさんに手をヒラヒラさせながら何かを話している。
    ステージのモニター音が、ちょっと聞こえにくかったのかな?

    ハープの音を確認。
    してたかと思えば、『メリーさんの羊』を吹き始めたり、パッパカパーパッパッパー パラパッパー♪ と行進曲を吹き始めたり、ギターと掛け合いをしたり。
    ヒロトのハープは何処か無邪気で懐かしい子供の音。

    ------------------------------------

    08.草原の輝き
    09.渋滞


    マーシーがヒロトの方を向いて、イントロを弾き始める。
    ヒロトは今にも「喰い付くぞ!」と犬みたいにギターを見てる。
    ……ん? 
    犬? 狼? どっちだ???
    何か野生の獣みたい。

    この2人の掛け合いね、ホンマに好き。
    席を乗り出すくらいの勢いで見ちゃったもん!
    もっともっと間近で見たい!!!
    じゃれ合い、と言うよりも、相手が差し出した美味しい物に飛び掛かろうとしてるみたい。
    上に乗ろうか、喰らい付こうか、飛び掛かろうか、でも引っ込められたぞ、みたいな。
    ゆらり、とヒロトがドラムへ向くと、マーシーが寄って来て、続いてコビーさんが寄って来る。
    これはホンマにライブ曲!
    あぁ、この4人がセッションをしてるのを見てみたいっ!!!
    ……でも、マーシーの「ベイべー!」の意味が未だに解らん。

    「1、2、3!」と勝治のカウントから、『渋滞』へ!
    「止まらない」「楽しいな」「退屈だ」の時の勝治の叩き方、むっちゃ好きーっ!
    渋滞! 渋滞! たーのーしーいーなー。
    この曲でのヒロト、ポーズが時々ミッキーマウスみーたーいーだーなー。

    ------------------------------------

    ヒロト「何か変? カタチ変???」
    とお客さんに聞いてるヒロト。
    そして、ピシッと背筋を伸ばして気を付け!

    ヒロト「隠し芸をやります。どれをやろうかな~……」
    客席「全部ー!」
    ヒロト「全部やっても直ぐに終わるよ?」
    と両腕を後ろで組んで、右足のつま先を立てて……
    ヒロト「ミッキーマウス」
    くるん、とそのまま後ろを向いて……
    ヒロト「ミニーマウス」
    ヒロト「よっこらしょ、と。どっこいせ」(←足を真っ直ぐに伸ばして座る)
    ヒロト「ミニーちゃん……あっ、間違えた!!! キティ…」
    客席「キティちゃん!」
    ヒロト「先に言うなよぉ~w」
    と、笑いながら引っ繰り返るヒロトw
    ヒロト「あっ、新しいのが出来た。加藤茶w」(←「ちょっとだけよ~」のポーズw)

    そして唐突に、
    ヒロト「……愛してるよ~!!!」
    もうこれには会場大歓声!!!
    ウチも愛してる~!!! 
    と、思う、よ。
    多分、だけど。

    ヒロト「ひっぱりすぎだって? 仕事で遅れて来る人もいるからひっぱってるんだよ」
    (↑焦らす=ひっぱる、なんて意味合いやったみたいです)
    わーいっ! 次、『くじらなわ』だーーーっっっ!!!
    と思いっ切り拳を上げるも、やっぱり「くぅぅふふふぅううううう~~~♪」と唄い出さないw
    ヒロト「全員集合したかー!? 行くぞ~……くぅーじぃーらー♪」

    ------------------------------------

    09.くじらなわ
    10.くま


    くじらはデッカいんだぞーっ!
    きりんは長いんだぞーっ!
    もうみんなでひっぱるぞー!
    今日も「き、り、ん」で腕をふりふり♪

    そして名物・本日のご当地なわは……
    ヒロト「何て? 三枝???」(←最前の子と話してます)
    ヒロト「テレビで見るのと何か違うんだけど。でもまぁ、信じるよ。本当にそうなのか知らないし、君の人生に波風立てちゃいけないし。桂三枝さんが来てくれましたー!」
    ヒロト「1つ飛ばして、アサコ?」
    ヒロト「隣……メガネ? ……w ハハハッ! 女の子で“メガネ”って、あまり付けられたくないあだ名だなぁw」
    ヒロト「素敵なゲストが3人来てくれました~!」
    ヒロト「メガネ、アサコ、三枝をひっぱるぞー!!!」

    くじらもきりんもみんなもメガネもアサコも三枝もひっぱるぞー!
    ウチはヒロトをひっぱりたい!!!
    そしたらマーシーもコビーさんも勝治も一緒にひっぱられてくるもんね。

    ------------------------------------

    ヒロト「何も喋らないよ。これだけ宣伝しておきます」
    客席「ヒロトー!!!」
    ヒロト「もう喋らないよ。次にやるのは3つある新曲の内、2曲を続けてやります。これからはドーンッと一気に盛り上がって行きます。ちゃんとついて来いよ? その中に新曲もある、って言いたかったんです」

    ------------------------------------

    11.ワハハ
    12.紙飛行機
    13.エレキギター
    14.土星にやさしく
    15.歩くチブ


    前はね、あんだけただ「楽しい!」と思えた『ワハハ』。
    今日はね、ちょっと違った。
    2回目だからかな? 歌詞がちょっとだけ聞き取れて。
    何かね、「悲しいかな?」って。
    さぁ、走ろう。
    でもその前に、今までをここまでを振り返ってみたら、鼻の奥がツーンと痛くなって、ジワリと目の奥が熱くなる。みたいな。
    ちょっとだけ、胸が締め付けられて、痛い。
    でももうそんなの全部、昨日までの話だよ。

    『紙飛行機』では「メロン色 若い空を~♪」の歌詞が飛んじゃったヒロト!
    何かを掴もうと手を伸ばすヒロトに、客席から唄が聞こえてくる!

    チブチブチブチブ歩くチブ~!!!
    この曲は全部晒け出して暴れるよ!
    勝治の「ダンダン・ダダダダン!」ってドラムに合わせて足を踏み鳴らすと、もうヤバイよ~!?
    テンポが速くなるにつれ、ヒロトの動きがピヨピヨしてくるの!
    ピヨピヨヒロト、“ピロト”って呼ぶぞ!
    ピヨピヨピロピロ甲本ピロトーーー!!!

    勝治さんのソロはやっぱりビックリ!
    3階席まで響くよ揺れるよ!!!
    本日もマーシーはステージ脇で鑑賞。
    クロマニヨンズ的力技ドラムから、典型的ロック!なドラムもあったり。
    ソロを終えて、「どうもッス!」と客席に会釈。
    マーシーにも会釈。
    マーシーも会釈。
    勝治「あ、どうもどうも」
    マーシー「いえいえ」
    勝治「いえいえ、どうもどうも」
    マーシー「いえ、どうもどうも」
    ↑こんな感じw
    そしてバスドラとスティックでリズム取り始めると、会場中が手を打ち鳴らし馬鹿デカい音が生まれ始める!!!
    その音に誘われる様に登場してくるヒロト、本日も被ってます。

    ------------------------------------

    ヒロト「我らが大阪の天才ドラマー、桐田勝治!」
    ヒロト「ベース!」
    客席「コビー!」
    ヒロト「そうっ、小林勝!」
    ヒロト「そしてギター! もう何回紹介したか解らない、マーシー!!!」
    マーシー「それから、歌と、楽しいおしゃべりの、甲本ヒロト君です」

    このね、2人の紹介の仕方、何か良かったなぁ。
    「もう何回紹介したか解らない」って、そうだろうよ。
    うん、そうだよ。
    そうだよなぁ。

    確かここで、マーシーとヒロトが客席に背中を向けて何やらおしゃべり。
    もうっっっこのね、2人の後ろ姿に胸がキュゥゥゥウウン!!!
    あのね、後ろ姿って、色んなものが見えてくるとウチは思うのね。
    立ってるだけで「この人はどんなのか?」って言うのが見えてくる後ろ姿って、良いなぁって思うのね。
    寄り添うようなマーシーとヒロトの後ろ姿はとってもやわらかで暖かそうで、そしてとっても楽しそうで。
    見てるこっちまで笑顔になるよ!
    つられる様に笑っちゃう。
    良いもの見ちゃった!

    ------------------------------------

    16.あさくらさんしょ
    17.タリホー


    「スルリ スルリ ぬける」の部分で、マーシーがちっこいジャンプ。
    何か嬉しい。
    マーシーキックが見れたのもこの辺り。

    本編終了後、マーシーが「またね~」。

    ------------------------------------

    アンコール前:

    今日も上半身裸の4人!
    ヒロトはステージ右端のお客さんの所に走って行って、ずーっと握手をしてました。
    するとマーシーが何やら即興で弾き始める。

    あっ、この曲好き。

    客席から手拍子が沸き起こり、引き寄せられる様にヒロトが踊りながらマイクの前へ。
    ヒロト「何のコーナーだ、これ?」
    と言いつつも、唄い始めるヒロト!
    わーわーわー、良いなぁ良いなぁ、これ!
    と思ってたら、曲が終わっちゃった。
    あー、もっと聴きたかったよ~;

    右腕をブーンブーンと振ってストレッチ(?)をしているマーシー。
    するとコビーさんも一緒にブーンブーンw
    2人でブーンブーンw
    トコトコとドラム前まで歩いて行くヒロト。
    まだブーンブーンしてる2人におかしくなったのか、噴き出しちゃうw
    マーシーの所までトコトコと歩いて行き……
    ヒロト「『俺、もう準備出来た』ってw?」
    大きく、うん、と頷くマーシーに、ヒロトもここに居るみんなも大爆笑!
    もう何なんだ、あんた等はっw

    ------------------------------------

    encore
    01.零戦
    02.チンパンマン
    03.弾丸ロック
    04.BATMAN


    零戦だー♪
    マーシーのギターは紙飛行機になったり零戦になったり、よく空を飛ぶねぇ。
    この曲でのヒロトの動き、何かロボットダンス×板尾の嫁チックで好きだ!
    「敬礼!」のポーズも好きだ~w

    『チンパンマン』では、プカプカハープを吹いて片足でクルクル回るヒロト!
    このヒロトの動きね、解る~!
    確かにこの音にはこの動きしたくなるもん!!!

    ------------------------------------

    ヒロト「今日は楽しくやれました! ありがとう!!!」
    そう言って、大きく手を振るヒロト。
    ステージ上を楽しそうに走り回り、最前の子達に握手を。
    マーシーもコビーさんも一緒に握手をして回り、勝治さんはそれを楽しそうに見ている。
    左端の子まで握手をした所でヒロトがバッと走り出し、また端から端まで1人1人握手して回る!
    そして握手をした後の手をギュッと胸に当てて、また握手をしてギュッと当てて……。
    あぁ、良いなぁ。
    もし自分が握手をしてさ、その手をそんなに嬉しそうな顔で胸にギュッと当てて貰えたなら。
    見てるだけでこんな気持ちになるんだもん。
    きっときっと、嬉しくて堪らないだろうなぁ……。

    マーシーはビニール袋(←貰ったのかな?)を持ってステージを去って行く。
    ヒロトは去り際にもみんなに大きく手を振ってたよ。

    ------------------------------------

    こんな感じで。

    「今日は楽しくやれました! ありがとう!!!」

    この言葉がどんだけ嬉しかったか!
    その言葉、そっくりそのまま返すよ。
    そう言えばライジングの時にも思ったや、「ありがとう!」と言うヒロトに「こっちこそありがとうだよ」って。

    03年から音楽にちょっと距離を置くようになってた様に思うの。
    そりゃ好きなバンドは他にもいっぱいいるよ?
    「格好良い!」「幸せ!」って思えるバンド、いるよ???
    でもね、「楽しい!」って思えるバンドはいなかったのかもしれない。
    クロマニヨンズはその「楽しい!」が言えるし思えるもん。
    CDの発売がこれまでに待ち遠しいバンド、ホンマに久し振りやもん。
    それだけで十分。

    帰り道にAreちゃんが「どうして楽しいって気持ちは続かないんだろう」って言ってた。
    だからずーっと考えながら帰って、そしたら帰り道の夜中のこんな時間に渋滞。
    「空が落ちたのかもね」なんて思いながら歩いて。
    沢山の砂糖にはひとつまみの塩で、そりゃシシトウも美味しく思える様になるよ。
    そうだ、そうだ、そう言う事だ。
    そう納得させたんだけど。

    朝目が覚めたら、まだ楽しい気持ちは残ってた。

    そう言う事だ!

    Comment

    Leave a Reply


    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。