スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    鎌鼬のオンスト。

    2007年06月08日(金) 16:00~18:00
    鎌鼬のオンスト

    (敬称略)

    『大阪LOVER』が好き。

    「手を上げろ!」
    「銀シャリだが!」
    「パンパンパンパーンッ、パンッ!!!」


    ※非常に長いです! 悪しからずご了承下さいませ……。

    ------------------------------------

    行~って来ました!
    念願の鎌鼬のオンスト~!!!
    番組開始後に到着したのですが、ブースの前は20人くらいの観覧者!
    ど、何処で見ようかしら……。

    ------------------------------------

    オープニング:

    7月6日の鎌鼬の冠番組の告知を。
    そしてその打ち上げで、北新地のキャバクラに連れて行って貰った鎌鼬のお二人。
    濱家「店のお姉さんが『チャンドンゴンゲンや~!』って言い出して。おまえ店のド真ん中で、『あなたが好きだから~!!!』って言うたやろ? ネタの安売りするなっ!」

    知名度(?)のある山内さんに対し、濱家君はお姉さんのこう言われたとな。
    濱家「お姉さんが俺に向かって、『何かお笑いをやってる方ですか?』って。殺したろか思うたわっ」
    ちなみにお姉さんとの話題が見付からない山内さんは、ショートコントを披露していたそうな。

    で、ここちょっと忘れちゃったけど、格闘技の話をしていたのかな?
    山内さんが「クロマティ参戦」とか言って、濱家君が大爆笑してはりました。
    山内「格闘技好きなんで」
    濱家「こいつまだそんなに喋った事がない時に、『新しい技見付けたんやけど試させて』って言って来て、こっちは四の字固めで (ここ忘れました;) みたいな」
    “ドラゴンルック”って言う技名らしいです;


    ここで、FAXテーマと丸秘フレーズの発表~。

    ・FAXテーマ「変わってしまった事」
    ・丸秘フレーズ (←失念;)


    丸秘フレーズを言ってくれた女の子2人組に向かって……
    濱家「高校生ですか? 『せーの!』って可愛らしい」
    山内「『せーの!』はいらんやん」
    濱家「『せーの!』はいるよ」
    山内・濱家「せーのっ!」
    山内「ありがとうございました~……」
    濱家「ありがとうございまし……」
    掛け声を付けても、全く息の合ってない2人;

    ------------------------------------

    オンスト夕刊チェック:「グリコ看板が衣替え」

    世界陸上開催に伴い、道頓堀のグリコの看板が陸上ユニフォームに衣替え、の記事を。

    濱家君は大阪出身なので、意外とグリコの看板を見た事がないと。
    山内さんは大学が奈良だったので、毎日アメ村に来ては服屋に行ってたそうな。
    そんな当時の山内さんの格好、ダボダボのTシャツ(←「ポンチョ」by.山内)にスケボー。
    ……どうよ、それは;

    濱家君が「通天閣を見たのは22歳、グリコの看板を見たのは18、19歳の頃」と言うと……
    山内「軟禁されてたん、上新庄に?」
    濱家「はっ?」
    山内「上新庄から出たら爆破するとか」
    濱家「(意味が)解らへん」
    山内「ごめんなさい」
    何でしょうか、山内さんのこの素直さは!?

    濱家「通天閣スゲェー! スゲェーけど下汚なっ!!!」
    通天閣に対し、「東京タワーやっぱ綺麗ね」と濱家君。
    濱家「彼女とデートに東京タワーとか」
    山内「デートで東京タワーって」
    濱家「あっ、これ言うてええんかな?」
    濱家「大阪フェスティバルゲート、クソみたいな所でしたw」
    山内「それは言ったら駄目でしょ」
    濱家「本屋とかのがおもろいで、本屋の方がおもろい」

    ちなみに山内さんが初めてフェスティバルゲートに行った時、沢山の人が階段でゆっくりもがいたと;
    どうやら「地獄から這い戻って来る」と言うパフォーマンスやったらしいが、何せ初めて行った時がそんな感じやったのでビックリしたらしい。
    濱家「そう言うのもあって潰れたんちゃう?」
    山内「毎日やってる訳じゃない」

    フェスティバルゲートは兎も角、スパワールドは楽しい! と濱家君。
    「ボーリングあるしゲームあるしプリクラあるし!」と嬉しそうに話し始める。
    山内「プリクラいらんやん」
    濱家「楽しいやんっ、プリクラ!」
    山内「楽しいか?」
    濱家「撮るよっ、プリクラ! トキと撮ったプリクラ20枚あるもん。彼女と撮るのも好きやった」
    濱家「みんなで撮って『落書きどこでするん?』、『こっちこっち、外にあるね~ん!』ってw」
    非常にプリクラに詳しい濱家君。
    プリクラ談義は続き……
    山内「base前のプリクラしたらええやん。鎌鼬のフレームで」
    濱家「何でそこでせなアカンねん!? 完全なる収入源やん」

    ゲームも好き、と言う話からかな?
    GAG少年楽団・宮戸さんに借りたニンテンドーDSの『マリオカート』を6時間もやり続けた濱家君。
    宮戸さんはずーっと濱家君の横で、それを見ていたそうな。
    濱家「宮戸が『濱家さん、もうそろそろ帰りたいんですけど……』、『えっ、もう6時間!?』って」

    さて、色んな方向に話は逸れて……
    濱家「何の話やったっけ?」
    山内「元々はグリコです」

    ------------------------------------

    曲間:

    用意されたコーヒー(?)を飲んでる山内さん。
    濱家君は一旦ブースを出てから、アクエリアスをゴクゴク飲みながら戻って来る。

    --------------------------------

    コーナー:「エピソードゥ!?」

    非常~に! 濱家君のテンション高いタイトルコールから始まったこのコーナー。

    ★ルール:
    テーマをくじ引きで決める。
    “本当”、“嘘”と書かれたカードを2人で引く。
    “本当”のカードを引いた人は、テーマに沿った“本当のエピソード”を。
    “嘘”のカードを引いた人は、テーマに沿った“嘘のエピソード”を発表。
    内容が面白かった人が勝利!

    ・テーマ→恋愛の話
    ・本当のカード→濱家
    ・嘘のカード→山内


    ちなみに前回、山内さんのエピソードが滑った(?)らしく……
    山内「天竺の川原さんから駄目出しを受けました。『誰がおまえに注目するねん!』って」


    ◆濱家の“本当の恋愛の話”

    高校生の時付き合ってた彼女に「ペアリングをしたい」と言われ、ロフトに買いに行った濱家君。
    が、自分のリングをなくしてしまったと。
    彼女は「最悪や……」と落ち込んでしまったそうな。
    濱家「体育祭の日に会わせてペアリングを買いに行って。衣装に彼女の名前を書いて、『指輪もあげるし名前も書いてあげるから、心配ないよ』って」
    ここまでとーっても良い話だったのですが……
    濱家「前、彼女の写真見たら、ロナウジーニョに似てたw」
    恋は盲目です。


    ◆山内の“嘘の恋愛の話”

    タケダリサさんとリア・ディゾンと付き合ってた山内さん。
    山内「リアかリサか、みたいな時期があって」
    まぁ色々ありつつも、リアと別れた。
    が、ある日テレビを見るとリア・ディゾンが映ってる。
    名前は一緒だが、「俺の知ってるリアではない……」と思ってたと。
    そして……
    山内「(リアと撮ったプリクラを見たら)プリクラはロナウジーニョでした」
    ここで山内さんを蹴飛ばす濱家君;
    山内「メッシー(?)でした」
    濱家「今の話聞いてて、ゲェ吐きそう」
    ↑ウンザリなご様子です。
    山内「もし良かったら川原さんFAX送ってきて下さい」

    結果は濱家の勝ち!

    山内「ネドベドでした」

    ------------------------------------

    FAXトーク: テーマ「変わってしまった事」

    ★FAX内容「久し振りに会った友達が変わってしまっていた。鎌鼬のお二人が変わってしまった事は何ですか?」

    山内さんは高校2年生の時にファッションセンスが変わった。
    それまではお母さんが買ってきてくれたマジックテープの靴や、Tシャツを着ていたそうな;
    それ故に好きだった子に告白しようとするも、告白する前に「気持ち悪い……」と言われてしまったと;;;
    山内「『GET ON!』を読んだりする様になって……」
    濱家「『GET ON!』w 発音チョビチョビおかしいなw?」

    濱家「NSC出て、キタイ花ん出た辺りから(自分は)20倍面白なった」
    そんな濱家君、当時やってたネタはアンパンマンのネタ;
    1人ノリツッコミもしていたそうで……。(←山内さん談)
    鎌鼬を結成する前のコンビは、ストロベリーバズーカー、六角レンチ、ギャンブラーウルフ、リバヒ(←やったかな?)。
    リバヒ以外はボケを担当していた濱家君!
    ちなみに山内さんはインド人のハーフの人と、いなり寿司、と言うコンビを組んでいた。
    思いっ切り他の芸人さんのパクっていて、先生に「辞めちまぇぇぇええっっっ!!!!!」と怒られたと;

    またファッション話に戻り……
    昔、濱家君とトキ君と同じ服を着てた、と山内さん。
    濱家「あれ俺が買うたったんや。武装戦線」
    当時結構お金を持ってたので買ってあげたら、トキ君はめーっちゃ喜んだそうな。
    で、こっから濱家君の太っ腹話に。
    山内「同期15人くらいでカラオケのオールして、結構な金額になるから『高いやろうなぁ』思ってお会計に行ったら、『もうお代金は頂戴しています』って。振り返ったら濱家がニッコリしてるんですよ」
    濱家「それ、先週も言ったなぁ」
    山内「僕が言うたんですか?」
    濱家「おまえやっ!」
    山内「ドッペルゲンガーやわ」
    山内「(FAX投稿者に)えー、ストラップをあげます」
    濱家「携帯クリーナー」
    山内「あ、携帯クリーナーをあげます」
    濱家「今週6回目ですよ。なかなか覚えてくれないですね、山ちゃんは」


    ★FAX内容「最初は可愛かったポメラニアンが、今では大きくなりすぎ鳴き声まで恐ろしい。お二人は何の動物が好きですか?」

    濱家「鳴き声変わるんやw オォゥッオォゥッハッハッ!」(←犬の鳴き真似)
    「太ってる人の声が籠もってるのは骨格の所為ですか?」と山内さん。
    山内「あ、声帯が押さえられてるから?」(←スタッフさんに聞いてる)
    濱家君「これで喋って」(←と、山内さんの喉に手を当てる)
    山内「$∞♯£√~」(←高い声w)
    濱家「何で高いねん!?」
    濱家「声似てる言われる?」
    山内「ミスチルの桜井さん」
    濱家「ミスチルの桜井ぃ?」
    で、ミスチルを唄う山内さん。やっぱり高い声で;
    山内「写真写真……シャバーン!!!」
    スンマセン、このタイミングの「シャバーン!」はおもろすぎました!
    でも濱家君はウンザリなご様子;
    山内「シャバーンを言うと濱家のテンションが下がる法則が解りました」

    ------------------------------------

    コーナー:「曜日対抗オンストバトル」

    ★ルール:
    歌詞の全てを元カノの名前で唄おう!
    制限時間内にいくつタイトルを答えれるかを曜日別に競います。
    唄うのは山内さん、答えるのは濱家君。

    えー……山内さん、全て「リサリサ♪」と唄っております……。

    曲は、『乾杯』、『愛しのエリー』、『LOVEマシーン』、『ヤングマン』、『ルパンⅢ世』やったかな?
    全~く関係ございませんが、「愛しのエリー!」と言われ、「まぁっ」となるワシ。
    ちなみに濱家君、『LOVEマシーン』のタイトルが出てこなくて、体を揺らせて踊ってましたw

    回答出来たのは3つ。
    6つ答えれたプラマイが今週の勝者で終わりました~!

    濱家「これさ、めっちゃ恥ずかしくない?」
    と山内さんに聞く濱家君。

    ------------------------------------

    曲間:

    ブースから一旦出た山内さんが戻って来ると、「なんやコラァ!?」とヤン顔で威嚇する濱家君。
    が、山内さんは気にも留めず着席。

    そしてここで濱家君が観覧者に向かって、「ジャンケンに勝ったらポラロイドをあげます」「いる?」「あいこはまけ」と書かれたスケッチブックを見せる。
    そんな感じで、濱家君とみんなでジャンケン大会~!!!
    勝ち残った人はブース内で鎌鼬とポラ撮影+ポラにサインして貰えます!

    ……ありがとう、ジャンケンの神様……。

    ------------------------------------

    コーナー:「私の街の有名人」

    元サッカー選手のペレのお話を。
    ペレは自動車強盗に遭うも、強盗に「ペレだが」と告げると強盗は「すみません」と何も盗らずに逃げ去ったそうな!

    ここで再現してみる2人。
    山内「ペレだよ」
    濱家「シャシャシャシャシャシャー!」(←逃げる音?)
    「ペレくらいまで行くと、こうなんやなぁ~」と感心する2人。
    山内「カズとか」
    濱家「カズ!? パーンッ!やでw」

    山内「手をあげろ!」
    濱家「舞の海だが!」
    山内「パーンッ!」
    「舞の海は小さすぎる」と山内さん;
    山内「手を上げろ!」
    濱家「宮戸だが!」(←おいっw)
    山内「パンパンパンパーンッ!!!」
    山内「聞いて?」
    濱家「手を上げろ!」
    山内「銀シャリだが!」(←だからっw)
    濱家「パンパンパンパーンッ、パンッ!!!」


    で、こっからやったかな? 学校の先生の話へ。
    濱家「高校の時野球部やってて、高3の時キャプテンやってん俺。抽選会に金髪でチェーン付けて腰パンで行って『怒られるかな?』思ってたら、先生もネルシャツで金のジャラジャラ付けて来てw」
    山内さんの学校にはムー(←雑誌です)好きの先生がいた。
    濱家「ムー?」
    山内「ムー知らん? 『ネッシーはいた!』とか書いてる雑誌」
    その先生はムーをコピーしたヤツを生徒に配り、授業をしていたと。
    山内「アウトの先生やな」
    濱家「ドアウトの先生」
    先生は知り合いの霊能者に見て貰うと「お腹の中に船がいる」と言われたそうで。
    山内「それが保護者に伝わって、謹慎になりました」

    濱家「俺もギリギリ停学になりそうな話があって。先生カッターシャツ着てるやん? で、物理の先生のランニングをマジックでなぞるって言う」
    で、ここで濱家君が何か言おうとした所に被って入っちゃった山内さん。
    山内「ボケても良いよ?」
    でも、何だかおかしな空気になっちゃった2人。
    濱家「おい、殺すぞおまえ!?」
    山内「コンビで追い込んで行くんは止めよ」
    濱家「ブス!!!」
    山内「男にブスって! ブ男ならまだしも」


    ここで曲紹介へ。
    濱家「ええ曲ですよ。僕の好きな曲です。DREAMS COME TRUEで『大阪LOVER』」

    ------------------------------------

    曲間:

    観覧者に向かって、「ええやろこの曲~?」とジェスチャーで言ってる濱家君!
    音声こそ入ってませんが、マイクに向かってずーっと歌詞を口ずさんでました~。
    かなりお気に入りの曲みたいです。

    ------------------------------------

    FAXトーク: テーマ「変わってしまった事」

    濱家「ええ歌やな、『大阪LOVER』な」
    そんなお気に入りの『大阪LOVER』を、誰かがカラオケで唄ってたらしい。
    濱家「ブチ殺してやりましたけどね」
    濱家君ファンの方はブチ殺されない様にカラオケで唄いましょう。


    ★FAX内容……失念;

    ↑「金銭感覚」についての内容だったのかな?
    濱家「コンビニのオニギリで明太子食べたくても、ツナマヨが安かったらそっち買っちゃう。140円とかやねんけどな~」
    山内「僕は1人暮らしでも、ケチとかじゃない。トイレットペーパーも安い所じゃなくコンビニに買いに行く」
    濱家「後輩に『奢って下さい!』言われたらお金なくてもやってまうねん。見栄張りやねんなぁ、俺」
    で、ここでチビTが流行った時の話へ。
    山内「引くくらいのピチピチ着てたんですよ。小さいからヘソも見えるくらいの」
    濱家「おまえがヘソ出しとったらアカンッ!」


    ★FAX内容「急に思い立って行動してしまいますか?」

    濱家「ビタSの兄貴、兄貴と名古屋行った。味噌カツ食って直帰」
    高速で5時間掛けて行ったが、帰りは下の道を使ったと。
    そしたら帰りは2時間で帰って来れたそうな;
    山内「島根におった頃、自転車で遠出したなぁ」
    で、ここで山内さんはボケてたらしいが、濱家君は気付かず……
    山内「俺がボケたら拾えっ!」


    ★FAX内容「移動中は何してますか?」

    本を読んでる濱家君。
    『東京タワー』を読んだそうだが……
    濱家「泣いた、ボロボロ泣いたよっ! 星新一も読む。ショートショートの」
    意外な一面ですけど、そこを山内さんにツッコまれ……
    濱家「読む人によってイメージが違う、自分だけの想像なるから小説が好き。例えば“物を取りました”でも、右手で取ったか左手で取ったか想像するやん?」
    山内「その割にはボキャブラリー少な」

    本をよく読むと言えば、天竺鼠・川原さん!
    エドワード・ゴーリーを読むらしいが、愛読書は『いとしこいし漫才の世界』;
    山内「『マザーグース』とか、シュールなヤツ読んでそう」
    濱家「『マザーグース』?」
    山内「『マザーグース』知らん?」
    濱家「知らんなぁ」
    山内「アメリカの本でシュールな話ばっかの……」
    濱家「あっ、『MONSTER』の中に出てきたヤツ!?」
    ここで「漫画も好きやん」と振られ、「そうやな」と濱家君。
    寝る時も漫画を読まないと寝れないそうで。
    濱家「前に家にある漫画の数数えたら、2000冊あった」
    どんなにお腹が痛くても、トイレの中にまで持ち込むらしい。
    山内「前に濱君、『お金貸して』言うから貸したら、コンビニで『こち亀』買ってたやないですか」
    山内さんは移動中はDSをやってるらしいです。

    ------------------------------------

    コーナー:「baseよしもとインフォメーション」

    ゲストはモンスターエンジン・大林さん!
    「直ぐにモンスターエンジンで(パーソナリティーを)奪い返す!」と大胆に宣言!!!
    で、ここで荒牧さんの話題が出て……
    大林「友達の女の子からも、『○○に荒牧さんいたよ』って情報入って来るねんっ!」
    荒牧さん、芸人を辞めてからの方が目撃情報が増える;
    十字路の前にいたりするらしい;;;
    濱家「夜中マクドの前をフワッと通る。自転車に乗ってるのに、漕いでないみたいな感じでw」
    山内「それ浮いてるじゃないですか」
    芸人辞めても笑いを取ってる荒牧さん、流石だーーーっっっ!!!
    ホンマね、この話に笑いながら何かホッとしました。

    で、ここでだったかな?
    濱家君と大林さんが「どっちが腕相撲が強いか!?」を言い合ってました。
    濱家君曰く「俺がbase一強い!」との事ですが、真実は如何に?

    ------------------------------------

    曲間:

    まだ居座り続ける大林さんに、「あっ、どーぞどーぞ出て行って下さい」的にジェスチャーしている濱家君w

    ------------------------------------

    エンディング:

    大林さんと一緒にエンディング。
    喋り続ける大林さんに向かって濱家君が、「巻いて巻いて~w」と指をクルクルしてる。
    大林「巻いて巻いてみたいに何やねん!? まだ時間十分あるわっ!」
    濱家「でもバーヤン……w」
    大林「ハァッ!? おまえ何期やねん?」
    濱家「……2期w」
    大林「大先輩ですやんっ」

    そしてエンディング。
    挨拶をする大林さんに被って入る山内さんと濱家君w
    終了後は濱家君は大きく手を振りながら、山内さんは会釈をしながらブースから出て行きました~!

    ------------------------------------

    こんな感じの初鎌鼬のオンストでした~。
    あ゛~っ何が嬉しいって、またこうやってオンストを見に来れる事!
    またこうやってどんどん好きになって行くんでしょうなぁ。
    毎週は行けないですが、またちょこちょこ足を運びます。

    「銀シャリだが!」「パンパンパーン!」のやり取りがお気に入り。
    そして濱家君は、しっかりしてるのか大人なのか。
    それともヤンキーなのか子供なのか。
    う~ん、解らんっ!!!
    今後のオンストを見て判明させていきま~す!


    唄う大阪LOVER。 
    まだ唄ってる大阪LOVER。 
    新旧パーソナリティー。

    Comment

    Leave a Reply


    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。