天竺鼠1Hソロライブ 『帰ってきた天竺鼠 in base よしもと』。(後編)

    2007年09月12日(水) 18:00/18:30
    天竺鼠1Hソロライブ
    『帰ってきた天竺鼠 in base よしもと』

    (敬称略)

    CIMG2404.jpg


    ※長さの関係で前編と後編に分けます。
    ※カメラが入ってたので、FandangoでOA有り!
    ※ネタバレ有り! ご了承の上お読み下さいませ……。


    ------------------------------------

    コント:『尾崎豊かくれんぼ』

    ↑尾崎豊ーっ!!! もうタイトルだけで期待が膨らむのですが!

    瀬下「落書きの教科書と外ばかり見てる俺~♪」
    川原「やりばのない気持の扉破りたい~」
    瀬下「しゃがんでかたまり 背を向けながら~♪」(←じゃんけんをしてるw)
    川原「心のひとつも解りあえない大人達をにらむ~♪」(←じゃんけんに負けるw)
    川原「そして仲間達は今夜家出の計画を立てる~ もういいか~い♪」
    瀬下「盗んだバイクで~ もういいよ~♪」

    とまぁこんな感じで。
    コント『尾崎豊』に出て来る“日本一尾崎豊が上手い男"の2人が、かくれんぼをしておりますw
    教室の中でひたすらかくれんぼをしておりますw

    ロッカーの陰に隠れ。
    「暗い帳の中へ~♪」とロッカーの中へ入り。
    「15の夜~♪」と見付かり。
    机の下に潜り込み頭をぶつけ。
    とても良い声で唄いながら。
    盗んだバイクでもういいよ~♪

    川原「誰にも~ ぶーつけた~!」(←ロッカーの扉で額を強打w)
    川原「15の夜~ 腫~れている~♪ 15の夜~ ぶーつけた~♪」(←泣いているw)


    2人の白Tシャツの襟首がポイントー!!!
    川原さんがVネックで、瀬下さんが丸首なんですよ! ちゃんと前回のコント内容を踏まえてるっ!
    そして微妙に歌詞の内容と行動が一致してたり。
    これ、隠れているのを見付かる瞬間の表情が好きだなぁ。
    そしてラストの2人も何かむーっさ微笑ましくて好きだ~。

    ------------------------------------

    VTR:『落書きが好きな川原に落書きの意味を説明して貰いました』

    落書きが好きな川原、
    しかしほとんどが意味不明なので本人に直接説明してもらいました。



    ◆象と鳥と女の子の口から何かが出ている。

    瀬下「みんな口から何か出てますけど」
    川原「これゲロです。もらいゲロ。もらいゲロって面白いでしょ?」
    川原「こうみんなで呑んでて1人がゲロゲロゲローってなったら、2人目もゲロゲロゲロー、3人目もゲロゲロゲロー、まわりもゲロゲロゲローって」
    川原「僕は自然の摂理で面白いと思う」


    ◆組み体操をしている2人の隣りに座ってる人。その3人を下から支えてる人。

    瀬下「これはバツをされている……」
    川原「頑張ってるのをバツにしよう。頑張っているのに大きくバツをしたかった」
    瀬下「右端の(座っている)奴は頑張ってない……?」
    川原「パッと見た目解らないけど、精神的には1番頑張ってる。家族かなぁ、彼女か解らんけど、何かあったと思う」
    川原「精神と体で見れば1番頑張ってる」


    ◆2回目の単独の舞台パネル。首だけの人が横たわっている4コマ漫画、3コマ目で「バルン!!!」と叫んでいる。

    瀬下「いや、これ全く解らないんですけど」
    川原「これ3コマ目がポイントですよ。クソ場の……」
    瀬下「火事場の……」
    川原「あっ、火事場のクソ力。死んでもうてるんやけど、自然の摂理でもう一言言えるぞ、と」
    瀬下「……っwww」
    川原「こいつは『バルン!!!』って言いたくて言ったんじゃない。でも自然の摂理でまだ何か言えるぞ、と出て来たのが『バルン!!!』やったと」
    瀬下「……」
    川原「……クソ場の馬鹿力」


    完。

    ------------------------------------

    ショートコント:『ショートコント100連発』

    パイプ椅子を並べる2人。
    川原さんは椅子の位置が気に入らないのか、何度も位置を正している。

    瀬下「たちつて天竺鼠の、さしすせショートコント」
    川原「まみむめモッフンニョ!」

    と、速攻で椅子を端に退ける2人w

    ・計画が台無し
    ・計画が台無しPart.2
    ・計画が台無しPart.3

    瀬下「ブリッジブリッジブリッジ~」

    瀬下「続きまして……」
    とここで瀬下さん、カンペ代わりに手首に書いていたコントタイトルを読めないと言うハプニングが!
    横から川原さんが見てあげてました~。

    ・変な空気になっちゃった(面接編)
    ・250発目が痛い男

    瀬下「ブリッジブリッジブリッジ~」

    ・ひったくりvsぼったくり
    ・ひったくりvs競歩の選手
    ・右上投げ投手vs右上投げサブマリン投手
    ・ジャムの蓋

    瀬下「たちつて天竺鼠のー、さ……」
    川原「どーもありがとうございました~!」


    だから言わせてーっ!
    『ジャムの蓋』の瀬下さんがドギツイーッ!!!
    ↓簡単にネタの一部を書くとこんな感じ。

    瀬下「んーっ!」
    川原「どうした?」
    瀬下「ジャムの蓋が開かなぁいっ!」
    川原「可愛いな」

    ジャムの蓋が開けれない女性役なんですけど……


    ドギツイーッ!!!


    いや、でもそんな瀬下さんが好きですけどねっ!!!

    ------------------------------------

    VTR:『野菜ダービー』

    川原「これはどう言う事かと言うと、野菜の中で1番誰が速いかと言うのを」
    川原「みんなモヤモヤしてる思うんですよ、誰が足速いのかと」

    と言う事で、坂の上から15種類の野菜を転がして、どの野菜が1番速くゴールするか決めよう!
    そんな感じで、スタート地点に並ぶ……もとい並べられた野菜達。

    瀬下「さぁ、早速準備が出来ました……おまえ何してるねんっ!?」


    ……野菜達の中に、何故かナスビ兄さんも混じっております……。


    瀬下「ナスビ代表として走るんですか? ナスビいるやないですか」
    川原「おぉ、おぉー……ってこれ米ナスやないかっ!」(←と払い退けるw)


    ルール:
    25mの坂道を下って、白線を越えたらゴール!
    エントリーした野菜達は以下の15種類(人?)!!!
    レタス、プチにんにく、パプリカ、にんじん、ブロッコリー、キャベツ、トマト、ズッキーニ、米ナス、トレビス、冬瓜、ピーマン、レタス、大根、ナスビくん。


    瀬下「いきますよ、よーいスタート!」

    勢い良く走り出す……もとい転がる野菜達!
    ナスビくんも転がってます!!!
    ゴロゴロ転がってますっ!!!!!
    しかしレース序盤、キャベツがリードしています!
    瀬下さんが一生懸命追い掛けています!

    ゴロゴロ転がり転がり転がり……

    1位、トマト!
    2位、プチにんにく!
    3位、ナスビくん!

    レース終了、そして総評へ。

    瀬下「キャベツも奮闘したんですけどね」
    川原「溝にハマって。溝がネック」(←溝にキャベツがハマってます)
    瀬下「ギャラリーの皆さんも帰って行きますよ」
    川原「いや~、スタート地点でズッキーニが押して来よって。ハプニングがあって姿が見え隠れになって……」
    そう語るナスビくんのサンブラス、片方が外れて素顔の半分が露わになっていますw
    瀬下「天候もね、関係あったのではないでしょうか?」
    川原「僕も溝にハマってね。仲間達が溝で死んでますけど。溝にハマって大パニックに……」
    とナスビくんの指差す方向には、溝にハマって動かなくなった野菜達が;

    ------------------------------------

    漫才:タイトル無し

    瀬下「はいどーも、天竺鼠です。お願いしまーす」
    瀬下「何処におるねん? 早よ来いや」
    川原「お願いしま~す」
    川原さん、マイクの前ではなく舞台後方で挨拶をw
    瀬下さんが前に連れて来ようとすると逃げる川原さん!
    やっとマイクの前に来たかと思えば、マイクの高さを下げちゃったりw

    瀬下「お客さんもいっぱいで」
    川原「嘘付けっ!」(←※注.お客さんはいっぱいです)
    瀬下「チケットも完売で」
    川原「嘘付けっ!」(←※注.完売しております)
    瀬下「カメラも入って」
    川原「嘘付けっ!」(←※注.カメラも入っています)
    川原「あれ忘れてるよ、T! E ! N! ……あっ、Nはないんか。J! I!」
    と、いきなりアルファベット人文字で“TENJIKUNEZUMI"とやり出すw
    瀬下「長いわっ! スペルおかしいわっ!!!」
    それ以前に過去に1度もした事がないと思われます!

    「色んな仕事がある。僕等の知らない仕事がある」と川原さん。
    「野菜の検品を想像してる」との事で、「準備して来るから繋いどいて」と瀬下さんに告げ引っ込んで行く。
    瀬下「……ねぇ? T! E! N……Nはないんかw ……J!」
    と瀬下さんが繋いでいると戻って来た川原さん、市場の人の格好をしております;
    ホンマに市場の人が来たんじゃないか?ってなくらい似合っております;;;

    そんな感じで!

    川原さん→市場の人、瀬下さん→新人バイト生で野菜の検品をやってみよう!
    「これ書いて!」と瀬下さんに紙とペンを手渡し、野菜を転がす川原さん。
    瀬下さんは寝転がってその野菜を見ております。

    川原「1つ目どう!?」
    瀬下「良さそう!」
    川原「“良さそう”と書いといて!」
    川原「どう?」
    瀬下「良かった」
    川原「市場で出すんやぞ! “良かった”と書いとけ。“本当に良かった”と書いとけっ」

    と、ここでいきなり給料の話に。
    給料は時給ではなく分給。
    なので、一先ず2分間分の支払いを。

    また野菜を転がす川原さん。
    川原「これどうや?」
    瀬下「2つ目悪そう」
    川原「“悪そう”と書いとけ」
    瀬下「あの(葉っぱの)広がり具合から見たら悪そうです」
    川原「“本当に悪そう”と書いとけっ」

    川原「……と、こう言う仕事があると思うねん」
    瀬下「あるかっ! 何やねん、この仕事!? 俺着替えて来るから繋いどけっ!」

    そう言って舞台袖へ消えて行く瀬下さん。
    1人残された川原さんは……!


    野菜ーーーっっっ!!! 
    やっとネタに“3人目の相方・野菜”が出て来たーっ!!!!!
    もう何でしょうなぁ、この検品中の様子がホンッッッマに好き。

    ------------------------------------

    コント:『電信柱くん 思わぬ出来事』

    舞台には電信柱・瀬下さん。

    瀬下「うわーっ、また犬とか来るんちゃうか?」
    瀬下「嫌やぁー……さっき変なん来たからなー」
    するとそこへマイクを手にした川原さんがやって来る。
    川原「はーい、エンディングでーす」
    瀬下「えっ、マジでーっ!!?? コントやる言うてたからっ」
    川原「ないです」
    瀬下「裏でスタッフもやる言うて、俺準備したのにっ!」
    川原「スタッフが裏でニヤニヤしています」

    と言う事で、コントと見せ掛けて実はエンディングw
    ドッキリをされちゃった瀬下さん、ホンマに『思わぬ出来事』ですw

    さて、エンディングトークへ……とその前に!
    事前アンケートの『野菜ダービー』的中者2名に、天竺鼠のプリクラをプレゼント~!!!
    こ、これは羨ましいっ……!
    が、的中者該当なしの為、1位のトマトを当てた人の中から抽選でプレゼントする事に。

    瀬下「さっき(ライブが)始まる前にプリクラ撮って来て。ちゃんとハートとかも描いてな」
    川原「こん時一言も喋らなかった、2人とも」
    瀬下「これは奇跡のプリクラと言っても過言ではない」
    川原「過言です」
    まずは1人目に瀬下さんからプレゼント~!
    そして2人目の発表だったのですが……
    瀬下「○○さーん!」
    川原「○○さん、いませんか?」
    瀬下「○○さん、いませんかー!? ○○さーん!」
    名乗り出て来ない当選者を呼び掛け続けるも、「(俺等が)○○さんを苛めてるみたい……w」と噴き出す川原さんw

    2人目の方はどうやら帰ってしまったらしく、もう1度抽選へ。
    そして3人目の方は会場にいたので、川原さんが手渡しに行くも……
    瀬下「おいおいっ、何処まで行くねん!?」
    3人目の方を素通りして、客席後方まで歩いて行く川原さん;
    そして舞台まで戻って来て……
    川原「カップルがいたんですけど、清楚な女の人が『痛っ!』ってw」
    瀬下「清楚な人でも、そら足踏まれたら『痛っ!』言うよっw」
    戻って来る最中にお客さんの足を踏んでしまった様ですw

    そして改めてエンディングトークへ。

    川原「ネタもダラダラ、エンディングもダラダラですけど」
    川原「マネージャさんから『単独の日にカメラ入るんでスミマセン』って謝られて。『いいよいいよ』って言ったら、『キ○ガイな事を出来ません』と言われました」
    川原「また好きな事をさせて頂きましたけど。でも単独は毎回好き勝手させて貰ってるから、今後ガンガンライブや賞レースで使えるネタが残らない。単独だけのネタになってしまう」
    瀬下「今日テレビで流せるネタあったんかな?」
    川原「ちなみに今日遠くから来たと言う人?」
    瀬下「もう終わりやでっ!」
    川原「誰を見に来ましたw?」
    瀬下「天竺鼠やっ!!!」

    川原さんね、しきりに「楽しい楽しい」と言い続けてました。

    瀬下「以上、『帰ってきた天竺鼠 in base よしもと』でした」
    瀬下・川原「どうもありがとうございました~!」

    深々とお辞儀をする川原さん。
    しかし電信柱の被り物をした瀬下さんはお辞儀が出来ずw
    何とか頑張ってみるも無理だったので、下を向きながらバイバイと手を振ってくれました~。

    『帰ってきた天竺鼠 in base よしもと』、20時半頃に終演!

    ------------------------------------

    もう何から書いて良いのやら。
    1回目、2回目と見てるならより面白い要素やら。
    そして判明した過去の単独の舞台パネルの意味やら。
    もうそんな所が大好き! やっぱり目が離せない!!!
    と思うと同時に、やっぱり「1回目のあの興奮を!」ってのを思わずにはいられない。
    もう何なんだ、この葛藤はーっ!?
    でも、天竺鼠が好きーっ!!!

    「今後ガンガンライブや賞レースで使えるネタが残らない。単独だけのネタになってしまう」
    と言ってた川原さん。
    でも、そこがまた好きなのね。
    単独だけのネタ、ってのをナンボでも作って欲しいです、ホンマに。
    1回限りってのは惜しい事なんやろうけど、それがまた今後の楽しみや期待になるんやもん。

    後、天竺鼠のVTRがすっごく好きで。
    ライブ後に思ったんですけど、「自分、川原さんの作る映像作品が見たい」って。
    今回の落書きのVTR、ラストの漫才、そして前回、前々回のVTR。
    それらを思い出すと、ホンマに川原さんに映像作品をやって欲しいなぁ~って思う。
    特にラストの漫才の検品中のあの感じ。
    あれが物凄く好きだから、どうにか作品に出来ないかなぁ?って。
    落書きも本にして欲しいなぁ。
    キタイ花ん時代に売られていた川原さんのイラスト、これを持ってる方がホンマに羨ましいです。

    長々と書いちゃったけど。
    天竺鼠の単独の後って、「あぁ~面白かった!」だけで終わらない。
    「今回のアレが!」「でも1回目の時のが!」「次はどうなるのか!?」「早く次の単独を……!」
    ↑これがあるから、もっともっとを要求せずにはいられまへん、天竺鼠にはっ!
    あぁ~、早く4回目が見たいっ!!!
    めっちゃ楽しみにしてますよ、川原さん、瀬下さん!!!

    では最後に……。
    今回お会いした竹内さん、真知さん、peaちゃん、赤羽ちゃん、よしかさん、そしてお友達の皆様。
    ホンマにありがとうございました。また次も宜しくです~!
    後、この日は天竺鼠が引き合わせてくれたとしか思えない出来事がありまして。
    「もうホンマに天竺鼠に感謝!」ってな1日でした。

    更に最後に。
    天竺鼠プリクラを拝見させて頂いちゃいました~!
    「これを無言で撮ってたのか……」と思うと、物凄く気不味い物がありましたよ……グルグルンニョ!

    Comment

    Leave a Reply


    管理者にだけ表示を許可する