スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    鎌鼬1Hソロライブ 『必死こいて汗かいて頑張ってつくったネタですねん、おもろいでっせ』。(前編)

    2007年10月18日(木) 19:00/19:30
    鎌鼬1Hソロライブ 
    『必死こいて汗かいて頑張ってつくったネタですねん、おもろいでっせ』

    (敬称略)

     20070308134615.jpg 


    ※長さの関係で前編と後編に分けます。
    ※カメラが入ってたので、FandangoでOA有り!
    ※ネタバレ有り! ご了承の上お読み下さいませ……。


    ------------------------------------

    G/Sライブでお腹いっぱいいっぱい♪
    やっぱりbaseは良いわねぇ~と、満喫した後は本日のメイン鎌鼬!
    今回も息の付く間のない様なライブを見せてくれるのかなぁ?
    と中に入れば、ドドーン!と素晴らしい書体のパネルが上手下手に!
    「あれ、濱家君が書いたのかなぁ?」等とお友達と言いつつ、着席。
    スクリーンには鎌鼬のロゴがあったり、関係者らしい方がいたりでして。
    「ホンマに吉本は鎌鼬を押してるんやなぁ」ってのが感じ取れますなぁ。

    ------------------------------------


    オープニング:

    照明が点くと、ダボダボなお召し物の山内さんが登場!

    山内「会いたい MY TIME DAY&NIGHT 何処へ行こう 君と~♪」

    いきなりKEN-Uの『DOKO』を唄い出す山内さん! 
    ガッツリ振り付けまでしてますがな!!!
    そんな山内さんの振り付けに、客席からは色んな意味でキャーキャー声が上がっております。
    そこへジャケット+ニット帽の濱家君が登場!

    濱家「誰がオープニングから唄え言うてん」
    山内「KEN-G」
    濱家「誰がおまえのレゲエ聴きたいねん。俺に唄わせっ!」

    と言う濱家君に、これまた客席からは歓声が!
    サングラスを着用し、マイクを取り出し……

    濱家「旅立つ~……ってまたこれーっ!!!」

    唄い出した瞬間、また舞台が暗転w

    ------------------------------------

    オープニングVTR:

    佇む濱家君。
    そして階段に座り込み、何処か物憂げな様子。
    何を考えてるの?
    と思いきや、いつもの笑顔! 笑顔!!! 笑顔でニッコォ~☆

    濱家隆一


    お次はサングラスを掛けた山内さんが登場。
    オシャレなお洋服がディスプレイされたウィンドゥを見ています。
    するとサングラスを外してカメラ目線!
    佇む山内さん、傘を差している山内さん。
    何にしろ、最後はカメラ目線でキメています!!!

    山内建司


    場所は変わって、チャリンコ2ケツの仲良し鎌鼬。
    濱家君は笑顔でピースしております。
    「あっち?」「こっち?」「向こうだよ!」
    と後ろに乗る山内さんのナビで2人が向かう場所は、勿論baseよしもと!
    無事に到着したところで、単独タイトルが出て来てVTR終了~!

    ------------------------------------

    漫才:タイトル無し

    髪の毛こざっぱりストライプスーツの濱家君!
    山内さんは16匹パンダTシャツでございます~。

    濱家「ようこそ単独ライブにお越し下さいまして。(OPは)KEN-G言うダジャレでしたけど」
    山内「良かったんじゃないですか?」

    濱家「山内君、愛想なくて社会不適合者ですよ」
    山内「ハハハ!」
    濱家「笑ってる場合ちゃうよ」
    と、愛想笑いの仕方を教えてあげる濱家君。
    「俺を先輩やと思って。歩いてたら何もない所で転けたのを見て笑え」と言うも、ノーリアクションの山内さん;
    なら逆の立場として、「俺が歩いてたら何もない所で転けた」と山内さんが言うと……
    濱家「(転けた山内を見て)フハハハハハハハハハwww!!!」(←けたたましい笑いw)
    山内「怖っ!!!」
    そして瞬時に無表情に戻る濱家君w

    お次は濱家君を先輩として、ご飯に連れて行って貰った時の後輩を演じる事になった山内さん。
    先輩が勧める店、そして美味しいと言う料理。
    例えそれらがイマイチであろうと、山内さんはお世辞と愛想笑いで対応出来るのか!?

    濱家「話に食い付け!」
    山内「ズズズー」
    濱家「何処に吸い付いてるねん!」
    山内「お吸物」

    ------------------------------------

    コント:『ボイストレーニング』

    濱家「はい、と言う事で、今日ボイストレーニングに来た山内君。君、初めてじゃないんだよね?」
    山内「はい……ヴィジュアル系を」
    と、ボイストレーニング講師・濱家君と、元ヴィジュアル系ボーカリスト・山内さん。
    路線変更でバラードを唄いので、ボイトレに来たと言う。

    まずは歌唱力を試される山内さん。
    山内「はい、スピッツの『チェリー』を。……きみぃをぅ忘れぬわぁい~♪」
    ものっそいヴィジュアル系っぽく唄い上げる山内さん; そして非常に悩む濱家君;;;

    濱家「音階から試して行きたいんだけど。ドー♪」
    山内「ドゥ~♪」
    濱家「ドー♪」
    山内「ドゥ~♪」
    「音程を下げて下げて」とジェスチャーをすると、床に目をやり何かを探し始める山内さんw
    濱家「音が高いから」
    山内「ヒントが落ちているのかと」

    もう1度音階を試してみる事に。
    濱家「ドレミファソラシドゥー♪ ……ゴメン、僕もおかしかったわ」
    うっかり自分もつられて音階がおかしい事にw

    どうにもバラードを唄い上げるには問題があるので、ある方法を取ってみる。
    そうすると非常に綺麗な歌声が出るではないか!
    濱家「声キレーッ! スピッツより良いよーっ!!!」
    濱家「口離してみて!」
    山内「愛して~る~の 響きだーけでゅえぃ♪」

    ------------------------------------

    ブリッジVTR:『行きたい所へ行ってみよう!』

    濱家「吉本興業期待の新人・鎌鼬が行きたい所に行ってみよう、と」
    山内「意外と行ってないからね」
    そんな感じで、通天閣に行ってみる鎌鼬のお二人でございます。
    濱家「俺の方がデカイかな、通天閣より」
    山内「通天閣の方がデカイよ」


    通天閣に行った2人。


    濱家「たっか~!!!」
    と、外を見下ろし興奮している濱家君!
    しかし……
    濱家「俺のマンションの方が高いけどな」
    非常に小憎たらしいこの一言よw

    ビリケンさんを発見したお二人。
    山内「うわー、キッモォ~!!!」(←と言いつつ、フックをかますw)
    濱家「ビリケンさんにフックするなw」

    ビリケンさんの横に立ってみせる濱家君。

    !?

    山内「ハマケンはんや」
    濱家「よぉ似てる言われるねんw」(←ホンマにソックリw)
    山内「どんな御利益があるん?」
    濱家「足の指を触ったら、指が汚れる」
    山内「普通やん」

    沢山の絵馬を発見したお二人。
    濱家君が山内さんに「これに願い事を書いたら願いが叶うねん」と説明しつつも……
    濱家「叶いません!(←カメラ目線w) 自分で頑張って下さいw!」

    ------------------------------------


    漫才:タイトル無し

    濱家「どーもー、お願いします」
    濱家「(さっきのVTR)ずっと赤ちゃんが泣いてましたけどね。ちょっと怖い感じで」

    夜中にゴミを出して近所のおばさんに怒られた山内さん。
    悪い事だとは解りつつも、その注意の仕方が腹の立つ言い方なので謝る気が無くなってしまうと言う。
    「謝る練習をしよう」と濱家君が言うも……。

    濱家「あら山内さん、今夜中の2時よ。朝6時って決まっているでしょ? 野良猫とかが……」
    山内「黙れクソババア! 引きずり回すぞっ!!!」
    濱家「あら山内さん、こんな時間にゴミを出すの?」
    山内「出します!!!」

    果たして山内さんは謝る事が出来るのか!?

    パパンパパンパパン~♪

    ------------------------------------

    コント:『なぞのじじい』

    山内「この辺やったかな?」
    と山内さんがぼやいていると、おじいさん(濱家)が歩いて来る。
    その姿は白髪頭、右手にステッキ、口には葉巻を咥えております。
    何にしろ、むっさデカイおじいさんです!
    そんなデカイおじいさん、山内さんにぶつかる!!!
    ぶつかるも何も言わずに歩いて行きます!

    山内「デカイじじい、何やねん? ぶつかったら謝らなアカンやろ?」
    するとおじいさんは山内さんの目の前でステッキをクルクル回し始める。
    じじい「今あった事は全て忘れる筈じゃ。……ブフッw(←噴いたw) 全て忘れる筈じゃ……」


    クルクルクルクルステッキを回し、去って行くおじいさん……。


    山内「…………ハッ!? あのクソじじい!!!」

    慌てておじいさんを追い掛ける山内さん!
    舞台袖からはめーっさボコってる音と、おじいさんの声が聞こえてきます!!!

    じじい「えー! 忘れてないの?」
    ボコッ! ドスッ!!!
    じじい「やめて痛い痛い」
    バキッ! ドスッ!!!
    じじい「胃が痛い」
    ボコッ! ドスッ!!!
    じじい「他殴られている所は痛くないけど、胃が痛ーい」

    ------------------------------------

    ブリッジVTR:『行きたい所へ行ってみよう!』

    ドンキホーテの観覧車に乗りに来た鎌鼬のお二人。

    濱家「はい、ドンキホーテの前にやって来ましたー」
    山内「乗った事ないんですよ」
    濱家「(観覧車が)ダサイから」


    観覧者に向かう途中、テンションの上がる濱家。


    濱家「どんどんどん 鈍器ー!」
    無邪気な笑顔で手にした鍋を振りかぶり、山内さんを撲殺しようとする濱家君w
    それを慌てて避けるも、背後にあったケツメイシのPOPに当たってビビル山内さんwww


    そして観覧車へ。


    観覧車に乗り込んだお二人。
    山内「バイバーイ!」(←係員に手を振る)
    係員「危ないので手を伸ばさないで下さい」(←冷静)
    山内「…………」(←黙り込むw)
    濱家「怒られたー。でも反省してませーん!」(←カメラ目線w)

    観覧車中間地点前にて。
    濱家「懐かしい事言うてええ?」(←山内さんに確認してます)
    濱家「寿司や! 寿司やー!!!」
    と指差す方向には、お寿司屋さんの看板がw
    濱家「これ言うて良い?」(←山内さんに確認してます)
    濱家「街汚ぁーっ!!!」
    と見下ろした先には、むっさ雑然とした街並みが広がっております;
    濱家「みんなみんな、大阪の街を綺麗にしよっ!」
    郷土愛(?)が芽生えたのか、カメラ目線でアピールする濱家君w


    楽しむ鎌鼬。そして頂上付近へ。


    山内「ちょっと待って待ってー! 何でこんな作りにしたん!?」


    テンパる山内。


    濱家「ちょっとこれ、今てっぺん」
    山内「えー!!??」


    観覧車を満喫した鎌鼬。そして……。


    観覧車を降りたお二人。
    濱家「是非皆さん、ドンキの観覧車に乗って下さい」
    山内「乗らなくても良いけど」

    ……山内さん、絶叫系の乗り物が嫌いやからね……。

    ------------------------------------

    コント:『すごいコントロール』

    体操服姿の2人。
    野球ボールを持つ濱家君。
    頭に缶を乗せて立っている山内さん。

    ドクン……ドクン……。

    剛速球が山内さんをの頭の缶を目掛けて飛ぶ!
    が、大きく外れる!!!

    ものっそい素早さで2球目を手にする濱家君。
    狙いを定めて…………見事、缶に当たったー!!!


    終わり!

    ------------------------------------

    コント:『すごいパンチ』

    分厚い板を持っている山内さん。
    その板に拳を定める濱家君。

    ドクン……ドクン……。

    濱家「はいっ!!!」
    山内「痛っ!!!」

    見事に板が割れ、拍手喝采の客席!
    そして拳が胸部に直撃しちゃってたりする山内さんw


    終わり!

    ------------------------------------

    コント:『すごいテーブル引き』

    テーブルの上にはテーブルクロス。
    そのテーブルクロスの上に正座をしている山内さん。
    それを見て噴き出す濱家君w

    ドクン……ドクン……。

    精神集中をして……
    濱家「おぃっ!」

    濱家君がテーブルクロスを引くと、落ちちゃう山内さん!
    しかし綺麗に正座をしたまま落ちたので、これはある意味成功でしょう!!!


    終わり!

    ------------------------------------


    ブリッジVTR:『行きたい所へ行ってみよう!』

    濱家「さあ、次は食いだおれです」
    山内「意外と来た事のない」

    ニカッとスマイルをして、「食堂に着きましたー」と濱家君。

    何を注文しようかとメニューを見る2人。
    濱家「“食いだおれ”って付いてるのが名物だと思うんですよね」
    山内「じゃあ、食いだおれパフェ」
    濱家「決めました、食いだおれカツ丼」
    山内「大丈夫?」


    食いだおれパフェと食いだおれカツ丼を注文した2人。
    そして……。



    店員「お待たせしましたー」
    と、持って来たのが食いだおれ太郎をイメージしたパフェ!
    しかし山内さんの反応は……
    山内「これ、普通のパフェ」
    濱家「普通ちゃうやん!」
    そして濱家君の注文したカツ丼はと言うと……
    濱家「これ普通のカツ丼」
    悲しいくらい至って普通のカツ丼でございました;
    濱家「食べてみます」
    山内「大丈夫か? 大丈夫か???」(←何故か物凄く心配してる)
    濱家「(カツ丼を食す)……普通のカツ丼」
    山内「めっちゃ美味いんちゃうん?」
    濱家「めっちゃ普通の……」

    山内「食いだおれパフェ行きます」
    一口食べて倒れる山内さんw
    濱家「食いだおれたw」

    引き続きカツ丼を食す濱家君。
    そこへ通り掛かった店員さんを呼び止める山内さん。
    山内「すいません、あのこれ、名前……」
    店員「食いだおれカツ丼です」
    濱家「(一口食べて)……これ、普通のカツ丼……」
    と言った瞬間、「カメラさん映さないでー!」と言わんばかりにカメラに手を向ける山内さんw

    ------------------------------------

    ……後半へ続く!

    Comment

    Leave a Reply


    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。