スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    鎌鼬1Hソロライブ 『鎌鼬発進』。(前編)

    2008年02月21日(木) 18:00/18:30
    鎌鼬1Hソロライブ
    『鎌鼬発進』

    (敬称略)

    20070308134615.jpg CIMG5084.jpg


    ※長さの関係で前編と後編に分けます。
    ※ネタバレ有り! ご了承の上お読み下さいませ……。


    ------------------------------------

    ふらりふらり難波の街へとふらふらり~。
    開場前に着いたけど、やっぱり当日券販売無しの為かちょっと寂しいロビー。
    ……って、んんん!!??
    鎌鼬単独が当日券販売無しなんじゃなくて、今後当日券廃止デスカッ!!??

    CIMG5754.jpg

    ↑あれまあれまとビックリしつつ入場すると、受付後ろにはレッドカーペットからのお花が!
    ん~やっぱり麒麟の部屋からは届いてないのね;

    CIMG5755.jpg CIMG5756.jpg

    ↑ちなみに舞台セット~。
    この字は間違いなく濱家君の字ですなっ! 
    元ヤンの癖に相変わらず達筆っ!!!

    ------------------------------------

    オープニング:

    照明が点くと蝶ネクタイ+タキシード姿の山内さん、そして用意された電子ピアノ。
    山内さん、緊張に静まり返る客席に向かって一礼をし……『情熱大陸』を弾き始める!
    チャッチャ チャーラッチャ♪ チャララチャーチャッチャ♪
    本気で上手すぎる山内さんに、客席からは歓声と拍手が!!!
    情熱的で力強く、しかし軽やかな山内さんのピアノ!
    そして一通り弾き終え、客席に向かって手を広げるとまたまた大きな拍手が!
    するとそこへ大きな白猫がやって来る。

    山内「何? 猫やん」

    白い全身タイツに猫耳猫っ鼻猫っ髭の濱家君……もとい猫濱君だーっ!!!
    猫濱、ピアノの前に立ち、たどたどしく『ねこふんじゃった』を弾き始める。

    ねこ……ふん……じゃった♪
    ねこ……ふん……じゃった♪
    ねこふん……じゃった♪
    ねこふんじゃふんじゃふんじゃった♪

    さっきまでのたどたどしい演奏が嘘の様に、めっさ速く弾き始める猫濱!

    山内「え!?」
    猫濱「イェーッ!!!」

    猫濱君、いきなり叫び大きく手を上げる!!!

    山内「おー、ビックリした!」

    余りの物驚きに尻餅を着いちゃう山内さんと、堂々とした猫濱君!
    さぁ~、鎌鼬発進~!!!
    ……って、濱家君、あんた猫嫌いでしょーーーっ!!??

    ------------------------------------

    オープニングVTR:

    ビックカメラなんば店前でクラウチングスタートの体勢。
    そして、「よーいドンッ!」で走り出す鎌鼬のお二人!
    リードしてる山内さんを追い掛け追い掛け、捕まえた所で濱家君が殴る! 蹴る!!!
    倒れ伏した山内さんを余所に、笑顔で逃げる濱家君。

    「濱家隆一」

    お次は「待てやー!」と言わんばかりの表情の山内さんのアップ。

    「山内健司」

    まだまだ逃げ続ける濱家君、大好きなお寿司屋さんを発見!
    看板を見上げ、「うわぁ~v」ってな表情をしています。
    ところがそんな濱家君の後ろを全速力で駆け抜けて行く山内さん!
    それに気付き、慌てて山内さんを追い掛ける濱家君!!!

    追い掛けられて追い掛けて、まだまだ走り続けてbaseの階段まで!
    やっとこさ追い付かれ、階段で殴り蹴られる山内さん。
    それでもめげずに立ち上がった所を今度はビンタ!
    そしてビンタされながらもカメラ目線w

    そんなこんなでbaseのロビーに1番乗りした濱家君、「やったー!」と万歳!
    しかしカメラアングルはbaseの受付へ向かい、そこに佇む黒人女性を映し出す。

    謎の女性「カマイタチ ハッシン」

    ------------------------------------

    漫才:『話の雰囲気』

    濱家「どーもお越し下さいまして、ネクタイが間に合わんくて……(ネクタイを結びつつ)……頑張って行きましょっ」
    山内「頑張って行きましょ」
    濱家「もぉーっネクタイ!!!(←結べずイライラw) 訳の解らんオープニングでしたけどね」

    さてさて、話し方は雰囲気が大事と山内さん。

    まずは昔話。
    ほじいさんとほばあさん、ほじいポロンほばあポロン。
    怖い話もしてみよう。
    山内「@%%♀$♂※♯……」
    濱家「何言うてるのかさっぱり解らんっ」
    応用で怖い話も楽しく話せば怖くなくなる!
    山内「そう言うと母は『ここにいるよ』と言って父の生首を……」
    濱家「怖いわっ!!!」
    更に応用で、悲しいけどヤラシイ話を!
    山内「彼女が長年飼っていたペットが死にました……略……僕はそっと彼女の……」
    濱家「ペットが死んだ彼女に何してんねんっ!?」


    ってな感じで山内さん流、色々な話し方。
    それにしてもまぁ、どうしてこうも山内さんには「ヤラシイ」と言う言葉と「ヤラシイ話し方」が似合うのか!

    ------------------------------------

    鎌鼬発進ブリッジ:

    濱家君をモーフィング!(←ある形状から徐々に別の形状になるヤツです)
    ニコッと笑う濱家君、徐々に徐々に変化してって……コブクロのデカイ方になっちゃいました!

    ------------------------------------

    コント:『クレーム』

    トゥルルル トゥルルル♪
    ガチャリ。

    「お電話ありがとうございます、マクドナルド難波道頓堀店です」
    「あの、ナゲット買ったんですけど、4つしか入ってなかったんです」
    「大変申し訳ありません。レシートはまだお持ちですか? レシートかナゲットの入ってた箱があれば直ぐお取り替え致しますが……」
    「あ? ない。レシート捨ててもうたし、箱も捨ててもうた。食べた後に気付いた」
    「はい……」
    「ツレに相談してみます」

    ガチャン。
    ツーツー……。


    次の日。
    照明が点くと、そこは控え室。そして椅子に腰掛ける店長(濱家)。
    濱家「あー、今日も忙しかった……」
    山内「あ、店長さん?」
    濱家「はい」
    山内「昨日電話したツレですけど」
    濱家「あっ、お連れさん???」

    何と! 昨日クレームの電話をしてきた男のツレがやって来た!
    お詫びをする店長にツレはこう言う。「いや、俺に謝られても」と。
    訝しげな表情をする店長にツレは続ける。
    山内「いや、俺静岡から来てるし、グリーンで来てるし高いし。ビックリして良いよ。」
    山内「ホテルも取ったし、荷物も置いて来たし、シャワーも浴びて来たし。ビックリして良いよ」

    要するにツレの言い分は、
    「遠い所から高い金を払ってわざわざここまで来た。ナゲットどうこうじゃなくて、全額返せ!」

    発生してしまった2重クレーム。それでも店長は冷静に対応する。
    濱家「お連れの方と連絡を取って頂けますか? 確認したい事がありますので」
    そう言うとツレは携帯で確認を取り始める。しかし、どうも様子がおかしい。
    そしてついに店長はこう切り出すのであった!

    濱家「あのー……申し上げにくいのですけど、ご本人様ですよね? 昨日来てましたよね?」
    濱家「普段から良く買いに来てますし、昨日も買いに来てましたし、この辺でもよく見掛けますし」
    山内「え?」
    濱家「レジの防犯カメラを確認して頂けたら」
    山内「え? 映ってるの???」
    濱家「いや、『映ってるの?』って……」
    山内「ツレに確認してみます」


    しかし次の日!


    山内「アルバイト募集の紙見たんですけど、まだアルバイト募集してますか?」
    濱家「キ○ガイや……キチ○イや……」


    おぉっ! 久々~にガッチリコントを見た感じ!
    ちゅか、鎌鼬のキ○ガイなお客が出て来るコントは好きやなぁ。
    自分も接客やってるけど、ホンマにこんなお客様いらっしゃるんですよ。
    やから余計に見入ってまうと言うか、「いるいる! むっさ解るー!!!」と思いつつ笑ってまう!
    山内さんってホンマにこんな役が似合いますなぁ。
    最後までキ○ガイな所とかね、ええですなぁ~。
    実際自分が接客したら帰りたくなりますけどねぇ。

    ------------------------------------

    ブリッジVTR:『さまざまな落語家の師匠』

    ここはNGKのエスカレーター上。
    そして、師匠(山内)を待つ弟子(濱家)の後ろ姿……。


    ~師匠の劇場入り 其の一~

    弟子「今から師匠来ますけど、ホンマに人を楽しませようと言う人やから。勉強をさせて貰いや」
    弟子「あ、来た来た! 師匠、おはようございます!」
    ウィーンウィーンとエスカレーターで昇ってくる師匠。
    しかし何故かキリンの被り物、そして手にしているのは……!
    師匠「……チャッチャラー♪」
    上に着くなり、手にした「ドッキリ!」と書かれた看板を出す師匠。

    『ドッキリ師匠』

    弟子「もぉ~師匠~w」


    ~師匠の劇場入り 其の二~

    弟子「今から来る師匠、物凄い速いからっ。必死で付いて行くようにっ」
    弟子「師匠、おはようございます!」
    師匠「あーーーっっっ!!!!!」
    弟子「何ですか師匠?」
    昇って来るなり、声を上げ騒ぎ始める師匠!
    師匠「携帯忘れたーーーっっっ!!!!!」(←昇りエスカレーターを降りようとする)

    『ダッシュ師匠』

    弟子「師匠、こっちです!」(←降りエスカレーターを指差す)
    師匠「あーーーっっっ!!!!!」(←ダッシュで降りて行くw)


    ~師匠の劇場入り 其の三~

    弟子「次来はる師匠、いつまでも若手、若手みたいな師匠やから。勉強させて貰いやっ」
    弟子「師匠、おはようございます!」
    師匠「うわー! ヘビだヘビだーーー!!!」
    昇って来るなり、床を見て騒ぎ始める師匠!

    『CCDカメラ師匠』

    弟子「いないですから」
    師匠「あ、そうか」
    CCDカメラ師匠、落ち着きを取り戻し弟子と共にNGKの廊下を歩いて行く。
    師匠「うーわーーー!!!!!」
    弟子「いないです」


    つづく


    取り合えず言わせておくんなまし。
    落語家の着物を来た濱家君、落語家ってよりも相撲取りにしか見えんっ!!!

    ------------------------------------

    漫才:『大阪を首都に』

    濱家「どーもお願いしまーす」
    山内「あのね、僕島根出身ですけど、関西って良いなーって」
    何よりも関西弁って良いなぁと思う山内さん。
    山内「凄い親近感が湧きまんねん」
    濱家「無理するなw」

    そんな感じで、もう大阪を首都にすれば良いと思ってる山内さん!
    例えば野球中継でも。
    ピッチャー第1球投げよったで、打ちよったで、入るんちゃうん? 入るんかーい!!!
    場を和ます時、例えば裁判にて。
    異議がありますねん、そいつ違いまっせ、わて見ましたんや。ほな死刑にしまひょ。

    いっその事、映画のタイトルも。
    レミはんとこのむっさ美味しい定食屋。
    それでもわてはやってまへん。
    ジョー・ブラックによろしゅう。
    ターミネーターはん。
    山内「戻って来まっせ……」
    濱家「I'll be backやw!」

    番組のタイトルも。
    新世界不思議発見。
    串カツ屋しかあらへん!
    新世界の車窓から。
    天王寺まで地下やから真っ暗や!
    新世界ウルルン滞在期。
    それホームレス!
    新世界の中心で愛を叫ぶ。
    山内「すいまへーん! 助けて下さいー! こいつ呑みすぎて動けないんですー!!!」


    新世界からの行がお気に入り。
    確かにあそこはそう!!!
    いやいや、1度で良いから行ってみなっせ、新世界へ~。

    ------------------------------------

    鎌鼬発進ブリッジ:

    山内さんをモーフィング!
    ニコッと笑う山内さん、徐々に徐々に変化してって……堀北真希なっちゃいました!
    客席からは「えぇー!?」ってなどよめきがw

    ------------------------------------

    ショートコント:

    お揃いの無地Tシャツに着替え、スタスタと歩いて来るお二人。

    濱家「どーもー。ショートコント、『次からボケにくなるわ』」


    ・次からボケにくなるわ

    濱家「ビックリするけどな、しむけんと呑みに行くねん」
    山内「え? 志村けん???」
    濱家「いや、志村けんたw」
    山内「志村けんた!?」
    濱家「いや、地元のツレw」
    山内「ツレ?」
    濱家「ビックリしたやろw?」
    山内「ハハハw!」
    濱家「ハハハッw」
    山内「ハーw 何それ、地元の連れってw」
    濱家「いや……」
    山内「アーハハハハハw」
    濱家「……」
    山内「ハハハ! 何それ! おまえ、志村けんたってw!!!」
    濱家「次からボケにくなるわっ!!!」


    ・街角インタビュー

    濱家「あのおじいさんにインタビューしてみましょう。おじいさん、こんにちはー」
    山内「あ゛……?」
    濱家「こん・にち・はー。今日は元気なおじいさんにインタビューしているんですよ。おじいさん、元気でいらっしゃいますねー」
    山内「あ゛ぁあぁ……毎日散歩してるから」
    濱家「なるほど! ちなみにおじいさん、今おいくつで?」
    山内「48」
    濱家「めっちゃ若いやんっ!!!」


    ・笑っていいとも

    いきなり唄い踊り始める山内さん!
    山内「お昼休みはウキウキウォッチング あっちこっちそっちこっち いいっとも~♪」
    そこへガチャリと戸が開き……
    濱家「タモリさん、出番ですっ」
    山内「はい……あ、髪切った?」
    濱家「切ってないです」
    山内「あ、そう」


    ・10回クイズ

    濱家「マンションの10階の屋上は?」
    山内「10階」
    濱家「正解っ」


    ・足引っ張らんといて

    漫才の時の要領で手を叩きながら出て来る濱家君。
    濱家「どーもー、かま……カミカミ噛まんといてーっ!!!」
    何を思ったのか、おもむろに濱家君の足に噛み付く山内さん!
    濱家「噛まんといてーっ!!! 足引っ張らんといてーっ!!!!!」


    ・キーパーとゴール守るのむっちゃ下手な奴とやしきたかじん

    床に手を着きクルクル回る濱家君。
    その周りをどうして良いのかクルクルしてる山内さん。
    しかし、いきなり……
    山内「めっちゃ好っきゃねーん♪」


    「ショートコント」と言った瞬間、「うむむっ」ってなっちゃったけど。
    何や、最近ショートコントが流行ってますなぁ~。(←レッドカーペットの影響かな?)
    正直な事言っちゃうと、ショートコントって作り込まないと粗が目立つ……;;;

    ------------------------------------

    VTR:『さまざまな落語家の師匠』

    ~師匠の劇場入り 其の四~

    弟子「今から来る師匠な、すっごいバランスが良いから、トータルバランスが。勉強させて貰いやっ」
    すると片足立ちでエスカレーターを昇って来る師匠!

    『バランス師匠』

    師匠「うっしょ」
    弟子「よっ! ナイスバランス!!!」


    ~師匠の劇場入り 其の五~

    弟子「今から来る師匠な、物凄い力持ってはる師匠やから」
    ウィーンウィーンとタンスを担ぎながら昇って来る師匠!

    『タンス師匠』

    師匠「今日雨だから鬱陶しいよねぇ」
    弟子「師匠、こっちです!」(←前が見えない師匠を誘導)


    ~師匠の劇場入り 其の六~

    弟子「今から来る師匠な、俺もよう解らへんねん。でも、師匠は師匠らしいねん」
    そう喋る弟子の元に、パイロット制服に身を包んだサングラス姿の男が!

    『パイロット師匠』

    師匠「空好き?」
    弟子「パイロット師匠!」
    師匠「こっち?」
    弟子「ただのパイロットやん……」
    カラカラと手にしたキャリーバッグを引いて歩くパイロット師匠。
    何を思ったのか、歩いてる途中で「Good Luck!」的にキメポーズw


    ~師匠の劇場入り 其の七~

    弟子「次来はる師匠な、忍者師匠言うねんけど、相当素早いから見失わんように。忍者師匠は直ぐどっか行くので有名やから、見失わんようになっ」
    するとウィーンウィーンと昇って来る師匠!
    ではなく、師匠の服を着た人形だーっ!!!

    『忍者師匠』

    弟子「……(人形を手に取る)……身代わりの術や! もう楽屋やっ! 早よ急げっ!!!」


    つづく

    ------------------------------------

    ……後編にも続く!

    Comment

    Leave a Reply


    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。