スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    鎌鼬1Hソロライブ 『鎌鼬発進』。(後編)

    2008年02月21日(木) 18:00/18:30
    鎌鼬1Hソロライブ
    『鎌鼬発進』

    (敬称略)

    20070308134615.jpg CIMG5084.jpg


    ※長さの関係で前編と後編に分けます。
    ※ネタバレ有り! ご了承の上お読み下さいませ……。


    ------------------------------------

    漫才:『思い出の曲』

    濱家「毎回僕のシャツが変わってるの、お気付きでしょうか?」(←お気付きしてました)
    すると客席で「うんうん」と頷く子が居て、笑顔で「うんうん」と頷き返す濱家君。
    山内「……毎回僕のTシャツが変わってるの、お気付きでしょうか?」
    濱家「いいTシャツ着て」

    濱家「僕音楽聴くの好きなんですよ。彼女と付き合ってた時の思い出の曲がありましてね」
    そう言ってメロディーを口ずさむ濱家君、すると山内さんも一緒に口ずさむ。
    濱家「そうそう」
    山内「シャララララ~♪」
    濱家「この曲を聴くとね、当時の事を思い出すんですよ」
    山内「シャララララ シャララララ~♪」
    濱家「それでね」
    山内「シャララララ シャララララ~♪」
    濱家「もうええからっ! 俺話したいねん!」

    まだ唄い続ける山内さん。
    シャララララ シャララララ~♪
    濱家「当時の思い出の話しよう思うてるねんっ!!!」
    まだまだ唄い続ける山内さん。
    シャララララ シャララララ~♪
    フゥゥゥゥ~♪
    濱家「フゥゥゥゥ~は解ったから!」
    シャララララ ドゥビドゥビドゥ~♪
    濱家「俺も知らんとこ唄い始めた!!!」
    フゥゥゥウウゥウウウウ~♪
    シャララララ ドゥビドゥビドゥ~♪
    濱家「そこ俺も知らんっ!!!」
    シャララララ ドゥビドゥビドゥ~♪
    フゥゥゥウウゥウウウウ~♪
    濱家「解った、もうええよ」
    フゥゥゥウウゥウウウウ~~~…………♪

    山内「ほんで何?」


    まさかまさかで、最後まで唄い切りやしたよ、この人はっ!!!

    ------------------------------------

    鎌鼬発進ブリッジ:

    濱家君をモーフィング!
    ニコッと笑う濱家君、徐々に徐々に変化してって……バカボンのパパになっちゃいました!
    いや~どっちかと言えば、バカボンのパパよりもバカボンの方が似てる思うてたのですが。
    んにゃんにゃ、これはこれで何だかスッキリ。

    ------------------------------------

    コント:『料理番組』

    舞台上にはキッチンとエプロン姿の濱家君。
    濱家「お料理バンザイ!」(←まぁ、エプロン姿の可愛らしい事よ!!!)
    濱家「さぁ~、今日のゲストは世に沢山の俳句を送り出した俳人・山之内さんでーす、どうぞー!」

    すると照明が若干落ち、厳かなBGMが流れ始める。
    しかし厳かなBGMは段々と激しさを増し……ダンダンッ!
    パッとチョケて出て来る山内さんw
    濱家「先生、どうしてもやりたいって」
    山之内「はいー」

    何だかよく解らん演出はさておき。
    さぁ~、本日は山之内先生(山内)のオリジナル料理を作って頂きましょう!
    濱家「今日のお料理は?」
    山之内「豚肉とキムチが織り成す俳句鍋」
    濱家「キムチ鍋ですね?」
    山之内「あ、キムチは入ってないです。水炊きです」
    濱家「…………」

    お野菜は先生のこだわり。
    余所ん家の 野菜を盗んで 節約や。
    山之内「私、色々傷害起こしてますからね」
    濱家「……ハイッ」
    豚肉も先生のこだわり。
    山之内「豚……これ、私が殺してきました」
    濱家「……えっ?」
    豚殺し それでも私 生きてます。
    煮込むのを 待ってる間 暇ですね。
    先生は最近手品に凝ってます。
    1、2、3でイリュージョン!
    豚になり そして私は 神になる。

    さぁ、料理が完成しました!
    早速先生に食べて頂きましょう!

    山之内「ホッペが」
    濱家「ホッペが!」
    山之内「うぉえーーー!!!」
    濱家「いやいや」

    TVではとてもお見せ出来ない映像に;


    山之内先生の俳句!
    これが非常に山内さんらしい俳句と言いますか。
    あの、何て言うんでしょうねぇ……「豚殺し」とか「生きてます」とか「神」とか。
    ビミョ~に宗教がかった感じ、そこが危ないけど好き好き!!!
    今後も見れるなら、もうちょっと内容を詰めたバージョンを見たいなぁ~。

    ------------------------------------

    ブリッジVTR:『さまざまな落語家の師匠』

    ~師匠の出番前 其の一~

    弟子「師匠っ」(←コンコンとドアをノック)
    弟子「子守師匠、出番です」
    楽屋には赤ちゃんを抱き抱えた師匠が!
    そして客席からは悲鳴がw

    『子守師匠』

    師匠「弟子でしゅよ~v」(←弟子を見せてあげる)
    弟子「弟子でしゅよ~」
    師匠「行きましょうか。お客さん、沢山入ってるかな~? 楽しみでしゅね~」


    ~師匠の出番前 其の二~

    弟子「師匠っ」(←コンコンとドアをノック)
    弟子「キス師匠、出番です」
    楽屋にはオロナミンCの瓶に吸い付く師匠が!

    『キス師匠』

    弟子の服の袖を手に取る師匠。
    師匠「これ似合うてるやん、買うたんか?」
    弟子「はい。先輩に買って貰ったんです」
    そしてそのまま、弟子の袖にキス;
    チュウ~チュウチュウチュウゥゥゥゥウウウウ~……。
    キスするだけキスして、舞台へ向かって行く師匠。
    カメラアングルは楽屋を映したまま、キス師匠の音だけが聞こえて来る……。
    師匠「チュッチュッ」
    師匠「シュルシュルシュルシュル」
    師匠「チュルチュルチュルチュルチュル~…………ゲボォ!!!」


    ~師匠の出番前 其の三~

    弟子「師匠っ」(←コンコンとドアをノック)
    弟子「チェーンソー師匠、出番です」
    楽屋にはチェーンソーを手にした師匠が!

    『チェーンソー師匠』

    ヴィ、ヴィーン!とチェーンソーを手にしながら舞台へ向かう師匠……。


    おしまい

    ------------------------------------

    コント:『社長』

    ここは社長室。
    羽ペンで書類を書く社長(山内)の元へ、血相を変えた部下(濱家)がやって来る……。

    濱家「社長! 三越の!!!」
    山内「焦りは駄目だ!」
    濱家「でも社長!」
    山内「まだ君には教えてなかったかな? ビジネスと言うものを……」

    席を立ち、社長は語り始める。
    焦りを表に出すとビジネスは負けである。
    そして、多くの者達の手でビジネスは成り立っているのだと……。

    山内「……で、どうしたんだね?」
    濱家「ライバルの三越商社に我が社は乗っ取られクビです、僕も社長も」

    部下の報告に動揺する事なく、席に着く社長。
    しかし……

    山内「……やだぁーーー……」(←机に突っ伏すw)
    濱家「社長!?」
    山内「もうやだぁーーー……もう最悪ぅーーー」
    濱家「社長、でも……!」
    山内「やだぁーーー築き上げてきた物がぁぁぁあーーー」
    濱家「でも僕もいますし……」
    山内「やだぁー1人がいいーーー………」


    「1人がいい」って社長!!!
    いやいや、社長の全てが見えた一言ですなぁ。

    ------------------------------------

    鎌鼬発進ブリッジ:

    山内さんをモーフィング!
    ニコッと笑う山内さん、徐々に徐々に変化してって……太陽の塔になっちゃいました;;;

    ------------------------------------

    漫才:???

    濱家「どーも改めまして、よろしくお願いします」
    山内「ねぇ」
    濱家「頑張りましょう」
    山内「頑張りましょう。あのね、僕、遊園地に行きたいねん」
    濱家「いや、何その入り方? 引っ越しの話やろっ」

    どうしても引っ越しの話をしたい濱家君、山内さんのTシャツをグイッ!
    引っ越しの話をしたいからグイグイッ!!!

    山内「きつい! 伸ーびーるー!!!」

    後ろから引っ張られ、首が苦しい山内さんに構わずグイーッ!!!
    下に着ているロンTもグイグイグイーーーッッッ!!!!!


    そして。


    破れてしまったTシャツ。

    露わになった山内さんの背には般若のタトゥー。

    乳首にもお腹にも般若のタトゥー。


    山内「これ、どうすんの……?」
    濱家「…………」

    無言で佇むしか術のない山内さんと濱家君……。

    ------------------------------------

    エンディング:

    濱家「はーい、エンディングでーす」
    山内「はい」
    濱家「早い1時間でしたね。慌ただしい」
    山内「僕はこの後5日間タトゥー背負って」
    濱家「何を思ったのか2枚着てて。必死やったわ、手ぇ真っ白!」
    山内「潜在意識の中に『破らんといて』って」
    濱家「ハハハッw!」

    濱家「配られたアンケート、良かったら書いて帰って下さいね。リリィさんにもw」
    オープニングVTRで出て来た謎の女性、リリィさんだそうでw
    濱家「あのね、この(セットの)字、僕が書いたんですよ」
    山内「それで?」
    濱家「言いたかっただけですw」

    濱家「鎌鼬の単独はここまでです。ありがとうございましたー!」

    そう言って客席に深々とお辞儀をする山内さんと濱家君。
    途中で濱家君は顔を上げ、客席に向かって「バイバーイ!」と手を振っていたか……と思いきや!
    いきなり山内さんのTシャツを引っ張り始めちゃいましたw

    そんな感じで『鎌鼬発進』、19時半前に終了~!!!

    ------------------------------------

    は、早っ!!!
    鎌鼬の単独で毎回共通してるのは、「えっ、もう1時間!? 早っ!!!」なんですが。
    前回までなら2時間くらい見てたかの様な凝縮された1時間だったんですけど……アレアレ?
    今回はちょ~っと物足りなかったかなぁ?
    Tシャツ破りが始まった時に、「あっ、これでラストかぁ……」って思っちゃったし。
    もう1本コントか何かが欲しかったなぁ~。

    もう正直言っちゃえば、前回よりも下回っちゃってた様な……。
    「えっ、そこで終わっちゃうの???」ってなネタが多かった様に思います。
    「面白かったけど」と、「面白い」の後に「けど」が付いちゃうのね; うむむ;;;

    君等もっともっと面白い事が出来るんやから、そこを見せてくれーーーっっっ!!!

    と言いつつも、山内さんのキャラは良かったなぁ~。
    もっと山内さんの「この人危ないデース! 危険デース!!!」的な所が見たいのかも。
    次回は最初にドカンッ!と笑いを引っさらう様なネタを期待してますぜーっ!!!

    Comment

    Leave a Reply


    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。