スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ピックのカタチをしたシール。

    あんたのピックよりも、アイスピックでぶっ刺されたかったわ。
    もっと向こうまで届けてやりたいって。
    包み込むように受け止めて、それでも流れて行って。
    ずっと、ずっと向こうまで伝わればいいって。
    その先の向こうには小さな花が咲いているんでしょう。
    例え咲いていなくても、その隣には誰かいるんでしょう。
    いつだって、どこかにいるような。
    いつだって、そんな気が。


    いや、何となく。
    昨日届いたThe Birthdayの『Live at Far East』のパッケージに貼られてたピックのカタチをしたシール。
    それを見てたらそんな事を思ったので書いてみただけです。

    Comment

    Leave a Reply


    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。