スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    白米。

    だらけきった様なしらけきった様な日々を過ごしておりやした。
    何にしろ、先週の雨降りの夜から藍色のシーツの上を蟻が横切っていった様な気がするんじゃよ。

    水曜日は朝まで起きてがーがーがーがー眠り続け2日間くらい休んだ気分になり。
    今日はサンサンテレビの観覧にお誘いの声があり。
    ウチに不足していたのはきっとダイアンなんだわと確証し。
    帰りにローソンで買ったパピコを片手に友達の元へ向かい。
    2人でパピコチューチューしながらパピコを食べるには夜は寒すぎて時期としてはまだ早いと気付く。
    家に帰ってからはやっぱりヒロトのパッツンおかしいよなと改めて思う。
    この感覚はあれだろう、一昨年のライジングでスカパラのゲストで出て来たヒロトを見た時の感覚だ。
    「嬉しいんだけどそのピンクのジャケット」

    今日で5月が終わりだと思ったら後1日あり。
    朝晩の気温の差は激しく、骨身には染み渡りませんが錆びた鉄の匂いがする。
    何にしろ、先週の雨降りの夜から藍色のシーツの上を蟻が横切っていった様な気がして。
    どうにも3日前から明日の夜は雨が降っている気がする。
    赤いテールランプと濡れたアスファルトに反射した街灯の色が見えるんじゃよ。
    底が破れ始めたコンバースに染み込むの雨水はそんなに不快じゃない。
    濡れたアスファルトと錆びた鉄の匂いはちょっと似てる気がして。
    世に運び居る塩キャラメルやら塩バニラやらに人々は塩分を求めていると思う。
    頭の中では機械じみた音がカンカン鳴り止まないので全てが現実味を帯びていない。
    「そう言えば何をしてましたっけ?」

    何にしろ、自分は明日もあたたいご飯の美味しさにありがたいなぁと思うんでしょう。

    Comment

    Leave a Reply


    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。