糸電話で喋れる近さ。

    ウチの好きな曲の中に、マシマおじいちゃんの『HAPPY SONG』ってのがあるんですが。
    友達がその歌詞に出て来る「あいつ」にそっくりな奴でして。
    世間体を気にしてるが故に世間体なんてまるで気にしちゃいない奴なのですが。
    この曲を聴くと、階段に座ってその友達の話を聞いてた時の事を思い出しやす。
    タリラリラーン。

    オカンがケンタッキーを買った来たからと家に帰ったり。
    突然1週間ばかり行方をくらましたり。
    かと思えば2週間後に県外から「お金がないから帰れない」と連絡を付けてきたり。
    まぁ、そんな奴ですが。
    真夜中に一緒に散歩をしてみたり。
    そのまま1時間以上掛けて歩いて海を目指したり。
    途中、線路の上を歩いてる所へ走って来た貨物列車から逃げてみたり。
    海に着いたら季節が冬だったので、財布の中のレシートを燃やして焚き火をしてみたり。
    それでも寒すぎるので、砂浜に掘った穴に寝転んで風を凌いだり。
    そうやって日の出まで過ごしたり。

    彼女の良い所は。
    夜の波音が好きな所、台風の日にバドミントンをしようと誘って来る所。
    野良猫がいると名前を付けて猫缶を買いに走る所。
    すました面をして歩く首の長い鳥を捕まえようと走ったウチを応援する所。
    食べていた餅をいきなり投げ付ける所と、誕生日に年の数だけプレゼントしたうまい棒を完食してくれる所。
    基本、何でも美味いと言って食べている。
    寂しがり屋で心配しい。
    後、車の運転が出来るが、一旦停止車線で止まれた試しがない。

    そんな友達と明日は川へ行くよ。
    雨が降ったら我が家でWiiをするよ。
    今夜も明け方まで眠れそうにないよ。
    起こしに来てくれるかな?

    Comment

    Leave a Reply


    管理者にだけ表示を許可する