スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    The Birthday 『ROCK YOU LIVE vol.9』。

    2008年07月18日(金) 18:00/19:00
    The Birthday@SHIBUYA-AX
    『ROCK YOU LIVE vol.9』

    (敬称略)

    DSCN0214[1]

    出演:
    SHERBETS
    The Birthday


    イマイさんが踊るツイストダンス。
    客席「チバー!!!」
    チバ「はいよっ」
    8名中4人がパーマのライブ。

    ------------------------------------

    お久し振りの夜行バスバスで東京東京! 新宿原宿渋谷~!!!
    ライブ2連チャン2日目は東京にて。
    散歩中、雨に降られてずぶ濡れになったりしやしたが、へっちゃらでーすよ~。

    DSCN0201.jpg

    ↑たまたまタワレコ渋谷店に行ったらジャケ撮影に使用されたネオン管が!
    偶然の発見に機嫌でーすよ~。

    んで、開場30分前にチケットを譲って頂き、ありがとうございやす!
    The Birthdayさんのリハの音が聴こえてきますなぁ、最後にはSEまで聴こえてきましたよ。

    ……入場の練習もしてたのかな……。

    そんな感じで開場、フロアまで走って行く人々を眺めながら初AXに感動中。
    COW Tシャツとタオルを購入し、煙草とビールでまったりまったり~。
    折角の遠征記念なので、今回は珍しくイマイさん前3列目へ。
    おぉっ、チバが書いた“ROKC YOU LIVE!!”ってな文字がバックドロップに。
    19時を過ぎた頃に照明が落ちて、毎度お馴染みのSE~!

    ------------------------------------

    ◆The Birthday:

    ハッピバースデーハッピバースデーベイビ~ オォ~アイラービュッソ~♪
    押されて押されて、四方六方八方を野郎に囲まれました……。
    お、おぉ……激戦区……。

    まぁ、それは置いておきまして。

    キュウちゃん→イマイさん→ハルキ君の順で登場~!
    イマイさんは前列にいる子達の顔を面白そうに覗き込んではります。
    ハルキ君はさっさとベースを構える。
    キュウちゃんは既に見えない。
    そして客席をニヤリと見ながら出て来るチバ。
    が、そんなチバの真横に飛んで来るペットボトル!
    もうっ、ヒヤッてしたやないか! 投げるならおまえが飛んで来ーーーい!!!


    チバ「ハッロォ!」

    するとイマイさん、マイクの前に立ちカウントアップ!

    イマイ「1……! 2……! 3……! 4……!」

    が、この「4」の言い方が若干決まらず、「あれw?」ってな顔でチバを見ながら苦笑するイマイさんw
    しかし、気合いを入れ直して言った「5!」は決まっておりやした!!!

    イマイ「6!!!」
    クハラ「1、2、3、4、5、6!!!」


    01.6つ数えて火をつけろ
    02.オオカミのノド



    わーいっ! 『6つ~』スタートはやっぱ嬉しい格好良い~!!!
    イントロでチバが「オーライッ!!!」って叫ぶもんで、これまたアガるアガる!!!
    どっしゃんどっしゃんモッシュ中、イマイさんを見たら……ツイストを踊ってた……。
    しかも、両手の親指を立てたり降ろしたりしてた……むっさ気になる。
    何故ツイスト……何故ツイスト……ツイマイストだ……。

    んで、『オオカミのノド』! 
    チバの煽りの手拍子に一緒に手拍子~!!!
    しかしまぁ、この曲はキュウちゃんのドラムに逐一惚れるっ!!!
    そしてチバの顎髭から蛇口の水の如く流れ落ちた汗にビビる!!!!!
    そらもうっ、ダダダダダーッとっ!!!


    チバ「……ようこそ」


    03.STRIPPER
    04.LUCCA



    『STRIPPER』ではイマイさんのスプレー缶プレイに大歓声!
    その後は天竺鼠の川原さんバリにペッと缶を投げ捨てておりやした。
    それを至って冷静に回収したクマさんが格好良すぎる。

    フロント3人に降りそそぐ様なピンスポットが当てられた『LUCCA』。
    鈴の代わりに響くシンバルの音が綺麗。
    チバは機嫌良さそうに右腕をクルクル。
    そんでイマイさん、イントロを弾き終えた瞬間、「やった! ちゃんと弾けたよー!」的な笑顔でチバを見ておりやしたw そしてその後は客席に向かって一礼!
    でもこの曲、何が印象に残ってるかって笑顔のハルキ君!
    ラストの「ルッカ ルッカ」に入る前のドラムに合わせて大きく頭を振ってたり。
    兎に角なぁ、楽しそうやったんよなぁ、ハルキ君が。
    あっ、後ね、「ルッカ ルッカ」で大合唱だった!
    あんまりそう言うのって好きじゃないけど、何か今日はそれが良いなぁ~って思わずニッコリ。


    ここでチューニング。
    客席からはメンバーの名前を呼ぶ声が続く。

    クハラ「(ドラムをドンドン)今日はぴあのイベントですね。皆さん、ぴあは読んでいますか? 私は毎週読んでいます、占いのページから」
    客席「キュウちゃーんっ!」
    クハラ「大きな声で名前を呼ばれるのは良いですね」
    チバ「良い声だね」

    そんでドラム前でギターを弄ってたチバにデッカイ声で呼び掛ける人が。
    客席「チバー!!!」
    チバ「はいよっ」
    この「はいよっ」ってのが、何かツボったと言うかw
    ゆらりと前に向き直りしなに、低~い声で小さく「はいよっ」って。
    今も昔も名前を呼ばれたらちゃんと返事をするチバユウスケさん(40)。基本、とても律儀。

    で、この後。

    何が凄かったって、イマイさんを呼ぶ声! 声!!! 声!!!
    あまりにも呼ばれるもんで、おどけて両手で耳を塞ぐイマイさんw
    でも呼ばれる度に「はい、はいっ」と口パクで返事をしてました~。
    その様子がおかしくて、クスクスと起こる笑い声。するとニッコリ笑うイマイさん。
    それにオーディエンスがわっと湧いて手を振ると、イマイさんも両手で振り返すもんだから、更に歓声が湧き上がる!
    うーん、この感じ良いなぁ~。

    客席「イマイー! イマイ、カリスマ!!!」
    背を向けたイマイさん、ネックを手でスライドさせながら答え……てる?
    客席「イマイ最高ーっ! やっぱイマイだよっ!!!」
    もうこれには苦笑してみせるイマイさん、チバに向かって「どうしよう?」ってな顔w
    するとチバ、ニヤッと前に向き直り、
    チバ「俺もそう思う……夢を見ようぜベイビー!」


    05.ALRIGHT
    06.LOVERS



    思わず一緒にサビを口ずさんで、半泣き状態の『ALRIGHT』。
    おいちゃん、年々涙腺が弱くなってるねん……。
    『LOVERS』ではハルキ君、目を閉じながら弾いてたなぁ。
    目が開いてるのかどうなのか解らんハルキ君ですが、この曲では完璧に目を閉じてます!
    でも『LOVERS』、揺れるチバのロザリオが何だかとても綺麗で。
    それに気付いてから、ずっと見てた。
    何だろうなぁ、この歌詞の全部がそこにある様な気がして。うん、そんな感じ。


    チバ「サンキュー」


    07.ガーベラの足音


    クハラ「1、2、3、4!」


    08.アリシア


    「えっ、アリシア? もう終わり!?」と焦るワシ。
    でもこれ、イントロで照明がストロボフラッシュでアガりやしたぜ~!
    合唱レスver.でしたが唄い終えた後のチバの顔がなぁ、良かったんですわ~。
    こう、客席奥まで見渡しながら、言葉出ずみたいな感じで。


    チバ「ラリー」


    09.ラリー


    あのね、この曲ね。ライブやと合間合間のチバの声の後に、シンバルの音が入るのね。
    波みたいに打ち寄せては消えて行く音。
    それを聴きながら、「あぁ、音があるから余計に静かなんだ」って。
    そう言えばツアーの時もそう思ったや。
    そんな事を思い出してました。

    静かなフロアに響く「サンキュー」と言う声。
    その後、チバが楽しそうにギターを弾き始める。
    おっ、もしかして次の曲は……!


    チバ「ロックンロール!」


    10.カレンダーガール
    11.MEXICO EAGLE MUSTARD
    12.stupid



    もう一瞬でフロアが眩しい感じ!
    ピョンピョン跳ねてるわ、サビではPVの影響か手拍子をしてる人もいたりで。
    あっ、そうだ! ホンマにちゃんと「ベルチ飲みたい」って唄ってたーっ!
    「ウェルチ」やなくて、「ベルチ」やったー! そこに感動っ!!!
    間奏中にひょいっとチバがイマイさんの所に行ったり、ハルキ君の所へ行ったり。
    しかもまぁ、ステップを踏みながら前に出て来たチバがっ、


    ものごっつい笑顔ーーーーーーーっっっ!!!!!!


    ホンマにこの笑顔が良くてさ、嬉しかったよ~!!!
    何かもう、「わーいっ!!!」ってな感じ!
    この曲、やっぱ今のThe Birthdayってな感じで好きだわっ。
    きっと、演る度にどんどん変わって行く曲なんやろなぁ。

    『MEXICO~』では、左目の端をゴーンと蹴って行く何か……って。
    自分の居る場所、ダイバー多発地帯になっとる!!!(←流されてチバ前にいたもんで)
    ダイバー出る出る転がる転がる押し出す押し出す!
    「夢はイーグルになること」で転がって行ったお兄さんはイーグルになれたじゃろうか……。

    ラストは『stupid』!
    ハルキ君がブンブン頭振ってるわ、オイラのいる辺りエライ事になってるわで。
    ご当地stupidは「渋谷AXの腹の中か!」って、そのまんまか!!!


    チバ「サンキュー」


    で、自分の頭上を飛んで行くチバピックとキュウちゃんスティック。
    おぉっ、やっぱりキュウちゃんのスティックは打ち上げ花火の様だ……。

    ------------------------------------

    と言う訳で。
    も、も、も……水ーーーーーーーっっっ!!!!!!
    ってな感じでフラフラとフロアから脱出。
    SHERBETS見たいけど、その前に水分補給せな死ぬ! 確実に死ぬ!
    今のワシ、まさに風呂上がり状態のびしょ濡れ!!!
    外にあるポカリでイオンサプライズして、一服して……あっ、そうや、汗拭きシート持ってるんやった!
    トイレでサッパリしましょうかね、とサッパリしてたら。

    さーむうぇー おーばざ れいんぼー♪

    お、お母しゃーん! SHERBETS始まったーーーっ!!!
    慌てて戻りますよ、えぇ、そりゃもう慌てて戻ります。

    ------------------------------------

    ◆SHERBETS:

    ベンジー「ニーハオ。We are SHERBETS!」

    おぉっ、間に合った間に合った! こちらは下手側でまったり見ましょうかね。
    あっ、そう言えばSHERBETSをライブで見るの、何だかんだ初めてかも。
    ゆっくりと遠くから広がって行く福士さんのキーボードの音、宇宙に放り出された様な感覚。
    その後に聴こえてくる仲田さんのベース。
    うーん、仲田さんのベース好きだわ~って。
    1曲目から『カミソリソング』デスカーーーッ!?


    01.カミソリソング

    メリーさんの羊~!
    ベンジーはシャカシャカマラカスを振りながら唄う!(←これ好きやー!)
    その後はマラカスを大遠投!!!
    もう思わず、「うぉぉおおおーっ!?」って叫びましたよ、意味もなく叫びましたよ。
    いや~、自分バット持ってたら豪快にこれを打ち返したい。


    ベンジー「Let's Party!」


    02.Super Tonga Party
    03.High School
    04.???



    おぉっ、『Super Tonga Party』好きー!!! ソロ名義曲もやんのやー!
    テンション上がったまま『High School 』でうわぁぁああいっ♪
    この後にやった曲、タイトル解らんかったけど好きだなぁ……。


    ベンジー「新曲を。ブードゥーダンス」


    05.ブードゥーダンス(新曲)
    06.Hippy Junky Surfer



    ベンジー「今日はThe Birthdayと俺達のライブに来てくれてありがとうね」
    客席「ベンジーもありがとーっ!!!」
    もうこれがですねぇ、めっさ即答の「ありがとーっ!!!」でして。
    ベンジーも思わず噴き出し、何て答えて良いのか解らず固まってるw
    ベンジー「え、と……、……どうもありがとう……」


    07.グレープジュース
    08.サリー
    09.小さな花



    『サリー』、福士さんのキーボードとコーラスが綺麗で綺麗で……。
    思ったんやけど、福士さんって声そのものがピアノみたいなんよね。
    んで……あのー……『グレープジュース』、歌詞が「オレンジジュース」に変えて唄ってましたよねぇ……?


    ベンジー「サンキュー、渋谷ベイビーズ」


    10.シェイクシェイクモンキービーチ
    11.WAY
    12.ジョーンジェットの犬



    もうこっからは! テンション上がりまくりー!!!
    近くに踊ってる女の子のグループがいたんやけど、もう「ベンジー大好き!」ってな感じでさ。
    それを見て、良いなぁ良いなぁ可愛いなぁ~って、幸せ気分。

    ↓ちなみに恒例(?)のシェイクシェイクモンキービーチ一言!

    ベンジー「クルーザー」
    福士「ハロー」(←可愛い可愛い可愛いっ!)
    仲田「にゃあ」
    外村「サンキュー!」

    ウチも駆け下りて行きたいよ、シェイクシェイクモンキービーチまで。

    あっ、そう言えばメンバー紹介があったのもこの辺?
    確か福士さんがタンバリン叩いてる曲の時やった気がするんやけど……???
    「キーボード……福士久美子」で福士さん、タンバリンを叩く掲げる!
    「ドラム・外村公敏、ベース・仲田憲市」で、右手を上げるお二方!
    お次は福士さんが、「ボーカル・浅井健一」ってこれまた可愛い声で!!!
    そしてベンジー、やたら仲田さんを見る。むしろ、「言え言え」と顔で言っている。仲田さん、照れ臭そうにしてはるw

    仲田「……We are……SHERBETS!!!」

    もうこれでドーンッ! 客席&気分がドーンッて盛り上がりやしたぜー!!!

    それよりも更に1番盛り上がったのは『WAY』!
    「何処から!?」って言いたくなるくらいどんどん人が突っ込んで来て、そらもう凄い事に!
    でもでもっ、その気持ち、解るー!!!
    「愛してるんだ 愛してないんだ どっちでもいいぜ」はウチがベンジーに捧げたい言葉どす。
    Many many many many many many many many ……WAY♪
    あっ、ラスト間近の「生き続けろ」の時、「生き続けろー!」と叫びながら突っ込んで来たお兄さんが微笑ましかったw

    んで、張り詰め切り裂くような高い弦の音が鳴って……『ジョーンジェットの犬』!
    静かにふつふつと高まって行く熱が堪らんわ~!
    テンション上がりすぎて、「犬ーーーっ!!!」と叫んでる自分がいましたぜ。
    ぬぉぉおおおっ、犬ーーーっ!!! ラストのセッション好きーーーっ!!!!!
    叫びながらSHERBETS終了ー!!!!!


    ベンジーが投げるピックの速度は素晴らしく、まるでスカイフィッシュの様でしたよ。


    そんでアンコール。


    ベンジー「ありがとう。こんな素敵な夜に、素敵……」(←言葉が続かずまた固まるw)
    客席「ベンジー頑張ってー!」
    ベンジー「……今日が楽しい夜になれて良かったなと思う。だから静かな曲をやります。新曲、『鼓動』、ラブソング」


    13.鼓動(新曲)
    14.君の肩にふれて



    『鼓動』ね、「旅行かばんは出来るだけひとつにしよう」って歌詞が何故かお気に入り。
    今日の自分がそうだったからかな?
    ラストの曲を聴きながら、ベンジーってどんなバンド名義でもずーっと人間の事を唄ってるんだなぁ、と。そんな事を考えて。
    SHERBETS、不思議よね。
    アルバムタイトルのイメージやろうけど、オーロラ、シベリア、冷たく張り詰めた透明な夜。
    そんなイメージがあるけど、宇宙って言うのかなぁ、何もない世界。
    何処か不穏な感じもさせるけど、寂しくないんよね。あたたかい血が通ってる。


    ベンジー「またね、バイバイ」


    ◆ROCK YOU LIVE vol.9@SHIBUYA-AX セットリスト

    The Birthday:
    6つ数えて火をつけろ/オオカミのノド/STRIPPER/LUCCA/ARLIGHT/LOVERS/ガーベラの足音/アリシア/ラリー/カレンダーガール/MEXICO EAGLE MUSTARD/stupid

    SHERBETS:
    カミソリソング /Super Tonga Party /High School /???/ ブードゥーダンス(新曲)/ Hippy Junky Surfer /グレープジュース/サリー /小さな花 /シェイクシェイクモンキービーチ /WAY /ジョーンジェットの犬
    En.
    鼓動(新曲) /君の肩にふれて


    ------------------------------------

    もうっ、ホンマに楽しかった~!
    だからとても名残惜しいけど、寂しいけど、帰る為の準備を。
    全身ずぶ濡れなので新宿のトイレで着替えて、夜行バス集合所へ。
    バス待ちの時にね、空を見上げたら綺麗な満月で。
    「折角の満月の日だっかたから、『PARTY PEOPLE』聴きたかったなぁ」と思いつつ。

    でもホンマに、今日のThe Birthday良かった~!
    あんだけメンバーが笑ってたら、そらもうこっちまで嬉しくなるっちゅーねん!!!
    毎回、The Birthdayってライブのどっかで掴めてないと言うか。
    どっかでステージとオーディエンスに距離が出来ちゃう瞬間があったりしたんだけど。
    まぁ、それがどうなって行くのかも楽しみやってんけど。
    でも今回はそれが全くなかった! それも嬉しくてさ~!
    いや~、やっぱええなぁ~、The Birthdayはっ!!!
    と再度確認した日でしたよ。
    ひょいと手を差し伸べて。それは見えないけど、差し伸べてる感じ。
    目の前にある、みたいな。

    ちなみに全然関係ないですが。
    何故同じパーマでも、チバと違いハルキ君は始終フワフワを保っていられるのか。
    それはきっと、ハルキ君がずっと頭を振ってるからだろう。
    ブンブン振る事によって常に乾かしているんだろう。そう結論付けてみました。
    こんな事言ってますけど、ウチ、ハルキ君がおらなここまでハマらなかったと思いやす。
    この子がおるから、The Birthdayは面白い!

    さて、次は8月16日のライジング! ボヘミアンステージ!!! yeah yeah♪

    Comment

    Leave a Reply


    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。