スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    SCOOBIE DO 『Funk-a-lismo!磔磔スペシャル』。

    2008年12月22日(月) 18:00/19:00
    SCOOBIE DO@京都磔磔
    『Funk-a-lismo!磔磔スペシャル』

    (敬称略)

    KC3H0038.jpg 

    ありがとう、絶景の尻見ポジション。
    コヤマ「俺はエロいだろ? エロとは微塵も関係なさそうな顔してるけどエロいの? うん」
    お陰様で良い尻納めが出来ました。

    ※非常に長い(ケ)なレポでございます。コヤマのMCが長すぎた故に。

    ------------------------------------

    やっちゃん&相方さんで参戦して来やしたよ~!
    やっちゃんがチケ番1桁台を叩き出したので最前列ジョー君とコヤマの間へ。

    さ~て、早速ハイネケンをグビグビ……あっ、後ろのお嬢さん方、どうしました?
    ペットボトル? 蹴っちゃうかもしれんけど足元に置いて良いよ~!
    タオル? 良いよ、柵に掛けとくよ~!
    すると隣りにいたお姉さんが話し掛けてくれる。
    おぉっ、関東から関西初参戦!? それは凄いっ!
    ジョー君ファンで、旦那さんもジョー君ファンだと言うお姉さん。
    子供が生まれたら“ジョー”って名前にしたいんだって。そう言うの、何か良いなぁ……。

    と、開演前から周囲の皆様のお陰で楽しくなってたんですが。
    ステージとの距離の近さに驚いてるやっちゃんが、「触れるんちゃうん?」と言い出す。

    するってぇと、(コヤマの尻に)手を伸ばしたら(尻に)触れちゃうかもしれない訳(尻)だな。
    幼稚っぽく手を伸ばして俺に触ってもいいぜ、指先が覚えてたって俺は正直じゃないぜ。


    OH YEAHーーーーーーー!!!!!!


    あっ、照明が落ちた。


    イカすぜ。

    ------------------------------------

    『A Chant For Bu』が流れ、後方の階段を見ると……。
    うぉぉぉおおっ、待ってたよ、FUNKY4! 磔磔に集った4人の男!!!
    ステージで後ろを向き、3人とアイコンタクトを取るコヤマ。


    ありがとう、絶景の尻見ポジション。良い年納めになるE尻だ。


    コヤマ「Ai! Hey,Everybody! You can get the funky "mellow" fellows. We are! We are! ScoobieeeeeeeeeeeDo!」


    01.PLUS ONE MORE
    02.路上のハードボイルド
    03.彼女のシステム
    04.Come On Now!
    05.アフィルグ



    コヤマの「FUNKY4! PLUS ONE MORE!!!」の言葉で一気に揺れ出すフロア!
    おぉっ、これは気持ち良い~♪
    そんで初っぱなからコヤマに顔を覗き込まれてるやっちゃん!
    更にやっちゃん&相方さんはマイクを向けて貰ったり~!
    リーダーは笑いながらジョー君に向かって歩いて行き、180度ターンして元の位置まで。
    そんなリーダーの後ろを嬉しそうに付いて行くジョー君。
    ピヨピヨピヨピヨ、と楽しそうなカルガモ弦コンビでございます。

    で、『路上のハードボイルド』来たーーーーーーーっっっ!!!!!!
    この流れはテンションアガるアガるっ!!!
    コヤマの「Come On!」を合図に、一斉に伸ばされた手と湧き上がった歓声に胸いっぱい!
    フロント3人も一斉に前に出て来るもんだから、歓声は更に大きくなるっ!

    『彼女のシステム』では右人差し指をこめかみに当てて、「僕2~3歳 わかんなぁい♪」と唄ってみせるコヤマ。体は横を向いてるけどね、目だけチロリとフロアを見てるの! 
    その唄い方と仕草、ちょいキュート! 思考停止しちゃいそう!

    そんで「月曜日の朝からとってもいい感じ」と、マイクスタンドに股間を擦り付けるコヤマ。


    おやおや……。


    あの娘のくれたご褒美がかなり効き過ぎてるみたいですな……。

    ------------------------------------

    コヤマ「Hey,Everybody! SCOOBIE DO Fank-a-lismo!磔磔スペシャル@京都磔磔 Meets PLUS ONE MORE.このスペシャルな今日の為に昔懐かしい曲もどんどんやっちゃう訳だけどよ、中には今日初めてSCOOBIE DOを見るって人もいると思う」
    客席「はーいっ!」
    コヤマ「そんな人には多分、懐かし過ぎて何の曲か解んないナンバーもあると思う! 終わってから帰りに、<今日のナガイケのベース良かったなぁ。でも俺、6曲から8曲解らない曲があったぞ?>って。うぅん」
    と、話してるコヤマの横でリーダーは堪え切れず笑ってはりますw
    コヤマ「でもそんな人も……」
    客席「踊るーっ!!!」
    コヤマ「そうっ! 知ったか振りでCoolに踊るんだよ! 俺達とおまえは1回でも100回でも関係ねぇ。いつだって俺達のライブは最初の1回だと思ってるからよ、Everybody!!!」
    コヤマ「そこにほら、京都磔磔にいつもはないミラーボールが。(←と、ミラーボールを指差す) 今日ここにミラーボールがあるって事は、あのミラーボールみたいにあんた等もキラキラ踊る訳だよ、Everybody! 踊れるだろ、Everybody!!!」

    コヤマ「最高のPartyを始めるぜっ! 最高のPartyを始めるにあたってあんた等の声を聴かせてくれよ! 声を聴かせてくれよぉぉぉおおおっ!!!」

    そしてミラーボールが回り始め……わぁっ、磔磔がダンスホールになっちゃった!


    06.真夜中のダンスホール
    07.キミとオレ
    08.Believer
    09.エイリアンズ



    もうね、「フゥ~♪」ってコーラスに合わせて回るミラーボールがホントに綺麗っ!
    んで、待ちに待ったクイック&ターンでは……だぁぁぁあああああ~~~っ!!??
    全員が左右にステップを踏むもんだから、かかか、体が勝手に揺れる~っ!!!!!
    ちゅか、「この柵は可動式かいっ!?」ってなくらい揺れるのよ~!
    楽しくて楽しくて、やっちゃんと一緒に「何これ何これ~!?」と笑っちゃいやした♪

    んでんで、「踊り疲れて酒を飲んで」と、ジョー君に覆い被さり腰を振るコヤマ。ジョー君は追い詰められ崩れ落ちて行きやす。
    おぉ、大人のエロさだ……そんな2人に客席も盛り上がっとる……ケモノだものここじゃむき出しのままだもの……。
    そしてウチの隣には、1番盛り上がってる人が。

    や子「やっ、ちょぉっ! #※◆♂§#※#§♂◆※◆♂§#……もぉっ♪」

    軽く絶頂を迎え嬉し気持ち良さそうでなにより、である。

    でもねぇ、このセトリ、ホンマに良かったなぁ……。
    「夜中一人泣いたりしちゃって そんな時は顔出しておくれ」と『真夜中のダンスホール』。
    そして、「帰り道に迷ったのはキミとオレだけだ」と『キミとオレ』、「明日の風向きはどうだい? 誰かのための今じゃない」と『Believer』。
    ちょっとした、1つのドラマを見てる様な感じでさ。歌詞に出て来る2人のね。
    そんなのが思い描けて感動的だったなぁ……。
    特に『Believer』、大好きな曲でね、一緒に口ずさみながら涙が出そうになったもん。
    そんな過去を歩いて来て、『エイリアンズ』で今の最新のスクービーの姿にまで戻って来た、ちゅーか。う~ん、上手く言葉に出来ない。

    そうそう、『エイリアンズ』の間奏のベースがむちゃくちゃ気持ち良かった~!
    ベースの音に乗るかの様に、軽く膝を曲げては揺れる様に小さくステップを刻むコヤマ。 
    そして、「ギター、ベース」と交互に指差しては、ターンを繰り返す。
    まるで無重力空間で踊ってるみたいでさ、本当に気持ち良さそうだったの~!

    ------------------------------------

    コヤマ「Thanks! 初めて見る顔が知ったかで踊ってるのもちゃんと解った(笑)」

    で、ここで何故月曜日にワンマンをしたか、と言う説明を。
    理由はただ1つ。
    メンバー全員、昨日のM-1が気になってしょうがなかったからw

    コヤマ「ここで山下達郎ならクリスマスソングを……」
    と言うなり、笑顔でギターを弾き始めるリーダー。
    客席「フゥ~♪」
    客席「聴きた~い!」
    コヤマ「今のはアルバムの1曲目、『FOR YOU』ってヤツの(笑)。アニアックでしょ? 誰も解んねぇっつの(笑)。この人山下達郎なら全部弾けるから(笑)」
    客席「やって~!」
    客席「唄って~!」
    コヤマ「<唄って>って(笑)」
    客席「RIDE ON TIME!!!」
    コヤマ「おっ? じゃあ予定にはないけど……いける?」
    とリーダーの方を向くも、既にフレーズを弾いてる。ちゅかあなた、山下達郎好きすぎw
    コヤマ「ベース大丈夫?」
    と、こちらジョー君も言ってる側から得意気にベースのフレーズを弾いちゃってます。
    モビーもすっかり準備万端で、コヤマを見てる3人の目は「後はシュウ君次第だよ?」と言わんばかり!
    するとコヤマがモビーを見て……

    コヤマ「ワン・ツー・スリー!」


    10.RIDE ON TIME


    わぁっ、本当にやってくれたぁぁあああ~っ! ありがとぉぉぉっ!!!
    本家よりも断然スクービーの『RIDE ON TIME』が好きなんよ~! 
    終わった後、隣にいるお姉さんと何度も「嬉しい!」と言い合っちゃいやした♪ わーいっ!

    ------------------------------------

    コヤマ「セットリストにはなかったんだけど、PLUS ONE MOREの願いには応えたいタイプなんだよ」(←と、拳で右胸を叩く)
    客席「おぉ~っ!!!」
    コヤマ「『GET UP』ってコンパクトアルバムに今やった『RIDE ON TIME』って曲入ってるから。今日も(物販に)持って来てるから良かったら(笑)」
    客席「ありがとぉぉおっ!!!」(←リクエストした兄さん)
    コヤマ「おまえが言ってくれたからだよ」

    コヤマ「えーっと、何の話をしてたんだっけ?(←頭をポリポリする) そう、クリスマス! 山下達郎ならここでクリスマスソングを唄うだろうけど、俺達SCOOBIE DOはクリスマスの曲がないから。でも次やる曲はこの季節には合わないけど、今の雰囲気にはピッタリだと思う」


    11.きまぐれ天使
    12.Private Lover



    照明が落ちてミラーボールだけの灯りになって……『Private Lover』へ。
    この曲のね、リーダーのギターの音がね、何て言うんだろ?
    立ち昇る真っ白な湯気、でも湯気の向こうには透けた肌が見える。
    そして小さく爆ぜるシャボンの音、ってな感じで、バスルームの中で反響してるみたいなの!
    そこへですねぇ、リーダーにピンクのライトっすよ……。
    髪もシャワーで濡れたみたいになってるんですよ……こっ、これは……


    エロッ…………。


    コヤマの気怠いハンドクラップも、どこかのぼせた感じがする……。
    ちなみにコヤマは歌詞通り、手の平をそっとつないだ後すぐ引っこめておりやした。
    ちゅか、「あふれ出したジャグジー 急いでひねる蛇口 ほんの一瞬我に返る 裸のオスとメス」って歌詞のね、「ほんの一瞬我に返る」って所がホンマにエロい……!
    そんでねぇ、「けだるいこの感じ」って所からのギターがこれまた泣ける……。
    後ろ髪を引かれると言うか、項にチリチリと視線が焼き付くと言うか……小さく胸をざわつかせる音でね。
    ちゅか、「街は17時」ってのがまた泣ける! 
    大人の男と女が17時なのにお別れっすよぉぉぉぉおおおおおおっ!!??
    そこが泣ける……そんでエロい……ちゅかリーダーエロいねん……エロ泣きやわ……。

    ------------------------------------

    コヤマ「……ヤベェッ、おまえ等すっげぇヤベェ……。エロい。おまえ等のGrooveで立ってるだけで気持ちイイ」

    と喋るコヤマに深く頷きながら、「エロい、エロい」と言ってはる相方さんw
    するとコヤマが目の前までやって来る。

    コヤマ「エロい?」
    相方「エロいっ」
    コヤマ「俺がエロい?」
    相方「エロいっ」
    コヤマ「俺はエロいだろ? (相方さんを覗き込みながら)エロとは微塵も関係なさそうな顔してるけどエロいの? うん」

    ↑スンマセーン! このやり取りに笑いを堪えるのに必死やったーーーっ!!!
    ちゅかやっちゃんも、「彼氏です」って言うたれよっw!

    コヤマ「さっき上(楽屋)で流行語大賞の結果を見てたんだけど(←と、携帯をいじるジェスチャー)、エントリーされてるのは知ってて<そう言えば何だったのかな?>って。見たら、“アラフォー”と、後、“蟹工船”? “蟹工/蟹工船”って書かれて。うん。何かガッカリしない? 流行語大賞なのにガッカリしちゃうのよ? もう2度と使いたくないでしょっ? 3文字もさ、“オモロー!”って3の倍数でバカになるから良いんだってさ。うん。3文字なら“lismo!”でも良いんじゃないの? <lismoー!>って。ちょっとバカくらいなら良いんだよ、それがウケるらしいから。でもバカになりすぎたら駄目なんだって。でもここに集まった俺達とあんた等は大バカをやりあって、本当にバカなんだよっ! もうどうしようもないくらいの! でもそれがFunkyでGrooveなロックンロールを生み出すんだよ、Everybody!!!」

    コヤマ「この京都磔磔、空調も少しだけ悪い磔磔だけど……(苦笑)……でも最高のGrooveだぜ。ここでメンバー紹介をしましょう!」
    と、メンバー紹介へ。
    コヤマが「今日ここに集まってくれたみんなのTime&Money&Soulに感謝します」と言うと、立ち上がってお客さんにお辞儀をする律儀なモビー。
    リーダーは言葉にこそしませんが、掻き鳴らしたギターで感謝の意を伝えてます。
    そんでジョー君は……うん、君はニコニコしてるね……うん、それで良いと思うよ……。

    そしてこの後、コヤマがなんちゃら喋ってた気がするが。
    何せ長すぎて覚えとらん。
    ジョー君が半笑いしてたのは覚えてるよ。

    コヤマ「2008年の総括みたいなMCになってるけどよ、2008年まだまだイケるぜまだまだイクぜ! 2008年まだイケるよなEverybody! 2009年に突っ込めトラウマティック・ガール!」


    13.トラウマティック・ガール
    14.勝手にしやがれ



    コヤマに何度も「跳べ!」と煽られて根性で跳ぶー! 
    コヤマはジョー君の横でよぉ解らんプチ卍ジャンプ連発でウザー!
    ギターソロではフロント3人が前まで来るもんだから、誰を見てええんか解らんー!
    えーっと、取り敢えずリーダーにしとこ! ヒューヒュー!!!
    あっ、相方さんコヤマにまた覗き込まれてる。どうやら本日のトラウマティック・ガールに選ばれた模様です。
    そんで今回リーダーの語りはなし。
    その代わりジョー君がドラム前で片膝を付き、モビーとリズム勝負!
    そんなジョー君と並んで立ち、後ろ向き&手の平で「もっと来い!」とフロアを煽るコヤマ。
    リーダーもドラム前で跪いて、ジョー君を見ながらペグをテキパキ巻いてチューニング。
    その後は飛びっ切りカッコEギターを聴かせてくれやしたぜ! 
    コヤマはまたもやプチ卍ジャンプウザー!


    そして……


    あっ、あーっ! やっちゃん、『勝手にしやがれ』やで! 
    やっちゃんが広島でジョー君にリクエストした『勝手にしやがれ』やで!!!
    と、思わずやっちゃんの肩を叩いたけど。
    やっちゃんは暫くの間、ただただコヤマを見ておりやした。言葉が出ない嬉しさってのもあるんだねぇ……。
    ウチはコヤマと一緒に「OH YEAHー!!!」と叫ぶ。
    コヤマがやっちゃんの前でハープを吹く。
    何だか涙が出そうだ。

    ------------------------------------

    ジョー君のベースでフロアが横揺れする中、コヤマがファンクサイン。

    コヤマ「<ダンスパーティー磔磔>で、<Yeah!>。これを4回行きましょう。まずは女の子から。行くよ? ダンスパーティー磔磔!」
    客席「Yeahーーー!!!」
    コヤマ「エロいね、リーダーの傷も癒えたよ」
    と、リーダーを見るとニコニコとコヤマを見ておりやす。いや、ニヤニヤだったかもしれん。
    コヤマ「次は男! 女の子にイイとこ見せてやってよ。ダンスパーティー磔磔!」
    客席「Yeahーーー!!!」
    ここでヒョイと後ろを見たら、みんなごーっつ笑顔! 周りにいる女の子の目はちょいとキラキラ! おっ、良いねぇ~、こう言うの大好きだぜ~。
    コヤマ「うん。みんな声綺麗。OK、次は全員で! ダンスパーティー磔磔!」
    客席「Yeahーーー!!!」
    コヤマ「最高だぜ、Everybody!」


    15.TIGHTEN UP
    16.The Thing
    17.Back On
    18.夕焼けのメロディー



    もうこっからは熱に煽られ当てられ記憶曖昧~!
    あっ、『The Thing』の「圧倒的な髪型で~」でコヤマがモビーを指差してたな。
    んでんで、ジョー君の回転から始まった『Back On』!
    って、あれあれ? リーダーよろめきながら回ってはる……; 
    ギターソロで腕をシェイクシェイクモンキーシェイクしてたら、コヤマが飛び付くようにステージ前方に用意された台までやって来る!
    んで、アホかっちゅーくらい腕をシェイキンシェイキン。ワー、ナニコノ生キ物???
    お次はジョー君までやって来て、糸の切れたマリオネット状態。
    パクパクパクパクパクパクパクパクパクパクパクパク……。
    と、音が聞こえそうなくらいお口をパクパクさせておりやした。

    ちゅか『Back On』でのコヤマ、かなーりぶっ飛んでたのか。
    バスドラに足を乗せてモビーを挑発し。
    ジョー君と2人で腰を振りながら絡み崩れ落ち。
    リーダーのギターにしゃぶり付き唄う。


    わ~ぉっ、エーロカッコEーーーーーーーっっっ!!!!!!


    そしてギターがチャララ~ン♪と鳴って……『夕焼けのメロディー』だ~!
    もうね、リーダーがごっつはしゃいでて、ギターを頭の上に乗せて弾いちゃったりしてるの!
    ラストはみんなドラムの前に集まってさ。
    ジョー君は片膝を着いて、右手だけで弦を鳴らす。おっ、それ格好良い!
    コヤマはジョー君の隣りに。
    リーダーは「最後、行くよ?」と見せ掛けて、一歩踏み込んでは後ろに戻る。
    そんでまた踏み込む、と見せ掛けては笑いながら後ろへと。
    ジョー君は夢中でリーダーの手元を見てる。
    モビーが「ジョー! ジョー、行くぞっ!」と叫んでる。


    が、ジョー君、全く気付いてない。


    モビー、次はリーダーを見て何やら叫んでる。


    が、リーダーも全く見てない。


    気付こうよ。


    でもそれでも、リーダーが本当に一歩踏み込んでギターを鳴らすと、最高のフィナーレを迎えました。
    正面を向いたコヤマの両脇に立つリーダーとジョー君。
    2人の背にコヤマが両手を添えると……リーダーが高らかにギターを掲げて。
    そのまま仰け反ってコヤマの腕に背を支えて貰いながら、ずーっとギターを鳴らしてました。
    本当に、本当に最高の瞬間だったなぁ……。

    ------------------------------------

    後ろにいたお嬢さん方が「新幹線の時間があるんで後ろで楽しんできます!」との事で、タオルとペットボトルを渡してここでお別れ。
    「バイバーイ! 気を付けて帰ってねー! またね~」と、ウチとやっちゃんと隣りにいるお姉さんとで見送る。とってもあたたかい時間。
    そこへまた4人が戻って来てアンコールへ!
    スーツを脱いでシャツ姿になったジョー君。
    フロアを見る目は、まるで「一杯呑みませんか?」ってな感じ。

    ------------------------------------

    コヤマ「呼ばれたって事はまだまだ俺達は必要とされてるんだな? Thank You!」
    そんで3代目チャンプタオルを手にして……
    コヤマ「新作のCHAMPタオル、少々値上がりして1枚1500円。振り回す物を持ってる人はこうして……(と、振り回す)……タオル持ってない人は……」
    客席「はーい!」
    コヤマ「手を挙げなくても良いから(笑)。でも今挙げた人、予約販売成立。待ってるから。まだまだ暴れたいんでしょ? そこにいるのを確認したいからよ。La-lalalalalalalalala---……歌って踊れ!!!」


    19.DRUNK BEAT


    念願のタオル回し来たーーーーーーーっっっ!!!!!!
    もう、埃がっ!!! 埃がもうっ一升瓶!!!!!
    ステップを踏んで後ろまで戻ったコヤマ、ベースを前後に振るジョー君と一緒に踊る踊る!
    そしてやさしいコヤマ、タオルを持ってない子に自分のタオルを貸してあげる。
    返して貰った後は、唄いながらポフポフと顔の汗を拭っておりやす。
    しかしまぁ、タオルが前に立ったコヤマのマイクコードに絡んで回らんよ一升瓶……。


    20.What's Goin' On(Funky4 ver.)


    ドエライ盛り上がってるのも解る。音がごっつ格好良いのも解る。
    でも、埃がーーーーーーーっっっ!!!!!!
    と咽せ続けて意識朦朧……としてたのか、本当に熱に当てられて意識がぶっ飛んでたのかは定かではない。
    朦朧としてる中、ウチとお姉さんの柵の間に足を乗っけたコヤマを見て、お姉さんとドキドキしながら笑った様な気もする……。ミシリ、と体重が乗った柵も。
    そして気付いた時には、コヤマがマイクスタンドを掴んで……


    21.Little Sweet Lover


    Yeah Yeah! Allright!!!
    代わる代わる前に来るリーダー・ジョー君・コヤマに、最前列はどえりゃー熱に包まれる!
    ちゅか、リーダーの手にウチの手が当たってるんですが……あの、それで腰を揺らされるとちょっとヘンな気分になるんですが……。は、はまりだしそうな衝動……。

    そんで、ブレイク!

    コヤマ「くだんねぇ事ばかりの世の中だけどよ、どんだけ悪さしても悪が悪にならねぇ世の中だけどよ! ロックンロールだけは裏切らねぇんだよ、本物なんだよっ!!! 定額給付で12000円貰えるんだって? それでSCOOBIE DOのライブに4回来てくれよ!!! くだんねぇ事全部吹っ飛ばしてやるからよっ!!!!!」

    んでコヤマがマイクを回し始めて、やっちゃん前の柵に身を乗り出す!
    ウチの横からやっちゃんが消えたー! やっちゃんどこー!? 
    あっ、コヤマの下!? するってぇと、コヤマが上だな!?


    ……かなりハラスメント……!!!


    ちゅか、そんな場合やなーい! 
    後ろからも横からも押しが凄くてもー! プラスワンモー!!!
    手、手が抜けん! 左手だけが何とかもー! 抜けたよもー!


    ……ハッ! コヤマの尻、尻、尻……!!!


    が、手の甲に3回も当たってもー! うずくヒップはタダでもー! コヤマ前後賞ー!!!

    それにしてもね。
    ラストにコヤマが「You can get the funky "mellow" fellows~」と叫ぶ前に、上手に並んで立ってたリーダーとジョー君がコヤマを見てたの。
    その時の2人の笑顔、本当に綺麗だったなぁ……。
    一直線上にコヤマの横顔とね、リーダーとジョー君の笑顔が見えたの!
    夕焼け色のライトに照らされてさ、これこそ“SCOOBIE DO”って感じだったよ。

    コヤマ「Thanks Thanks Thanks! You can get the funky "mellow" fellows. We are SCOOBIE DO! Thanks Now!!!」

    ステージの中央でNEW CHAMPタオルを掲げ、整列する4人。
    ジョー君はタオルの正面が解らずモタモタしてるので、コヤマが覗き込んで確認してあげる。
    全員でちゃーんとタオルを掲げた後は……大きく一礼~!
    その後、コヤマはキメの投げキッス。リーダーはまた一礼。ジョー君は楽しそうにフロアを見てます。
    モビーは椅子の上に立ち、携帯でお客さんを記念撮影。上手く撮れたかな? 
    そして前までやって来て、もう1度客席にお辞儀。

    そんで後ろを振り返ったら、階段上でCHAMPタオルを腰に当ててるコヤマが!
    そこへ、タオルを手に楽屋から戻って来たリーダー。
    コヤマの横にしゃがみ込んでね、自分とコヤマのタオルをクロスさせたの! 
    もうね、そん時のリーダーの楽しそうな顔と言ったら!
    今日1番楽しんでたの、リーダーなのかもね。正にLIVE CHAMP!

    コヤマ「では恒例のを。1、2、3、4でご唱和下さい。……1、2、3、4……」
    客席「Funk-a-lismo!!!」


    2008.12.22 SCOOBIE DO@京都磔磔
    『Funk-a-lismo!磔磔スペシャル』

    -セットリスト-
    PLUS ONE MORE/路上のハードボイルド/彼女のシステム/Come On Now!/アフィルグ/真夜中のダンスホール/キミとオレ/Believer/エイリアンズ/RIDE ON TIME/きまぐれ天使/Private Lover/トラウマティック・ガール/勝手にしやがれ/TIGHTEN UP/The Thing/Back On/夕焼けのメロディー
    -アンコール-
    DRUNK BEAT/What's Goin' On(Funky4 ver.)/Little Sweet Lover


    ------------------------------------

    ありがとう、ありがとう!
    こんなライブ、初めてかもしんない! 楽しくて嬉しくて幸せで気持ちの良いライブ!!!
    どこを取っても、プラスの感情しかないのね。
    熱に煽られ当てられ高揚感で、ちょいと意識が飛んじゃう。そんなライブでした。
    今年のライブをこの磔磔で収められて、本当に幸せだったなぁ……。

    4年前まではSCOOBIE DOのワンマンに足を運んでて。
    でも、疎遠になちゃった。行かなくなちゃった。イベントとかでは年1回で見てたけど。
    他のバンドとのコラボとかさ、大きくなって行くのが自分の好きなSCOOBIE DOじゃなくなったから。4人だけでの、小さなハコでのSCOOBIE DOが好きだったからなぁ……。
    でもなぁ、不思議とこの4年間を後悔はしないんよね。

    今またやっちゃんのお陰で足を運ぶようになって。
    そこで気付いたんが、「昔よりも、もっともっと大好き!」って事かな。
    初めてSCOOBIE DOのライブを見て感動した時よりも、今のがもっと感動してるんよなぁ。
    4人の音、パフォーマンス、聴覚と視覚で、全力で楽しませてくれるからね。
    そこで生まれる熱がもう堪らないくらい気持ち良い! 大好き!!!
    ホンマにいっぱいのありがとうを伝えたい! やっちゃんにもSCOOBIE DOにもありがとっ!

    ここで会ったお姉さん達とも、また会えると良いなぁ……。

    Comment

    • 2008/12/31 (Wed) 00:57
      エリー #- - URL
      あの娘の涙の理由が分かったら。

      >やっちゃ。

      Thanks Thanks Thanks! 読んでくれてありがとう!
      ライブの記憶とかそんなのが思い出せたならウチも嬉しいな~♪
      でもウチ、“尻”と“エロ”しか書いてへんぜよ。

      ウチもやっちゃと一緒に行けて嬉しかったし楽しかった!
      広島のライブな、今でもすっごい残ってる。ウチも今までのライブの中で1番のライブやった。
      京都なんか、ホンマに「ライブ!」っちゅーか、ウチの求めてる“ライブ”やったもん。
      息苦しいから意識飛ぶんやなくて、高揚感と気持ち良さで意識が飛んだもんなぁ。
      ホンマこちらこそ、どうもありがとやで~!!!

      2月までホンマに長い(ケ)やんなぁ?
      でもあんまり行き過ぎると……ってのもあるから、2月の岡山を楽しみに待つねん!
      ドゥーのメンバーにもお礼言いたいよね。

      プチ卍ジャンプもやけど、ハープ噴いた後に見える唇も大概イラーッ!やったでw
      そうそう、お祭り騒ぎよりもダンスパーティーのが良いよね~。
      真っ暗なホールが赤い照明で照らされて、そんで4人の音と熱で踊るってのがね。
      ウチもエロカッコダサカワモッサEー!なFUNKY4が大好きやで♪

      勿論、来年もやっちゃとライブに行く気満々さ~!
      遠くにも出掛けて、その土地もライブも楽しもう! んで、いっぱい笑ってバカになろう!!!

    • 2008/12/29 (Mon) 22:54
      や子 #oyCfJ0mM - URL
      (´;ω;`)ブワッ

      レポ乙!長(イケ)!
      読ませてもろて、あの時の熱が蘇って泣けてきたよ。えっちゃんの文章の書き方にも泣けてきたよ
      冬RUSH行ったけどさ…今年のライブ納めはスクービーって感じやわ。冬RUSHはおまけ、みたいな(^^;

      えっちゃんと一緒に行けて嬉しかった!楽しかった!
      広島と磔磔と…今年とは言わず、今まで見てきたライブの中でも最高のライブやった。
      こちらこそ、どうもありがとうね(=^^=)

      来年2月まで長い(ケ)やわあ…既に耐えられん!聴いてるだけで涙出そうになるもん。重症。
      来年もえっちゃんと一緒にいっぱいライブ行けると良いな。音楽って素晴らしい!

      …卍ジャンプ、確かにうざー!やった笑
      エロカッコダサカワE!なFUNKY4が大大大好きっっ!!彼らだけの音が大大大好きっっ!!ロイヤルファンカリスモ(DVD)みたいなお祭り騒ぎよりも、ライブハウスで4人の音がぶつかり合うのが良いよう。

    Leave a Reply


    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。