スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Different Strokes in OKAYAMA@岡山CrazyMaMa 2nd Room!

    KC3H0040.jpg

    昨年11月から待ちに待った岡山ドゥーwithやっちゃん&ケイ姉さん!
    ホテルにチェックインする前に、会場下でギターリーダーマツキタイジロウと遭遇したり。
    チェックイン後はラコスバーガーで2時間近くまったりまったりしたり。
    お金を入れてないのに稼働するプリクラにビックリビックリしたりする。


    そんな感じのSCOOBIE DO×THE NEATBEATS@岡山CrazyMaMa 2nd Room。


    明けまして(下尻に向かって)おめでとうだバデー。 良いねっ。そう、その感じ。
    しかしまぁ~、真鍋さんもコヤマもよぉ喋る事喋る事!
    喋りすぎる男は嫌いなワタクシですが、真鍋さんとコヤマ、そして増子兄ィはOKなのです。
    そして開演前にやっちゃんのお友達さんとRSRの事をお話し出来て嬉しかったよ。

    さてMCはと言いますと、

    【THE NEATBEATS】

    真鍋「ゆーでたまごーって。 あっ! おまえ等今日帰ったらYOU TUBEで“板東英二 ゆでたまご”で検索するやろ!? 知ってるで~!」
    真鍋「俺等で盛り上げんとな、後のスクービー出てこぉへんでー(笑)。俺等で盛り上がったらな、コヤマシュウ先生も<ゆーでたまごー>言うてくれるかもしれんで? (板東英二の物真似で)<ウィーア~! ウィーア~!>って言うてくれるわ(笑)。今頃楽屋で大爆笑しとるで、あいつ等!」

    真鍋「スクービーの曲で『ROPPONGI』ってあるやろ? あれ、若麒麟の事を唄った曲やからな。<夜は六本木~♪>って。六本木のタワレコでCD買いに行ってるとこで捕まったやろ? あんなお相撲さんがタワレコおったらそら目立つ! しかも六本木のタワレコ! そら目立つっちゅーねん!」
    土佐「デッカイ人おったらね(笑)」
    真鍋「お相撲さんはamazonでCD買うとけ言うねん! あっ! 俺もamazon見たりするねんけどな、あれ下に“この商品を買った人はこんな商品も買っています”って出るやろ? あれ、たまに<何でこれ買った人がこれ買ってんねん!?>って言うのあるよな? もう横に(スクロールして)ズァァァアーってどこまで行くねんって。“これを見た人の何%がこれを買ってます”ってのもあるやん? それでニートビーツ見たらな、10%!!!」
    土佐&浦大「(爆笑)」
    真鍋「10%しか買ってへん! 10人に1人やで!? 少なっ!!!」
    土佐「1人でも買ってくれてる!(笑)」

    真鍋「(自分の前に)全然お客さんおらん! スッカスカや! 去年からこんなん続いてるけど何で!? グリーン車や、そここだまのグリーン車や! (奥野お客さんに向かって)まだ席空いてるでー(笑)」
    土佐「そこ(ドリンクカウンター前)は2階席ー(笑)」
    真鍋「新幹線に2階席あらへんわ(笑)。あっ、俺な、こだま大好きやねん。特に初期のな。可愛いねんでー! こんな顔(と、可愛い顔を)して<こだまv>って感じなんよ。今のこだまは(悪そうな顔をして)<こだま>って感じやけどな。<時々のぞみにもなります>って(笑)」
    浦大「(大爆笑しながら)お腹痛い……!」
    真鍋「そこ笑い過ぎ!」
    土佐「(浦大の顔を見て)汗かきすぎっ!」

    真鍋「もうええ? もう言いたい事あらへん? ……お母さん膝が痛いねーん!」
    土佐「オカン(笑)」
    真鍋「<お母さん腰痛いわあ~>ってオカン言うけど知らんがなっ!」
    土佐「言うな、オカンよぉ言うな(笑)」

    ------------------------------------

    【SCOOBIE DO】

    コヤマ「Ai! Hey,Everybody! You can get the funky "mellow" fellows. We are……We are! ScoobieeeeeeeeeeeDo!」

    コヤマ「2009年の大ヒットナンバー行きましょう、トラウマティック・ガール!!!」

    ~トラウマティック・ガール中~
    コヤマ「ギターでしか語れない、いや、ギターでしか語ろうとしない男、リーダーギターマツキタイジロウが今日ご来場の皆様にこう申し上げております。(小声で)“ゆーでたまごー”Everybody……そして“坂東英二”! こう申し上げておりますEverybody!!!」
    コヤマ「リーダーのギター聴きたい? リーダーのギター聴きたい!? それならもっと声出して、もっともっと踊れるよな!? イケるよな岡山!? ニンゲンヤメテ・バカニナレ!」
    コヤマ「床が抜けるくらい飛び跳ねてくれっ!」

    コヤマ「You can get the funky "mellow" fellows.We are “LIVE CHAMP” SCOOBIE DO!」

    ~DRUNK BEAT前~
    コヤマ「La-lalala-lalalalalalala-……そうOK! 次は坂東英二で! オマエの中での坂東英二で良いよっ! 次はこうやってタオルを(回して)。SCOOBIE DOのタオルでもNEATBEATSのタオルでも別のバンドのタオルでも何でも良いから。こうやって……OK! 唄って踊れ!」

    コヤマ「Thanks! さっき出てたNEATBEATってコミックバンド、漫才も出来て格好良いロックンロールも出来て笑いも取れて、本当に良い前座バンドだよ! こんだけ盛り上げてくれる前座他にいねぇよ? 面白いから明日の松山にも連れて行こうと思う!(笑)」
    コヤマ「(楽屋へ続くドアを見ながら)あっ、良いから出て来なくて(笑)。ここで言っておいたら明日の松山では江頭の格好で出て来るかもしれねぇよ? 黒のタイツでリーゼントのエガちゃんみたいな(笑)」
    真鍋「こら!(笑)」
    コヤマ「(笑)Mr.PANさん、あんなに喋るリーゼントいねぇよ?(笑)」

    コヤマ「うぅん。品良くって言うじゃない? 品良くってのはよ、本当は思い切ってやりたい事をスローモーションでやる事なのよ」
    客席「???」
    コヤマ「うん。例えばめちゃくちゃ腹減ってて一気に飯を喰いたい時ってあるでしょ? ウチんとこのドラムのモビーはラーメンだったらズバズバいくけど。でも本当はそうしたい所を敢えてナイフで切るのがそう言う事なのよ。でも俺達はまだ踊り続けたいだろ? ここCrazyMaMa 2nd Room。地上から5階のビルん中にあるけどよ、外に迷惑掛けても俺とアンタ達は踊り続けるんだよEverybody! 踊り続けてアホになれ。ミラーボールみたいに回り続ける俺とアンタ達には仕切りなんてねぇよ。ステージの俺とそこにいるオマエは繋がっているんだよ、Everybody! ここにいる俺とアンタ達に地続きの幸せがあれ」

    コヤマ「メンバーの紹介をしましょう! ドラムはファンキーマエストロ・オカモト"MOBY"タクヤ! ベースは次世代のファンタジスタ・ナガイケジョー! ギターはリーダー・マツキタイジロウ! そしてスウィートソウルスィンガー・コヤマシュウ! 今日ここに集まってくれたアンタ達とさっき出たNEATBEATSと2nd Roomとその人達のTime&Money&Soulに感謝します、Thanks!」
    客席「シュウさーん!」
    客席「(低い声で)モビー!」
    コヤマ「<モビー!>、良いねっ(笑)。ちょっと<今日のモビーのドラム調子オカシいの?>みたいな感じで(笑)」
    コヤマ「さっき出てたNEATBEATSのMr.PANさんが言ってる事の9割が意味ないからね。日本でそう言う人の1位が高田純次、2位がMr.PANさん、3位は……あー、その2位と争ってんのが怒髪天の増子さん。俺も本当はその一角に入りてぇんだけど。俺も意味のない事を言ってやりてぇのよ? でも育ちも品も良いもんだから、ついつい良い事ばっか言っちまうんだよなぁ(苦笑)」
    コヤマ「Mr.PANさん意味のない事ばっか言ってるけど、でも時々真面目な事を言うんだよ? <このCDはモノラル録音しました>、誰もそんなの知りたくないって(笑)」
    客席「坂東英二~!!!」
    コヤマ「こらっ!(苦笑) <坂東英二~!>って、ここからはノー坂東でお願いするぜEverybody.(頭をポリポリしながら)えぇっと、何の話をしてたんだ? ……そうっ! さっきNEATBEATも言ってたんだけどNEATBEATの(企画した)カバーアルバムに参加して、それが4月に出るらしいんだけど、俺達も新しい音源を出そうってんだよEverybody.3月からレコーディングに入って夏には出せると思う。うぅん。それまでは『BOOTLEG-TIC GIRL』って言う会場限定のアルバムを1000円で売ってるからそれを楽しんでくれたら。BOOTLEG-TIC GIRL、海賊盤。『BOOTLEG-TIC GIRL』と言う名前だけあって海賊盤的なアルバムになってんのよ。その手のマニアも手を出さずにはいられないヤツになってるからよ、Everybody!」

    コヤマ「Mr.PANさんも寝る時は全裸でベッドに入ってんだよ。俺等もそんくらいのやり方でエロくやるんだよ。一夜限りの情事? 俺達にはそれを受け入れる度量があるからよ。こんな時にピッタリの曲をナガイケジョーに決めて貰おうか」

    ~TIGHTEN UP中~
    コヤマ「ロックにはコール&レスポンスってもんがあるんだけど、今日はアンタ達のレスポンスだけでやって貰おうか。<ダンスパーティー・オカヤマ>で<Yeah!>。レスポンスはさっきのNEATBEATでみんな上手くなったじゃない? <黒いジャンパー><裏地は赤のチェックだー!>じゃねぇよ? <ダンスパーティー・オカヤマ><Yeah!>、やってみようかっ!」

    コヤマ「Oh Yeah!!!」

    ~アンコール~
    コヤマ「アンタ達に眠って欲しくねぇんだよ! 1度目を覚ましたら眠って欲しくねぇんだよ!!! ここにいるアンタ達とさっき出たNEATBEATSと2nd Room。約束はしねぇけど年内にまた岡山に来るからよ。だから眠らずに踊り続けて待っててくれよ、Everybody!!!」

    コヤマ「Thanks Thanks Thanks! You can get the funky "mellow" fellows. We are SCOOBIE DO! Thanks Now!!!」

    コヤマ「では、1、2、3、4、でご唱和下さい……1、2、3、4!」
    客席「Funk-a-lismo!!!」


    とまぁ、こんな具合でね。
    元レーベルメイト同士ってなだけあって、楽しそうな真鍋さんとコヤマのやり取りにこっちまで楽しくて面白くて笑っちゃうライブなのでございました。
    ケイ姉さんにもスクービーを楽しんで貰えて良かったなぁ~♪


    それにしても。


    しゃがんでたコヤマから赤いおパンツがチラ見出来ましてね、そこには白字で“MY SWEET”って書いておりやした。
    いやぁ、流石“スウィートソウルスィンガー”と名乗ってるだけあるね。イカすぜ。
    さて、セットリストは続きに掲載!
    コヤマの口から兄ィの名前が出た瞬間、めっさ噴いたんだバデー。

    2009.02.10 
    SCOOBIE DO×THE NEATBEATS@岡山CrazyMaMa 2nd Room
    『Different Strokes in OKAYAMA』

    THE NEATBEATS-セットリスト-
    YAH! YAH! YAH!/HEEBY JEEBIES/オレに任せろ/HAMBURG TWIST/黒いジャンパー/真空パック etc…

    SCOOBIE DO-セットリスト-
    彼女のシステム/左胸のボス/トラウマティック・ガール/DRUNK BEAT/(MC)/真夜中のダンスホール/キミとオレ/ROPPONGI/(MC)/TIGHTEN UP/OH YEAH!/Back On/夕焼けのメロディー
    -アンコール-
    Get Up


    もう何が嬉しいって念願の『左胸のボス』が聴けた事~!
    『DRUNK BEAT』ではコヤマとガン見し合いながら唄ったり、『TIGHTEN UP』のモビーコールではマイクを向けて貰ったりで、こちらも嬉しかったのだ♪
    そんで、『真夜中のダンスホール』でのコヤマとジョー君の絡みがごーーーっつエロくて! コヤマのイキ顔がホンマにヤバくて! 更にその後、リーダーのギターに……わーお。お陰様で寝る寸前まで悶々としてましたわ。
    『キミとオレ』では「でも何も間違ってないのは キミとオレだけだ キミとオレだけだ」って所でマジ泣き。もう……泰ちゃん……。
    あっ、泰ちゃんと言えば『ROPPONGI』での泰ちゃんがどえりゃー格好良かったです。
    泰ちゃんが揺れる度に手元が照らされたり、ギターが照らされたり、髪が照らされたり……。照らされるってよりも、一筋の線になったライトが落ちて来てる感じ。ネオン。きっと夜の六本木はこんな街なんだろうマツキタイジロウ。
    『Back On』ではブッ飛びすぎた所為か、一瞬「あれ? 音が聴こえない」ってなったなぁ。コヤマだけ動いてる、みたいな。

    そして終演後は、出演者の方々とちょいとお話させて頂きました~。

    真鍋さんに「今日はニートの日(2/10)ですよ」と伝えると、「なんでそれをライブで言わへんねん!」と言われましたが……いや、あなたのあの怒濤の喋りの何処でこれを言えと……。
    ほんでやっちゃんがジョー君とお話出来た! 差し入れのチョコも渡せた! 良かった~!
    昨年11月の広島でリクエストした曲を、12月の京都&神戸で聴けて嬉しかったと伝えると、「覚えていたから」と得意気に笑うジョー君。ちゃんと「Cave-Beでしょ?」と、広島の事を覚えてくれてはりました。ホンマにありがとう!

    で。

    やっちゃんがリーダーに「ナガイケさんにチョコ渡したんですけど、甘い物大丈夫ですか?」と聞くと、ニッコリ笑って真っ直ぐに前を見ながら……「大好きです」とリーダー。
    ウチが帰りしなに「どうもありがとうございました」とお辞儀をすると、小首を傾げてニッコリ笑いながら手を振り……「またね」とリーダー。
    それに2人して「ズドーン!」とハートを撃ち抜かれたのでありました。恋のスナイパー・マツキタイジロウ、恐るべし……!!!

    後ね、コヤマの「ここにいる俺とアンタ達に地続きの幸せがあれ」「1度目を覚ましたら眠って欲しくねぇんだよ」「約束はしねぇけど……」って言葉が良かった。本当に良い夜だったよ。

    Special Thanks:やっちゃん&ケイ姉さん ありがと!

    Comment

    Leave a Reply


    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。