スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    38 NIGHTS ON FOOL@Zepp Osaka!

    20090324024824

    お店から流れて来る『SHINE』を聴きながら見た夕焼けがとても綺麗。
    そして会場前で友達(二日酔い)に遭遇するも、中に入れば速攻ではぐれたりもする。
    これぞメッチャテキトー・ライブクオリティー。
    だってZepp広いんだもん。


    そんな感じのThe Birthday@Zepp Osaka。


    ぬゎんと! アンコールを5曲もやってくれやしたよ~!!! 
    そしてチバはバッサリと髪を切ってチバッサリーの、ハルキ君はよりフワフワ~の、イマイさんは白の革ジャケ姿でエルヴィス度マシマシーのでございやした。
    それにしてもまぁ、オーディエンスが凄くてイマイさん側では大モッシュが発生!!!
    『カレンダーガール』ではPVよろしくその場にいた皆様が踊り始め、肩を組んだり笑い合ったりとホンマに楽しかったのですよ~!

    さてMCは、
    チバ「Alright!」
    客席「ハルキ! 今日もパーマキマッてるね!」
    客席「チバさーん!」
    チバ「ナンデヤネーーーン!」
    イマイ「(笑)」

    クハラ「カーネル・サンダースが見付かって良かったですね」
    客席「おぉーっ!!!」
    客席「俺も良かったと思うー!!!」

    客席「イマイさーん!」
    イマイ「わぁーーーっ(笑)!」

    ~アンコール①~
    チバ「(WBCのクリアファイルを掲げてニヤリ)これ演るわ」

    チバ「サンキュー、ありがと」

    ~アンコール②~
    チバ「ありがと。(ギターを爪弾き)もうちょっとだけやらせて」
    チバ「もう1曲おまけ!」

    チバ「ありがと、サンキュー。またね」

    そしてご当地スーツケースは「でも新世界は好き」、イマイさんのヌードトークはキャンドルを手にして「I Love You 大阪なんでやねーん(笑)! ベース・ヒライハルキ! ドラム・クハラカズユキ、キューちゃん! ミー・イマイ! ボーカル&ギター・ロックンロールジーザス!」でございやした~。


    しかし、まぁ。


    チバの「ナンデヤネーーーン!」に「なんでやねーん!」と心の中でツッコミを入れた方。かなりいたんじゃないかと思います。
    そんでやっちゃん、まさかそんなニアミスをしてたなんて! 次は一緒に見に行こう・ぜ!
    と言う訳で、やっちゃんのレポはこちら! 
    そしてセットリストは毎度お馴染み続きに掲載でございますよ~。


    2009.03.21
    The Birthday@Zepp Osaka
    『38 NIGHTS ON FOOL』

    -セットリスト-
    まぼろし/グロリア/ビート/猫が横切った/(MC)/かみつきたい/タバルサ/JOIN/マスカレード/(MC)/KIKI The Pixy/オオカミのノド/STRIPPER/(MC)/ALRIGHT/シルベリア19/LUCCA/カーニバル/(小休止)/あの娘のスーツケース/ローリン/カレンダーガール/涙がこぼれそう
    -アンコール①-
    クォーターパウンダーCM曲/アリシア
    -アンコール②-
    MEXICO EAGLE MUSTARD/Nude Rider/45CLUB

    1曲目から「うわっ、格好良い!」と興奮し、『猫が横切った』でガンガン頭を振りまくるハルキ君を見て「今日はかなりヤバそうな気がする!」と思ってたらホンマにその通り! ひたすら「格好良い!」に尽きるライブでございました。アンコール②の怒濤の3曲はマジでヤバすぎでしたぜっ。
    『ローリン』ではチバが「ヒライハルキ!」と叫んでからベースソロへ! その後アドリブで唄い始めて客席とコール&レスポンス! それにどんどん上がっていく客席と音のボルテージ、突き上がる拳、歓声、眩しい照明。音が広がってフロアを包み込んで行く様が本当に綺麗だったなぁ……。
    『アリシア』ではイマイさんが自分のマイクをフロアに向けてくれたり、前まで出て来たチバは直ぐ真下にいるファンを見て、奥にいるファンを見たりとね。そんな些細な事が嬉しくて堪らなかったのでありやす。
    そう言えば、最初のアンコールの時にチバがオールバック姿でして。“真っ赤な照明の中オールバックで唄うチバ”ってのを見て、「あぁ、懐かしいなぁ」と笑っている自分がいて。同時に、「もっと見ていたい」って胸を鷲掴みされた様な感覚に襲われたけど、でもそれは過去も今も大好きだと言えるからなんでしょうなぁ。

    そして終演後には、流れ出した『BITCH LOVELY』を口ずさむ声があちらこちらからと。
    今回のツアーではステージからあたたかさを感じる事が多々ありましたが、この日はお客さんからもそれを感じられたのでありやした。

    さて長々となりましたが、これでウチの『38 NIGHTS ON FOOL』は本当の本当におしまい。でも旅はまだ続くのさ。
    お会いした方、レポを読んで下さった方、本当にありがとうございます。
    このツアーを追い掛け、今のThe Birthdayのライブを見れた事がホンマに幸せでした。
    そしてウチが何度も良いなぁと思えた事を少しでも感じてくれたのなら、それが何よりも嬉しいと思います。

    Comment

    Leave a Reply


    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。