スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    KURIDAMA 09~栗秋魂~ CAPITAL RADIO 09 前夜祭@京都MUSE!

    20090422225229.jpg

    この2ヶ月、待ちに待ったイベントでございます、KURIDAMA!
    毎度お馴染み親友のやっちゃんが、スクービー友達にウチの事をこう紹介するんですなぁ。
    「えっちゃんコヤマの尻好きやねん。後、兄ィの尻も」
    お陰様でねぇ、「今日は尻に被り付けましたか?」とまで聞かれるようにまでなりやしたよ。
    もう包み隠す事なくこのまま突き進んでやろうかと思います、ライドーン!
    ちゅーか、ドゥーの1曲目でベルトが壊れてましてね、飛び跳ねる度にジーパンがズレまくりでワシの尻が大ピンチ!!!


    そんな感じのKURIDAMA'09~栗秋魂~ "CAPITAL RADIO '09 前夜祭"@京都MUSE。


    出演はSCOOBIE DO、怒髪天、ニューロティカ!
    昨年11月の広島CAVE-Beに続く個人的に祭りなライブでございます。
    直前でシークレットアクトが決まりましてね、誰だろ誰だろ~……と幕が開いたら。


    坂詰「こんばんは。KURIDAMA!」


    TELEZUMEでした。
    (※怒髪天の坂さんがテレキャスを持って唄う1人ユニットです)


    坂詰「この後もロックでファンキーな人達が出ます。ヤバいよ。私は普通でスイマセン」


    むしろ坂さんがヤバい。


    とまぁ、こんな具合で客席が程良く冷え切った所で、主催者の清水音泉・栗秋君が登場!
    「恐れ多いながらも音魂からイベントのタイトルを取らせて頂きました」とご挨拶。

    そしてトップバッターは……お待ち兼ねのSCOOBIE DO!

    ------------------------------------

    ◆SCOOBIE DO:

    コヤマ「Ai! Hey,Everybody! You can get the funky "mellow" fellows. We are……We are! ScoobieeeeeeeeeeeDo!」

    コヤマ「Hey,Everybody! 栗秋魂09、ここからの40分どうぞよろしくお願いするぜ、Everybody. 俺達SCOOBIE DO、怒髪天さん、ニューロティカさん。誰かに見たと言っても自慢にもなんねぇけど(笑)、今日ここに集まったアンタ達は最高だぜ、Everybody!」

    ~トラウマティック・ガール中~
    コヤマ「2009年初の京都で、ギターでしか語れない、いや、敢えてギターでしか語ろうとしない男、SCOOBIE DO ギターリーダー・マツキタイジロウが今日ご来場の皆様にこう申し上げております、Everybody! ビールでヘベレケなリーゼントの全日本労働戦士党党首や、ロックンロールをやり続けるピエロ先輩みたいに、敢えて人間を辞めませんか? 人間を辞めれますか!? ニンゲンヤメテ・バカニナレ!」
    コヤマ「MUSEの床が抜けるくらい飛び跳ねてくれっ!」

    ~DRUNK BEAT前~
    コヤマ「まだまだイケるでしょ? こうやって(タオルを)回して……SCOOBIE DOタオルでも怒髪天でもニューロティカのタオルでも良いよっ、アンタがそこにいる事を教えてくれ! タオルがない人は手をこうやって(振り回して)、手を回さない人は最高の踊りを踊ってくれよ、Everybody! よしっ、お次は声を出して……La-LaLaLaLaLaLaLa-……藤原紀香の気持ちで! (客席にマイクを向ける)……おっ、前向きだね、OK! 悲しみを宇宙まで吹き飛ばして下さいっ。ノ・リ・カ・ノ・キ・モ・チ!」

    コヤマ「メンバーの紹介をしましょう! ドラムはファンキーマエストロ・オカモト"MOBY"タクヤ! ベースは次世代のファンタジスタ・ナガイケジョー! ギターはリーダー・マツキタイジロウ! そして、スウィートソウルスィンガー! スウィートソウルスィンガー・コヤマシュウ! 今日ここに集まってくれたアンタ達のTime&Money&Soulに感謝します、Thanks! そこ(バックドロップ)にあるCAPITAL RADIO ONEと、怒髪天さんとニューロティカさん、初めての京都MUSEにも感謝します、Thanks! そして俺達SCOOBIE DOを呼んでくれた栗秋魂の首謀者である栗ちゃん。栗ちゃんにも感謝します、Thank You!」

    コヤマ「栗ちゃんの好きなバンドは怒髪天さんやニューロティカさんや……(苦笑)……後、NEATBEATSに、勿論俺達SCOOBIE DO。その辺っつうか、そう言うバンドばっかで。うぅん。みんな本物のロックンロールのバンドでさ。さっきそこ(裏)で栗ちゃんが<今日はSOLDじゃない>って落ち込んでたんだけど、SOULD OUTのつもりで踊ろうじゃねぇか、Everybody!?」
    客席「Yeah-!」
    コヤマ「お。良いねっ(笑)。セレブみたい(笑)。定額給付金もロックンロールに使うんでしょ? 馬鹿になりに来たヤツも元から馬鹿なヤツも、もっともっと馬鹿になりたいんでしょ? やり方は簡単。一緒に声を出して、<Yeah Yeah Arlight!>、まだまだイケるよなEverybody!」

    コヤマ「6月17日に退屈まみれの曇った世の中を貫く一点の輝きみたいな(人差し指で遠くを指差す)NEW ALBUM『SPARKLE』がリリースされるから良かったら。『スパッと切る』じゃねぇよ(笑)?(←袖を切る振りをする) それまでは22日に出る怒髪天さんのALBUMや29日に出るニューロティカさんのALBUMや……後、SCOOBIE DOの会場限定LIVE ALBUM『BOOTLEG-TIC GIRL』って言う海賊盤が1000円で売ってるから(笑)、それを聞いて待っててくれよ、Everybody! その一点の輝きみたいなALBUMから輝く最新のナンバー、新曲、『MIGHTY SWING』!」

    ~LSLブレイク時~
    コヤマ「退屈まみれの曇った世の中でよ、俺は世界の為のロックンロールをやってる訳じゃねぇんだよっ。ここにいる俺とオマエのロックンロールをやってんだよ、Everybody! まだまだやれるよな? まだまだやれるよな!? 気取ってる場合じゃないぜ、バカニナレ!!!」

    コヤマ「Thanks Thanks Thanks! You can get the funky "mellow" fellows. We are “LIVE CHAMP” SCOOBIE DO! Thanks Now!!!」

    コヤマ「ここだけの話、7月にまた京都に来るからよ、ここにいるアンタ達にまた会いてぇから、1、2、3で御一緒に御唱和下さい……1! 2! 3!」
    客席「Funk-a-lismo!!!」

    ------------------------------------

    ◆怒髪天:

    増子「こんばんはーっ! それじゃ行くぞっ、乾杯ーーーっ!!!」

    増子「働けー!!!」

    増子「と言う訳でね、シークレットアクト。何だねあれは(笑)?」
    坂詰「本物は誰だっ」
    増子「本物も何もここにいるのが偽物だよ(笑)。シークレットアクトを発表したらね、チケット50枚売れたらしいよ? で、あれだよ? まぁ~ガッカリだよね(笑)。俺もさ、シークレットアクトが誰か知らなくて昨日梶さんに電話したら<TELZUMEさんです!>って言われてガッカリしたもん。そのまま携帯の電源切っちゃおうかと思ったよ(笑)。元々坂さんの曲って渋すぎてさ、今日ここにいる誰の好みでもないって言うか、怒髪天のファンですら好みではない(笑)! 完璧に栗ちゃん好みだよね、俺達メンバーですらヒいてんのに(笑)」
    客席「(大爆笑)」
    増子「(坂さんを見ながら)でも歌詞は良いよね」
    坂詰「あっ。ありがとうごさいます」(←律儀で謙虚です)
    増子「うん」(←褒めるタイプです)

    増子「MUSEも新しくなってから、そこ(PA席を指差し)、2階で見れなくなっちゃったんだよね。だから坂さんがどうだったかとかスクービーも見れてないの。見ようと思ったら1回外に出てみんなと同じとこから入って来なくちゃいけなくてさ、衣装に着替えたらもう出れないんだよね。あっ、楽屋で見た事もないトランクスを見たんだよっ、ニューロティカのピエロの(笑)。普通ボクサーパンツなら、(太もも周りが)ピタピタになってるでしょ? そうじゃなくて、ここガバガバ! で、その上から白のタイツ履くからさ、全部捲り上がっちゃってこの辺(太股)でモッコモコに溜まってんだよ(笑)! それを言ったら<これで良いんだ!>って(笑)。それで上半身裸に白タイツ履いてメンバーと<ここはこうしよう>って真剣に話してんの見たら可笑しかったね(笑)! メンバーもあれでよく真剣でいられるよね、俺なら絶対に笑っちゃうなー(笑)。あの格好でそこ(フロア入口)から入って来たらこれ(←お縄に掛かりましたポーズ)だもんね(笑)」

    増子「最初っから重い酒いっちゃったから、次は炭酸の入った酒でも呑みたいよねー(笑)?」
    清水「(頷く)」
    増子「そう言えば昨日、日本のノンアルコールビール、<日本の>って何だ(笑)? ノンアルコールビール呑んでたじゃない?」
    清水「……(気不味そ~に俯く)」
    増子「普通のビール呑んでも良いのよ? ノンアルコール美味しくないでしょ」
    清水「……(俯きながら小声で)遅刻したら怒られるもんっ」
    上原子「(笑)」
    増子「こないだシミ呑みすぎてね、集合の時間に1時間経っても来なくてね、ホテルの人に頼んで鍵を開けて貰ったら、シミ、死んでんのかと思ったよ!?(←と、ベッドの上で死んだように俯せで眠るシミさんを再現) ハエがブンブンたかって、起こしたら目ん玉ボロォッ!って落ちるみたいな(笑)」
    清水「(苦笑)」
    増子「俺なんかもう缶ビール2本呑んだだけでこんなん(ぐでんぐでん)だからね。ソファーの上でグッタリして血圧測られちゃうみたいな(笑)」

    増子「(シミさんに向かって)スクービーのベース格好良いよなぁ?」
    清水「(笑顔で頷く)」
    客席「シミさんのが格好良いぞぉー!!!」
    増子「うん。そう思ってくれてるのは1人だけ! と言う事でね(笑)」
    清水「(客席に向かって)あ"りがどぉー!!!」
    増子「シミと友康入れ替わったら良いのにな(笑)」

    増子「みんな最近気になる事件あった? 水嶋ヒロとかさ、<守りたい>ってまぁ~台本でもあるのかね!?って思ったよね。オリンピック候補地もさ、東京でしなくていいよ。また面倒臭い事になるんだから。どうせなら札幌とか、札幌とか、札幌でやれば良いのにね。シミは最近気になる事件あった?」
    清水「……イチローの張本越え」
    増子「イチローって財津一郎? キビシィー(笑)!」
    清水「違ぁうっ!!!」
    増子「あれ? 違うの(笑)?」
    清水「こっちの!」(←イチローの構えをする)
    増子「えーっと、300安打だっけ?」
    清水「3000……」
    増子「あっ、300だったら直ぐに出来ちゃうもんな。えー、3000……(客席を見る)」
    客席「3086!」
    清水「3085で86いったら新記録」
    増子「みんな詳しいなっ、野球好きなんだねぇ~」

    ~サスパズレ前~
    増子「楽しいなぁ……ずーっと楽しい事だけやっていたいよなぁ……。でもまぁ、そう言う訳にはいかねぇからね(笑)。KURIDAMAもフェスのくくりとして、最後はこの曲をやりたいと思う!」
    客席「イェ~イ!」
    増子「そうだ、定額給付金。もう(通知)届いた?」
    清水「うん」
    増子「えっ、俺まだ来てないぞ!? 同じ区だよな?」
    清水「同じ。坂さんも近く」
    坂詰「届きました」
    増子「友康は?」
    上原子「うん、来たよ」
    増子「あれっ!? 俺だけ届いてない? <あんなもんいらん! あんなはした金!>って言って回ってたからか? 日本の政治を馬鹿にしまくったのがバレたのか? いや~、すっごく良い政策だと思いますよ~(笑)」
    増子「みんな12,000円貰えて……坂さんは65歳以上だから20,000円貰えるんだよね?」
    坂詰「はい」
    清水「坂さん良いなぁ~」
    増子「その前にお迎えが来ちゃうかもしれませんけどね。はい、天国からのギター!!!」

    増子「はぁ……(泣き真似をしながら)俺もやっぱり定額給付金欲しいなぁっ……!」
    客席「あげるよー!」
    客席「兄ィにあげる~!」
    増子「後で出口でみんなから10円ずつ貰うから良いっ。ピエロのメイクをしちゃったりしてね(笑)」
    客席「イェ~!!!」
    客席「ピエロやってー!」
    客席「ピーエーロ! ピーエーロ!」
    増子「こらっ! 静かに! 呼ばれると(ロティカのあっちゃんが)楽屋から出て来るからっ! あ"ーっ、ほらもうっ! 駄目! (袖から)覗くから!!! シィー! こらっ! シィーーーッ!!!」
    客席「(爆笑)」
    増子「ねぇ~、本当に……(笑)。そうそう、昔『サムライブルー』って曲をつくったんだけどさ」
    客席「おぉーっ」
    増子「そしたらサッカーで“サムライブルー”って使われてるから慌てて確かめたら、全然関係ないの。後ね、森進一!」
    客席「あぁ~(爆笑)」
    増子「“リズム&演歌”って俺等前からやってるからね! もう暫くしたら何か言われると思いますけど。まぁ、その時には<歌の前に台詞を入れるのは許さん!>って耳毛ボーボーで訴えてやりますからね。耳毛ボーボーで許さないまま死にますから。って、(坂さんを見ながら)人を恨んじゃあ駄目だよね。……俺を訴えないでくれギター!!!」

    増子「ありがとーっ!!!」

    ------------------------------------

    ◆ニューロティカ:

    アツシ「楽しい歌と踊りと小粋なトークのニューロティカです。初めて見る人ー?」
    客席「はーいっ」
    アツシ「いつもみてるよ~って人ー?」
    客席「はーい!」
    アツシ「じゃあ残りの人は何ですかー!? 怖いもの見たさですかーっ!!??」
    客席「(笑)」
    アツシ「もうさ、こう見えて僕神経弱いからさっ。前の2バンドみたいに強くないからさっ。そこんとこ解って欲しいなぁ……」

    アツシ「もうこう見えて大ベテランなんだけど。カタル! カタルはPUFFYのバックバンドもやってるの」
    客席「おぉ~っ」
    アツシ「で、俺の親戚が何とEXILEのメンバーになりました~!」
    客席「おぉ~っ!」
    アツシ「みんな、俺達を見る目が変わったね~(笑)。俺の妹の旦那の、姉ちゃんの子供が、EXILE!」
    シズヲ「殆ど他人じゃん(笑)」
    アツシ「一応聞いてたから写真で探したら<いたいた!>って。宣伝して貰おうと思ってさ、でも兄貴にメールしたらエラーメールで帰って来ちゃった(笑)」
    シズヲ「(爆笑)」

    アツシ「カタルが、何と本を出しちゃいましたーっ!」
    カタル「(笑)」
    アツシ「それで海までカメラ、カメラを撮りに行っちゃったりね」
    カタル「グラビアね(笑)。脱いだよ、40過ぎて(笑)」
    アツシ「スゴいよね、東京の神奈川まで!」
    カタル「……(大絶句)」
    アツシ「あれ? 今何て言った?」
    カタル「東京に神奈川はないからっ」
    アツシ「そっかそっか、ハハッ! でね」
    カタル「えっ、宣伝終わり!?」

    ~アンコール ビークルお面ロティカVer.で登場~
    アツシ「アンコール! アンコール! オ○ンコール(笑)!」
    アツシ「今日はたまたま京都にラジオ出演で来てる僕の後輩をゲストに呼んじゃおうかな~ってね。スペシャルゲスト、ビートクルセイダース・ヒダカトオル! ヒーダーカ!!!」
    客席「ヒーダーカ! ヒーダーカ!」

    と、ヒダカコールが湧き起こる中、コソコソっと現れたのはヒダカトオル!


    なのか?


    このアンコールの続きとセットリストは下記に続く。
    う~ん、ナガイケ、じゃなくて長いね。続きも大抵ナガイケ、じゃなくて長いよ。
    2009.04.17
    SCOOBIE DO×怒髪天×ニューロティカ@京都MUSE
    『KURIDAMA'09~栗秋魂~ "CAPITAL RADIO '09 前夜祭"』

    ◆TELEZUME(※シークレットアクト)

    ◆SCOOBIE DO◆ 
    -セットリスト-
    トラウマティック・ガール/(MC)/DRUNK BEAT/真夜中のダンスホール/Get Up/(MC)/MIGHTY SWING(新曲)/Back On/Little Sweet Lover

    ◆怒髪天◆
    -セットリスト-
    酒燃料爆進曲/労働CALLING/マン・イズ・ヘヴィ(新曲)/(MC)/ビール・オア・ダイ/全人類肯定曲/(MC)/NO MUSIC, NO LIFE/サスパズレ

    ◆ニューロティカ◆
    -セットリスト-
    嘘になっちまうぜ/気持ちいっぱいビンビンビン!!/(MC)/バイバイモンキー/ライブハウスモンスター/どんなもんだ!/(MC)/俺達ロティカアミーゴ/悲しきラガー/絶対絶命のピンチに尻尾を高く上げろ!
    -アンコール-
    太陽族/チョイスで会おうぜ



    で。


    アンコールの続き!!!
    登場したのはヒダカさんやなくて、スカルマンのお面を被ったGELUGUGUのKAZUYAさん!


    KAZUYA「……気まずい」
    カタル「これやりにくいでしょ(苦笑)」
    アツシ「KAZUYAも一緒に『太陽族』!!!」

    アツシ「まだアンコール! 京都東急インホテルに泊まってるSCOOBIE DO! SCOOBIE DO、マツキタイジロウ! そして怒髪天!」

    で、SCOOBIE DO&怒髪天(みんなラフなTシャツ姿!)が登場~!
    コヤマはシュシュッとシャドーボクシング。
    んで、兄ィは……既に顔が赤い!笑 しかも携帯片手にポチポチ中!笑

    コヤマ「携帯(笑)」
    増子「何だよぉ~、人がメールしてる時に呼びやがって……(笑)」
    アツシ「(ステージを持て)何かもう凄いね(笑)」
    増子「ここ同級生なんだよなぁ~(笑)」

    と、カタルさん&王子の肩を組む兄ィ! それに加わってる坂さん。笑 

    アツシ「えっ、いくつ?」
    カタル「43!」
    客席「えーっ!?」
    坂詰「同級生です」(←あんたは違う。笑)
    アツシ「そこは?」
    コヤマ「34。幼馴染み(と、リーダーと自分を指差す)」
    アツシ「34! (モビーを指差し)で……」
    モビー「32です」
    アツシ「(ジョー君に向かって)で、奥の……」
    コヤマ「27」
    怒髪&ロティカ「27ーーー!!??」

    唯一の20代としてフィーチャーされ前に促されたジョー君ですが、本人は後ろで両手を広げておどけてみせただけでした; 後、兄ィ曰く、「ドラムはみんな変な人だけどね(笑)」との事で。笑
    で、このメンバーでチョイスで会おうぜ、パオパオー♪
    コヤマはタオルを回し、兄ィは柵に乗り上げて客席を煽る煽る!!!
    ステージの隅っこではジョー君がシミさんに「これ付けて下さい」的にお面を向けるも、シミさんは「無理無理」と苦笑する、ってやり取りがおもろかったっす。そしてその後、はしゃぐ仲間達をただニコニコと見てる2人。笑
    そんで兄ィに頭を叩かれ、マイクで唇を切った坂さん。笑
    最終的には栗ちゃんも呼ばれて、全員で「パオパオー♪」と唄い踊る踊る! 何て幸せなステージ!
    ちなみに栗ちゃん、兄ィに「ダイブしろ!」と背を叩かれるも、ダイブをする振り、だけでした; 飛んでOKやったのに~!


    そして……


    アツシ「みんなしゃがんでしゃがんでー! 最後全員でジャンプするからねー! (出演者もお客さんもしゃがむ) 1……2……3……!!! で、ジャンプだから(笑)」

    ↑これに見事に引っ掛かり1人ジャンプしちゃったカタルさん、そして後ろにずっ転けてみせるスクービーの幼馴染みコンビ。笑
    お次はちゃ~んと3カウントで全員ジャンプして、わぁ~~~いぃっ♪♪♪

    アツシ「ありがとーっ!!!」
    コヤマ「ニューロティカッ!!!」


    とまぁ、こんな具合で。


    「栗ちゃん、ありがとー!!!」なイベントでございやしたっ!
    スクービーは、フロント3人の前後左右行進(『DRUNK BEAT』時)&後ろから覗き込んでくれるリーダーにはにかむジョー君(『Back On』のベースソロ)に胸キュンキュン!
    『真夜中のダンスホール』では、突き出した尻をフリフリ近付いて来るコヤマにジョー君は多分本気で嫌がっておりました。ワタクシとしては羨ましい状況。そんなコヤマを「おいでおいで~」と言わんばかりにギターでおびき寄せるリーダー。流石だぜ。
    新曲はリズムが力強いのに、ギターの音とコヤマの唄い方がちょっと切ないんよなぁ。
    特にサビ明けの感じが、ね。「やりたい事をやるしかない やりたいようにやるしかない 生きてるうちにやるしかないさ」で、一瞬『パレード』をの歌詞を思い出したけど、ニュアンスは違うよね。泰ちゃんの歌詞、あの頃と比べると何処か諦めと溜め息混じりの、何て言うか……そんな匂いをさせつつも前に突き進んでる。青い照明の中、浮かび上がった4人のシルエットが“夕日が沈んだ後の夏の夜”みたいで格好良かったな……勿論、場所は海辺ね。
    あっ、ちなみにやっちゃんのお友達がコヤマに頭を撫でて貰ってたので、ウチはそのコヤマの頭を撫でておきました。わ~い♪

    そして怒髪天!
    王子の髪がゆるパーマに! むっさ似合う~!!! それでニカッと歯を見せて笑いはるから反則ですわなっ。
    シミさんの「違ぁうっ!!!」が駄々っ子っぽくてツボに入り、兄ィの「楽しいなぁ……ずーっと楽しい事だけやっていたいよなぁ……」でちょいと泣きたくなったワタクシ。
    あっ、ちなみに『マン・イズ・ヘヴィ』の時の坂さんの形相が正に“マン・イズ・ヘヴィ”で不安になりやした。


    しかしまぁ、『KURIDAMA'09』ってぇ事は『KURIDAMA'10』もある訳だな? 


    と、次も楽しみにしておりやすよ、栗ちゃん! お疲れ様! 本当にありがとうっ!!!

    Comment

    • 2009/04/29 (Wed) 02:30
      エリー #RJRSaA9Q - URL
      キャピタル☆KURIDAMA!

      >よしかさん☆

      お返事遅くなってゴメン~;
      そんでコメント2つもありがとっ♪ 嬉しっ♪
      そらもう楽しかっただろさね~! ウチも行きたかったも~ん。
      そうそう、トモフのアルバム出るん知ってる~?

      ------------------------------------

      >栗秋さん☆

      わーっ! 主催者様からコメントを頂けるなんて!!!
      ビックリしたけどそれ以上に嬉しいです。ありがとうございます!
      お礼を言いたいのはこちらの方ですので……本当に素敵なイベントを企画して下さってありがとうございました♪

      ゴーイング、勿論ロティカ見に行きますよ~!
      でもロティカよりも栗秋さんを発見するのが楽しみかもしれません。笑
      もしお見掛けした時は、お礼を言わせて下さい~♪

    • 2009/04/27 (Mon) 23:57
      栗秋 #- - URL
      KURIDAMA

      ご来場誠にありがとうございました!
      しかもこんな詳しくレポ書いて下さって嬉しい限りであります!

      僕もGOING KOBEでブラブラしてますんで(笑)ご都合よろしければニューロティカ応援しにきて下さい~

    • 2009/04/25 (Sat) 00:35
      よしか #- - URL
      キャピタルなんちゃら!日曜に行ったでー☆

      そりゃもう楽しかったでー☆ヾ(*´∀`)ノ 

      詳しくはmixi参照 

    Leave a Reply


    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。