SUZUDAMA’09 ~鈴木魂~@梅田Shangri-La!

    KC3H0175.jpg

    9月15日(火)。
    4月のKURIDAMA、こないだのOTODAMAに続く魂シリーズSUZUDAMAに行って来やした。

    「今日はかなりヤバイっす!」by.栗秋君

    これがまぁ~、ホンマにその通りでヤバかった楽しすぎた~!
    ご一緒するはやっちゃん、中に入ればちいちゃんにふけっちゃんもおってわーいわーい♪

    で。

    [出演]ミドリ、SCOOBIE DO
    [MC]チョップリン
    [産湯] 鈴木"オカン"玲子(62)
     ←誰やねん!?

    ってなってたけど、この玲子さんがこれまた素敵な方で!
    チョップリンに紹介され登場した首謀者のライター・鈴木淳志さんと、そのオカン・玲子さん。
    鈴木さん(コヤマの白スーツ着用・パッツパツ)が注意事項(撮影禁止、モッシュダイブ禁止)を説明するんやけど、それをオカン玲子(スーツ姿&スッと伸びた背が美しい)がフランス語で復唱しよる! しかもこれがまた艶っぽい! 
    チョップリン・西野さんがツッコまれるも、「何この人?」と嫌そうな顔をするオカン玲子と、「この中に1人くらいフランス人おるでしょ」と鈴木さん。

    鈴木「最近チカンが多発していますが、チカンは絶対にいけません! チカン、アカン!」 
    玲子「チカン、ジャメ」

    この後、「チカン」「ジャメ」のコール&レスポンス、フランス語でのミドリの紹介があり、SUZUDAMAスタート~!

    ――――――――――――――――――――――――――――――――――――

    ◆ミドリ

    -セットリスト-
    うわさのあの子/ゆきこさん/さよならパーフェクトワールド(新曲)/愛のうた/朽ちては果てぬ/(MC)/あかん!!/新曲/あんたは誰や/swing


    「ありがとう。告知をします。10月の5日にミドリの初めてのライブDVDが出ます。あと、スクービーともちょっと遠いけど、水戸で一緒にやるんで、お金と時間に余裕がある人は良かったら来て下さい」
    「今日はありがとう……って(左手の甲に書いたセトリを見ながら)後、4曲やるんですけど、ここから先は喋る事もないと思うので……。音楽、おん……音楽、この年になってやっと音楽とフラットに向き合えるようになって。昔はライブが嫌で嫌で、初めてShangri-Laでやった時もホンマに嫌で逃げ出したくて堪らんかってんけど、でも今はちゃんと楽しめるようになって、(一瞬はにかむ)そんな気持ちでここに立てて、嬉しい」

    雰囲気が変わった、丸くなった、と聞いてはいたけど、1番それを感じたのが『あんたは誰や』やった。
    前までみたいに、刺すような、鬼気迫った感が全然なくて。「今のまりこちゃん、もうこの曲を唄えへんのちゃうかな?」って。
    じっとフロアの奥を、動かないお客さんを見てるまりこちゃん。
    向こうに行きたいんかな、って思った瞬間、ダイブして、フロア中央のドリンクカウンターの上まで辿り着いて、屈み込んで叫んだ。

    「この曲も必要やなくなるんかなぁ? ……武器も持たずにやって来ました、武器も持たずにやって来ました。Shangri-Laの真ん中に! 武器も持たずにやって来ましたぁあっ!!」

    ワンピースの裾をギュッと握り締めながら唄い切って、『swing』が始まった瞬間、鍵盤の音があまりにも綺麗すぎた。
    そう言えばまりこちゃんの声、時々赤ちゃんの喃語に似てるんよね。言葉にならん声やけど、感情が伝わってくる無垢な声。
    それとね、最後の曲はいつも鍵盤の音がやさしくまりこちゃんの頭を撫でてる。「いい子いい子、よくやった」って。

    と、言う訳で。

    ミドリは毎回大号泣ですよぉぉぉぉおおおおぉぉおおおぅっっっ!!!!!

    鼻をグスグス啜って転換待ちしてたら、ボトッと鈍い音が。な、何が落ちたんやーーー!?
    と足元を見たら、ステージからペットボトルが落ちて来てたんだバデー……。
    これ……位置的にジョー君のかな……サイバーだぜ……、と思いながらステージに戻しておきました。


    ――――――――――――――――――――――――――――――――――――

    ◆SCOOBIE DO 

    -セットリスト-
    トラウマティック・ガール/ロックンロールは未定/真夜中のダンスホール/(MC)/What's Goin' On/OH YEAH! OH YEAH! OH YEAH!/(MC)/Private Lover/MIGHTY SWING/TIGHTEN UP/Back On/夕焼けのメロディー


    だぁぁあああっ! やっちゃーんやっつぁーーーんっ! 『ロックンロールは未定』やでー!! この攻め感堪りませんなぁ!!!!! 
    と、めさめさテンション上がってたんやが、「えっちゃんエラいテンション上がってるけど、これ何の曲やったっけ……」とやっちゃん&ちいちゃんに思われていた事が判明。あんれまー。
    しっかしまー、この曲でガンガン頭を振るリーダーの生え際(多分レア)が男らしかったわっ!
    そうっ、リーダー! 最初のコヤマの投げキッスの所で、真似して一緒に投げキッス☆ ちょっとそれはアカン! ジャメ! 可愛すぎるじゃろがっ! シルブプレ!
    トラウマのギター語りでの「わかるぅ?」ってな小首傾げ&唇尖らしも、『What's Goin' On』の「この世は顔次第」でコヤマに指差された瞬間のスマイルもそらもー素晴らしかったっす。
    ジョー君は「センス次第」でコヤマにファッションチェックをされておりましたが、ツーンとおすまし。ツンツン! モビーには何もなかったYO!
    そしてTIGHTEN UP中、しゃがんでる時に見えたコヤマの尻(下からアングル)にひれ伏したくなりました。アリガトー・ファンカリズモー。
    ちなみに『真夜中のダンスホール』はイントロレスVer.で、『TIGHTEN UP』もイントロがアレンジ(ギター&ベースから始まる)されててこれまた格好良かったっす。
    『MIGHTY SWING』のコヤマ&ジョー君の交互回転も楽しそうやのぅ。


    ↓ってな感じで、以下MCシュウ!


    コヤマ「Ai! Hey,Everybody! You can get the funky "mellow" fellows. We are……We are! We are!!! ScoobieeeeeeeeeeeDo!」
    コヤマ「SUZUDAMA@Shangri-La! (ドラムがダダン!) Shangri-La! Shangri-La! それでは2007年の大ヒットナンバーでおっ始めましょう、トラウマティック・ガール!」

    ~トラウマティック・ガール中~
    コヤマ「11月5日、ここShangri-Laでのワンマンも決まってるSCOOBIE DO ギターリーダー・マツキタイジロウがこう申し上げております。宇宙人みたいな首相が辞めてしまう時代です。SUZUADMAに来たアンタ達も、人間辞めに来たんでしょ? 真面目にやったら損をする時代なんですよ! リーダーの言うように真面目になんてやらず馬鹿になって人間辞めちまいませんかねぇっ!? Shangri-Laの床が抜けるくらい飛び跳ねてくれ!」

    ~真夜中のダンスホール前~
    コヤマ「Thank You! 俺の好きなナンバー行ってみましょうか? 俺とアンタ達が踊る為のこのナンバー、一緒にどうですか?」

    コヤマ「チョップリン、俺もDVDで見た事はあるんだけど生で見るのは初めてで。うぅん。チョップリンのネタってのは面白いんだけど、こう生きる気力が失せるっ。いや、解るのよ? 俺と同世代で、90年代のあのアンニュイな感じを生きてきたっての。生きる気力が失せるんだよねぇ。見てたら、俺ライブしなくても良いじゃんって思ったんだけど、ミドリを見たら(脇をキュッとして)引き締まりましたっ(笑)。お笑い見に来たんじゃなくてロックンロールしに来て良かった(笑)!」

    コヤマ「一歩外に出れば金で回る世の中がある。うん、お金は大事だよ。一歩外に出ればコネで回る世の中がある。コネも大事だよね。だけどShangri-La、ここにいる俺とオマエ達の為に唄わせてくれ! What's Goin' On!」

    ~OH YEAH! OH YEAH! OH YEAH! 前~
    コヤマ「(プラカードを受けとる)これ違うじゃねーか(笑)! ちょっと栗ちゃん!」
    栗ちゃんから渡されたプラカードにはオカン玲子(62)の写真がw
    コヤマ「(正しい方を受け取る)そう、そっちそっち(笑)……今のは栗ちゃん、清水音泉のアルバイト・栗ちゃんです! 今からやるのは簡単、ここ(プラカード)に書いてる言葉をこれの倍の倍の倍の倍の倍の倍の倍の倍の倍の倍の倍の倍の倍の大きさで唄って下さい!」

    コヤマ「2週間前にもOTODAMAに出て、その翌日にアップルストアでもやらせて貰って……」
    客席「行った!」
    客席「行ったよー!」
    コヤマ「(1人ずつ指差し)うん、いたね。いた。見た顔だよ」
    客席「俺も行った!」
    コヤマ「君もいたね。オマエさっきから俺の言う事全部に笑ってるね。嬉しいよ」
    客席「(笑)」
    コヤマ「大阪には本当によく来てんのよ。逆に飽きられちゃってんじゃねぇかと思ってたんだけど、今日ここにお集まり頂きましたアンタ達のTime&Money&Soulに感謝します、Thanks!」

    コヤマ「ミドリとは不思議な縁で、昔対バンをした事があるんだけど、お互いいつの間にか音信不通になっちゃって(笑)。音信不通つっても、色々どっかで一緒になってたんだけど、去年のOTODAMAにミドリが急遽出れなくなっちゃって、そこで俺達に白羽矢が立って代打屋FUNKY3として出てね。それも1週間前に急に連絡があって<これで何とか>って、小麦粉1袋! 大阪は粉モン文化だって知ってはいたけれど(笑)! まぁ、予定が空いてたから「はい」つって出させて貰いましたけど、俺だけがその日歯医者の予約があって行けなかったんだよねぇ。歯医者、1回飛ばしたら次2年待ちとかでしょ? その代打屋があってからまたミドリとこう、(手をぐちゃぐちゃ~としながら)複雑に絡み合って、今度もツアーに呼んで貰ったりします」

    コヤマ「ここShangri-Laの後ろの赤い感じとか、そこ(シャンデリア)の感じがあまりにも俺達の雰囲気、業界用語で言うとイキフンってヤツ? 俺達のイキフンにピッタリなんでワンマンライブを決めちまったんだぜEverybody」
    コヤマ「この密室で外から見たら何やってんのか解んねぇ所でビッショビショの汗だくになって、イェ~!って叫んだりしちゃって、ハッキリ言うよ、オマエ等ホントに馬鹿! ここがスケルトンだったら外歩いてる人は<ホント中で何してんの?>って思うよ?」
    コヤマ「あ、照明さん、もっと薄暗くして貰える? (照明が少し落ちる)そうそうそう。雑誌を読むとそこにも音楽がある訳よ。ロッキンオンとかさ、SCOOBIE DOはこんだけ(指5cm幅)しか載ってなかったけど、うぅん。だけど何か足りねぇなぁって。ロッキンにはないが、ライブにはある何か。それは何だろうって考えて最近気付いたんだけど」
    客席「ロックンロール」
    コヤマ「うん、今からそれを言おうとしてるんだよ」
    客席「(笑)」
    コヤマ「ロッキンにはなくてライブにはある物。それは、エロス! エロス、エロス、エロス……Oh」(←最後だけエコーが掛かる笑)
    コヤマ「ロックンロールにエロスは不可欠。SCOOBIE DOでそんなエロスを感じさせる曲を」

    コヤマ「メンバーを紹介しましょう! ドラムはファンキーマエストロ・オカモト"MOBY"タクヤ! ベースは次世代のファンタジスタ・ナガイケジョー! ギターはリーダー・マツキタイジロウ! そして、スウィートソウルスィンガー・コヤマシュウ! 本日もRockとFunkの最高沸点、f・u・n・k・a・l・i・s・m・o“Fank-a-lismo”を貫く侍4人集、俺達がSCOOBIE DO! 生きてるなら今日1番デッケェ声で叫べ! 2009年の大ヒットナンバー、MIGHTY SWING!」

    ~TIGHTEN UP中~
    コヤマ「コール&レスポンスも進化して、<チカン、アカン>も<チカン、ジャメ>ね(笑)。でも俺達は簡単に<ダンスパーティーSUZUADMA!>で<Yeah!>、これを4回繰り返して貰いましょう。その前にみんなしゃがんで貰える? そうそうそう。ライジングでもこないだのUNITでもこれやったんだけど、みんな最初は嫌そ~な顔してたっ! でもその後は(アホッ面で飛び跳ねる)こんな顔して楽しんでたからねっ。本当はOTODAMAでもやりたかったけど、出禁くらいそうだから止めた!」
    客席「(笑)」
    コヤマ「よし、みんなしゃがんだって事はこれから俺が言う事に素直に従うって訳だな。<ダンスパーティーSUZUADMA!>で<Yeah!>。お父さんにもお母ちゃんにも見せた事のない顔をして頂戴よ? お父さんにも、お母ちゃんにも、見せた事のない顔で叫んでくれよ? 見せても良いのはオカン玲子だけだからねっ!」

    コヤマ「Funk-a-lismo! オマエ等最高だよっ。ありがとう」

    ――――――――――――――――――――――――――――――――――――

    こっからはアンコール!

    コヤマ「Thank You! ここからはゲストも呼んじゃって良いですか? まずはミドリ! 本物です(笑)! そしてこの人がいなきゃSUZUDAMAはありませんでした、鈴木淳志とその元となったオカン玲子! そしてチョップリン!」

    わーいっ、全員集合集合~! まりこちゃんは鈴を鳴らし、鈴木さんは何やらカゴを持ってはります。

    コヤマ「それじゃあ今から全員で唄う曲は、誰もが知ってるあの曲。何でこの時期に?って思うかもしれません! ジングルベール!!!」

    SCOOBIE DO×ミドリ×チョップリン×鈴木親子で、「ジングルベールジングルベール鈴が鳴る~♪ 今日は楽しい鈴木魂♪ Yeah!」でジャンプ!
    鈴木さんが投げた物を拾ったら……あっ、鈴だ! わーい♪
    ちなみにチョップリンが唄った瞬間、若干生きる気力が失せた・ぜ!

    そんで大円団! 最後にオカン玲子から一言を頼むと艶っぽく微笑み……

    玲子「……とっとと、お帰りなさいっ(ニッコリ)」

    オ、オカン、エローーース! ちゅか喋れるんかーい!!
    全員がズッコけた途端、リーダーがドリフのエンディング曲を弾き始めドタバタ阿波踊り。
    そして全員でお辞儀して幕が閉じ……閉じ……ん? 最前のお客さんが捲り上げよる!!
    悪ノリ便乗や~! わーいわーい! と、幕をベローンと捲り上げ~! あっ、まだみんなステージにおった。笑

    西野「捲ったらアカーーーン!!!」

    みんな素直に手を放すと、閉じる寸前にコヤマが顔を出して「ありがとー」って。初期パンに続きまたええとこ持って行きよったー!

    で。

    cimg1230 (2)

    ↑鈴木親子に見送られ帰宅し、拾った鈴はストラップにしやした。リンリーン♪ 
    ホンマに楽しかった~! 次回も是非、やね。ありがと!

    Comment

    • 2009/09/24 (Thu) 03:12
      エリー #RJRSaA9Q - URL
      コメント Thanks!Thanks!Thanks!

      >ちいちゃん☆

      褒めても何も出ないんだじぇ、でも嬉しいんだじぇ♪ ちいちゃん、ありがと~♪
      イベント、むっさ楽しかった! 2年振りの『ロックンロールは未定』は嬉しすぎた~!
      そして、鈴木"オカン"玲子(62)にまた会いたいんだ・ぜ!


      >栗秋君☆

      そらもうコヤマさんも人間辞めて馬鹿になってはる時でしたからね~……って。
      栗ちゃんも人間辞める勢いで助けに来てよ~、もー!笑

    • 2009/09/21 (Mon) 23:31
      栗秋 #- - URL

      シュウさんも足下見てない程興奮してたんでしょう(笑)

    • 2009/09/21 (Mon) 07:03
      いわち #r8BUclqQ - URL

      すごい記憶力!!!!!
      MCまで細かく覚えてるし。
      いいなぁ。羨ましいなぁ。
      私も記憶力欲しいよー(泣)
      イベント楽しかったね☆
      みんな最高やった\^o^/

    • 2009/09/20 (Sun) 03:42
      エリー #RJRSaA9Q - URL
      メルシーSUZUDAMA!

      >栗秋君☆

      こちらこそありがとうございマシータ!! って何でビークル!?
      (そして記事、書き換えちゃってゴメンナサイ; 覚え書きやったのさ~;)

      ホンマに楽しすぎました!
      スタクラで手がマイクスタンドの下敷きになった時、兄さんに助けを求めたらごっつやさしく微笑んではるのが見えて和みました。笑

    • 2009/09/19 (Sat) 10:12
      栗秋 #- - URL
      ご来場

      誠にありがとうございマシータ!!

      2日間楽しすぎましたね~!!

    Leave a Reply


    管理者にだけ表示を許可する